1週間のフィリピン留学は効果あり?留学費用とその効果【徹底解説】

スポンサーリンク

1週間の超短期間から英語留学ができる国と言えば、フィリピン留学が有名です。

社会人でもゴールデンウィークやお盆のシーズンなどを使って手軽に英語留学ができるようになりました。

実際に短期間でのフィリピン留学を検討されている人向けに、

「1週間の英語留学に効果があるのか?」

「実際に費用はどれぐらい掛かるのか?」

などの疑問をまとめていきます。短期留学検討者必見です。

フィリピン留学1週間のスケジュールと効果。

lesson

フィリピン留学での実際のスケジュールや英語学習時間をもとに、留学の効果を見てみましょう。

フィリピン留学1週間のスケジュール

マンツーマンで英語レッスンを受講できるフィリピン留学は、1週間からの超短期でも日本で英会話スクールに通うより圧倒的に英語を話す時間を確保できます。

一般的な英語留学のスケジュールを見てみましょう。

1週間のフィリピン留学

日曜日:フィリピンに到着

月曜日:オリエンテーション・レベルチェックテスト・英語レッスン

火曜日:英語レッスン

水曜日:英語レッスン

木曜日:英語レッスン

金曜日:英語レッスン、卒業式

土曜日:日本に帰国

ほとんどの語学学校の1週間のスケジュールは、毎週日曜日にフィリピンに到着をして語学学校に入寮し、月曜日〜金曜日に英語レッスンの受講をして土曜日に日本へ帰国する日曜日〜土曜日の留学となります。

1週間の留学期間中の英語学習時間

通常の英語学校の場合は、月曜日に入学生向けのオリエンテーションと金曜日に卒業式があるので平日の月曜日〜金曜日まるまる英語留学ができるわけではありません。

語学学校によっては、月曜日が1日オリエンテーションと周辺施設の案内で終わるなんてこともあるので学校選びの際に気をつけたいポイントです。

1週間の英語留学の場合は、1日6〜8時間ほどの英語レッスンが一般的なので30時間〜40時間の英語学習時間となります。

ただ、月曜日が1日オリエンテーション等で潰れる学校の場合は、英語レッスンの時間が極端に減ってしまうので気をつけましょう。

フィリピン留学1週間と英会話教室1年間通学した時の比較

フィリピンでの1週間の語学留学で、学校によって異なりますが提供しているレッスンの合計時間は30時間〜40時間ぐらいになります。

実際に日本の英会話教室に通学する場合は、週1回〜2回が一般的でしょう。仮に、週1回の英会話レッスンを1年間通学した場合の学習時間を見てみましょう。

英会話教室

・週1回1レッスンを1年間通学=48時間

フィリピン留学で1週間で提供されるレッスン時間数が約30時間〜40時間だとして、日常会話が英語に代わり自習時間も合わせると1年間日本の英会話スクールに通学するのと同等の時間を確保することができます。

フィリピンでの1週間は、英語レッスンを受けている時間以外も英語を使う機会があったり、レッスンの復習などの自習時間を入れると1週間という短い期間でも英語を使う時間を圧倒的に取ることができます。

1週間のフィリピン留学費用

圧倒的な英語学習時間が取れるフィリピン留学ですが、実際にどれぐらいの費用がかかるのでしょうか?

1週間の留学期間で、一人部屋を選択した場合の料金をおすすめの語学学校3つを比較しながら見ていきましょう。

完全マンツーマンレッスンの「ガチ留学」

gachiryuugaku

完全マンツーマンで英語レッスンができるAHGSが提供する「ガチ留学」。1日8コマのマンツーマンレッスンが付いて、コストパフォーマンスが高く英語留学をしたいならおすすめの語学学校です。

留学費用 63,445円
入学金 15,000円
現地支払い費用 約2万円
合計 約98,445円

※税込価格

ガチ留学の場合は、一人部屋の料金で含まれる料金は滞在費と授業費になります。語学学校での食事の提供はしていないので、そこの費用が掛かりますが複数人部屋にすることで留学費用を押さえることができます。

1週間の短期間なので、がっつり集中したい人はガチ留学を検討してみるのもいいでしょう。

本気で学ぶならガチ留学

社会人限定のオトナ留学MBA CEBU

mbacebu

1週間の短期間で英語を学ぶ人は社会人の方が多いでしょう。

フィリピン留学の語学学校は、大学生や20代の若い人が集まる語学学校が多いですがMBA CEBUは社会人限定のオトナ留学というコンセプトで、社会人が過ごしやすく英語を学びやすい環境で語学学校を運営しています。

