英会話スクール

幼児向けにおすすめの英語教材を徹底リサーチ【年齢別に9選紹介】

幼児向けにおすすめの英語教材を徹底リサーチ【年齢別に9選紹介】
幼児期の子供に英語学習を行うのは効果的って聞いたけど、どんな教材を使えば良いんだろう?教材の特徴や内容も含めて教えて欲しいな!
ショーン
ショーン
こんにちは!学生時代にアメリカで英語を学び現在は1児のパパでもあるショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、英語学習に関わるライターをしています!

今回は「幼児向けのおすすめ英語教材」をテーマにそれぞれの特徴や学習効果などについて記事をまとめています。

子供の習い事ランキングでは「英語学習」が常に上位にランクインされていることから英語ニーズは現在も高まっており、幼児期から英語を学ばせたいと考えている親御さんが増えていますよね。

子育て中のご家庭であれば、一度は「英語学習をいつからスタートするべき?」「乳幼児期の英語学習って何をすれば良いの?」などと考えたことはあるのではないでしょうか?

僕も、子育て中の父親なので子供に英語を学ばせていますが、数ある教材の中から質の高いものを選ぶのは一苦労です。

そこで、この記事ではEnglish With編集部が徹底的に「幼児期に使える英語教材」をリサーチしたので、特徴別に詳しく紹介していきます。

こんな方におすすめの記事
  • 「幼児期に英語学習を行う効果について知りたい」
  • 「どんな英語教材があるのか知りたい」
  • 「学習効果のある英語教材を使ってみたい」
ショーン
ショーン
幼児期から英語学習をどのように行うかによって、将来の英語力に大きく影響していきます。この記事を読んで使ってみたい教材があれば使用してみましょう!

幼児の英語学習開始はいつからがベスト?

幼児の英語学習開始はいつからがベスト?「いつから英語学習をスタートさせるべきか?」を理解するためにもまずは、学習開始の時期についてお伝えいたします。

幼児期の子供(0~3歳ごろ)は、母国語である日本語を「言語」として理解し耳にしているわけではなく「単なる1つの音」として聞いています。

これと同じように英語に関しても幼児期の子供は、英語を英語として理解している訳ではなく「英語を単なる音」として捉えます。

そのため、英語学習でよく行われる英文法の理解や英単語の意味を学ぶ段階ではないため、それより前の「音で英語に慣れる」練習をするだけでも効果はあると言われています。

赤ちゃんは生まれてから目や耳がきちんと耳が聞こえるようになるまでに「2~3ヶ月」かかると言われていることから、英語学習もその時期からスタートしても問題ありません。

「英語学習」といっても幼児期の子供にとっては、机に向かって意識的に勉強するようなものではないので、内容に関しては「聞き流し学習」や「目を引く映像」等を見せているだけでも学習効果はあるのです。

※学習効果についての詳細は次項で解説していきます。

0~3歳の幼児が英語を学ぶ効果

近年の脳科学の研究では「0歳から3歳までの間に脳の80%は完成される」と言われており、この期間に英語学習を始めることで大きな効果が期待できるとされています。

そこで、幼児期の子供に対して効果的な英語学習としておすすめなのは「視覚・聴覚情報をフルに使える英語教材」を使うことです。

その中で、英語を見る・聞くことで「楽しい!」といった感情を芽生えさせることが大切になってきます。

この時期の子供は、英語を言語として理解していないのでまずは「英語=楽しい」という感情にさせるために、工夫が凝らされている英語教材や映像が鮮やかで子供の興味を引くような内容のものを見せてあげましょう。

英語が楽しいと感じることができれば、子供に繰り返し英語学習をさせてあげることもできますし、自分で英語を学び始めるかもしれません。

幼児期に英語学習を始める際のポイント

幼児期の子供にとっての英語学習は、音楽や映像を見ることがメインになるので「1つの遊び」のようなものですが、親御さんが意識しておきたいポイントがいくつかあります。

ここでは、その中でも重要な「3つのポイント」お伝えするので、順に確認しておきましょう。

幼児期に英語学習する際のポイント
  • 親子で一緒に学ぶこと
  • 継続的に英語に触れること
  • 日本語も一緒に学習すること

親子で一緒に学ぶこと

親子で一緒に学ぶこと幼児期の英語学習は、英語を音楽や映像と通して使うだけで効果的なので、子供に見せてあげるだけでも良いのですが、親子のコミュニケーションを大事にするのであれば「一緒に英語を学ぶ機会」を持つのも大事。

