英単語・語彙

【間違えやすい】”further”と”farther”の英語の正しい意味と用法

英単語には似たスペル・音の単語や同じ意味を持つ単語が数多くあります。その中でも、多くの人が”further”と”farther”という単語は「さらに遠く」という似た意味を持つため、同じ意味と用法で使われると勘違いしています。スペルや発音も意味が似ているので間違われやすい単語で、実はネイティブスピーカーでも意外と間違えている人がいるほどです。

今回は、”further”と”farther”の正しい使い方を覚えていきましょう。

編集長
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。

“further”の違いと”farther”正しい用法

単語

further:(距離・空間・時間が)さらに遠く、もっと先に

farther:(距離・空間・時間が)さらに遠く、もっと先に

辞書を引いても意味は同じような内容で出てくるので、これだと同じ意味だと混乱してしまいますよね。

問題・例文を見てAとBどちらが正しいか考えてみましょう。

日本語訳:私はあなたより遠くに住んでいます。

 

A:I live further than you do.

B:I live farther than you do.

答え

答えは、Bです。


“further”と”farther”の違いを理解するポイントは「距離に対して使われているそれ以外の時間や長さ、程度に使われているかを文章から読み取ることです。

“further”は、「時間や長さ、程度」に使われることが多く、”farther”は「距離」に対して使われます。

“farther”の”far”は「遠く」という意味を持つ”distance”「距離」に対して使われる単語なので、”farther”は「距離」に対しての表現で使われます。

英語での正しい用法

We need to discuss this further.
私たちは、もっと先までさらに話し合いを重ねる必要がある。

discuss further“で「さらに話し合いを重ねる 」という意味があります。この”further”は距離ではなく、「程度」について表現されています。

I can go no farther.
私はもうこれ以上先まで行けない。

この例文では、「距離」という意味で使われています。


まとめ

“further”と”father”の使い方の違いとポイントは理解できたでしょうか。微妙なニュアンスの違いを理解することで英会話には役立ちます。頑張って覚えていきましょう。

ABOUT ME
Kazushi Yoshida
オーストラリア留学・フィリピン・セブ島留学経験者。元語学留学カウンセラー、オンライン英会話・英会話スクールの事業責任者&創業経験あり。直近では、英会話スクールの運営会社にて執行役員CMO、英語学習アプリを開発する会社の取締役COOとして活動。現在は、もっと身近に英語を学べるようにEnglish Withを運営管理しています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!