英文添削を自動でチェック?【Grammarly】を使えば英文ミスを防げる!

grammarly-top

スポンサーリンク

オフィスワークをしている人なら皆使っているパソコンで、資料作りやメールを英文で書かなきゃいけない!

大学生でも留学中の友達にFacebookなどのSNSで連絡するときは、英文でメッセージを書く機会がありますよね。

でも、英単語のスペルが分からない!合っているか不安…。ってときは、スペルをウェブで検索したりしますよね。

もうその面倒な検索作業は不要です!(※言い切っちゃってます。)

Free grammar checker(フリーグラマーチェッカー)の”Grammarly“を使えば、ミススペリングを探知して、正しい英語を使うことが出来ます!

フリーグラマーチェッカー”Grammarly”とは?

実は、最近までしらなかった”Grammarly”ですが、You Tubeを見ていた時に広告として出てきた”Grammarly”。「これ便利…。なんで今まで知らなかったんだろう…。」とすぐに機能を装備してしまいました。

その動画はこちら(※全て英語です。)

簡単に言うとウェブブラウザ上でタイプした英文が自動で”Grammarly”が読み込んでくれて、スペルミスや文法チェックを見つけてくれる機能です!しかも、無料で3分もあれば機能装備できます!

特徴を4つに分けて紹介してみようと思います。

1.英文確認は自動でお任せできる!

grammarly-check

You Tubeの動画でも説明していましたが、例えば「重要な内容のメールを英語で同僚に送るとき」「Facebookで友達が全員見ているタイムラインに英語で投稿する」「授業のエッセイや就職のためのキャリアシートを英語で作成」する大切なメッセージを英語で毎日書く人のために、”Grammarly”があなたの代わりに自動でミスを発見して、正しい文法やスペルを提案してくれるアプリです!

上の画像は、ウェブブラウザ上で書き込んだ英単語のスペルミスを自動で発見してくれた時の画像で、正しいスペルを確認できます。右下の赤色で①は、文章中の英語ミスの数を表示してくれます。

2.ただのスペルチェックじゃない!ベストな単語を提案してくれる!

スペルチェックや英文法チェック以外にも、選んだ単語をより良い英文にするために提案機能と同義語を表示してくれる搭載されています。

英単語といっても同義語があり、伝えたい英語のニュアンスでチョイスする単語を変えたほうがより良い文になるときが多々あります。

英語学習中はやっぱり英単語の量の少なさに苦労して、知っている単語で英語を構成しがちですが、”Grammarly”は同義語で1番適切・印象の残りやすい単語を選定して提案してくれます。

使っていて、「こんな使い方もあるんだ!これって〜〜〜という単語に言い換えれるんだ!」と気付きがあって勉強になります。

3.Chrome・Safari・Fireboxにも対応している

any-devices

いつも私がウェブブラウザで使うのがGoogle Chromeなのですが、Chromeの拡張機能を使うことで”Grammarly”を使うことが出来ます。Chromeの場合は、ダウンロードして設定をONにするだけで使えます。

クロームの拡張機能について知りたい人は”【クロームの使い方: 6 】拡張機能とは?”を見ると分かりやすいと思います。

クロームだけではなく、SafariやFireboxと他のブラウザを利用している方にも対応していて、レポートやビジネス文書で良く使われるマイクロソフトワードやPC版のOutlookもWindows版として対応しているので、仕事の場でも活躍してくれます。

4. 英文添削でも大活躍!

ウェブブラウザでの英文チェックを自動的にしてくれる”Grammarly”と紹介しましたが、無料会員登録後に、”Grammarly”にアクセスすると通常の英文チェックをすることが出来ます。

機能としては、英文を書き込むと下の画像のように、自動で英文チェックをしてくれます。

ここでも、単語のスペル・英文法チェック・単語のチョイスの提案をしてくれるので、英文添削をしたい文書をコピーして貼り付けるかそのまま”Grammarly”で英文書を作成出来ます。

free-grammar-checker

まとめ

無料で使うことが出来るのダウンロードして損はないと思います。実際に使い始めて、結構助けられているので、スペルはほぼ完璧で、英文法はコンピュータ解読なので100%完璧というわけではないですが、自分が気づかないミスを見つけてくれるのでとても助かります。わざわざ別タブを開いて検索する必要もなしなので、すごい便利です!

普段、パソコンやブラウザ上で英文を書く機会がある人は、是非使ってみて下さい。

“Grammarly”はこちらから
https://www.grammarly.com/

grammarly-top