本物の英語を習得できる英語学習本!月間150万PVのサイトが書籍に!

eigo-with-luke-book

スポンサーリンク

皆さん「英語 with Luke」という英語学習サイトをご存知ですか。英語学習者でネットを通じて英語学習情報を検索をしているひとは、一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

アメリカとイギリスのハーフのLukeが英語学習者のためのネイティブの英語表現を発信している月間150万PVもあるサイトが「英語 with Luke」が英語学習本を発売しました。

英語学習情報サイト「英語 with Luke 」とは?

eigo-with-luke

英語 with Luke

まずは、このサイトを知らない人のために「英語 with Luke」について少しご紹介したいと思います。英語ネイティブのLukeが記事配信をしている超人気の英語学習サイトなのですが、イギリスとアメリカの在住経験があり、日本語も話せるというトライリンガル。

そんな彼が、英語ネイティブが持つ表現のニュアンスをわかりやすく教えてくれるサイトです。英単語の保つ意味は、英単語帳で調べれば覚えることが出来ますが、それをネイティブの感覚で読み解いてくれているので非常に分かりやすいサイトです。英語学習者の方は、必見のサイトです。

また、サイトのコンテンツのひとつであるスラング辞典は、イギリスやアメリカで使われているスラングや流行の英語表現をチェックできるので正しく英語で使う方法も覚えることが出来るのでおすすめです。

英語 with Luke

超人気の英語学習サイトが書籍に!「とりあえず」は英語でなんと言う?

book

英語を学習し始めると、感じることはネイティブの感覚が分からない!最初のうちは、理解するのに苦労するということです。そもそも日本で生まれ育って、英語を触れ合う機会が日常になかった純日本人の私からしたら当たり前です。

ただ、外国人と英語で意思疎通を取るにはネイティブの感覚を理解してくことで会話の幅が広がります。そうなるには実際にネイティブに聞くのが1番手っ取り早いですよね。

そんな人に読んで欲しい本が「英語 with Luke」の運営者のLukeが著者のネイティブの感覚を知ることが出来る”「とりあえず」は英語でなんと言う?“です。

おもしろいタイトルですが、「とりあえず」は英語でなんと言う?と聞かれると…回答に少し困ってしまいますよね。それ以外にも普段日常で使う「お疲れ様」「久しぶり」「よろしくお願いします。」という言葉の英語がぱっと思い浮かびますか?

なんとなーくは理解しているけど、実際に何ていうか正しい表現は?と聞かれると難しいですよね。そんなネイティブがよく使っている英語表現やフレーズ・スラングを紹介している本が”「とりあえず」は英語でなんと言う?”です。

辞書で調べた意味や用法ではなくて、ネイティブが使う表現方法やどんな背景で出来た単語かなどネイティブの感覚を知ることができる英語学習本です。

AMAZONOの本でベストセラーに選ばれている本でもあります。

英語ネイティブに少しでも近付いて英語力を向上させたい人にはおすすめの英語学習本です。

eigo-with-luke-book