子ども英語

NHKは子供の英語学習に最適!おすすめ番組を紹介【8作品】

NHKは子供の英語学習に最適!おすすめ番組を紹介【8作品】
子供の英語学習にNHKの番組が良いってよく聞くけど、実際どんな内容のプログラムがあるんだろう?おすすめの番組があれば教えてほしいな!
ショーン
ショーン
こんにちは!学生時代にアメリカで英語を学び現在は1児のパパでもあるショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、英語学習関連のライターをしています!

今回は、皆さんのご家庭でも気軽に視聴できる「NHKの子供向け教育番組」で学習効果のあるおすすめプログラムをピックアップしてみました。

NHKは日常的に観ているご家庭や、多くの教育番組を取り扱っていることからもすでにいくつかのプログラムをご存知の方も多いのではないでしょうか?

HNKでは、ラジオでも多くの英語教育プログラムが用意されていますが、子供の英語学習には「映像と音」で英語を楽しみながら学ぶのがベスト。そのため、ラジオよりもテレビを使って学習させてあげたほうが効果的です。

小さい頃に英語学習を始めるのは「ネイティブの発音」や「英語独特の話すリズム」に慣れるということもあり、始めるのは早いに越したことはありません。

そこで今回は、僕をはじめとしたEnglish With編集部が「NHKの子供向け英語番組」を徹底的にリサーチし特徴別にまとめました。

こんな方におすすめの記事
  • 「NHKで観れるおすすめ子供向け英語番組を教えて欲しい」
  • 「各番組の内容や対象年齢などを教えて欲しい」
  • 「親が子供にあった英語番組を選ぶ方法を知りたい」
ショーン
ショーン
NHKの英語番組は無料で観れるので、どのご家庭でも始めやすくおすすめです。この記事を読みながら、お子様に合った「おすすめ番組」や「正しい選び方」などを理解していきましょう!

NHKでおすすめの子供向け英語番組

NHKでおすすめの子供向け英語番組まずは本題のテーマである、HNKが放送する「子供向けの英語番組」の中から良いと思ったプログラムを8つ紹介していきます。

メインは「小学生以降の子供たち」が学びやすい番組が多いですが、中には英語が全くわからなくても映像を観るだけでも学べる「幼児向けの番組」も見つかりましたのでそちらも紹介していきますね。

えいごであそぼ

えいごであそぼ
おすすめ度
対象年齢 0~6歳程度

えいごであそぼは、0~6歳までが対象の英語プログラムとなっていますが、それ以降の年齢もお子様でも学びやすく入りやすいかと思います。

大きなクジラの背中の上にある町「オートンタウン」を舞台に、毎回異なる内容のストーリーで英語学習ができるため、毎回新鮮な気持ちで学ぶことが可能です。

ネイティブの英語発音が学べる「フォニックス学習」を取り入れた内容で「音とリズム」から学べる番組です。お笑い芸人の厚切りジェイソンさんなども出演しています。

ミッフィーのぼうけん

ミッフィーのぼうけん
おすすめ度
対象年齢 0~6歳程度

誰もが知っているうさぎの「ミッフィー」が繰り広げる日常生活で使う英語を学べるプログラムです。

話の内容がわからなくても、可愛いミッフィーが動くだけでも映像を目で追って自然に学習ができるかと思います。1話5分で完結するので、小さな子供でも飽きずに観れますね。

また、音声切り替えもNHKでは可能。「英語→日本語字幕」を使いながら、両言語を一緒に学ばさせるのもおすすめです。

おさるのジョージ

おさるのジョージ
おすすめ度
対象年齢 2~6歳程度

おさるのジョージはミッフィーと同じく日本でも非常に有名なアニメです。NHKの番組でも放送されており「2歳以降のお子様」におすすめ。

何にでも好奇心を持つ「おさるのジョージ」は、日常生活の中で見たものなんでも触ってみたり使ってみたりとわんぱくです。そのため、子供たちは英語を学ぶだけではなく、ジョージの動きを見ながら様々なことに興味を持つような内容になっています。

