フィリピン留学の失敗談。後悔しないために知るべきこと【経験談】

スポンサーリンク

短期間で、マンツーマンで集中した英語学習環境を作ることができるフィリピン留学。フィリピン留学で英語力習得を目指したり、欧米留学前の基礎固めでフィリピンを選んで語学留学をする方が増えてきていますが、私が経験したフィリピン留学の失敗談をご紹介します。

これからフィリピン留学を検討されている方やフィリピンでの留学を決めている方が、失敗しない留学にするための参考にしていただければと思います。

私のフィリピン留学失敗談。後悔しないために知っておく4つのこと

私は、フィリピンのセブ島に3ヶ月間(12週間)留学をしました。

フィリピンで英語留学をする前の英語力は超が付くほどの初級者レベル。

英語を話せるようになりたいと語学留学先を探していた時に出会った英語の講師とマンツーマンでレッスンを受けれて、欧米留学と比較しても低価格で学習時間を確保できることに魅力を感じてセブ島にある語学学校を選びました。

フィリピン留学期間の3ヶ月間で英語力の基礎を付けて、ある程度の日常英会話は話せるようになりたいと考えて留学を決めましたが現実はそんな簡単には甘くはありません。

フィリピン留学前に私が考えていたのは、フィリピンに行って語学留学をすれば英語力は伸びるだろうと勘違いしていました。

1.フィリピン留学前に、英語の基礎学習をしなかったという失敗

philippines-ryugaku-fail06

留学をすると決めてから、現地の国に行って英語のレッスンを受ければ英語力が伸びると思って事前学習を全くせずにフィリピン留学に行きました。案の定、事前準備をしなかったので入学時の英語力テストは一番下のLow Beginner(超初心者)の判定になりました。

フィリピン人の英語講師は、日本語を話すことができないのでマンツーマンレッスンの会話も全て英語です。

とりあえず、英語の講師が何を話しているか全く理解できないためレッスン中は、毎回単語は辞書で調べて分からない文法はホワイトボードに書き写してもらい、ノートに書き留めるという非効率なレッスン。

1レッスン50分で講師と1対1のマンツーマンレッスンで話す時間を圧倒的に取ることができるはずなのに、気づいたら辞書と格闘している時間かノートにホワイトボードの内容を書き写す時間にほとんどの時間を取られていました。

せっかくフィリピンに来て、英語を思う存分話して練習できるチャンスなのに、留学期間の半分は基礎固めに時間を費やしました。

留学期間中の自習時間も日本から持参してきた英単語帳や英文法を日本語で学ぶ始末なので、日本で事前学習をしておけば良かったなと後悔。

フィリピン留学を決めたら留学前に日本で中学レベルぐらいの英語力を付けたり、単語帳1冊ぐらいは丸暗記するぐらいの勢いで来ないと留学期間を有効活用できません。

2.英語学習の目的を明確にして、フィリピン留学をしないと失敗する

philippines-ryugaku-fail02

なぜ、英語を話したいのか。何に使うのかなど英語学習の目的は明確にしておきましょう。

留学期間中は、多くの講師からレッスンを受けるのですが、決まって聞かれるのが「なぜ、あなたは英語を勉強したいの?」「英語を使って何がしたいの?」という質問。

以外と留学の目的が明確ではない人が多いのですが、それだと留学の効果も半減します。

「TOEICの点数が何点とりたい」、「ビジネスで使える英語力を習得したい」「海外の友達を増やしたい」など目的が明確になっていることで自ずとレッスンの内容も決まってきます。

マンツーマンレッスンが講師との雑談になってしまっては効果がでないので、フィリピン留学を失敗で終わらせてしまう可能性があります。

3.情報収集と留学の事前準備をしないと失敗する

philippines-ryugaku-fail03

フィリピンは東南アジアの発展途上国で日本と勝手が違うことが数多くあります。ノートや筆記具などは、日本から持参していたほうがいいですし、日本の文法書やテキストはフィリピンでは購入することができません。

日本食が恋しくなっても日本の食材はフィリピン現地で購入すると日本の2〜3倍ぐらいの値段がします。

他にも生活で必要なものなどを現地で調達するのも良いですが、海外生活に慣れていない人にとっては時間が取られることもあり、短期で留学をする人は特に時間がもったいないです。

どうにかなるだろうと考えていくと、後悔することもあるので失敗しないように情報収集をした上で留学の準備をすることをおすすめします。

4.レッスン中はフィリピン人講師より英語を話そう。

philippines-ryugaku-fail04

フィリピン人は、明るくおしゃべりな講師が多いです。レッスン中もいろんな質問を投げかけてきて、個人的な話など延々と話してくれる講師も少なからずいます。

慣れない英会話に相手の話を聞いているだけでは、英語で話す力はついてきません。自分からいろんな話や聞かれた質問に対して積極的に話すことに挑戦してみましょう。

日本人はシャイとよく言われますが、シャイで得することはありません。相手は講師一人なので間違ってもいいので、積極的に話さないとせっかくのレッスンの効果を発揮しません。

5.フィリピン留学中は積極的に外国人の友達を作る。

philippines-ryugaku-fail05

フィリピン留学が日本で注目を集めてきて、日本人留学生が増えてきました。その結果、日本人とばかり交流をしている留学生が増えてしまっています。フィリピンの語学学校では、日本人経営の語学学校と韓国人経営の語学学校が大半を占めます。

日本人経営の学校の場合でも、他国からの留学生を受け入れている学校も多く、韓国人経営は韓国人と交流することができます。韓国以外にも台湾人、ベトナム辺りのアジア圏の留学生が多いですが、積極的に交流しましょう。

学校の外をでることで、様々な国籍の人と交流することも出来るので積極的に外国人の友だちを作りましょう。

私も留学期間の前半は英語力の基礎を付けるのに時間を費やし、外国人と積極的に交流する機会が取れなかったのですが、後半から英語のレッスンに加えて外国人と交流することで英語で相手のことを知るための会話力が付きました。

まとめ

フィリピン留学に行けば英語が伸びるなんて勘違いしている人も多いですが、私のように失敗しないように事前に準備できることはしておきましょう。

私の失敗談と同じことがないように、フィリピン留学前に事前学習や留学準備を行い、留学期間を効果的に使いましょう。この記事を読んでいただき、留学に失敗しないことを願っています。