英語学習コンテンツ

TOEICと英検はどちらがおすすめ?違いや選び方を徹底解説

TOEICと英検はどちらがおすすめ?違いや選び方を徹底解説
TOEICと英検のどちらを受験しようか迷っている…。両者の違いや選び方について詳しく知った上で決めたいな!
Tomomi
Tomomi
こんにちは!English WithライターのTomomiです!海外で生活をしながら、英語に関する記事を書く仕事をしています。

今回の記事では、TOEICと英検の違いや選び方について詳しく解説していきます。

TOEICと英検はどちらも国内で高い知名度と多くの受験者数を誇る英語資格試験です。自分の英語力を測るため、または進学や就職・転職に活用するために受験を検討している英語学習者の方も多いのではないでしょうか。

しかし、「どちらを受験すれば良いのだろう?」「TOEICと英検はどう違う?」と疑問をお持ちの方も少なくないはず。

そこで、この記事ではTOEICと英検が具体的にどのように違うのか、それぞれどのような学習者におすすめの試験かを解説していきます。

TOEIC・英検の受験を検討している方、どちらを受験しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

TOEICと英検のスコア換算【基本情報】

TOEICと英検のスコア換算【基本情報】まず最初に、TOEICスコアと英検を比較した際に、それぞれどのレベルに相当するのかについて解説していきます。

TOEICと英検のスコア換算は以下の表の通りです。

英検 TOEIC
1級 945〜
準1級 785〜
2級 550〜
準2級 225〜
3級 120〜

参考:英検CSEスコアとは
参考:TOEICProgram各テストスコアとCEFRとの対照表

TOEICと英検はどっちが難しい?

TOEICと英検はどっちが難しい?続いて、TOEICと英検はどちらが難易度が高いか解説をしていきます。

前項で解説をしたように、英検1級合格レベルはTOEICスコア945点以上に相当し、難易度はほぼ同等です。

しかし、英検ではスピーキング・ライティングも含めた英語4技能が求められ、様々な問題に対応しなければなりません。また、英検は準1級以上になるとかなり高度な語彙が求められます。

一方TOEICでは、合否判定ではない代わりに高得点になるほど取得が難しいです。加えて、TOEICは問題数が多いため、素早く英語を読んで解き進めていく力が求められます。

このように、TOEICと英検はそれぞれの試験に特徴があり、難しい点が異なると言えるでしょう。

TOEICと英検の違い【テスト内容】

前項で解説したように、TOEICと英検はほぼ同等の難易度ですが、それぞれに特徴があり難しい点が異なります。

ここからは、そんなTOEICと英検の特徴を踏まえながら、内容や難易度について解説をしていきます。

TOEICと英検の違い
  1. 単語
  2. 文法
  3. リーディング
  4. リスニング
  5. スピーキング

1.単語

1.単語まず最初に、TOEICと英検で出題される単語の違いについて解説していきます。

TOEICはビジネス英語がメインに出題される試験のため、単語もビジネスシーンで使われるものが多く出題されるのが特徴です。履歴書に書けるスコアのボーダーラインとされている600点以上を取得するためには5,000程度の単語、900点を突破するためには10,000語以上の単語習得が必要と言われています。

一方、英検の場合は受験する級によって単語の難易度が変わるのが特徴です。英検2級までは日常会話レベルの単語が出題されると言われており、英検準1級・英検1級の場合、ビジネス英語レベルの語彙が出題されます。

英検2級合格に必要な単語数は5,000語程度、英検1級の単語数は10,000語以上と言われており、単語の難易度はTOEICと同等であると言えるでしょう。

2.文法

2.文法次に、TOEICと英検で必要な文法について解説をしていきます。

TOEICでは、パート5で文法に関する問題が出題されるのが特徴です。動詞の活用や時制、比較表現など文法知識を問う様々な問題が出題されます。

また、長文を読んで適切な答えを選ぶパート6も、読解力に加えて品詞や文法知識が問われる問題が出題されるため、TOEICで高スコアをとるためには文法知識が必須であると言えるでしょう。

一方、英検の場合は文法力を直接問う問題はあまり出題されません。短文の空欄補充問題で文法知識が問われる設問が出題されることがありますが、語彙を問う問題の比重の方が高いという特徴があります。しかし、英検には文法力が必要ないと言うわけではなく、その他の長文読解の設問で正しく文章を読むためには文法力が必要です。

