英単語・語彙

【間違えやすい】”affect”と”effect”の正しい意味と使い方

間違えやすい似たような意味を持つ英単語苦労する英語学習者の方も多いのではないでしょうか。”affect”と”effect”は間違われやすい英単語の1つです。スペルも似ているので”affect”は「影響を及ぼす」”effect”は「結果」と覚えてもやっぱりややこしいですよね。

今回は、間違えられやすい”affect”と”effect”の違いを覚えていきましょう。

編集長
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。

“affect”と”effect”の正しい意味と用法

単語

affect:【動詞】…に影響を及ぼす、作用する【名詞】感情、情緒

effect:【名詞】結果、効果、影響

まず、抑えておきたいポイントは、”affect”は名詞の意味もありますが、動詞として使われることが多く、”effect”は名詞で使われるということです。

例文を見てみましょう。

【affectの例文】

The area has been badly affected by pollution.
(このエリアは、ひどく汚染に影響されています。)

【effectの例文】

That’s exactly the effect I wanted!
(これがまさしく私が求めていた結果です!)

何かが(に)影響されて”affect”、生じた結果”effect”と使われます。

名詞の”Influence”も”effect”も似た意味で使われる。

“influence”も「影響」や「影響を及ぼす」という意味でよく使われますが、”effect”との大きな違いは、”effect”は結果という意味を合わせ持つという点です。ただ、同じ文でも使われることもあります。”effect”のほうが結果という意味を多く持つのでマスターするには表現に慣れる必要があります。


オックスフォードディクショナリー(Oxford Dictionaries)の動画で、”affect”と”effect”の違いが紹介されてみたので、参考にしてみて下さい。


まとめ

やっぱり普段使い慣れていない英語表現の違いは難しくて苦労します。ひとつひとつ覚えてクリアにしていけると良いですね!

ABOUT ME
吉田 和史
オンライン家庭教師比較.com代表兼監修者。LISH株式会社代表取締役CEO。留学カウンセラー、オンライン英会話・英語コーチングサービス創業を経て、LISH株式会社創業。教育業界歴が長く、その経験や知識を活かして「オンライン家庭教師・個別指導塾」に特化したサイトを運営。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!