ECC英会話がフィリピン・セブ島に語学学校を開校!【ECC SGC】

スポンサーリンク

ECCと言えば、国内に英会話スクールを運営し、フィリピン人講師を使ったオンライン英会話スクールECC英会話でも有名なスクール。

そんなECCが2016年12月5日にフィリピン・セブ島に語学学校を設立していましたのでどんな語学学校か見ていきましょう。

 

ECCでフィリピン留学!優秀な講師と英語レッスン!

ecc-sgc

出典:ECC SGC

英会話教室のECCはフィギアスケートの浅田真央がイメージモデルを務めていることで有名で一度はサイトを見たことがある人が多いのではないでしょうか。

ecceikaiwa

公式サイト:ECC英会話

そんなECC英会話がフィリピン・セブ島に語学学校を設立。その名もECC セブ校 SCHOOL OF GLOBAL COMMUNICATION(ECC SGC)。ちょっと長いので略してECC SGCと言うみたいです。

フィリピン・セブ島は、日本から直行便があり、渡航時間が5時間程度で行くことができるアクセスのいい国。

時差もマイナス1時間のため日本時間が午後3時であれば、フィリピンの時刻が午後2時と時差ボケのストレスなく海外に渡航できます。

欧米留学だと渡航する時間も長く、時差ボケで数日は英語勉強の前に環境に慣れるのが大変ですが、フィリピンはその点は心配ありません。

ECC SGCは、フィリピンのセブ市に位置する語学学校でセブ・マクタン島にあるセブ・マクタン国際空港から車で30分程度の場所にあります。

セブ市は、ビーチに面した町ではないので、セブ島で有名なビーチエリアは、すぐ近くにはありませんが都市部のため周辺施設のショッピングセンターやレストランなどはタクシーで10分程度の場所にあり、生活もし易い場所にあります。

ビーチエリアでマリンスポーツを楽しみたいときは、留学中の週末を使ってタクシーで30分〜50分ぐらい移動すれば多くのビーチリゾートがあるので、平日は英語学習に集中して、週末は海でセブ島を楽しむとメリハリの付けた留学ができます。

ECCフィリピン留学で受講できるコース

ホームページに公開している受講コースは、中学生以上対象の「General English」と小学生対象の「Kids English Course」です。

日本国内での実績の長い英会話スクールECCならではの一般の方向けの「General English」のコンセプトは、「Cliff Edge(Edge of the Cliff)Program」。

クリフ(Cliff)は崖、エッジ(Edge)は端と言う意味を持ち、「崖っぷちの環境を」ECCのフィリピン留学で提供するため実践的な英会話が学べるようなカリキュラムになっているようです。

単純に英語を学ぶわけではなく、英会話をしている中での応用力や柔軟力を鍛えることができます。レッスンスタイルは、フィリピン留学の特徴であるマンツーマンレッスンと少人数のグループレッスン。

レッスンのコマ数の内訳は、ホームページに明記されていませんが、マンツーマンレッスン4コマとグループレッスンが4コマの合計8コマ(1コマ50分)のレッスンでスケジュール例が掲載されています。1週間の学習時間に置き換えると40レッスン(約33時間)となるので他の語学学校と比較すると一般的な学習時間となります。

ecc sgc lesson time table

出典:ECC SGC

詳細は、資料請求と無料カウンセリングを「東京・横浜・名古屋・京都・大阪梅田・大阪なんば」で実施しているので、興味がある方はお問い合わせしてみるのも良いかもしれません。

ECC SGCフィリピン・セブ校の環境

eccsgc-facility

出典:ECC SGC

ECC SGCは、滞在する寮と語学学校が併設されていないので、徒歩10分圏内の場所に語学学校と滞在する寮があります。無料で送迎バスがついているようなので、安全に移動することが可能です。

学校があるエリアは、レストランなども何件かあり、日本食レストランの上にECC SGCがあります。

ECC SGCの特徴は、語学学校で提供される食事は、その日本食レストランで作られているということ。居酒屋悟空は、セブ駐在者もよく訪れる日本食レストランなので、他の語学学校と比べて提供される食事は期待が持てます。

近くに、町屋マートという日本でも売られているカップラーメンや味噌汁、ふりかけなど購入出来るコンビニもあるので、留学中の日本食に困ることもないでしょう。(※町屋マートでの購入は値段が少し高いので、留学前に購入して持参できるものは持っていきましょう。)

ショッピングであれば、タクシーで10分程度のところにアヤラモールという大型のショッピングセンターもあります。

滞在する寮は、2016年に建てられた新築のECC SGC専用寮なので留学環境は、最適に完備されている印象です。無料Wifiも完備されているとのことなので、インターネットに困ることもないでしょう。

ECC SGC公式ホームページ

まとめ

フィリピン留学での環境選びは、大切です。食事や寮の施設など、留学期間が長くなるほど、よりよい環境での留学をしないと、英語学習に集中できません。

その点、ECCは設備面に力を入れているみたいですし、ECC英会話やECCオンラインで学んでいる人が、同じ学校で気軽に留学することは安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。