体験・取材記事

オンライン英語コーチング「イングリード」のカウンセリングを体験!

オンライン英語コーチング「イングリード」のカウンセリングを体験!
ショーン
ショーン
こんにちは!元英会話スクール経験者で4年間アメリカ留学をしていたショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、各スクールで取材・インタビューをしています。

今回は、サブスクリプション(月額定額制)で自分の学びたい期間で受講できるオンライン英語コーチング「ENGLEAD(イングリード)」のカウンセリングについて実際に体験した内容を元に詳しくまとめています。

イングリードは、2020年6月にサービスを開始し、従来の英会話スクールとは異なる「オンライン受講に特化した英語コーチング」を提供。

そのため、

  • 「英会話スクールに通学する時間がない・手間だと感じている」
  • 「パソコンやスマホで好きな時に英語学習を行いたい」
  • 「質の高い講師から毎日丁寧な指導をオンラインで受けたい」

と考えている方々におすすめできる英語コーチングサービスです。

そして現在、この記事を読んでいる方は「イングリードのサービス内容や実際のカウンセリングの様子」など気になっていることではないでしょうか?

そんな方のために「イングリードのカウンセリング内容」を僕が実際に受講をしてみましたので、事細かくお伝えしていきます。

ショーン
ショーン
イングリードでは無料でカウンセリング受講ができるのでまずは体験していただければと思いますが、自分に合ったスクール選びができるようにまずはこの記事を参考にスクール比較をしてみてください!

イングリードの公式サイトをチェック!

オンライン英語コーチング「イングリード」の基本情報

サービス名 ENGLEAD(イングリード)
料金 100,000円/月(月額定額制)
カウンセリング 4回/月
英語レッスン 8回/月
使用教材(一例) キクタンシリーズ/究極の英単語シリーズ/マーフィーの英文法/
瞬間英作文/究極の英語リスニングシリーズ/TED Talks など
サービス内容 英語力診断/学習計画/教材選定/チャットサポート/進捗管理/
英語レッスン/週次カウンセリング/Versantなど

イングリードイングリードは「オンラインで全て完結する」ことにこだわった、効率的な英語力向上をサポートする英語コーチングサービスです。

従来の英語コーチングでは、校舎に通学してコーチとマンツーマンレッスンやコンサルティングを受けることが主流でしたが、実際はオンライン上でもサービスの質を下げることなく同様の効果が期待できます。

そのため、イングリードでは独自のオンラインツールなどを使うことで通学型スクールの無駄を徹底的に省き、効率性にこだわって作られたカリキュラムの元で、コーチと英語講師が日々の学習をサポートし目標達成に導いてくれます。

僕はこれまで複数の英語コーチングを受講してきましたが、共通して言えることは「自主学習がメインになる」ということです。つまり、学習方法さえ身につけてしまえば、自宅など場所を問わず学習できるということですね。

  • 「定期的に校舎に通わなければならない」
  • 「講師と対面でレッスンを受けに行かなければならない」
  • 「仕事があるので決まった時間に校舎に通えない」

こんな悩みを持った方が、全てオンラインで完結できる「イングリード」を選んでいます。

イングリードの体験カウンセリングについて【どんなことが学べる?】

イングリードの体験カウンセリングについて【どんなことが学べる?】イングリードでは、在籍するコーチから「60分間の体験カウンセリング」を入会前に無料で受講することが可能。

「英語のカウンセリングって何?」と思っている方に簡単にご説明すると、英語コーチングでは本受講が始まる前に英語テストを通じてレベルチェックを行います。

その結果を元に、英語学習のプロである「コーチ」が、あなたの英語力を判定し「苦手分野の克服方法」や「目標とする英語力を身につけるためのロードマップ」を提供してくれる一連の流れがカウンセリング内容になります。

具体的な学習方法や課題のチェック・アドバイスなどは本受講がスタートしてからになりますが、イングリードでは無料のカウンセリング時点で「自分が何を学習すれば英語力が伸びるのか?」をしっかり理解できるのです。

