【経験談】フィリピン留学と欧米留学ってどっちが良いの?

スポンサーリンク

留学と聞くとアメリカやイギリス、オーストラリアの先進国をイメージする方が一般的で、留学に行くのにハードルが高いというイメージを持たれる方も少なくありませんでした。ただ、ここ最近で人気を集めている留学地としてフィリピンがあります。

これまでの留学のイメージが高額という印象から、講師と1対1のマンツーマンレッスンで英語学習ができてコストパフォーマンスも高いことで有名になってきているフィリピン留学。

経験談からもとにしたフィリピン留学と欧米留学を徹底比較してみました。

気になる留学費用で比較!

ryugakuhiyou-ph-west

留学に行く際に一番気になるのは留学費用ですよね。留学費用次第では、留学を諦めたり、行きたい学校を変更しなければ行けないなんてこともあります。

欧米留学の場合は、1ヶ月の留学費用は学校費用だけで約30万円以上しますが、フィリピン留学の場合は約15万円〜20万円に抑えることができます。渡航費用も含めると、航空券が高い欧米諸国に比べてLCC(格安航空会社)も充実しているフィリピンであれば5万円程度で渡航も可能です。

もともとの物価の安いフィリピンなので、コストを抑えて留学をすることが可能で、普段の生活での観光やアクティビティもそこまで費用がかかることはありません。

費用で比較をするとフィリピンが圧倒的にお得です。

英語レッスンのスタイルで比較!

school-style

欧米留学は学校によって異なりますが、1日のレッスンが4〜5時間程度でグループレッスンのケースがほとんどです。中級以上であれば、国際色豊かな学習環境で先生一人に対して10〜15人程度のレッスンについていくことができますが、初級者だと難易度高めです。

留学言ったけど全然喋れなかったというのは、初級者だとグループのレッスンはハードルが高いことが言えます。

フィリピン留学の場合は、マンツーマンレッスンがメインで1日の授業時間が6〜8時間というケースがほとんどです。集中して英語を学べる授業時間とマンツーマンなのでわからないことをその場で先生にすぐ質問ができるので、初級者から充実した環境で英語を学びたい人にはフィリピンがおすすめです。

費用も安いのに、充実したレッスンを受けれるという意味では、フィリピン留学がおすすめです。

英語講師の質で比較!

teacher

欧米留学とフィリピン留学を比較すると欧米留学の先生の方が英語ネイティブなので質が高いとイメージされる人も多いかもしれませんが、実際に経験して一概にそうとは言えません。

欧米の英語ネイティブの国であれば、英語が母国語のため英語レベルは当たり前のように高いのですが、話せることと英語を教えることは別です。僕らが日本人だからといって外国人に日本語で日本語を教えるのは難しいと同じように、ネイティブの講師も同様のことが言えます。

英語の基礎があり、ネイティブの発音や言い回しを実際に体感しながら留学するには欧米という選択肢もありですが、フィリピン人の講師は日本人と同じように第2言語として英語を習得しています。英語力はネイティブと遜色ないぐらい高いですし、英語を話す上で間違いやすいポイントなどを身をもって体感しているフィリピン人は初級者から中級者には特におすすめです。

語学学校によっても質は異なりますが、英語の質という意味では初級者から中級者であればフィリピン留学に行き、上級ぐらいにネイティブから教わるぐらいが最適かなという印象です。

他国からの留学生で比較!

student

欧米留学とフィリピン留学の場合、一緒に留学する他国からの留学生の割合や国が違ってきます。欧米留学の場合は、世界各国から来ているので日本人の割合は、数%〜多くても30%ぐらいの割合の学校がほとんどです。

それ以外は、アジア圏やフランス、ドイツなどの先進国である隣国であったり、南米やいろんな地域の留学生と生活をすることができるので、各国に友人を作るなんてこともできます。

フィリピン留学の場合は、韓国人や日本人などが多く、中国やタイ、ベトナムなどアジア圏からの留学生がほとんどです。フィリピンの語学学校には日系の語学学校も多いため日本人しかいない語学学校も存在します。

留学に来ている留学生の出身国や割合が異なるため留学地を決める上でポイントになる点です。

留学中の生活環境で比較!

house

欧米留学の場合は、先進国なので何をするにしても整備されているため日本と変わらない生活を送ることができます。留学中はホームステイやルームシェア、寮、シェアハウスから自分の好きなスタイルで生活をすることができます。

アジア圏以外の国からの留学生も多いので、国際色豊かな環境で好きなスタイルで生活することはメリットの1つですが、ホームステイなどで苦い経験をしたりすることもあるかもしれません。

フィリピン留学の場合は、ほとんどは学校が運営する寮での一人部屋から相部屋での生活になります。学校に併設されていることがほとんどなので、欧米留学と比べると通学をする必要がないので勉強をする上では生活はかなり楽です。

寮では食事も提供されていて、留学費用に含まれているため欧米留学と比較すると食事面でも節約が可能です。その代わり、東南アジアの学生寮のため施設の設備が悪かったりする学校も存在するのでリサーチした上で選ぶことが必要でしょう。

学校以外の環境で比較!

town-country

学校外の環境は、各国それぞれで特徴が異なってきます。自分の気に入った国で留学することをお勧めしますが、欧米留学とフィリピン留学の違いは、先進国か発展途上国かという点です。

既に経済が発展して、整備されている国で留学するメリットは欧米留学にはあり、東南アジアでこれから発展していく国を肌に感じながら社会問題も考えながら英語学習をすることができるメリットはフィリピンにはあります。

まとめ

欧米留学とフィリピン留学を比較して、いろんな視点から紹介をしてきました。どちらもメリットはありますが、留学費用と英語力向上という面を重きに置くのであればフィリピン留学が費用も抑えてマンツーマンの充実したレッスンができるのでおすすめです。

欧米に行きたい国がある場合でもフィリピン留学を経験して英語力の基礎を付けてから次の欧米留学のステップを踏むという留学の仕方も増えてきています。

英語力や目的に合わせて留学する国を決める上で、参考になれば幸いです。