フィリピンのビジネス英会話力は世界一?知られざる驚異的な真実とは。

スポンサーリンク

ここ数年フィリピン留学の人気も右肩上がりで、格安留学や2カ国留学が注目を浴びていますよね。ただ、まだまだ『フィリピンで英語?』『フィリピン人って英語話せる』のって言う声も少なくありません。

以前こんな記事を書きました。

フィリピン人の【英語力】が世界的に認められている5つの理由

medium_14166887849

フィリピン人の英語力はなんと世界一!

英語力を測る試験といえば、TOEICというイメージが日本では浸透していて、国別のランキングを出していたりしているのは一度は見かけたことがあると思います。ただ、はっきり言って韓国人と日本人の受験者にかなりの偏りがあるため当てになりません。イギリスではTOEIC替え玉受験や不正で英語力証明としての力も持たない試験です。

そんななかGlobal English社(アメリカカリフォルニア州)調査報告を出しているBEI(Business English Index;ビジネス英語指数)でフィリピンはなんと2,011年から3年連続でダントツで世界一位に輝いています。

BEI(Business English Index)ってなに?

この調査は世界78カ国137,000人(2013年)の非ネイティブを対象にしている英語能力調査です。え?非ネイティブと思った方もいるかと思いますが、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどの欧米各国も非ネイティブがいるので調査対象に含まれています。

この調査結果をもとに世界のグローバル企業が、他の国に進出を決めたりする際の参考資料として用いられているので、フィリピンに外資系の企業のコールセンターが多いのも納得ですね。

BEIの結果を詳しく見てみよう

Beginner/Basic/Intermediate/Advanceの10段階で区分けされ、フィリピンはダントツの1位7.95(Intermediate)であり、日本はなんと!アジア最下位水準の4.29。どれだけ英語教育が遅れているかが見て取れます。

Global English社

bei

2013年のデータで欧米諸国とアジア各国だけ抜き出しました。78カ国中日本は50位です。

フィリピン留学にメリットもデメリットももちろんありますが、これだけ世界に認められ英語力を持ち、グローバルに働いているフィリピンはただ単に安く留学出来るということではなく、プラスαでしっかり英語を学べる環境が用意されています!