僕が受講した内容は後ほど詳しくお伝えしていきますが、最初にまとめると「イングリードの体験カウンセリング」でわかることは、以下の内容です。

  • 海外基準で見たときの自分の英語レベル
  • 現在の得意・苦手な英語スキル
  • 目標とする英語レベルに達成するまでの学習時間
  • 目標とする英語レベルに達成するまでに必要な学習方法 など

どれも、これから英語学習を始める方にとっては非常に有益な情報ですよね。

これらをイングリードの体験カウンセリングでは理解することができます。

イングリードの公式サイトをチェック!

実際に受講したイングリードの体験カウンセリング内容

実際に受講したイングリードの初回カウンセリング内容ここからは、実際に僕が受講したイングリードの体験カウンセリングの流れやその内容について詳しく説明していきたいと思います。

参考までに、現在の僕の英語レベルはこんな感じです。

  • 英語レベル:日常英会話はほとんど理解できるがテンポの早い会話になるとわからないこともある
  • 英語スコア:TOEIC 800点台
  • 留学経験:有り(アメリカ留学4年間)
  • 目標:ビジネス英会話で話せる正しい文法力や単語力を身につけたい

イングリードの体験カウンセリングでは、パソコンやスマホでオンラインビデオツールの「ZOOM」を通して行います。最初に簡単な挨拶から始まり、パワポの資料を画面共有してもらいます。

資料を使って、以下の流れでカウンセリングが進んでいきます。

  1. 自己紹介
  2. 英語学習の目的
  3. テスト/フィードバック
  4. 学習方法の相談
  5. 英語コーチングサービスの内容紹介

それでは、僕が受講した例を参考に順にチェックしていきましょう!

1. 自己紹介(5分)

オンライン接続が完了したらまずはお互い初めましてなので、自己紹介をします。

ここでは特に英語を使うわけでもなくコーチと日本語でやりとりをしますので安心して下さい。

自己紹介の他、体験カウンセリングの申し込み時に記入するシートを元に「英語コーチングのイメージ」や「過去の英語学習経験」などの質問に答えていくと言う流れになります。

2. 英語学習の目的(10分)

上記のカウンセリングシートを元にした内容がメインになりますが、より深く「英語学習の目的」などについてコーチに伝えます。

「学習目的や目標」を具体的に伝えていくことで、より詳細なフィードバックをもらえるのでまとめておくと良いですね。

僕の場合ですと、以下のような会話で進んでいきました。

コーチ
コーチ
今回、英語コーチングを検討するにあたりどのような理由で学習をしたいと思っているのでしょうか?
ショーン
ショーン
僕の場合は理由が2つありまして、1つ目が海外でビジネスできるように現地の方と同等な英語レベルを身につけたいと思っています。
コーチ
コーチ
なるほど、ビジネスシーンでしっかりと使える英語を身につけたいということですね。また、相手に伝えるだけではなく「理解してもらえる・納得させられる英語力」まで高めていけるとなお良いですよね。
ショーン
ショーン
その通りです。そのレベルまでいければ満足できます。あと、もう1つの目的としてはTOEICスコアを900点台に乗せたいと言うのもあります。留学から帰ってきてほとんどTOEICの試験は受けていないのですが、今後のキャリアで使うためにもちゃんとスコアを取得していきたいですね。
コーチ
コーチ
そうなんですね、アメリカの大学から帰ってきてからはどれくらい経っているのですか?
ショーン
ショーン
もう6年以上は経っています。
コーチ
コーチ
日本に帰ってから何か英語学習をしていたりなどのご経験はありましたか?
ショーン
ショーン
いや、帰国してきてからは、スコアアップのための英語学習や英語力維持のために何かするってことはほとんど何もしてこなかったですね…。

など、このようなやりとりを繰り返し、自分の英語学習に関する情報をしっかりと伝えていきます。僕自身も自分の英語レベルを人に伝えることで、客観視して改めて理解できたので良い時間でした。

