フィリピン・セブ島でTOEIC留学をするメリットとおすすめの語学学校

スポンサーリンク

低価格で英語留学ができるフィリピン留学ですが、日本からアクセスも良く日本人留学生からも人気の高いセブ島留学。

英語学習の目的と言っても人それぞれですが、今回は、フィリピン・セブ島でTOEIC学習をするメリットとTOEIC試験対策ができるコースを提供する語学学校を紹介したいと思います。

フィリピン・セブ島でTOEIC留学をするメリットとは?

toeic

TOEIC試験は、日本では一般的な英語試験で就職や転職活動のための英語力証明で使われることも多いのはご存知だと思います。TOEICのListening&Readingテストは、英語によるコミュニケーション能力をリスニングとリーディングの2つの英語スキルから判別します。

日常英会話ではあまり使われないビジネスよりの英単語も多く出題され、日本ではTOEIC試験の結果をもとに英語力を判定することが多くあります。

フィリピン留学では、TOEICの目標点数を目指す対策コースを提供している語学学校があります。TOEIC試験は、解き方のコツを習得することで点数アップは充分に上げることができるので、独学でも高い点数まで持っていくことは実際に可能です。

それをフィリピン留学で、TOEIC学習を行うメリットとはマンツーマンレッスンでTOEIC授業を受講できて、試験対策以外にも使える英語力を習得できるという点です。

マンツーマンのTOEIC授業

フィリピン人の英語講師とマンツーマンでTOEIC対策のレッスンを受講することができます。もちろん、レッスン中に日本語が使われることはなく全て英語で講師からTOEIC点数アップのためのレッスンを受講します。

英語を使ってTOEICを学ぶことにより、英語を聞き取るリスニング力に加えて、質問する際も英語で質問する必要があるので英語の使い方を覚えながらTOEICのスキルアップを狙えます。

TOEICスコアを伸ばすための期間と覚えておきたいデメリットとは?

TOEICスコアを飛躍的に上げたいのであれば、学習次第では4週間〜8週間で点数アップをすることは可能ですが、150〜200点程度を上げるのであればフィリピン留学コース単体だけで言うと3ヶ月(12週間)の期間を取っておいたほうが良いです。

また、TOEICコースは日本で受けるTOEIC講座や学習の際に使ってきた参考書とは異なり、日本語での説明は一切ありません。英会話初心者がフィリピン留学に行く際に気をつけてほしいのが、いきなりTOEIC講座を受講しないほうが良いということです。

英会話に慣れていないのに、いきなりTOEICコースを受講しても講師の説明が理解できずに、無駄に時間を取られてしまうことがあります。英会話学習が初心者の方であれば、日常英会話コースからはじめて、TOEICコースに変更する形で留学することをおすすめします。

セブ島にあるTOEIC対策が学べる語学学校

それでは、フィリピン・セブ島にあるTOEIC対策講座を提供している語学学校を紹介していきます。

SMEAG CAPITAL(キャピタル)

smeagcapital

SMEAGはセブ島市内に3つのキャンパスを持つ、セブ島で最大規模の語学学校です。その1つのキャンパスであるSMEAGのキャピタルキャンパスは、セブ島唯一のTOEICを運営する団体のETS認定、TOEIC公式試験会場になっています。

TOEIC対策コースの評判は高く、点数アップの保証をしたコースも提供しています。平日は、がっつり英語学習ができる環境が整っており、朝6:40〜20:35まで英語漬けでTOEIC学習をすることができます。また、毎週土曜日に実際の試験会場で模擬試験を受けることも可能になっています。

TOEICを教えてくれる講師は、TOEICコースを受け持つ専任講師なのでクオリティの高い講師からレッスンを受けることができます。

セブ島留学中に、語学学校内でTOEIC試験を受験することができるのもポイントの一つです。

SMEAGは日韓共同経営の語学学校で、日本人留学生以外にも韓国人や台湾、ベトナム、ロシアからの留学生もいるので時期にもよりますが多国籍な環境で英語学習をすることが可能です。

