英語留学

バギオ留学でかかる費用は?期間別に詳しく解説【学校紹介もあり】

※記事内にプロモーションを含みます。
バギオ留学を検討中…。留学期間に合わせた詳しい費用を知りたいな
Asa
Asa
こんにちは!複数の語学学校に通った後、アメリカに住んでいたAsaです。今は国際結婚して日本に住んでいますが、英語学習は継続中!Webライターとして情報を発信しています。

この記事では、バギオ留学でかかる費用について紹介します。

バギオは、フィリピンのルソン島にある山岳都市です。標高1,500メートルの高さに位置するバギオは、年間通して涼しく過ごしやすいのが特徴。

また、スパルタ式の語学学校が多く、集中して英語を学べる環境が整っていることから、留学先として人気があります。

留学を検討中の方の中には、「バギオ留学にはどれぐらいの費用がかかるんだろう」「バギオでおすすめの語学学校が知りたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、バギオ島留学の費用について詳しくまとめています。

バギオでおすすめの語学学校についても紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

手数料無料の「リッシュ留学」
リッシュ留学

リッシュ留学は、インスタで話題の「南国リゾートマガジン」を運営し、フィリピン・セブ島、インドネシア・バリ島を中心に留学をサポートするエージェント・留学手数料完全無料で留学する都市から語学学校選びまで徹底サポート。

 

LINEで気軽にチャット相談からZoomでのオンラインコンサルティングも実施しています!

人気ランキング
サポート手数料 手数料無料
サポートしている国 フィリピン・インドネシア(バリ島)
サポート内容 留学前の留学コンサルティング
(都市選びから語学学校選ぶ)
航空券・海外留学保険の取得サポート
事前準備・海外生活サポート
現地情報のご紹介
現地情報を知るなら インスタグラム:南国リゾートマガジン
インスタグラム:リッシュ留学
Twitter:リッシュ留学代表ツイッター

LINE登録者に失敗しない留学資料配布中!

LINE登録公式サイト

バギオ留学でかかる費用【出発前】

海外旅行保険

まずは、留学前に必要となる費用を紹介します。手続きに時間がかかるものもあるので、早めに準備に取り掛かりましょう。

出発前にかかる費用の目安は、151,000~1,351,000円ほど。内訳は以下の通りです。

出発前にかかる費用の目安
  • 航空券(5万~6万円)
  • パスポート(11,000~16,000円)
  • 入学金(10,000~15,000円)
  • 授業料(5万~110万)
  • 健康診断(2万~4万円)
  • 海外保険 (1万~12万)

航空券(5万~6万円)

日本-フィリピンの往復航空券の購入には、大体5万~6万円かかります。LCC(格安航空会社)を利用するとさらに安く渡航することもできるので、費用を抑えたい場合はLCCもチェックしておくと良いでしょう。

バギオ留学で渡航する際に注意すべきなのは、フィリピン入国時に帰りの航空券を持っている必要があることです。

フィリピンでは、片道分の航空券だけでは入国を断られることがあるため、必ず往復分購入しておきましょう。

パスポート(11,000~16,000円)

パスポートを持っていない場合や期限切れになっている場合は、早めに準備しておきましょう。

また、有効なパスポートを持っている場合であっても、有効期間を確認しておく必要があります。

フィリピンに入国するには、滞在期間+6ヶ月間の残存有効期間が必要です。パスポートは、残存有効期間が1年未満の場合、新たに作り直すことができるので、お手元のパスポートを確認し、必要であればパスポートセンターで申請しましょう。

パスポートは5年用、10年用の2種類があります。18歳未満は5年用しか選べませんが、18歳以上の方はどちらかの年数を選択することが可能。

申請費用は、5年用が11,000円で10年用が16,000円です。申請してから受け取りまで、1週間前後かかるので、早めに手続きを行いましょう。

入学金(10,000~15,000円)

語学学校の入学金も必要になります。

バギオには複数の語学学校がありますが、いずれも入学金は10,000~15,000円程度です。

授業料(5万~110万)

