インドネシア人の英語力は?英語教育の背景と実際に英語は通じるのか?

インドネシア人の英語力は?英語教育の背景と実際に英語は通じるのか?

海外就職や海外に行く時に、日本語や英語が通じるのか気になるところですよね。

英語は世界共通語なんて言われてますが、インドネシアに滞在する際も実際に英語が通じるのでしょうか?

今回は、インドネシアの英語力についてご紹介したいと思います。

東南アジアに属するインドネシア

東南アジアに属するインドネシア

インドネシアのジャカルタやバリ島などは、観光地としても有名で世界各国から数多くの観光客が訪れています。

インドネシアは、多くの島々からできる島国国家で大小300の民族から構成されている国です。

公用語はインドネシア語で、初等教育からインドネシア語を学んでいきますが、バリ島ならバリ語、ジャワ島ならジャワ語などと民族毎の言語も使われています。

そんなインドネシア人の英語力はどうなのでしょうか。

インドネシア人の英語力とは?

インドネシア人の英語力とは?

インドネシアでは、公用語としてインドネシア語が使われているためにインドネシア人が日常で英語を使うことはあまりありません。

現地人との会話は、簡単な英語しか伝わらりません。

英語が話せる日本人でも観光程度であれば不便を感じることはほとんどないですが、英語で意見を話し合うディスカッションとなると正直レベルは高くありません。

インドネシア人の英語には訛りがある。

当たり前ですが、インドネシア人は英語ネイティブではないので訛りがあります。

日本人の英語初心者にも多いのですが、インドネシア人で英語が話せる人でもローマ字読みをする人が多いので聞こえづらく、一般的なインドネシア人はインドネシア訛りの英語で話す印象です。

ある程度慣れないとインドネシア人の英語を聞き取るのは大変ですね。

インドネシアの英語教育

インドネシアの英語教育

インドネシアは、小学校6年・中学校3年の義務教育と高校3年と大学4年という日本と同じ教育制度になっています。

外国人と接する機会の多い首都のジャカルタや観光地のバリ島では、小学校1年生から英語科目が必須となり、英語教育に力を入れていります。

日本と比較すると小学校1年生から英語が必修科目になっているので、語学習得に力を入れて教育をしているといえます。

また大学卒業をしたインドネシア人は、日常英会話程度なら問題なく英語を話せるため日本と比較しても英語力は高いです。

日本人の英語力が低すぎるのもありますが、インドネシア人の教育を受けている層は中学時代から洋楽や海外映画に触れているため英語力が高いインドネシア人も多いです。

インドネシア人と日本人の英語力比較

インドネシア人と日本人の英語力比較

インドネシア人と日本人の英語力を比較して、どれほど英語力が違うのかをTOEICとTOEFLの国別結果をもとに比較してみました。

TOEICのテストはインドネシア人より日本人の方が高い

TOEICテストの受験者数はほとんどが韓国人と日本人がほとんどを占めているためインドネシア人のTOEIC受験者数はそんなに数が多くありません。

TOEIC試験の国別比較を見てみると実は日本人の英語力の方が高いです。

インドネシア 日本
Listening 236 283
Reading 187 229
Total 423 512

日本人のTOEICスコアは合計512点と低いですが、インドネシアはそれを下回り423点とかなり低い点数となっています。

TOEICを日本のように重視していない国とは言え、流石にこの点数は低すぎかなという印象です。

東南アジアの他の国ですが、マレーシアは687点・フィリピン711点・インド861点と平均的に高いスコアを出しているのにインドネシアだけかなり低い点数です。

もともと、フィリピンやマレーシアは英語圏のイギリスやアメリカの占領地時代がありますが、インドネシアはオランダの占領地としての影響を受けているため歴史的に見ても英語と密接にあった国ではないので、低いのかもしれません。

TOEFLのスコアは日本人よりインドネシア人の方が高い

海外の大学進学や英語力測定として世界的にも使われるTOEFLテスト。

2016年の国別結果でTOEFL結果は日本人よりインドネシア人が高いスコアとなっています。

インドネシア 日本
Reading 21 18
Listening 21 17
Speaking 21 17
Writing 21 19
Total 84 71

TOEICだとインドネシア人の方が英語力が低いのですが、TOEFLで比較すると全技能で日本人の英語力が負けています。

TOEFLは、Reading、Speaking、Listening、Writingの英語の4技能を計る英語テストで各スキル30点満点の合計点数120点で採点がされます。

専攻分野によって異なりますが、アメリカの大学やカレッジに留学する際のTOEFLスコアの場合にはTOEFL iBT 61点以上が必要で、大学院の場合はTOEFL iBT 79-80点ほどの英語力が必要になります。

それに対して、インドネシア人のTOEFLスコアから見る英語力は、アメリカの大学院進学が可能なレベルとなり、日本の場合はインドネシアの英語スコアより10点以上も低いスコアになっています。

TOEFLは世界的に証明できる英語力テストのためグローバルな視点でみるとインドネシア人の英語力のほうが日本人より高いことがわかります。

また、TOEFL受験生は基本的にアメリカや英語圏の大学・大学院に進学するケースがほとんどなので、海外への進学を考えているインドネシア人の英語力は日本と比べて高いといえるでしょう。

まとめ:インドネシア人の英語力はピンきり

インドネシア人の英語力ですが、実際のところピンきりでしょう。

島国のため島ごとに異なる言語を話すインドネシアは、場所によってはインドネシア語が上手く通じなかったりする場所さえあります。

英語でのコミュニケーションは、観光地であればある程度の英語は通じますが、それ以外は全く通じないところもあります。

ですが、教育をしっかりと受けているインドネシア人の英語力は、かなり高いのもあります。日本人と比較してもレベルは高い印象です。

実際にインドネシアでの就職となるとある程度英語を話せるインドネシア人が多いので、困ることはないと思いますが、観光となると簡単な英語かインドネシア語しか通じないと考えていいでしょう。

インドネシアに行く際には参考にして頂ければと思います。

インドネシア人の英語力は?英語教育の背景と実際に英語は通じるのか?

ABOUTこの記事をかいた人

17歳でオーストラリア留学、19歳でフィリピン留学。
語学学校インターンで1年滞在。
その後、留学カウンセラー・オンライン英会話立ち上げ・英会話教室の立ち上げなどを経験して独立。

もっと身近に英語を学べるようにEnglish Withでは情報を発信しています。