フィリピン留学・スパルタ学校は効果的か?おすすめしない3つの理由。

スポンサーリンク

フィリピン留学と言えば、首都のマニラやリゾート地のセブ島の他にも各地にフィリピン人の講師とマンツーマンの留学スタイルで英語留学ができる語学学校が存在します。

数多く語学学校がある中で、学校選びに迷う人も多いはず。せっかくの留学生活なので効果のあるものにしたいですよね。

語学学校によって異なる特色があるフィリピン留学ですが、厳しいルールの中で留学生活を送り、英語力を上げるスタイルのスパルタ式の語学学校が存在します。

実際にスパルタ式の学校で効果のでるフィリピン留学ができるのかフィリピン留学経験者の私が説明します。

フィリピンのスパルタ式の留学スタイルとは?

スパルタ式の語学学校と言っても学校によって特徴やスタイルは異なりますが、スパルタという言葉のイメージの通り厳しいルールを設けた語学学校のことを言います。

フィリピン留学のスパルタ式の語学学校の大きな特徴としては以下となります。

平日は外出禁止で英語学習に集中。

朝から晩まで英語漬けの学習スケジュール。

日本人同士でも校内で英語以外での会話は禁止で英語のみの留学環境。

元々、フィリピン留学を始めたのは韓国人で、物価も低く韓国からアクセスの良い国のフィリピンに注目し、英語力の高いフィリピン人講師を雇用し語学学校を作り始めました。

韓国では、ミリタリーサービス(徴兵制度)があったり厳しい規律のもと学ぶ文化も根強く残っているためそのスタイルを引き継いで作られた学習スタイルがスパルタ式の語学学校です。

英語学習に専念できる環境を提供しているスパルタ式の語学学校ですが、ほんとうに効果があるのでしょうか。結論、私はおすすめしていないのですが、スパルタ式の学習スタイルをおすすめしない理由は3つあります。

1.留学生活なのに、平日外出禁止

philippinessparta01

平日外出禁止にすることで、強制的に学校に滞在することを余儀なくされます。平日外出禁止なので、語学学校側が自習室などを使い自習を進めているわけですが、平日外出禁止にしても自習しない人はしません。

強制的に英語学習をして、効果がでるのであればみんなそうしているはずです。

平日外出禁止にしなくても、自ら自習時間を作って英語学習をする人はします。自己管理の問題なので、留学生活中の平日に外出できないから英語学習が捗るとは限りません。

留学生活で英語学習をするのもはじめての人も多い中で、ストレスや疲れがたまることもあるでしょう。そんな時に、飲みに出かけてリフレッシュをしたり、寮の食事以外にもたまには外食をしたいなんてときでもスパルタ式の場合は、週末まで我慢する必要があります。

せっかくの留学生活なので外に出て、フィリピンの文化を体験しながら生活するチャンスを強制的になくされるのは少しもったいないかなと思います。

2.朝から晩まで英語漬けの留学生活でも英語上達の効果は薄い

philippinessparta02

学習時間をただ確保しただけで、英語力上達へ効果がでるほど甘くはありません。フィリピン留学のスタイルは、通常の語学学校であってもマンツーマンレッスン最低6コマぐらいからで、加えてグループレッスンがあるスタイルがほとんどです。

スパルタ式の語学学校は、通常の語学学校が提供するレッスンに加えて早朝のグループレッスンや夕食後のイブニングレッスンを提供しているケースがほとんどです。1日約8時間〜10時間ほど英語のレッスンをすることになります。また、宿題が多かったり毎朝小テストが用意されている学校もあります。

英語漬けにすることで、学習時間を確保して短期集中で英語力を上げたいという人には、選択肢の中にスパルタを選ぶのはありですが、日本人の場合はこのスタイルに合わないケースがほとんどだと思います。

スパルタ式の中でも効率よく効果がでるように考えられたレッスンを提供している語学学校も中にはあるので、学校選びの際に見極めておく必要があるでしょう。

また、初級者の場合は、語彙力(知っている英単語数)や文法(フレーズなど)も少ないため英語漬けでレッスンを受けて、学んだ内容を復習をしないと記憶に定着するのは難しいです。翌日のレッスンの予習もする必要があるため英語漬けのレッスンに加えて、予習・復習の時間を取るのが難しいという側面があります。