授業料は、選ぶ学校やバギオに滞在する期間によって異なります。

基本的に、留学期間が長くなると授業料は安くなります。1週間の超短期留学なら5~9万円ほど、3ヶ月の滞在なら30~60万円ほどを見積もっておくと良いでしょう。

その他の期間は、下の表を参考にしてください。

1週間 5万~9万
1ヶ月 15万~30万円
3ヶ月 30万~60万円
6ヶ月 60万~110万円

 

健康診断(2万~4万円)

バギオ留学をするには、健康診断を受ける必要があります。

語学学校によって求められる受診内容が異なる場合もありますが、費用は大体2万~4万円の範囲です。

英語での健康診断書を求められることが多く、発行されるまで時間がかかるので、早めに受診することをおすすめします。

海外保険(1万~12万)

海外旅行保険の加入を後回しにしてしまう人もいるかもしれませんが、バギオ留学前には必ず手続きをしておきましょう。

バギオ留学は、英語学習に専念できることで知られていますが、日々の勉強は非常にハードです。体調に気を付けていても、具合が悪くなってしまうケースが多々あります。

また、温暖なセブ島と違い、バギオは涼しい気候が特徴。朝晩冷え込んだ時などに風邪をこじらせてしまうこともあるかもしれません。医療機関にかかった時に無保険の状態だと、高額な医療費に途方に暮れることになってしまうでしょう。

海外旅行保険に必要な費用の目安は以下の通りです。補償内容や会社によっても費用が異なるので、よく確認しておくと良いでしょう。

1週間 1万円
1ヶ月 1.5万~2万円
3ヶ月 5万~6万円
6ヶ月 7万~12万円

また、フィリピンでの滞在日数が90日以内の方で、保険にかかる費用を抑えたいという場合は、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するという方法もあります。

カード会社によって補償限度額や補償内容が異なるため、留学前にしっかり確認しておきましょう。

バギオ留学でかかる費用【出発後】

バギオ留学でかかる費用【出発後】次に、バギオ滞在中にかかる費用について説明します。ACR-IカードやSSPなど、聞きなれないものもあると思いますが、1つずつ解説していくのでチェックしてみてください。

渡航後にかかる費用の目安は、51,000~561,000円ほど。内訳は、以下の通りです。

出発後にかかる費用の目安
  • ACR-Iカード(7,000~9,000円)
  • SSP申請(15,000円)
  • ECC (2,000~5,000円)
  • ビザ延長費(7,000円~50,000円ほど)
  • 光熱費 (1,000~20,000円)
  • 寮へのデポジット(7,000~12,000円)
  • 教材費 (2,000~20,000円)
  • 生活費 (1~43万円)

ACR-Iカード(7,000~9,000円)

59日以上バギオに滞在する方は、ACR-I Cardと呼ばれる外国人登録証が必要となります。ACR-Iカードの申請は、基本的に語学学校が代行してくれます。

学校によって費用は異なりますが、大体7,000~9,000円程度を用意しておくと良いでしょう。

SSP申請(15,000円)

バギオに留学する場合は、SSPと呼ばれる特別就学許可証を取得する必要があります。

SSPとは、フィリピン国内で勉強するための許可証で、1週間の超短期留学であっても取得する必要があります。費用は、15,000円ほど見積もっておきましょう。

取得手続きは、語学学校が代行してくれます。

ECC(2,000~5,000円)

ECC(Emigration Clearance Certificate)は、フィリピンに6ヶ月以上滞在する人が出国する際に必要となる出国証明書。

フィリピン滞在中に犯罪を起こしていないかや、ビザ延長をきちんと行っていたかを証明するもので、費用は2,000~5,000円程度かかります。

ECCも、語学学校が手続きを代行してくれることが多いです。

ビザ延長費(7,000円~50,000円ほど)

フィリピン国内での滞在期間が30日以内の場合はビザが不要ですが、31日以上になると取得する必要があります。分かりにくい場合は、「5週間以上バギオ留学をする場合はビザの取得が必要」と覚えておくと分かりやすいでしょう。

