英文速読「ソクトレ」長文読解力をつけて英語力アップへ【英語学習本】

sokudoku-skill

スポンサーリンク

英語学習には、最適な勉強方法が必要です。その中で、英語を読み解く力は、ビジネスシーンでの英文メールや文書、英語圏での生活でも町のポスターや案内・何か購入した際の説明書なども英語の文書で書かれています。

時間を掛けて英語を読み解き理解することも時には大事ですが、ビジネスシーンや生活では短文でも長文でも即座に意味を読み取る力が求められます。

英文速読トレーニング「ソクトレ」で即座に英語を読み解く力を

sokudoku-training

語学出版社のアルクは、英文速読トレーニングが出来る「英文速読トレーニン ソクトレ150 はじめて編」「英文速読トレーニン ソクトレ150 標準編」を出版しました。

300時の長文を2分で読み解くトレーニングを行い、速読スキルを磨く問題集です。速読スキルのトレーニングなので時間を測りながら、正確に早く読む練習を繰り返していきます。トレーニングなので、反復練習に重点を置いています。

長文読解力を身につけることで、高校・大学入試やTOEICなどの英語試験にも応用可能なリーディングスキルを身につけることができます。また、英文を速読出来ることで試験ではなく、ビジネスシーンや日常生活でも役立たせることが可能になります。

「ソクトレ」は1日10分のスキマ勉強を続けて、速読スキルを鍛えていきます。

本書の1レッスンは、長文(2P)と読んだ後に解く問題(2P)の4ページで構成されています。基本学習はごくシンプル。
STEP 1: 時間を計って長文を読む
STEP 2: 5つのTrue or Falseを解く
STEP 3: CD音声に合わせて長文を黙読する
STEP 4: 時間と正答数をグラフに記録

引用元:PR TIMES

ビジネスマンは速読スキルを身につけるコツを習得しよう

英語の試験での長文読解もですが、海外とのビジネスや仕事の際は英語の速読スキル・多読スキルが必要になります。英文メールもそうですが、英文で書かれた開始資料やビジネスパーソンとして英語での情報収集能力が求められます。

速読スキルを身につけるコツは、「推測力」です。全ての文章を読んで理解した上で、読みのが早い!なんてスキルを求める人が多いと思います。しかし、速読の場合は、日本語でも同様のことが言えますが、書かれている文章をいかに推測して、飛ばし読みが出来るかが重要です。

つまり、英文に分からない英単語ができたとしても前後の文章から内容を推測する力が求めます。

速読スキルを身につけるためには、制限時間を設けて速さを意識しながら英語トレーニングをしてみましょう。

 

English With
英会話が話せるようになりたい人でも、速読スキル=理解スピードを限りなく、早くすることなので、勉強してみると良いと思います。
sokudoku-skill