1日8時間〜10時間のレッスンのあとに、予習・復習を毎日続けるとしても2時間〜3時間が限界なのではないでしょうか。1日約12時間を平日の間毎日続けていくことになるので留学期間中にこのスケジュールを完走できるかによって効果がでる留学になるかの分かれ目になります。

1週間〜4週間ぐらいの短期間での留学であれば、短期集中で頑張ることが出来るかもしれませんが、4週間以上の中長期になってくると効率的な学習方法とは言い難いでしょう。

スパルタ式の英語漬けでの留学生活と聞くと、聞こえは良いですが予習・復習の時間を踏まえた上での英語学習計画を考えてみることをおすすめします。

3.母国語禁止のルール。日本人同士で英語話しても実際意味ない。

philippinessparta03

スパルタ式の語学学校では、校内での母国語禁止というルールを設けているケースがあります。母国語禁止なため留学生活期間中は、例え日本人同士であっても日本語で話すことが禁止されています。一見、英語環境を作れるため効果が出るように聞こえますが日本人同士で英語を話しても効果がないケースがほとんどです。

もともと、英語が得意ではなく英語を学ぶためにフィリピン留学をしている日本人同士の英語レベルは初級レベルか良くて中級レベルでしょう。初級から中級の英語レベルで会話をしても簡単な会話にしか発展しません。

単語の言い合いで理解し合うか、途切れ途切れの英語を話しながら結局ボキャブラリーが少ないので、会話が終わってしまうケースがほとんどです。

挑戦すること自体は意味があるのですが、せっかくのフィリピン留学なのでフィリピン人の英語の講師か他国の留学生と英語を話すチャンスを作る方が効果的です。

スパルタ式の語学学校で母国語禁止を置くメリットももちろんあり、母国語での会話を禁止にすることで日本人同士で固まることなく、グローバルな環境下を生み出し、留学生活できるので全体的に効果がないというわけではありません。

ただ、スパルタ式の語学学校でなくても日本人以外の国籍が多い語学学校を選んで、他国から来ている留学生に積極的に自ら英語を話してみるなんてこともできるので、スパルタ式でなくても英語の環境下は作れます。

フィリピン留学のスパルタ式をおすすめする人、おすすめしない人

フィリピン留学のスパルタ式の語学学校は、前述した「平日外出禁止」「朝から晩まで英語漬けの学習スケジュール」「日本人同士でも校内で英語以外での会話は禁止」という厳しいルールがあります。

スパルタ式の語学学校の全てが英語力の伸びに効果がないというわけではないで、スパルタ式を選んで留学したほうがいいという人もいます。以下に当てはまる人はスパルタ式も選択肢として考えてみましょう。

自分に甘い人(学習の自己管理ができない)。

短期間で英語学習時間を確保してがっつり勉強したい人。

日本人がいると甘えて日本語で話してしまう人。

これまで継続して英語学習経験がなかったり、習い事なので何か始めたことが3日坊主になってしまうような人は、スパルタ式の語学学校に身を置いて留学生活を過ごすのは良いかもしれません。短期間でしか留学できない人もスパルタ式の語学学校は選択肢として考えてみるのもいいでしょう。

スパルタ式の語学学校の場合は、平日は英語学習に集中して週末にフィリピン観光や外食などリフレッシュするメリハリを付けた留学生活ができます。

自分で計画を立てて英語学習を進めれる方や英語以外にフィリピンでの観光やアクティビティなども平日を使って楽しみたい人などは、スパルタ式ではない語学学校を探してみることをおすすめします。

まとめ

スパルタ式の語学学校にはメリットとなりうる点も、デメリットとなる点もあります。留学する目的やニーズ、そして自分に合った語学学校を探すことでフィリピン留学も効果があるものになるはずです。

フィリピン留学の学校選びの参考にしてみて下さい!