ビザ手続きのタイミングに迷う方もいるかもしれませんが、基本的にバギオに到着してから行うため、フィリピンへは無査証の状態で入国します。

ビザ申請の手続きは語学学校が代行してくれるため、自分で行う必要はありません。期間別のビザ費用の目安は以下を参考にしてください。

2ヶ月 7,000円~1.1万円ほど
3ヶ月 2万~2.5万円ほど
6ヶ月 4万~5万円ほど

光熱費(1,000~20,000円)

水道光熱費は、固定額に加え使用分に応じて費用がかかります。期間別の光熱費の目安は、以下の表を参考にしてください。

1週間 1,000~2,000円
1ヶ月 5,000~7,000円程度
3ヶ月 1万円程度
6ヶ月 2万円

寮へのデポジット

バギオ留学で寮に入る際、寮へのデポジットが必要になります。これは、寮の備品を紛失や破損した場合の保証金となるものです。

寮へのデポジットとしてかかる費用は、大体7,000~12,000円ほど。特に問題がなかった場合は、帰国時に全額戻って来ます。

教材費(2,000~20,000円)

語学学校や受講コースによって費用が大きく変わるのが教材費です。期間別の費用は、以下の表を参考にしてください。

1週間 2,000円程度
1ヶ月 3,000~5000円程度
3ヶ月 3,000~1万円
6ヶ月 1万~2万円

生活費(1~43万円)

生活費は、生活スタイルによって大きく異なるのが特徴。外食やアクティビティに頻繁に出かけていると、その分出費も多くなります。

バギオ生活の中で、アクティビティや小旅行を楽しみたいと思っている方は、多めに用意しておきましょう。

1週間 1~3万円
1ヶ月 3~7万円
3ヶ月 10万~20万円
6ヶ月 20万~43万円

バギオ留学でおすすめの語学学校【3選】

バギオ留学でおすすめの語学学校は以下の通りです。自分にぴったりの学校を選ぶためにも1つずつ確認していきましょう。

バギオ留学でおすすめの語学学校
PINES

PINES-logo

JIC

JIC-logo

BECI

BECI

人気度
入学金 10,000円 10,000円 10,000円
料金 良い165,000円〜 /4週間 良い181,000円~/4週間 大変良い139,000円~/4週間
特徴 ・スパルタ式
・集中して学べる環境
・コースが豊富
・スピーキングに特化した授業
・多数のスピーキングトレーニング
・ネイティブ講師による発音矯正プログラム
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

1.PINES|優秀な講師からきめ細やかな指導が受けられる老舗校

Pines

PINESは、2001年設立のスパルタ式老舗語学学校です。英語学習に専念できる環境が整っていることで知られており、多くの学生から支持されています。

この語学学校では、一般英語とスピーキング強化、資格対策に対応しているのが特徴。メインキャンパスでは主に一般英語とTOEIC対策、そしてチャピスキャンパスでは、IELTS対策に特化したコースを開設しています。

細かくレベル分けされたクラスで学べるため、着実に英語力を伸ばしていけるでしょう。

また、創業以来、講師の品質維持にも努めています。指導力、熱意ともに抜群の講師からレッスンを受けてみたい方にはPINESがおすすめです。

学校名 PINES
特徴 ・一般英語と資格対策が可能
・レベルの高い講師が在籍
キャンパス メインキャンパス #3 Rommel Mansion Building Ignacio Villamor St., Lualhati, Baguio City, Philippines
チャピスキャンパス #49 Chapis Village, Marcos Highway, Baguio City, Philippines

PINESの公式サイトをチェック!