狙うスコアや受験する級によって異なりますが、高校レベルの文法力は身につけておくことが求められるでしょう。

3.リーディング

3.リーディング次に、TOEICと英検で出題されるリーディング問題を比較していきます。

TOEICではリーディングパートの試験時間は75分、その時間で100問を回答しなければいけません。「TOEICは時間との勝負」とも言われており、速読力と情報処理能力が求められます。素早く問題を解いていかなければ時間切れになることがTOEICの難しさの1つです。

一方、英検のリーディングパートは級によって試験時間と問題数が異なります。2級の場合はリーディング問題数は38問(ライティングと合わせて85分の試験時間)、1級の場合はリーディング問題数が41問(ライティングと合わせて100分の試験時間)です。

英検はTOEICと比べ問題数は少ないですが、長文の難易度が高く、しっかり読まなければ解けない問題が出題されます。そのため、英検の場合は正確に英文を読む精読力が求められるでしょう。

4.リスニング

4.リスニング次に、TOEICと英検のリスニング問題の違いについて解説していきます。

TOEICのリスニング問題は100問出題され、4つのパートから構成されているのが特徴です。パート1・パート2では短い文のリスニング、パート3・パート4では会話やナレーションなど長い文のリスニング問題が出題されます。

TOEICのリスニング問題で使われる語彙や文法はリーディング問題よりも簡単な傾向があるため、ネイティブの発音やスピードに慣れている方にとっては点数をとりやすいパートであると言えるでしょう。ただし、アメリカ英語やイギリス英語、オーストラリア英語など様々なアクセントの問題が出題されるため、色々な国の英語に慣れておく必要があります。

一方、英検では受験する級によってリスニング問題の出題数・難易度が異なるのが特徴です。2級では30問、1級では28問出題され、受験する級が上がるにつれてリスニング文が長くなり、使われる文法・語彙が難しくなります。

5.スピーキング

5.スピーキング最後に、TOEICと英検のスピーキング問題について比較していきます。

TOEICにはスピーキングパートがなく、話す力を測ることはできません。

一方、英検の場合は3級から二次試験としてスピーキング問題が加わります。聞く・読むといったインプット能力だけではなく、話す・書くといった英語4技能全てが求められるのが英検の難しさの1つと言えるでしょう。

TOEICと英検の違い【費用・受験頻度など】

前項で解説したように、英検とTOEICは試験の内容が異なり、それぞれの難しさがあります。

ここからは、TOEICと英検の受験費用や実施頻度などを比較していきます。

TOEICと英検の違い
  1. 受験費用
  2. 実施頻度
  3. 有効期限

1.受験費用

1.受験費用最初に、TOEICと英検の受験費用について比較していきます。

表にまとめているのでチェックしてみましょう。

TOEIC受験料 7,810円(税込)
英検1級 11,800円(税込)
英検準1級 9,800円(税込)
英検2級 8,400円(税込)
英検準2級 7,900円(税込)
英検3級 6,400円(税込)
英検4級 4,500円(税込)
英検5級 3,900円(税込)

TOEICは、級やレベルによって分かれていませんが、英検は級によって受験料金が異なります。

ちなみに、TOEIC・英検どちらもインターネットから申し込みが可能で、料金の支払いはクレジットカード決済とコンビニ現金支払いに対応しています。

2.実施頻度

2.実施頻度続いて、TOEICと英検の実施頻度について解説していきます。

TOEICは1年間に10回開催され、実施月は年によって変動するのが特徴です。1ヶ月に1回の頻度で開催されるケースが多いですが、月によっては開催がない場合や、1ヶ月に2回開催がある場合もあります。

一方、英検は1年間に3回実施されるのが特徴です。個人申込の場合は試験日が一律ですが、英会話スクールをなどを通して団体として受験する場合は試験日程が異なります。

また、決まった日程に試験会場で行われる従来型の英検と別に、2021年度からは新たに「英検 S-CBT」という受験形式が加わり、テストセンターでの受験が可能になりました。

