フィリピン留学おすすめの留学期間ってどれぐらい?【英語学習時間を比較】

スポンサーリンク

1週間の短期から英語留学ができるフィリピンですが、短期間の留学期間で英語力が伸びるのか気になる人も多いと思います。

社会人であれば、1週間〜長くて1ヶ月程度の留学期間しか確保できなく、大学生も夏休みや春休みの期間で1ヶ月〜3ヶ月程度の留学期間になります。

今回は、フィリピン留学を検討していて留学する期間を迷っている人向けに短期留学の効果を解説していきたいと思います。

フィリピン留学の短期留学って効果はでるの?

結論として、フィリピン留学の短期留学は英語学習向上において効果は断然にありますが、劇的に英語力が伸びるということはありません。

フィリピン留学はマンツーマンで英会話レッスンを受講ができて、短期間の留学期間で龍が来費用も安いという意味ではメリットの高い点が上げられますが実際にフィリピン留学の経験者であり、語学学校でのスタッフとして勤務をしていた経験から留学期間について見ていく前に効果について見ていきたいと思います。

英語学習のためにフィリピン留学をするメリット

philippines-ryugaku-duration1

フィリピン留学に行くことで、劇的に英語力が伸びることがないと伝えましたが理由として語学を習得する上での近道はありません。

最適なカリキュラムと学習方法を知っていることでで、英語習得の最短距離を進むことはできますが、あくまで効率的に学習を進めているだけの話であって近道をしているわけではないのです。

日本人の私たちは、日本語を当たり前のように話せますがそれは生まれたときから日本語が飛び交う環境にいたから自然と耳にした日本語を使い、生活していたからです。

フィリピン留学では英語の講師と1対1のマンツーマンレッスンが毎日6コマ程度受講ができて、圧倒的に英語を話す時間を設けることができるため語学を学ぶために必要な『時間』を1週間からの短期でもかなりの時間数を確保することができます。

フィリピン留学が人気を集めて、多くの日本人が留学先として選んでいるのも英語学習時間が圧倒的に取れるからこそです。

フィリピン留学での期間毎の英語学習時間

philippines-ryugaku-duration2

英語を話す時間を圧倒的に確保できるフィリピン留学の期間毎の英語学習時間をまとめてみました。

これから留学を検討していて期間を悩んでいる人も自分に必要な英語学習時間を見つけることで効率よくフィリピン留学を活用できます。

1週間のフィリピン留学

社会人の方は、1週間しか留学期間を取れないという人も多いでしょう。

フィリピン留学では、平日の月曜日〜金曜日までの5日間以下の英語学習時間が用意されています。

1日の留学

・マンツーマンレッスン×6コマ
・グループレッスン×1コマ
・自習時間×2時間

9時間の学習時間を毎日確保したとして、平日の5日間学習に取り組むとすると45時間の合計学習時間になります。(※オリエンテーションや卒業式などで、学校によっては学習時間が少なくなる可能性があるので学校に確認しましょう。)

 

フィリピン留学の1週間は、実は週1回英会話スクールに通って、1年間続けたのと同じぐらいの英語学習時間を確保できます。

1年間英会話スクールに通った場合

週1回のレッスン×52週間 = 52時間

1年間英会話スクールに通うより、1週間の短期集中でフィリピン留学に行って英語学習をすることで効率よく学習を進めることができます。

ただ、1週間という期間はあっという間に過ぎるので物足りないと感じる人も多いのが現実です。

1ヶ月のフィリピン留学(4週間)

1ヶ月の留学では、学生の夏休みや社会人の転職前などで留学する人が多い期間です。

英語学習時間で換算すると、1週間の留学期間の4倍である180時間となります。

1ヶ月の留学

45時間(1週間)×4週間(滞在期間)=180時間

週3回英会話スクールに1年間通うと156時間の英語学習時間になるので、1ヶ月のフィリピン留学ではそれ以上の英語学習時間を確保できます。

週3回で1年間英会話スクールに通うよりも、1ヶ月短期間集中で学びたい人に取っては最適な留学期間と言えます。

英語環境に身を置きながら英語に慣れ始めてくるのは、だいたい1ヶ月後ぐらいからなので、もう少し英語学習をしたいと感じて留学が終わるイメージにはなります。

留学後の日本での継続した英語学習も非常に重要になってくるのが、1ヶ月間の英語留学です。

3ヶ月のフィリピン留学(12週間)

3ヶ月のフィリピン留学は、ある程度期間を取れる留学生がほとんどでしょう。フィリピンで英語を学んでからワーキングホリデーや次の国への渡航計画も立てている人が多い印象です。

3ヶ月間のフィリピン留学では、540時間の英語学習時間を確保することができます。

3ヶ月の留学

45時間(1週間)×12週間(滞在期間)=540時間

英語学習時間は、平日の5日間で計算しています。

それ以外に週末に自習時間を確保したり、現地のフィリピン人講師と個人レッスンをしてもらったり、外国人の友人と週末出かける機会を作ることで英語学習に触れる時間は自分次第で増やすこともできます。

また、日本の英会話スクールで毎日(365日)レッスンに通っても英語学習時間は365時間なので、3ヶ月間はそれ以上の学習時間と多くの経験を得ることができます。

3ヶ月程度の留学である程度、英語を話せてきている実感やレベルが上がった実感を持つことができるでしょう。

英語初心者が日常的使える英語力を身につけるには、3ヶ月がおすすめの留学期間です。

6ヶ月のフィリピン留学(24週間)

6ヶ月の留学期間は、フィリピン留学をしている方の中では長期間の留学と言っていいでしょう。

6ヶ月の留学

45時間(1週間)×24週間(滞在期間)=1,080時間

6ヶ月の留学期間で、1,080時間ほどの英語学習時間が確保ができるほか週末や自習時間を継続することでそれ以上の学習時間を確保し、英語レベルを格段と上げることができます。

ただ、長期間の留学となるので、英語学習の壁にぶち当たったり、集中していた自主学習なども継続できなくなったりする時期もあるでしょう。

飽きないような英語学習の工夫をすることで、6ヶ月の留学期間も効率よく英語学習ができます。

また、英語初心者が6ヶ月間フィリピン留学を経験した場合、英語圏での生活も不自由なく暮らせるレベルまで到達することができる期間です。

おすすめの留学期間とフィリピン留学を効果的に活用する方法

紹介した学習時間はあくまで一般的な例ですがフィリピン留学では、マンツーマンレッスンが主体のため先生を独り占めして分からないことを解決しながら英語学習を進めることができます。

フィリピン留学のおすすめの期間は、到達したいレベルにもよりますが3ヶ月間ぐらいの期間を確保することである程度のレベルまで上げることができます。

そして、なにより重要なのはフィリピン留学に言ってからではなくて留学前の準備期間です。多くの留学経験者が留学で失敗してしまう理由はフィリピン留学に行けば英語が伸びると勘違いをしているからです。

フィリピン留学では、英語を話す時間を他の留学や英会話スクールと比較して圧倒的に確保ができますが、事前準備なしでは効果も半減してしまいます。

マンツーマンレッスンで、英語を話すアウトプットの時間が多く取れるので留学前に英単語や英文法などの基礎的な知識をインプットしてから留学をすることで効果的な留学期間になるでしょう。

この事前学習をしっかりとすることで、たとえ1週間の留学でも効果のある留学期間にすることができます。

フィリピン留学の失敗談もまとめているので参考にしてみてください。

フィリピン留学の失敗談。後悔しないために知るべきこと【経験談】