2.JIC|スピーキングの強化に力を入れている学校

Baguio JIC

JICは、2006年に設立された語学学校です。

この学校の特徴は、スピーキング強化に特化している点。英語の超初心者が日常会話を話せるようになるためのコースや、論理的な英語を話せるようになるコースなど、スピーキングスキルの大幅アップを目指せるのが魅力です。

また、欧米でのワーキングホリデーを目指す人を対象にした「ワーキングホリデー対策コース」も設けられています。面接や接客英語を学び、欧米に行った時にスムーズにスタートを切るための準備ができるコースです。

その他、IELTS対策の学習も可能。7.5以上のスコアを持つ講師から指導を受けられるので、効率的なスコアアップを目指す方におすすめのコースだと言えるでしょう。

JICは、講師の質が高いことでも知られています。在籍する講師は、定期的にトレーニングを受け、継続的に高品質な授業を提供できるよう努めているのが特徴。

豊富なコースが用意されている学校で、質の高い講師からレッスンを受けたい方は、JICに通ってみてはいかがでしょうか。

学校名 JIC
特徴 ・開設コースが豊富
・スピーキングを重点的に学べる
キャンパス・住所 メインキャンパス:#73 Del nacia apt upper west Camp7 Kennon Road, Baguio City, Philippines
JICプレミアム校舎:381 Purok 5, Dontogan, Baguio City Philippines

JICの公式サイトをチェック!

3.BECI|正しい英語表現・発音が身につけられる学校

BECI

BECIは、2003年に設立された語学学校になります。

この学校では、スピーキング練習に力を入れているのが特徴。スピーキング集中プログラムでは、正しい英語で話せるように徹底的にトレーニングできることで知られています。効率良く英語を身につけたい方にぴったりの学校です。

また、BECIでは発音矯正プログラム「Rehab Program」を受講できるのが魅力の1つ。ネイティブ講師による集中レッスンで、短期間で正しい英語の発音が身につくことで知られています。

さらに、自然の多い環境で学習ができるのもおすすめポイント。バギオの自然を感じながら英語学習に専念したい方は、BECIで学んでみてはいかがでしょうか。

学校名 BECI
特徴 ・スピーキングに力を入れている
・発音矯正プログラムがある
キャンパス・住所 メインキャンパス:381 Purok 5, Dontogan, Baguio City, Philippines
スパルタキャンパス:37 Yangco Road, Upper General Luna Road, Baguio City, Philippines
シティキャンパス:Zone Vill Building G – 48 Kisad Rd, Montinola Subd, Baguio City
カフェキャンパス:#43 Gradiola Street Amparo Heights, Baguio City 2600, Philippines

BECIの公式サイトをチェック!

バギオ留学で費用以外に見ておくべきポイント【3つ】

留学準備中はついつい費用に気を取られがちですが、他にも把握しておくポイントはいくつかあります。

バギオで快適に過ごせるように、以下もチェックしていきましょう。

バギオ留学で知っておくべきポイント
  1. 気温の低さ
  2. バギオまでの移動時間
  3. 排気ガスのにおい

1.気温の低さ

バギオの気温

年間通して涼しく過ごしやすいと知られているバギオ。蒸し暑い気候が苦手な方に人気の留学先です。

しかし、気温の低さで体調を崩す人が多いのも事実。バギオの年間の平均気温は20度、1月頃には13度前後まで下がることもあるため、寒さから風邪をひいてしまう人は多いです。

また、バスなどの交通機関も空調が効きすぎていることが多々あるので、体調管理には注意しましょう。サッと羽織れる薄手のジャケットなどがあると安心ですね。

2.バギオまでの移動時間

バギオまでの飛行時間

空港から語学学校までの移動距離が短いセブ島と違い、バギオは移動に時間がかかるのが特徴。

日本からマニラまでの飛行時間が5時間ほど、さらに空港からバスで5~6時間移動する必要があるため、バギオに到着した時にはヘトヘト…ということもあるかもしれません。

せめて移動中は快適に過ごせるように、ネックピローなどを用意しておくのがおすすめです。

3.排気ガスのにおい

バギオの排気ガス

バギオは山岳地帯にあることから、「緑が多くて空気の良いところ」というイメージを持っている方がいるかもしれませんが、バスやジプニーなどが多いため、排気ガスで喉を傷めてしまうことがあります。

