人気観光都市セブ島。リゾートで有名なセブ島の5つの基礎情報

philippines-cebu

スポンサーリンク

フィリピンは、観光としても有名でアジアのみならず世界各国の人が訪れる国の1つです。その特徴として、暖かい気候とたくさんの島々からなる島国国家のため綺麗なビーチリゾートがあります。

フィリピンにはおすすめできるリゾートエリアが多数ありますが、その中でも有名で日本人に聞き馴染みのあるリゾートと言えばセブ島なのではないでしょうか。

日本からの直行便もあり、アクセスの良いセブ島の基礎情報を簡単にまとめてみました。

ビーチリゾートとして有名なセブ島

cebu

フィリピン・セブ島は日本から成田空港・関西国際空港・名古屋空港からなど直行便がでているため約5時間程度で訪れることができるアクセスの良い観光地です。

旅行でセブ島に行かれる人が想像するセブ島は、リゾートエリアのイメージが強いですが、空港近くのリゾートがあるエリアと都市部であるセブシティ、そして他の都市に分かれています。

セブ島の空港は、セブ・マクタン国際空港と呼ばれ、ビーチリゾートが広がるエリアに近いところにあるため車で30分程度でリゾートホテルまで移動することができます。

反対に、セブの都市部であるセブシティは車で約30分〜40分程度にあります。

そんなセブ島の5つの基礎情報を簡単にご紹介します。

 

1.セブ島の気候は年中真夏

南国であるフィリピンのセブ島は年間を通して温暖な気候であり、セブ島は四季がなく年中夏と言えます。

セブ島にも雨季と呼ばれるシーズンが、6月〜12月にあります。日本と異なる点で言うと、日本の梅雨の時期のように一日中雨が振り続ける日が続くわけではなく、雨が降ってもすぐに止んだりとするような場合が多いです。

雨季のシーズンだからといって滞在中に雨が降り続けて、リゾートエリアでのマリンアクティビティができないなどという心配はほとんどありません。

雨季ではない時期の1月〜5月は乾季と呼ばれ、雨季と比べて暑い時期が続きます。

2.セブ島の治安は比較的安全

セブ島は観光地や留学地としても注目を集めているため、外国人の渡航者が多い地でもあるため治安整備などもされているエリアになるので、比較的安全に過ごすことができます。

旅行や留学などでもセブ島内で訪れる場所は、観光客が多い観光地やリゾートエリア、ショッピングモールなどが過ごす場所の大半になるかと思うので、特別トラブルに巻きこられるようなことはありません。

そして、交通手段も物価の安いフィリピンではタクシーが初乗り100円程度で乗車できるため安全なタクシーで移動することができるため心配することもありません。

 

ナイトスポットや暗い路地裏、深夜に地元の人が集まるエリアなど行くことがなければ、治安は比較的気にせず快適に過ごすことができます。

【経験談】フィリピンの治安と4つの安全対策

3.セブ島での移動手段はタクシー

taxi

セブ島での移動手段はタクシーのみと言ってもいいでしょう。地元のフィリピン人が使用する乗り合いのジプニーと呼ばれるトラックの荷台を改造したようなバスは約20円程度で目的地まで移動することができますが、地元の人が使用する交通手段のため外国人が使用するケースは少なく、スリの被害があることもあります。

セブ島生活中はタクシーで生活するほうが安全で、物価の安いフィリピンなのでタクシーを使用するのはそこまで生活費に影響するわけではないので、タクシーを使って快適に移動をして生活することができます。

 

4.ビーチリゾートエリアのマクタン島

seacebu

セブ島滞在での一番の魅力は、綺麗なビーチリゾートです。空港が立地するのはマクタン島と呼ばれ、高級リゾートやプライベートビーチが立ち並ぶエリアです。

綺麗な海が広がり、白い砂浜でゆったりと過ごすには最適な場所です。それ以外にもアイランドホッピングと呼ばれる島をめぐりながらシュノーケリングをしたり、バナナボートや水上ジェットスキーなどの様々なマリンアクティビティを楽しむことができます。

南国でリラックスした快適な時間を過ごすにはおすすめなエリアです。

5.経済の中心。フィリピン第2の都市セブシティ

セブシティ(セブ市)はセブエリアの経済が中心として集まるエリアで、大型のショッピングモールや留学生が英語学習をする語学学校やセブの夜を楽しむレストランやバー、クラブなどがあります。

セブ島で英語留学をする場合に多くの語学学校はセブシティに位置している学校が多く、繁華街やショッピングモールもたくさんあるため留学中も比較的快適に生活できるエリアです。

セブ島留学と聞くと海の目の前で英語学習をするイメージを持たれる方も多いですが、実際は都市部で英語学習をすることになるので残念ながら目の前が南国で海が広がっているというケースは少ないです。

生活や暮らしをするには経済が発達しているセブシティがおすすめで、日系企業や外資系企業も数多くあります。


まとめ

セブ島は、リゾートが広がりセブ・マクタン国際空港があるマクタン島と経済と生活の中心となっているセブシティに大きく別れています。

 

留学や旅行などで渡航目的はことなりますが、リサーチした上でセブ島滞在を満喫しましょう。

philippines-cebu

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。