会話もメールも英語は3語で成り立つ?【基礎を学ぶのにおすすめの英語学習本】

スポンサーリンク

シンプルで簡単に英語を話せるようになりたい方必見です。

2016年10月から始まったダイヤモンド社の書籍オンラインで、「英語は3語で伝わります」と連載記事がスタートしていました。

簡単な英会話であれば、3語でも英文として相手に意志を伝えることは可能です。

でも、実際の英会話であれば、3語以上必要だようなと半信半疑で連載記事を読み進めていると確かにこれなら「英語を3語で話す」ことが出来るかもと。

コツはたった1つ。主語、動詞、目的語の「3語」を並べるだけ。
SVO(誰かが、何かを、する)を極めることが、すべての基本。

伝わる英語は、やさしい英語

「私の仕事は英語講師です」。
これを英語にするとき、あなたはどう考えますか?

「私の仕事」はMy job…。
「英語講師」はEnglish teacher…。
そうそう、冠詞のan をつけてan English teacher…。
「~です」にはbe 動詞のis を使って…。

 My job is an English teacher.(完成!)

正しい英語です。ですがこの英語、もっと簡単に、しかもわかりやすくできます。

 I teach English.

どうでしょう。直訳すると、「私は英語を教えています」ですが、意味は「私の仕事は英語講師です」と同じです。文が短くなっただけではなく、直感的にも理解しやすくなっていませんか。

引用元:“英語は3語で伝わります”特許翻訳者が教える「やさしい英語」

※全ての記事の内容を見たい人は、引用元から参照して下さい。

引用した内容の「I teach English」は、シンプルに3語で英語を伝えることで相手に意味をわかりやすく伝えています。

実際の英会話でも、日本人の場合は特に相手に意味を伝えようと難しい英語の言い回しになってしまったりすることが多く見られます。

英語3語で即答できることで、会話もテンポよく進むので、難しく考えずに簡単に伝えることは大切だなと。

英語学習本「会話もメールも 英語は3語で伝わります」

learning-english-books

この「3語で英語を話すコツ」についてダイヤモンド社で連載をしているのは、中山裕木子さんという方で10月15日に英語学習本「会話もメールも 英語は3語で伝わります」を出版していました!

しかも、調べてみると書籍のカテゴリ「ビジネス英文レター・Eメール」AMAZONベストセラー本1位。(2016年10月30日)

※現在は、テレビ出演もあり21万部も売れている英語学習本です。

著者の中山祐木子さんは、株式会社ユー・イングリッシュ代表取締役で公益社団法人日本工業英語協会 専任講師と英語教育のプロフェッショナルです。

記事の中にもありましたが、彼女も1から英語の学習を始めて習得して英語講師になっている方なので、帰国子女でないのも驚き。

そんな中山さんが出版した学習本ですが、「3語で英語を伝える」ことにフォーカスされていて、難しい言い回しではなく、シンプルに英語を伝えることの重要性とどんな複雑な英文であっても、SVO(誰かが、何かを、する)で表現することが最も伝わりやすいということを英語学習本で解説しています。

 「会話もメールも 英語は3語で伝わります」の構成について

日本人が陥りやすい英語のミスや、シンプルに英語を伝える英文法など分かりやすく解説している英語学習本です。

第1章:「日本人の英語」が伝わらない理由
英語を組み立てるとき、
日本人が陥りがちな問題について説明します。

第2章:「3語の英語」は動詞が決め手
動詞の使い方をほんの少し変えるだけで、
一気に伝わる英語になります。

第3章:これでOK! 「3語の英語」の組み立てパターン
「4つの主語」「基本動詞・応用動詞」をもとに、
3語の英語の組み立てパターンを徹底解説!
9割の英語は、5つのパターンで伝えられます。

第4章:「3語の英語」に情報を足していく
微妙なニュアンスの調整、あるいは、より多くの情報を
伝えるための方法論を紹介します。時制、助動詞、副詞etc

第5章:実践! 「3語で伝える」ために、ここはバッサリ捨てましょう!
「学校英語」を捨て去り、「3語の英語」をマスターするための
実践トレーニングを行います。

引用元:AMAZON 会話もメールも 英語は3語で伝わります

「3語」で英語を話すということについて

ビジネスシーンで英語を使う際は、私はビジネスマナーやルールを気にしすぎて、難しい英文や英単語を覚えてようとして意外と時間が掛かってしまった経験があります。

そして、意外と付け焼き刃の英語だとどうしても上手く相手に意味が伝わっていないなんてこともありました。

もちろん、一般的なマナーを持ち合わせた上で、英語を3語で表現することは非常に大事かなと思います。

日本語でも相手が丁寧に説明をしてくれるつもりでも聞いてる側からしてみたら回りくどく聞こえるなんてこともあるので、シンプルに伝えることは相手と会話を取る上でも必要なスキルです。

やる気のある英語学習の最初の方は、ネイティブっぽく話したくていろんなことを詰め込もうと思って、私も苦労しました。

でも、最初から難しい英語を覚えて使うよりも基礎的な英語力は非常に大事です。

シンプルに英語を伝えるスキルを身に付けた上で、次のステップでもっと深い会話に役立つ英文法を覚えていくのがおすすめです。

興味のある人は、英語学習本としてチェックしてみると良いかもしれませんね。

English With
シンプルに英語を話すって大事。3語で伝えやすく話してみようかな。