子供にとって楽しい記憶というものは親御さんと一緒に何かしていることが多いものです。そのため、英語学習においても子供と一緒に参加するようにしましょう。

例えば、英語の歌を流しているのであれば、親御さんも一緒に歌ってみたり、ダンス付きのものであれば見よう見まねで子供と一緒にトライしてみるのも良いですね。

また、乳幼児であれば英語の語りかけや抱っこしながら英語教材の映像を見せてあげる等も効果的だと思います。

継続的に英語に触れること

継続的に英語に触れること大人の英語学習も同じことが言えますが、将来の英語力を身につけていくには「継続して学習すること」が大事です。いきなり明日から英語が聞こえるようになるような魔法はありません。

そのため、僕たちが日本語を自然と学んできたように、幼児期の頃から耳や目を通じて英語に触れていき何度も継続して学習することが大切です。

ただし、長時間の英語学習は逆効果になる場合もあるので注意が必要。「英語=嫌なもの」というイメージが作られると、今後の学習に影響が出てしまうかもしれませんので子供が飽きそうになったら一度休憩を取るなどの工夫も大事ですね。

幼児向けの英語教材は基本的に各内容が短めに作られているので飽きずに聞けるかと思いますが、親御さんの目で意識しながら気をつけましょう。

日本語も一緒に学習すること

日本語も一緒に学習すること英語学習は小さいうちから行えるとはお伝えしましたが、日本で生活する上では母国語である日本語の学習も大事です。

現在も、絵本の読み聞かせやテレビなどの教育番組で日本語を聞かせているご家庭も多いかと思います。英語学習を取り入れる際はバランスよく両言語の学習をするようにコントロールしましょう。

幼児期の子供は、経験する物すべてをどんどん吸収できるので、日本語・英語を同時に教えても問題ありません。

小学校に入る年齢の子供であれば、英語と日本語の聞き分けができるようになる時期でもあるので、一気に学ばせると混乱する可能性がありますが、言語として日本語・英語を理解していない幼児期の子供であれば同時並行で聞かせてあげるのは良いでしょう。

幼児向けの英語教材ってどんな種類がある?

幼児向けの英語教材ってどんな種類がある?次に、英語教材を選ぶ際の知識として大事な「英語教材の種類」について簡単に説明していきます。

様々な教材種類がありますので、順にチェックしていきましょう。

子供向け英語教材の種類
  • 音楽や映像が学べるCDやDVD
  • 英語のフラッシュカード
  • 英語の音声付き絵本
  • 英語学習アプリ など]

音楽や映像が学べるCDやDVD

音楽や映像が学べるCDやDVD幼児の英語学習は「目や耳で理解できる」内容のものが効果的であることはお伝えしましたが、それにぴったりな教材は「CDやDVDが付属している英語教材」です。

ネイティブの英語発音が収録されているものや、可愛らしいアニメーションを見ながら英語が学べるものなど様々あります。

頭で考える学習教材よりも、歌やリズムを使って英語を感覚的に理解するアクティビティの多い教材を積極的に使ってあげましょう。

また、2~3歳頃になれば好きなキャラクター(ディズニーやしまじろうなど)が登場する英語教材などもおすすめです。

英語のフラッシュカード

英語のフラッシュカードフラッシュカードは、絵や単語の書かれたカードを素早くめくりながら瞬間的に絵を見ると同時に英語を話して覚えていくものです。

親子で英語を学べる教材ですので、コミュニケーションを深めるツールとしてもおすすめ。ただ、親御さんがカードを持ってめくりながら英単語を読み上げるのである程度の英語力は必要です。

