フィリピン留学の語学費用はどれぐらいかかるの?【1ヶ月の留学費用】

philippines-ryugaku-hiyou

スポンサーリンク

欧米留学と比較して格安で語学留学できる国として注目を集めているフィリピン。

実際に、フィリピン留学を検討してもどれぐらいの費用が掛かるかあまり想像できませんよね。実際にフィリピン留学に行く際に、どれぐらいの費用が掛かるのかをまとめてみました。今回は、1ヶ月(4週間)での留学で見てみたいと思います。

これからフィリピン留学を検討されている人の参考になれば幸いです。

留学前にかかる日本での支払う費用

まずは、留学前に日本で支払う必要のある費用から見てみましょう。この費用は、語学留学するための学校費用となります。フィリピン留学の場合は基本的に、入学金・宿泊費・食事代・マンツーマンでの授業費用となります。

宿泊費は、一人部屋やなのか相部屋なのかで料金も異なり、授業費用も語学学校が提供するカリキュラムによって異なってきます。

セブ島にある人気の語学学校を比較してみるとだいたい以下の料金になります。

留学期間:4週間

授業内容:一般英会話

滞在部屋:二人部屋

学校費用:14万円〜16万円

入学金:15,000円

入学金を加えて、4週間一般英会話を学び、二人部屋で語学留学をすると15万円〜18万円ぐらいが相場になります。

滞在部屋を一人部屋にしたり、コースを変えたりするともう少し費用が掛かることがあるので、最低限の語学留学費用は15万円〜18万円ぐらいとなります。語学学校によっては現地空港でのピックアップ費用や海外送金手数料なども別途費用が掛かる場合もあるので留学前に確認しておきましょう。

現地フィリピンで支払う費用

philippines-ryugaku-hiyou05

フィリピンに入国の際は、留学の場合でもビザの取得は不要です。ですが、現地到着後に語学学校に支払う必要があるのが現地支払い費用です。

ほとんどの語学学校では、現地通貨であるフィリピンペソで支払いをするので留学初日のオリエンテーションなどに案内される両替所で日本円を換え金して支払いを行います。現地で支払う必要がある費用を見ていきましょう。

SSP(特別就学許可証)6,500ペソ(16,250円)

SSPはSpecial Study Permitの略でフィリピンの語学学校で英語を学ぶために政府に対して申請が必要な許可証です。語学学校が代理で申請をしてくれるので、留学中に何かする必要はないのですが、6,500ペソ費用が掛かります。

水光熱費や教材費 2,000〜3,000ペソ(5,000円〜7,500円)

語学学校によっては、実費で水光熱費や実際に授業で使われる教材費を別途費用が掛かる場合もあります。だいたい、1ヶ月(4週間)ぐらいだと5,000円〜7,500円の費用を見ておけばいいでしょう。

寮保証金 3,000ペソ(7,500円)

滞在する寮での設備への破損があった際などに使われる保証金です。語学留学後に、滞在部屋での破損や損傷がなければ返金される費用なのでお預り金となります。語学学校によっても異なりますが、だいたい7,500円程度と覚えておきましょう。

その他費用

1ヶ月留学する人には、基本的に掛からない費用ですがフィリピンへの滞在がそれ以上の方は、以下の費用が掛かることも覚えておきましょう。

ビザ延長費用

フィリピンの滞在日数が29日以上超える場合は、滞在日数によって別途ビザの延長費用が必要です。もちろん語学学校が代理で申請をしてくれます。1ヶ月の留学の場合は、ギリギリ申請をしなくても大丈夫ですが、1ヶ月以上のフィリピン滞在をする人はビザ申請があるということは覚えておきましょう。

ACRI-CARD(60日以上滞在の場合)3,000ペソ(7,500円)

ACRI-CARDは、外国人登録証です。外国人の居住を確認するために60日以上のフィリピンへの滞在をする場合は、申請をする必要があるのでそんな費用があることを覚えておきましょう。

現地支払いでかかる合計費用

1ヶ月の語学留学だと現地で支払う費用は以下となります。

SSP:16,250円

水光熱費や教材費:5,000円〜7,500円

ACRI-CARD:7,500円

寮保証金:7,500円

1ヶ月の語学留学だと現地で支払う合計費用は38,750円となり、日本で事前に支払った費用を加えると約19万円〜22万円となります。

現地支払い費用は、1ペソ2.5円計算をしているので、レートによって変動もします。

フィリピン渡航への航空券

philippines-ryugaku-hiyou02

次に、フィリピンへ渡航するための航空券を購入する必要があります。格安航空券のLCCを使用すれば、時期によっては比較的安い価格でチケットを予約できます。

フィリピン留学する地によっても異なりますが、セブ・パシフィック航空、ジェットスター、大韓航空、バニラエアーであれば比較的安く渡航が可能で、往復約5万円〜6万円でフィリピンへ渡航することができます。

 

チケットは早めに予約をしておくとお得に購入することができ、セブ・パシフィック航空やバニラエアーなどではキャンペーンなどでもっと安くすることも可能です。

スカイスキャナーで調べるとおとくな航空券を探すことができますので留学時期を決めたら見てみましょう。

格安航空券以外にもANAマイルが貯まるフィリピン航空などもありますが、費用が出せる人はフィリピン航空で渡航してもいいでしょう。

海外旅行保険

philippines-ryugaku-hiyou03

異国の地での生活なので、環境が異なり体調を崩してしまったりすることもあるでしょう。海外でのもしものために海外旅行保険には加入しておくと安心でしょう。

費用を安く抑えたい人は、クレジットカードの付帯保険を使えば費用を書けずに旅行保険を使えます。クレジットカードには自動付帯とクレジットカードを利用して使える利用付帯のものがあるので、契約のクレジットカード会社に留学前に事前に確認しておきましょう。

フィリピンでの現地生活費用

philippines-ryugaku-hiyou01

現地での生活費用は人それぞれです。語学学校では、1日3食の食事が提供されているので、食費はほぼ費用を掛けずに生活することができます。たまには、外食をしたり、金曜日の夜に飲みに出かけたりすることもあるのでその頻度で費用は異なってきます。

語学学校の食事で平日は済ませて、土日はアイランドホッピングや観光ツアーなどに行くぐらいであれば1週間1万円程度で現地生活費用は大丈夫ですので月4万円ぐらいで、多めに考えて1ヶ月5万円ぐらいです。

フィリピンには日本食レストランが多数あるのですが、日本食レストランの場合は1食1,000円程度かかる場合もあり、ローカルなレストランであれば約300円ぐらいです。

生活スタイルによっても異なりますが、語学学校の食事などで節約は充分に可能です。

まとめ

実際にフィリピン留学で掛かる費用をまとめてみましょう。

留学費用:15万円〜18万円

現地支払い費用:38,750円

航空券費用:約60,000円

現地生活費用:約50,000円

1ヶ月の語学留学で掛かる費用は、約26万円〜29万円です。お土産代を入れると30万円で1ヶ月のフィリピン留学ができます。

安いと言われているフィリピン留学と言っても30万円ほどの1ヶ月の語学留学費用は掛かります。

欧米留学と比べると断然に安い費用で留学ができ、マンツーマンの充実したレッスンと、海外生活経験をしながら楽しめることも考えてみると1ヶ月30万円は安い留学費用です。

今回は1ヶ月の語学留学費用ということで、ご紹介しました。フィリピン留学を検討する際の参考にしてくだされば幸いです。

実際の留学費用は語学学校や留学エージェントにお問い合わせをしてお見積りを出してもらいましょう。

philippines-ryugaku-hiyou