3. テスト/フィードバック(25分)

ここからが本題になりますが、イングリードで用意されている英語テストを受けていきます。テストと言っても各セクション数問で終わるものですので緊張せずにリラックスしてトライしてみましょう。

出題された問題などはここでお伝えしてしまうと、ネタバレになってコーチが正しく判断できなくなるかもしれないので、どのような英語スキルを測るのかだけお伝えしていきます。

イングリードの英語テストで測る英語スキル
  • 単語力
  • 文法力
  • スピーキング力
  • リーディング力

の4項目から出題されます。

英語テストが終わったあとは、再びコーチとのカウンセリングに戻ります。

コーチ
コーチ
英語テストお疲れ様でした。ご自身で体験してみていかがだったでしょうか?
ショーン
ショーン
オンラインでのテストは久しぶりでしたので緊張しました。結構難しかった問題もありました。
コーチ
コーチ
ここからは、正解数を確認しながらショーンさんの英語レベルをCEFRという世界基準で使われる指標を元にお伝えしていきますね。
CEFRとは?

ヨーロッパ諸国で使われる「英語レベルの指標」の事で、初等・中等教育を通じた目標として適用されたり、言語能力に関する調査を実施するにあたり用いられられます。

CEFRは、多くの英会話スクールでも採用されている「本質的な英語力」を正確に測ることのできる指標ですので、イングリードで使われているのも納得です。

コーチ
コーチ
それでは、各項目で受けてもらったテストの結果をみていきますね。
ショーン
ショーン
はい、お願いします。

ここでは、シートにまとめられた各セクションごとのテスト結果を見ることができました。「問題数に応じた正解数」と「CEFRで換算した時のスコア」が内容からわかるようになっています。

ちなみにCRFRの指標を簡単にまとめると以下のようになります。

C2 熟練した言語使用者:ネイティブレベル
C1 熟練した言語使用者:上級者レベル
B2 自立した言語使用者:中上級者レベル
B1 自立した言語使用者:中級者レベル
A2 基礎段階の言語使用者:初中級レベル
A1 基礎段階の言語使用者:初級レベル

それぞれのセクションに関してのフィードバックをしてもらえるのですが、僕の場合は「スピーキング」「リーディング」部分によりフォーカスして解説をしてもらいました。

コーチ
コーチ
スピーキングに関してお伝えをすると、まずは素晴らしかったなと思います。なぜかと言うと、物事を端的に伝える上で話すテクニックを使っていたので相手にもわかりやすい内容構成でした。
ショーン
ショーン
学生時代のプレゼンテーションで鍛えられたので、話し方の構成はなんとなく染みついていました。
コーチ
コーチ
良いですね!そのようなスキルを最初から持っておくと上達も早いですよ。あとは、アメリカ留学をされていたこともありアメリカンアクセントで聞き取りやすかったと言うことです。

日本人が理解できる英語ではなく、現地のネイティブにも伝わる発音でお話をされていたので非常に良かったですね。CEFRですと「C1」のレベルに位置するかと思います。

また、リーディングセクションではコーチの方が読み終えるまでの時間を測ってくれており「WPM」というものも正確に出してくれました。

WPMとは?

“Word Per Minutes” の訳で1分間で読むことのできる単語の量のことを指す。

このWPWの値を上げることで読解力が上がり結果としてリーディングスキルが上達するので、しっかり測ってもらいスコアとして出してもらうことに。

コーチ
コーチ
今回のリーディングパッセージを読み終えるのにかかった時間は「80秒」でした。そして、WPMをみると「112.5」と言う結果です。そのため、CEFR基準では「B1」というレベルだと言う判断をさせていただきました。

テストとフィードバックを合わせて25分程ですが、解答速度が早い方であればテストはスムーズに終わらせフィードバックを中心にすることも可能です。

イングリードの公式サイトをチェック!