絵本や人形なども日本では販売されているので、使いながら番組を観せてあげるのも良い学習効果になりそうですね。

エイゴビート

エイゴビート
おすすめ度
対象年齢 9~10歳程度

エイゴビートは、学校が舞台になっている英語プログラムで、リズミカルに英語の文章や単語を覚えていけます。

学校生活でよくある内容のショートドラマや、遊びのコーナーが構成されており、リズムに乗って英語を発音したり、歌ったりする場面が多いのが特徴的。

「Is it a monkey?(それは猿ですか?)」「No, It’s not.(違います)」「It’s an elephant.(それはゾウです)」など、簡単な英語の質問にテンポよく答えていきます。

先生役としてモデルの「栗原類さん」、遊びのコーナーでは「小嶋よしおさん」や「ゆりあんレトリィバァさん」なども出演しており子供たちにも馴染みのある方々と一緒に学べます。

プレキソ英語

プレキソ英語
おすすめ度
対象年齢 11~12歳程度

プレキソ英語は、日本の伝統的な食文化としても有名な「お寿司」を擬人化したキャラクターが、SUSHIタウンに住み日常生活で使う英語を学べるプログラムです。

対象年齢は「11~12歳程度」ですので、英語に慣れているお子様が効果的に学習できます。

先ほど紹介した「エイゴビート」は、短文をリズミカルに繰り返し覚えていくプログラムでしたが、プレキソ英語はより長文にチャレンジするため少しレベルの高い内容かと思います。

残念ながら現在はリアルタイムでの放送はされていませんが、「プレキソ英語」と調べるとWebサイトから過去のアーカイブを見れます。1回15分完結ですので、気軽に観せてあげることもできますね。

世界エイゴミッション

世界エイゴミッション
おすすめ度
対象年齢 11~12歳程度

世界エイゴミッションもエイゴビートと同様に対象年齢が「11~12歳程度」のため英語基礎をに理解しているレベルのお子様におすすめの番組です。

英語を使いながら、与えられたミッションをクリアするという番組構成になっておりゲーム感覚で番組を観ることができます。1回10分完結ですのでサクサク観れるのも特徴。

また、出演している男の子は「全く英語がわからずに現在学んでいる」という設定ですので、同じような感覚で一緒に英語学習できるのではないかなと思います。

英語を学ぶだけではなく、海外の様々な場所も紹介されるので海外への興味を持つきっかけにもなってくれそうですね。

知りたガールと学ボーイ

知りたガールと学ボーイ
おすすめ度
対象年齢 13~14歳程度

知りたガールと学ボーイは、英語を通じて外国人とコミュニケーションを取りながらその日のお題を元に英語で伝える内容の番組です。

英語が話せる「ゆりやんレトリィバァさん」がレギュラー出演しており「バラエティ×英語教育」を掛け合わせたような感覚で楽しく視聴できます。

他の英語番組と比べても、大人でも楽しめるような内容構成と英語レベルですので「13~14歳程度」のお子様が観るにはちょうど良いかなと思います。1回15分の番組です。

リトル・チャロ

リトル・チャロ
おすすめ度
対象年齢 13~14歳程度

リトル・チャロは、可愛い犬の「チャロ」が主人公の英語番組で、ネイティブが使うような英語がよく出てくるので内容としてはレベル高めです。

僕もアメリカ留学前に観ていたことのある番組で大人でも楽しめる他、英語力の高いお子様でも海外を舞台にしたストーリーなども用意されているのでおすすめ。

それぞれの子供に合った英語番組を選ぶためには?【おすすめの選び方】

それぞれの子供に合った英語番組を選ぶためには?【おすすめの選び方】ここまで、HNKで視聴できる「子供向けのおすすめ英語番組」をいくつか紹介してきましたが、その他にも様々な番組が用意されています。

そこで、親御さんがご自身で「子供向け英語番組」を選ぶために「どんな基準で子供の英語番組を選べば良いのか?」ついて大事な3つのポイントをお伝えしていきます。

英語学習に効果的な子供向け番組の選び方
  • 子供の年齢や英語レベルが番組とマッチしているもの
  • プログラムの映像や歌が印象的で覚えやすいもの
  • 話のストーリー構成が簡単であるもの

