ボキャブラリー

【間違えやすい】”affect”と”effect”の正しい意味と使い方

間違えやすい似たような意味を持つ英単語苦労する英語学習者の方も多いのではないでしょうか。”affect”と”effect”は間違われやすい英単語の1つです。スペルも似ているので”affect”は「影響を及ぼす」”effect”は「結果」と覚えてもやっぱりややこしいですよね。

今回は、間違えられやすい”affect”と”effect”の違いを覚えていきましょう。

“affect”と”effect”の正しい意味と用法

単語

affect:【動詞】…に影響を及ぼす、作用する【名詞】感情、情緒

effect:【名詞】結果、効果、影響

まず、抑えておきたいポイントは、”affect”は名詞の意味もありますが、動詞として使われることが多く、”effect”は名詞で使われるということです。

例文を見てみましょう。

【affectの例文】

The area has been badly affected by pollution.
(このエリアは、ひどく汚染に影響されています。)

【effectの例文】

That’s exactly the effect I wanted!
(これがまさしく私が求めていた結果です!)

何かが(に)影響されて”affect”、生じた結果”effect”と使われます。

名詞の”Influence”も”effect”も似た意味で使われる。

“influence”も「影響」や「影響を及ぼす」という意味でよく使われますが、”effect”との大きな違いは、”effect”は結果という意味を合わせ持つという点です。ただ、同じ文でも使われることもあります。”effect”のほうが結果という意味を多く持つのでマスターするには表現に慣れる必要があります。


オックスフォードディクショナリー(Oxford Dictionaries)の動画で、”affect”と”effect”の違いが紹介されてみたので、参考にしてみて下さい。


まとめ

やっぱり普段使い慣れていない英語表現の違いは難しくて苦労します。ひとつひとつ覚えてクリアにしていけると良いですね!

ABOUT ME
Kazushi Yoshida
オーストラリア留学・フィリピン・セブ島留学経験者・セブ島1年在住。その後、留学カウンセラーをしつつ、オンライン英会話・英会話スクールの立ち上げなどを経験して独立。もっと身近に英語を学べるようにEnglish Withを運営しています。
当サイトおすすめ!
\ 短期集中で英語を学べる3校 /
PROGRIT(プログリット)
PROGRIT
英語学習のコンサルティングに特化し、専属のコンサルタントが短期間で圧倒的に英語力を伸ばすことが可能。
「質×学習量」をバランスよく取ることができ、徹底したサポートで目標とする英語力到達を最短距離で達成することができる大人気の英語コーチングスクールです。
おすすめ度
開講校舎 有楽町・新橋・新宿・渋谷・赤坂見附・神田秋葉原・池袋・六本木・横浜・名古屋・阪急梅田・西梅田・オンライン

詳細ページ公式サイト

イングリッシュカンパニー
ENGLISH COMPANY
英語力を「時短」で伸ばす科学的に証明された「第二言語習得研究」をベースとしたカリキュラムで、英語習得のパーソナルトレーナーを付けて効果的に英語力強化を目指すことができます。
最短距離で実践的な英語力を伸ばしたい人におすすめです。
おすすめ度
開講校舎 池袋・恵比寿・大宮・神田・銀座・品川・新宿・有楽町・有楽町第2・四谷・六本木・横浜・梅田・神戸・四条烏丸

詳細ページ公式サイト

スパルタ英会話
短期間で集中的に学べる英会話スクールの中で、レッスンが通い放題。
マンツーマンレッスン・コンサルタントが学習サポートをしてくれる&グループレッスンは通い放題なのでアウトプットの量を増やしてコミュニケーション能力を鍛えることができる英会話スクールです。
おすすめ度
開講校舎 新宿御苑・自由が丘・銀座・梅田

詳細ページ公式サイト