「英検 S-CBT」は実施頻度が高いのが特徴で、最寄りのテストセンターの開催スケジュールから自分の都合の良い日程を選択して試験を受けることができます。

TOEICと英検の受験頻度
  • TOEICは1年間に10回開催
  • 英検は1年間に3回開催

3.有効期限

3.有効期限最後に、TOEICと英検の試験結果の有効期限について解説していきます。

実はTOEIC・英検に有効期限はなく、一度取得したスコア・資格は取得年に関わらず履歴書などに記載することが可能です。

しかし、就職や転職の際にスコア・資格を利用する場合、企業によっては「直近2年以内のスコア」など、取得年月の指定があるケースも少なくありません。

また、TOEICの公式認定証の発行は試験日から2年以内と決められており、2年以上経過した場合は発行ができないので注意が必要です。英検の場合は、取得年に関わらず有料で合格証明書の再発行を行っています。

TOEICと英検の有効期限
  • TOEIC・英検共になし

※ただし、TOEICの公式認定証の発行は試験日から2年以内

TOEICがおすすめな人

TOEICがおすすめな人このようなTOEICと英検の特徴を踏まえた上で、自分の学習目的や目標に合った試験を受験するのが良いでしょう。

転職や昇進・昇格など、キャリアアップを目指す方には、TOEICの受験がおすすめです。

TOEICスコアの試験内容はビジネス要素が強く、ビジネス英語力の指標として多くの企業に活用されています。

就職・転職の応募条件や社内での昇格・昇給条件としてTOEICスコアを求められるケースも多いため、英語力をキャリアに活かしたいと考えている方にはTOEIC受験がおすすめです。

英検がおすすめな人

英検がおすすめな人次に、英検の受験がおすすめな人について解説していきます。

英検は前項でも解説をした通り、英語4技能(話す・聞く・読む・書く)を総合的に判定することができる試験です。そのため、「自分の英語の実力を知りたい」という方には、英検がおすすめだと言えます。リーディング・リスニングに限らず、スピーキング・ライティングを含めた英語でのコミュニケーション力を測ることができるでしょう。

また、学生の場合は英検取得することで、受験に有利になる点もメリットに挙げられます。高校や大学受験時に内申点として加点されたり、試験が免除される優遇処置を受けられたりと、取得しておくことで進学の際に有利になるでしょう。

TOEIC・英検対策するなら英会話スクールで学ぶのがおすすめ

TOEIC・英検対策するなら英会話スクールで学ぶのがおすすめ「効率的にTOEIC・英検の対策をしたい」という方には、英会話スクールの活用がおすすめです。

英会話スクールに通うことで、講師と実際に英語のコミュニケーションをとりながら、正しい文法や語彙、リスニング力やスピーキング力を養うことができます。

また、英検やTOEICの指導経験のある講師から、試験対策のコツや間違いやすいポイントなどを分かりやすく解説してもらうことができるので、効率良くスコアアップ・合格に向けた学習ができるでしょう。

以下の記事では、TOEICや英検対策できる英会話スクールを紹介しています。あわせてチェックしてみてくださいね。

TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール」を厳選ピックアップ。各スクールの特徴をまとめました。TOEIC対策を真剣に行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。...
初心者必見!ビジネス英語が学べるおすすめ英会話スクール【7選】
初心者必見!ビジネス英語が学べるおすすめ英会話スクール【7選】この記事では、初心者でもビジネス英語が学べる英会話スクールを紹介しています。ビジネス英語を本格的に学び始める前に行う準備や、初心者向けのおすすめ学習法もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。 ...

「仕事が忙しくて決まった時間に通学するのが難しい」「最寄りに英会話スクールがない」という方には、オンライン英会話スクールがおすすめです。

自宅など好きな場所からレッスンを受講できるオンライン英会話スクールであれば、自分のライフスタイルやスケジュールに合わせて英語学習を進めることができます。

英検・TOEIC対策に特化したレッスンを提供しているオンライン英会話スクールも多数あるので、興味のある方はぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

TOEIC試験対策が出来るオンライン英会話【おすすめ12選】
TOEIC試験対策ができるオンライン英会話教室おすすめ13選|失敗しない選び方も解説今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるオンライン英会話スクール」を徹底リサーチしてまとめました。TOEIC対策をオンラインで行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。 ...
英検対策ができるオンライン英会話スクールを紹介【10選比較】
英検対策ができるおすすめオンライン英会話スクール15選|子供・社会人向けのスクールもご紹介今回の記事では、English With編集部が「英検対策のレッスンが受けられるオンライン英会話」をいくつか紹介し特徴別に比較してみました。オンライン上で英検対策を行いたい方はぜひ参考にしてみてください。...