喉が弱い方は、マスクやのど飴を持ち歩くと良いでしょう。

バギオ留学の費用に関する相談はエージェントにするのがおすすめ

バギオに留学をする場合は、エージェントを利用するのがおすすめです。

留学エージェントは、留学生が快適に学習に取り組めるように、日頃から様々なサポートを行っています。安心して留学するためにも、エージェントを利用すると良いでしょう。

バギオ島留学を取り扱っているエージェントは数多くありますが、特におすすめなのはLISH留学です。

リッシュ留学

このエージェントでは、実際にフィリピン留学経験のあるカウンセラーが対応してくれるのが特徴。

LISH留学では無料コンサルを受け付けているので、「どの学校が自分に合っているか」「バギオの治安について教えてほしい」など、気になる点を相談してみると良いでしょう。

LISH留学について詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

リッシュ留学の留学コンサルタントに直接取材!サービスのメリット・デメリット、特徴を徹底調査
リッシュ留学の留学コンサルタントに直接取材!サービスのメリット・デメリット、特徴を徹底調査今回は、セブ島やバリ島などの南国リゾート留学に特化したエージェント「リッシュ留学」で活躍している留学コンサルタントの方に直接取材を行ったので、その内容やサービスのメリット・デメリットを紹介しています。...

LISH留学の無料コンサルは、以下の公式サイトからお申し込みください。

LISH留学の公式サイトをチェック!

まとめ:バギオ留学に必要な費用を把握し、エージェントで情報収集を!

今回は、バギオ留学にかかる費用について紹介しました。留学に必要な書類や費用について、イメージできましたか?

必要書類は、申請から受け取りまで時間がかかることもあるため、時間にゆとりをもって準備しましょう。

バギオ留学に関して、分からないことや知りたいことは、留学エージェントを利用するのがおすすめです。LISH留学では、フィリピン留学経験のあるカウンセラーから1対1でアドバイスをもらいながら留学準備を進めることが可能。

LISH留学の詳細については、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

リッシュ留学の留学コンサルタントに直接取材!サービスのメリット・デメリット、特徴を徹底調査
リッシュ留学の留学コンサルタントに直接取材!サービスのメリット・デメリット、特徴を徹底調査今回は、セブ島やバリ島などの南国リゾート留学に特化したエージェント「リッシュ留学」で活躍している留学コンサルタントの方に直接取材を行ったので、その内容やサービスのメリット・デメリットを紹介しています。...

そのほか、バギオ留学に関する記事はこちら!

バギオ留学おすすめのエージェント10社比較【徹底解説】
バギオ留学おすすめのエージェント10社比較【徹底解説】この記事では、フィリピンのバギオ留学を検討している方に向けて、おすすめのエージェントを紹介しています。留学エージェント選びのポイントもまとめているので、参考にしてみてください。...
バギオ留学おすすめのエージェント10社比較【徹底解説】
バギオ留学で必要な持ち物まとめ【13選】この記事では、フィリピンのバギオ留学に必要な持ち物について紹介しています。絶対に必要な持ち物から、あると便利なアイテムまで幅広くまとめているので、参考にしてみてください。...

また、留学前にオンラインで学習するのもおすすめです。コスパよく学べるスクールをピックアップしているので以下もご確認ください。

【2024年4月】オンライン英会話スクール20社のキャンペーン情報この記事では、English With編集部がおすすめするオンライン英会話のキャンペーン情報をまとめて紹介。ぜひ、英会話を始めようと思っている方はお得なタイミングを狙って入会してみてください。...
オンラインで学べる英語コーチングの特徴とおすすめスクール【15選】
【2024年最新版】オンライン英語コーチングスクール17選!料金からメリットやデメリットについて紹介今回の記事では、English With編集部が「オンライン英語コーチング特徴やメリット」「おすすめできる英語コーチングスクール」についてまとめていきます。英語コーチングを比較する際の参考にしてみてください。...
執筆者
Asa
アイルランドとカナダの語学学校で英語を学び、その後はアメリカに5年ほど住んでいました。現在は英語以外にも数カ国語を勉強中です!
編集責任者
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!