【間違えやすい】”affect”と”effect”の正しい意味と使い方

affect-and-effect

スポンサーリンク

間違えやすい似たような意味を持つ英単語苦労する英語学習者の方も多いのではないでしょうか。”affect”と”effect”は間違われやすい英単語の1つです。スペルも似ているので”affect”は「影響を及ぼす」”effect”は「結果」と覚えてもやっぱりややこしいですよね。

今回は、間違えられやすい”affect”と”effect”の違いを覚えていきましょう。

“affect”と”effect”の正しい意味と用法

単語

affect:【動詞】…に影響を及ぼす、作用する【名詞】感情、情緒

effect:【名詞】結果、効果、影響

まず、抑えておきたいポイントは、”affect”は名詞の意味もありますが、動詞として使われることが多く、”effect”は名詞で使われるということです。

例文を見てみましょう。

【affectの例文】

The area has been badly affected by pollution.
(このエリアは、ひどく汚染に影響されています。)

【effectの例文】

That’s exactly the effect I wanted!
(これがまさしく私が求めていた結果です!)

何かが(に)影響されて”affect”、生じた結果”effect”と使われます。

名詞の”Influence”も”effect”も似た意味で使われる。

“influence”も「影響」や「影響を及ぼす」という意味でよく使われますが、”effect”との大きな違いは、”effect”は結果という意味を合わせ持つという点です。ただ、同じ文でも使われることもあります。”effect”のほうが結果という意味を多く持つのでマスターするには表現に慣れる必要があります。


オックスフォードディクショナリー(Oxford Dictionaries)の動画で、”affect”と”effect”の違いが紹介されてみたので、参考にしてみて下さい。


まとめ

やっぱり普段使い慣れていない英語表現の違いは難しくて苦労します。ひとつひとつ覚えてクリアにしていけると良いですね!

affect-and-effect

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。