「短期間で大きくスコアアップさせたい」「自分に合った学習法で効率的に合格を目指したい」という方には、英語コーチングがおすすめです。

英語コーチングとは、専属コーチが英語学習を徹底的にサポートしてくれるサービスのこと。スポーツ選手につくコーチのように、学習メニューの提案や学習の進捗状況の管理などを行い、目標達成に向けて生徒一人ひとりに合わせたサポートを提供しています。

「一人だとなかなか学習が継続できない」という方も、自分に合った適切なカリキュラムに沿って専属コーチの指導の下学習に取り組むことで、短期間で目標とするTOEICスコア・英検合格を達成することができるでしょう。

以下の記事ではTOEIC対策ができるコーチングスクールを紹介しています。手厚いサポートを受けながら試験対策をしたい方はあわせてチェックしてみてください。

TOEIC対策ができる短期間完結の英語コーチングまとめ【8選】
TOEIC対策ができる短期間完結の英語コーチングまとめ【8選】この記事では、TOEICスコアアップを目的に英語力を伸ることができる英語コーチングを紹介しています。各スクールの特徴からコース・料金情報を網羅し、おすすめのポイントを記載しています。...

まとめ:TOEIC・英検の特徴をおさえて、自分の学習目的に合った方を受験しよう!

今回の記事では、TOEICと英検の具体的な違いについて解説をしました。

TOEICと英検の難易度は同等程度です。しかし、両者は出題される内容や問題の構成が違うため、それぞれ難しい点は異なります。

TOEICでは、ビジネス英語がメインで出題される、リスニング・リーディングともに100問ずつ出題されるといった特徴があります。リーディング問題では文法力・速読力・情報処理能力が求められ、制限時間内に問題をとかなければならない点が難しさの1つです。

一方で英検には、受験する級によって問題数や試験時間が異なり、級が上がるにつれて難易度が上がるという特徴があります。また、リーディング・リスニングに加えて、ライティング・スピーキング試験があり英語4技能を総合的に測ることができるのも英検の特徴です。

また、受験費用や実施頻度も異なるため、受験の際は公式ホームページで最新の情報をチェックしましょう。

英語力を就職や転職などキャリアアップに活かしたい方にはTOEIC、自分の実力を総合的に測りたい方や学生の方には英検の受験がおすすめです。自分の学習目的や「英語力をどのように活かしたいか」に合わせて、自分に合った試験を受験しましょう。

効率的にTOEIC・英検の対策をしたい方には、英会話スクールの活用がおすすめです。TOEIC・英検対策ができる英会話スクール、オンライン英会話、英語コーチングを利用することで、短期間でTOEICスコアアップ・英検合格を目指すことができるでしょう。

English Withでは、TOEIC対策ができるおすすめ英会話スクールを徹底調査してまとめています。実績の高いTOEIC対策スクールも無料体験レッスンや無料カウンセリングを行っています。短期間で効果的にスコアアップを目指されたい方は以下の記事で紹介しているTOEIC対策スクールを比較して無料体験に参加してみて下さい!

TOEIC対策ができるスクール
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール」を厳選ピックアップ。各スクールの特徴をまとめました。TOEIC対策を真剣に行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。...
TOEIC試験対策が出来るオンライン英会話【おすすめ12選】
TOEIC試験対策ができるオンライン英会話教室おすすめ13選|失敗しない選び方も解説今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるオンライン英会話スクール」を徹底リサーチしてまとめました。TOEIC対策をオンラインで行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。 ...
TOEIC対策ができる短期間完結の英語コーチングまとめ【8選】
TOEIC対策ができる短期間完結の英語コーチングまとめ【8選】この記事では、TOEICスコアアップを目的に英語力を伸ることができる英語コーチングを紹介しています。各スクールの特徴からコース・料金情報を網羅し、おすすめのポイントを記載しています。...
TOEICに関する情報
TOEICは英検2級に換算すると何点?
英検2級はTOEIC換算すると何点?難易度やおすすめの試験を徹底解説英検2級はTOEICに換算するとどれくらいかを解説している記事です。また、英検2級とTOEICの違いや、おすすめの勉強法も紹介しています。英検2級やTOEICをこれから受ける予定のある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!...
執筆者
Tomomi
オンライン英会話で英会話を身につけ、日本企業の営業職からWebライターに転身。自身の学習経験をもとに英語関連の記事執筆をしています。2020年にメキシコシティに移住、現在スペイン語を勉強中です。
編集責任者
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!