実際の留学費用を見てみましょう。

留学費用 96,000円
入学金(+その他) 21,600円
現地支払い費用 約16,500円
合計 約134,100円

※税込価格

社会人限定で、設備や学校環境に特に力を入れているため料金はガチ留学と比較すると高いですが、滞在施設も他の語学学校と比較してかなり綺麗なため快適に英語を学びたい人にはいい環境でしょう。

1週間で、英語レッスンの時間だけで37時間 (3ヶ月分超)確保できます。

完全オーダーメイドのカリキュラムで、日常英会話からビジネス英会話までカスタマイズされた英語レッスンを受講できるので費用対効果も高いと定評があります。

社会人限定のオトナ留学MBA CEBU

1週間の留学と連携した形でMBA CEBUの姉妹校であるSTART-UP ENGLISHで日本国内で英語レッスンも可能なので、効果のある留学するには最適な語学学校です。

日本でフィリピン人の英語講師と無料体験レッスンも受講できるので検討されている人は行ってみましょう。
完全マンツーマンの英会話スクール START-UP ENGLISH(スタートアップイングリッシュ)

国際色豊かで格安のフィリピン留学なら「3D Academy」

kakuyasuphilippines

ガチ留学・MBA CEBUは日本人経営の語学学校のため日本人留学生のみのため、日本人向けにカスタマイズされており、勉強に集中できる環境の反面で他の国籍の留学生と交流はほぼありません。

3D Academyなら、韓国や台湾などの語学留学生も受け入れているので海外との留学生と交流をしたいのであれば3D Academyがおすすめです。

1週間のフィリピン留学の費用を見てみましょう。

留学費用 70,000円
入学金 15,000円
現地支払い費用 約15,950円
合計 約100,950円

※税込価格

3D Academyで1週間の留学をする場合は約10万円で、語学学校での食事付きなので費用を押さえて英語留学ができる語学学校でしょう。

フィリピン・セブ留学3D Academy

1週間のフィリピン留学でかかる費用

0yenryuugakumoney

フィリピンの語学学校3校で一人部屋で掛かる費用は約10万円〜13万円でした。複数人で滞在する相部屋にするともう少し費用を抑えて留学が可能になります。

それ以外にも、フィリピンと日本の往復チケットで早く予約をすることで4〜6万円で格安航空券を確保することができます。

今回説明した留学費用以外では、現地での生活費がプラスが必要になります。

1人部屋での1週間のフィリピン留学でかかる費用は約15万円〜程度あれば可能です。

短期間の留学期間しか確保できない社会人の方にとっては、コスパの良い留学がフィリピンでできます。

1週間で効果のあるフィリピン留学をするには?

kouka-philippines

フィリピン留学は超短期の1週間から語学留学ができますが、1週間だけの留学期間では英語を完璧に覚えることは難しいでしょう。例え、マンツーマンレッスンと英語学習時間を多く確保できるフィリピンでもです。

ですが、英語漬けの環境で効果的に1週間を過ごす方法はあります。

それは、「フィリピン留学前にインプット学習を徹底的に行う」ということです。

フィリピン留学はマンツーマンでとにかく英語を話す時間を確保できるので英語を話す練習を効果的に取ることが出来るのですが、基礎英語知識が少ないとアウトプットの時間も効果的に使うことが出来ません。

英単語帳を1冊丸暗記する勢いで、フィリピン留学前は勉強しておくと良いでしょう。あとは、フィリピン留学でその知識をアウトプットするだけです。

また、英語での自己紹介も完璧に出来るように準備をしましょう。

フィリピン人の英語の講師から初回のレッスンで簡単な自己紹介をすることになります。ほとんどのレッスンがマンツーマンのため、レッスンの度に英語での自己紹介に戸惑っているようだとせっかくのレッスン時間も無駄になりかねません。

英語での自己紹介は完璧に言えるように準備しておくといいでしょう。

まとめ:フィリピン留学1週間でも効果のある英語留学ができる

1週間〜留学ができるフィリピン留学ですが、日本の英会話スクールに通うより英語漬けの学習環境で効率よく英語学習ができます。

あとは、留学前の事前学習をしながら留学後に継続して英語学習できる環境を作れるかで効果も変わってくるでしょう。

たとえ、1週間だけでも英語に触れる時間を圧倒的に作れるフィリピン留学は、何かを変えてくれるきっかけになるかもしれません。

是非、参考にしてみてください。