4. 学習方法の相談(10分)

ここからは、CEFRの各レベルについて詳しく見ていきましょう。

イングリード必要学習時間必要学習時間を表でわかりやすく説明
ショーン
ショーン
この表を見ると自分の英語レベルに関連したTOEICスコアや、次のレベルに上がるまでの学習時間がわかるんですね。
コーチ
コーチ
そうなんです。今回の英語テストを元にイングリードで判断したショーンさんの結果は「B2」からのスタートになりました。
イングリードCEFR
コーチ
コーチ
B2からC1へと次のレベルに上がるためには「約450時間以上」の学習時間を費やす必要があります。もちろんその方の学習ペースなどによっては短い時間で次のレベルに上がるケースもありますが、一般的には表の通りの時間数がかかってきます。
ショーン
ショーン
なるほど、450時間ですと1日3時間ほど学習に充てたら「約5ヶ月くらい」続けるということになりますね。

といった形で、英語力を理解するためのお話をしていただきました。

自分の英語力をここまで細かく数値化した経験がなかったので、しっかりと英語レベルを再確認でき目標値への学習投資時間も把握できたので今後に活かせそうですね。

5. 英語コーチングサービスの内容紹介(10分)

最後に、イングリードの英語コーチング内容に関しての説明を受けました。

5. 英語コーチングサービスの内容紹介(10分)イングリード:オンラインコーチングサービスの6つの特徴

「イングリードの特徴」や「カリキュラム内容」などに関して細かく知りたい方は、以下の記事にまとめているのでこちらを参考にしていただければと思います。

あわせて読みたい
サブスク型オンライン英語コーチング「イングリード」とは?【取材まとめ】
サブスク型オンライン英語コーチング「イングリード」とは?【取材まとめ】 今回は、サブスクリプション(月額定額制)で利用できるオンライン英語コーチング「ENGLEAD(イングリード)」の特徴やサービス情...

イングリードの公式サイトをチェック!

イングリードの体験カウンセリングでわかったこと

イングリードの体験カウンセリングでわかったこと今回、イングリードの体験カウンセリングを受講してみて、自分がいかに自身の英語レベルを曖昧に理解していたかがよくわかりました。

やはり、プロに見てもらい数値化したレベルを提示されると「客観的にどうすれば良いか」判断することができます。

僕が、イングリードのカウンセリングで理解できたことは、以下のような点です。

  • 「自分の英語レベルを数値で理解できた」
  • 「目標とする英語力を言語化できて腑に落とせた」
  • 「目標とする英語レベルにどのくらい時間投資すれば達成できるのかを理解できた」
  • 「今からどんな学習をすれば効率的に学び続けられるのかを理解できた」

さらに、カウンセリング終了後には「学習の方向性」をまとめてくれたメール内容がコーチから送られてきます。

これを見ることで、改めてどんな英語学習方法を行えば良いのかを理解でき、しっかりと今後の計画を作れるでしょう。ここまで学習のロードマップを無料で提供してくれるのは、イングリードならではのメリットですね。

最後に:イングリードの体験カウンセリングは質よく得るものが多くかなりおすすめ!

今回は、オンラインに特化した英語コーチングの「イングリード」で受講できる体験カウンセリングの内容について詳しくお伝えいたしました。

僕自身、イングリードのカウンセリングを受けてみて「かなり自分の英語に対する学習方針」がはっきりしました。目標が見える形で理解できたので、英語学習に対するモチベーションも上がり良い体験ができたと思っています。

オンラインでこれほどのサービスを受講できるイングーリードは、English With編集部でもかなりおすすめできる英語コーチングサービスです。

  • 「とにかく短期間で英会話力をあげて結果を出したい」
  • 「プロがおすすめする英語学習方法を知りたい」
  • 「英語学習に使う時間を最小限にして最大の効果を出したい」

全て、イングリードではオンラインで完結できます。

僕が受講したように、まずはイングリードについて知ってみるという意味でも「体験カウンセリング」を受けてみて、ご自身の英語レベルと今後の学習ロードマップを手に入れてみましょう!

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

イングリードの公式サイトをチェック!

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事