公式ホームーページ:SMEAG

Southpeak(サウスピーク)

southpeak

本気留学で有名な語学学校サウスピーク。3ヶ月でTOEIC平均が211点アップを可能としている実績の高いTOEIC対策コースを提供する語学学校です。1ヶ月の留学生でも100点以上のTOEICスコアアップをしており、TOEICだけでなくマンツーマンレッスンの中で実践的な英語力と発音矯正にも力を入れています。

日本人経営の語学学校で、留学している層は日本人のみです。多国籍な環境で学びたい人にはおすすめできませんが、日本人向けに作られた語学学校のため日本人による安心サポートを受けながら留学することができます。

TOEICコースを提供する講師はTOEIC900点以上を保持し、留学前も事前面談や事前カリキュラムを決定してくれるので、留学前からTOEIC学習に取り組むことができる語学学校です。

公式ホームーページ:Southpeak(サウスピーク)

CPI(Cebu Pelis Institute)

cpi

セブシティの郊外にあるホテルリゾート型の語学学校のCPI。特徴は、何と言ってもホテルのような施設設備の寮と野外プールも設備されている過ごしやすい環境の中から英語学習ができるという点です。

日常英会話が学べるコースに加えて、TOEIC対策コースを2パターン提供しています。これから試験対策を始める方向けのコースと既に試験対策をしており、目標点数に対して集中的に学びたい人向けのコースです。

セブシティには位置しているのですが、少し郊外にあるCPIは、都会の喧騒から離れて英語学習に集中したい人にはおすすめの語学学校です。CPIは、韓国人資本の語学学校のため韓国人が40%ほどで、台湾、日本、ベトナムの国籍比率になっています。日本人留学生も多すぎずに、アジアの留学生と交流したい人には最適な国際比率になっています。

公式ホームーページ:Cebu Pelis Institute

Philinter

philinter

セブ・マクタン国際空港が位置するマクタン島に語学学校を構えるPhilinter。セブ市内からは離れたところにありますが、空港からは約10分程度のところに語学学校は位置しています。

韓国やベトナム、台湾などの語学留学生も多いので日本人比率は20〜40%環境下の中で、TOEICコースを学ぶことができます。TOEIC試験初心者向けのファウンデーションコースと点数アップを目指すフルタイムTOEICコースから選択肢、模擬試験を週1回受講しながら進捗を確認していきます。

12週間の点数保証コースも提供しています。リゾートエリアも近い位置にあるので、平日はTOEIC学習に集中して土日はビーチリゾートへリラックスするなどメリハリのある留学ができます。

公式ホームーページ:Philinter

フィリピン留学でのTOEIC学習を有効活用するには

フィリピン・セブ島にあるTOEICコースが受講できるおすすめの語学学校を紹介してきましたが、セブ島に行きTOEIC留学をしただけでは、英語力は伸びません。

TOEICの点数を伸ばすだけなら日本でも可能です。まずは、フィリピン・セブ島で留学する意味を考えてみましょう。

留学目的は様々ですが、マンツーマンで講師と英会話レッスンを受講できるフィリピン留学は効率よく、英会話力を鍛えてくれることは間違いありません。ですが、多くの留学生が失敗する点と言えば、留学前の事前学習を怠るという方が多い点です。

フィリピン留学は短期間で効率よく英語を伸ばす場所としては最適ですが、事前の基礎知識を付けてから留学するのとそうでないのでは、伸び率も雲泥の差があります。事前にTOEIC学習や英単語の知識を付けてから留学をしましょう。

まとめ

セブ島での留学はTOEICの点数以外にも、フィリピン人はもちろんのこと語学学校によっては韓国人や台湾人などのアジアからの留学生と交流ができたり、ビーチリゾートなどの観光地で日本では体験できないいろんな体験をすることができます。

TOEIC試験以外にも様々な体験をフィリピン留学を通してしてきましょう!