カフェスペースでネイティブと本格英会話レッスン「English Cafe」

スポンサーリンク

日常生活で英会話をする場面は、留学中であれば学校で英語講師や留学生との会話がメインになりますが、実際にリアルな場面で英語を使う際は、友人と出かけたりする際の外出先がほとんどだと思います。

そんな中、ネイティブ講師とカフェスペースで英会話レッスンが出来る”English Cafe”は、日常に近いシチューエーションで英会話を学ぶことができます。

そんな話題の東京都国立市と神奈川県川崎市に登場した”English Cafe”をご紹介したいと思います。

カフェで日常に近いシーンで英会話レッスンができるEnglish Cafe

cafe-english-eikaiwa

English Cafeを運営しているのは教育業界でも有名で多くの書籍も出版する学研グループ会社である株式会社学研プラス。

2020年に控えているオリンピックでは外国人が日本に訪れ、様々なシーンで英語を使うことが増えるため日常の雑音があるなかで英語を運用するスキルが求められ、それに向けて新たなタイプの英会話スクールを開講。

English Cafeでは、書店のカフェスペースでネイティブ講師と英会話レッスンが出来ます。これまでも英会話カフェは、都内に多くありますが、English Cafeはしっかりと英会話レッスンのカリキュラムが組まれていて、英語経験豊富な講師が学習目的に合わせた独自のレッスンで質の高い英会話を学べるとのこと。

クラス人数は1クラス8名の少人数レッスン。

個人的に英会話にある程度慣れた頃は、グループレッスンが1番効果的だと考えています。英会話学習初期は、わからないことだらけでオンライン英会話などのマンツーマンレッスンで講師をひとりじめして学習することは多くのメリットがありますが、ある程度の英語力を習得した後は、1対1で英語を話すシーンより、数名のグループで話すシーンが増えていきます。

ビジネスの場でも友人との集まりの場でもグループで自己の意見を話す練習の場を経験していないと英会話中級者の方でも、実際にグループでの英会話の場となった時に恥ずかしくて英語を話せないという人が以外と多く見受けられます。

マンツーマンレッスンは、経験豊富な講師が優しく教えて英語を話すことが出来ますが、実際そんなシチューエーションと遭遇することは非常に少ないですが、English Cafeでは、カフェスペースという日常に近い場でグループで英語を話す練習を作れるのでとても最適な場所だと思います。

「おもてなし英語レッスン」「ビジネス英語レッスン」の2つの開講コース

観光で来日している外国人を英語でガイドする力をつける「おもてなし英語レッスン」と英語中級者以上向けの語学出版社アルクの単語リストを使った「ビジネス英語レッスン」の実践的なコースを開講。

英語は人それぞれ目的が異なりますが、英会話で1番ニーズの高いコースを提供しています。

3ステージでレッスンは構成されており、以下の様な構成になっています。

english-cafe-about

第1ステージ【英語を学ぶ】
第2ステージ【英語で学ぶ】
第3ステージ【英語を使うことを学ぶ】

引用元:http://englishcafe.site/about/

まとめ

英会話をカフェで学べるのは新鮮な感じで、楽しく学べるのではないでしょうか。

無料体験レッスンも実施しているので、お近くにお住まいの方は体験してみてはいかがでしょうか。

English Cafe:http://englishcafe.site/

English With
お試しで体験してみたかったけど、大人気で結構日程埋まってしまっているみたいです。