子供の年齢や英語レベルが番組とマッチしているもの

英語番組を選ぶ際は、お子様の年齢や英語レベルを考慮した上で理解できそうなものを選ぶことが大事です。

当たり前のことかもしれませんが、英語学習をこれから始める子供にとって「英語=難しい」と感じてしまっては英語を自ら進んで観てくれなくなる可能性があるので、親御さんが気をつけておきましょう。

まずは、映像や音楽で楽しめる番組を選んだり、それほど長くない会話が繰り返えされるもの、単調なストーリーである条件からチョイスしてみるのがおすすめ。

それでも、わからない場合は「各番組の対象年齢」や「概要欄の説明」を参考に判断するのが分かりかと思います。

また、親御さんが一度その番組をチェックして、お子様の英語レベルに似合っているかどうかを見てみるのも良いですね。

プログラムの映像や歌が印象的で覚えやすいもの

子供はストーリー内容で楽しむというよりも、最初は「映像の派手さ」や「音楽が特徴的」であることに興味を示しがちです。

大人でも、ディズニー映画やジブリの有名なワンシーンは覚えているものです。

それは、子供にとっても同じことで「印象のある映像や音楽」は長期的に記憶の中に残り、英語を覚えるきっかけになってくれたりします。

そこで、番組を選ぶ際は「印象的なフレーズや歌が繰り返し出てくる番組」や「日本で繰り返し放送される番組」などを選ぶのがおすすめです。

NHKの英語番組も再放送されていたり、DVD版やWebサイトから何度も観ることができるので、子供が好きだったものは何度も観せてあげると良いでしょう。

話のストーリー構成が簡単であるもの

ある程度、英語の基礎が理解できるようになったお子様に対しては「話が単調でストーリー構成があるもの」を選ぶのがおすすめです。

これから英語を学び始めるといったお子様であれば「映像や音楽がメイン」の番組でも問題ありませんが、9歳を超えてきたら「ストーリー展開のある番組構成」のプログラムを選んであげましょう。

9歳頃になると「論理的な思考」が発達し「物事を考え整理する力」が身につく年齢でもあります。そのため、自分の頭で考える練習をするためにも話の展開のある番組を選んであげるのが効果的です。

最後に:NHKの番組は子供の英語教育におすすめ!並行して他の学習手段も考えておきましょう!

最後に:NHKの番組は子供の英語教育におすすめ!並行して他の学習手段も考えておきましょう!今回は、NHKで視聴できる「子供の英語学習におすすめの番組」を、正しい選び方などを含めて紹介いたしました。

ほとんどの番組が小学生向けに作られていましたが「えいごであそぼ」や「ミッフィー」「おさるのジョージ」などは映像を観るだけでも効果的ですので、小さな子供でも楽しめるかと思います。

また、これから「本格的に子供に英会話を学んでほしい」と考えているご家庭には、英語番組だけでなく「英語教材」や「オンライン英会話」もプラスして使用するのがおすすめです。

子供の英語教育におすすめの組み合わせ学習
  • 英語番組+英語教材
  • 英語番組+オンライン英会話 など

どちらも自宅で完結できるので始めやすいです。

以下で「子供向け英語教材」と「子供向けオンライン英会話スクール」について詳しくまとめている記事を用意したので、興味のある方は参考にしてみてくださいね。

無料で使える!子供向けの英語教材を紹介【年齢別まとめ】
無料で使える!子供向けの英語教材を紹介【年齢別まとめ】 今回は「無料で使える子供向けの英語学習教材」について記事をまとめています。 子育て中の方にとっては「子供にいつから...
子供向けオンライン英会話をランキング形式で比較【16社まとめ】
子供向けオンライン英会話をランキング形式で比較【16社まとめ】 オンライン英会話スクールは、いつでも好きな時間にレッスン受講できるということもあり多くのお子様が学ばれています。 しかし、...
ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事