ボキャブラリー

【間違えやすい】”further”と”farther”の英語の正しい意味と用法

英単語には似たスペル・音の単語や同じ意味を持つ単語が数多くあります。その中でも、多くの人が”further”と”farther”という単語は「さらに遠く」という似た意味を持つため、同じ意味と用法で使われると勘違いしています。スペルや発音も意味が似ているので間違われやすい単語で、実はネイティブスピーカーでも意外と間違えている人がいるほどです。

今回は、”further”と”farther”の正しい使い方を覚えていきましょう。

“further”の違いと”farther”正しい用法

単語

further:(距離・空間・時間が)さらに遠く、もっと先に

farther:(距離・空間・時間が)さらに遠く、もっと先に

辞書を引いても意味は同じような内容で出てくるので、これだと同じ意味だと混乱してしまいますよね。

問題・例文を見てAとBどちらが正しいか考えてみましょう。

日本語訳:私はあなたより遠くに住んでいます。

 

A:I live further than you do.

B:I live farther than you do.

答え

答えは、Bです。


“further”と”farther”の違いを理解するポイントは「距離に対して使われているそれ以外の時間や長さ、程度に使われているかを文章から読み取ることです。

“further”は、「時間や長さ、程度」に使われることが多く、”farther”は「距離」に対して使われます。

“farther”の”far”は「遠く」という意味を持つ”distance”「距離」に対して使われる単語なので、”farther”は「距離」に対しての表現で使われます。

英語での正しい用法

We need to discuss this further.
私たちは、もっと先までさらに話し合いを重ねる必要がある。

discuss further“で「さらに話し合いを重ねる 」という意味があります。この”further”は距離ではなく、「程度」について表現されています。

I can go no farther.
私はもうこれ以上先まで行けない。

この例文では、「距離」という意味で使われています。


まとめ

“further”と”father”の使い方の違いとポイントは理解できたでしょうか。微妙なニュアンスの違いを理解することで英会話には役立ちます。頑張って覚えていきましょう。

ABOUT ME
Kazushi Yoshida
オーストラリア留学・フィリピン・セブ島留学経験者・セブ島1年在住。その後、留学カウンセラーをしつつ、オンライン英会話・英会話スクールの立ち上げなどを経験して独立。もっと身近に英語を学べるようにEnglish Withを運営しています。
当サイトおすすめ!
\ 短期集中で英語を学べる3校 /
プログリット(PROGRIT)
PROGRIT
英語学習のコンサルティングに特化し、専属のコンサルタントが短期間で圧倒的に英語力を伸ばすことが可能。
「質×学習量」をバランスよく取ることができ、徹底したサポートで目標とする英語力到達を最短距離で達成することができる大人気の英語コーチングスクールです。
おすすめ度
開講校舎 有楽町・新橋・新宿・渋谷・赤坂見附・神田秋葉原・池袋・六本木・横浜・名古屋・阪急梅田・西梅田・オンライン

詳細ページ公式サイト

イングリッシュカンパニー
ENGLISH COMPANY
英語力を「時短」で伸ばす科学的に証明された「第二言語習得研究」をベースとしたカリキュラムで、英語習得のパーソナルトレーナーを付けて効果的に英語力強化を目指すことができます。
最短距離で実践的な英語力を伸ばしたい人におすすめです。
おすすめ度
開講校舎 池袋・恵比寿・大宮・神田・銀座・品川・新宿・有楽町・有楽町第2・四谷・六本木・横浜・梅田・神戸・四条烏丸

詳細ページ公式サイト

スパルタ英会話
短期間で集中的に学べる英会話スクールの中で、レッスンが通い放題。
マンツーマンレッスン・コンサルタントが学習サポートをしてくれる&グループレッスンは通い放題なのでアウトプットの量を増やしてコミュニケーション能力を鍛えることができる英会話スクールです。
おすすめ度
開講校舎 新宿御苑・自由が丘・銀座・梅田

詳細ページ公式サイト