英文ビジネスメール作成で「件名」に使える頻出単語【表現一覧】

eigomail-subject

スポンサーリンク

海外クライアントとのやり取りや英語でメールを作成しなければいけないなんて時は、まずぶち当たる壁が英語でのメールの件名です。日本語であれば書き慣れているので、すぐメールの用件が一文で分かる件名を作成出来ますが、英語だとそうは行きません。

英文ビジネスメールで重要な件名の付け方の3つのポイントと例文集でもすぐに英文メール作成の際に使える例文集をご紹介しましたが、1番手っ取り早いのはメールの用件に合わせて、使われる英単語を覚えておくことですぐに件名を思いつくし、悩む必要はありません。

そんな、英文メールの「件名」で頻出する単語を今日はご紹介したいと思います。

シチュエーション別の使える英語メールで頻出する便利な英単語

pexels-photo-262529

メールの件名・タイトルは、メールを受信した相手が最初に見る内容になります。メールの内容を判断する重要な要素なので、それを伝えることができる英単語を覚えて使えるようになりましょう。

件名の冒頭でよく使われるフレーズ

英語メールの冒頭に記載することで、メールの書いている重要性や内容の意味を一言で相手に伝えることが出来ます。ただ、UrgentやImportantは頻繁に使う件名ではないので使う際は、状況を見て使い分けましょう。

Urgent(緊急)

Important(重要)

Reminder(リマインダー)

FYI(ご参考まで)
*For your informationの略です。

例えば、「Urgent」という英単語は英文メールの際に以下のように使用されます。

Urgent:Request to Change Appointment
緊急:アポイント変更のご依頼

英語ビジネスメールでの件名で使える定番キーワード

pexels-photo-357857

英語でのメールを送る際に、件名として使える定番キーワードは数多くあります。例えば、お問い合わせをしたい際に使われるキーワードは、「Inquiry」というキーワードです。

Inquiry(お問い合わせ)

例:Inquiry about the program.
プログラムについてのお問い合わせ

それ以外にも覚えておくと便利なキーワードがあるので、英文メールを書きながら一つづつ習得していきましょう。

Notification(お知らせ)
Notification of 〜(〜の通知)

例:Notification of shipment
送付案内

Suggestions(提案)
Suggestions for〜(〜の提案)

例:Suggestions for new product
新しい賞品の提案

Apology(謝罪)
Apology for〜(〜に対するお詫び)

例:Apology for the payment delay
支払い遅延のお詫び

Confirmation(確認)
Confirmation of〜(〜の確認)

例:Confirmation of consent
同意の確認

Cancellation(キャンセル)
Cancellation of〜(〜のキャンセル)

例:Cancellation of a contract
契約解消に関して

Request(依頼)
Request for〜(〜の依頼)

例:Request for Quotation
見積もり依頼

Invitation(招待)
Invitation to〜(〜への招待)

例:Invitation to a conference
会議の案内状

Change(変更)
Change of〜(〜の変更)

例:Change of address announcement
転居通知

Sharing(共有)
Sharing of〜(〜の共有)

例:Sharing of information
情報の共有

Order(注文)
Order Number(注文番号)

例:Return on the order number 123
123の商品の返品について

Regarding (〜について)

例:Regarding tomorrow’s meeting
明日のミーティングに関して

Reservation(予約)
Reservation for (〜の予約)

例:Reservation for Date/Month
◯月◯日の予約

 

英文メールで具体的な意味を持たせる英単語

英文メールを送る際に、具体的な意味を持たせる英単語もあります。見積もりや請求書を送るなどいろいろなシチュエーションに覚えておくと便利です。

Quatation:見積もり
Estimate:見積もり
Invoice:請求書

Invoice(請求書)
Relocation(移転)
Order Number(注文番号)

スパムメールと間違われやすい英単語

良かれと思って使った単語でも英語では、スパムや迷惑メールとして判別されることがあるので、以下の英単語は使わないように注意しましょう。

・free(無料)
・special(特別)
・help(助けて)
・percent off(%オフ)
※セールなどで20%オフなんて時に、使う単語です。

英語メールの件名で気を付けたい3つのルール

英語でのメールに慣れていないと、どのように書くのが正しい件名の書き方がなかなかわからないものです。以下の点は最低限注意しておきましょう。

1.英単語だけで件名を書かない

紹介した英単語のみを件名に書くのは意味が伝わりません。以下の様な例文のような件名は避けましょう。

・Thank you(ありがとう)
・Appontment(アポイントメント)
・Notification(お知らせ)

2.抽象的な件名は避ける

1にて説明をしていますが、英単語のみや抽象的な件名は避けましょう。英文メールの件名は一番最初に目にする内容なので、以下の霊雲の用に具体的に記載するようにしましょう。

◯Request for your service catalogue
サービスのカタログ送付の依頼。

3.文字を全て大文字の表記はしない

件名の文字を全て大文字にするのは避けましょう。圧迫感もあり、読みづらくなるので止めておくのが無難です。

URGENT:REQUEST FOR ESTIMATION.
至急:見積り依頼の件について


まとめ

英文のメールは一番最初に目にする情報です。最初の情報で、メールの記載されている内容が伝わるようにすると相手に親切です。

今回紹介した表現を使いながら一つづつ覚えておくと、英文メールを書く際にスムーズに件名を書けるようになるでしょう。

eigomail-subject