フラッシュカードを使って「瞬間的に見て覚える」という動作は幼児期の子供にとっては良い学習トレーニングになります。

出てきた英単語を絵の意味を理解する練習をすることで「記憶力の定着」や「認識・反応のスピードが向上」する効果があると言われているので1つおすすめです。

英語の音声付き絵本

英語の音声付き絵本絵本は多くのご家庭で使われている学習教材ですが、海外の絵本や日本の絵本が英語版として訳されているものも多く販売されています。

例えば、日本昔ばなしが英語版で使うことができたり、はらぺこあおむしの英語音声付きの絵本なども書店やネットショッピングなどでも購入できます。

英語力にある程度自信のある親御さんであれば、英語でストーリーが書いてある絵本を使うのも良いですが、最初は英語の音源がついている絵本から選ぶのも良いでしょう。

英語学習アプリ

英語学習アプリ現在は、様々な英語学習アプリが登場しています。幼児期に使えるアプリはそこまで種類はありませんが「無料で使える教材」として重宝できます。

アプリの中には「英語の歌やダンスをみて学ぶもの」があれば「自分で画面をタップして英語を学べる」アクティビティ形式のものもあります。

また、子供向けに作られていることもあり「無駄な広告が入らない」という配慮もなされているので、長時間の仕様はおすすめしませんが、音楽を聞かせたり動画を見せる際にはアプリをはかなり使える学習教材になってくれるでしょう。

幼児向けのおすすめ英語教材を紹介【5選】

ここまで、英語教材を選ぶための事前知識として色々とお伝えしてきましたが、ここからは「幼児向けおすすめ英語教材」を学習形式に分けて紹介いたします。

紹介する英語教材の種類
  • CDやDVDで学べる英語教材
  • アプリで学べる英語教材
  • 無料で使える英語教材サイト

※ほとんどの英語教材では「無料お試し」としてサンプルCDやテキストの一部を使用できます。この機会にいくつかピックアップしてみて頼んでみましょう。

7+BILINGUAL(七田式英会話)

7+BILINGUAL(七田式英会話)
価格 29,800円
対象とする年齢 0~12歳

7+BILINGUAL(七田式英会話)は、子育て方法で有名な「七田式」が販売している英語学習教材です。

聞き流しのCD音声やぬりえなどのコンテンツから、親御さん向けに「効果的な子供教育方法」など七田式の子育てメソッドを習得できる教材を用意しています。

教材を使用できる年齢も「0~12歳」までと長きに渡り使えるので、続けて使えばコスパの良い教材になるでしょう。

7+BILINGUALの教材内容は以下の通りです。

7+BILINGUALの教材内容
  • 聞き流しCD:0~3歳の子供の聞き流し英語に効果的
  • イラストぬりえ集:ストーリー形式のぬりえ
  • 子育てニュースレター:七田式の子育てメソッドがわかる
  • セミナービデオ:子供が流暢に英語を話す方法
  • 英単語集:教材に出てくる英単語を網羅したカード
  • Skypeオンラインレッスン:6回分無料
  • 学習相談:ホットラインが使える

様々なコンテンツが教材に含まれていますね。使える年齢幅が広いということもあり、幼児期に使える教材内容には限りがありますが、長く使用することを考えると納得のいく教材だと思います。

さらに、全額返金も60日間可能ですので、購入後に子供に合わなかったということになっても安心ですね。

7+BILINGUALの公式サイトをチェック!

Goomies(グーミーズ)

Goomies(グーミーズ)
価格 3,600円
対象とする年齢 0~7歳

Goomies(グーミーズ)は、マシュマロ生まれの「Moo」と、グミから生まれた「Tino」が主人公の「日常生活で使う英会話」をメインに学んでいくという英語学習教材です。

ウサギと小さな恐竜のショートアニメ・英単語のフラッシュ・英語の歌がワンセットになっており、通しで1セット3分ほどになります。

そのため、幼児期の子供でも飽きずに見ることのできる教材となっています。

オールイングリッシュで作られている教材ですので、言葉がまだ理解できない乳幼児期の子供でも、聞き流しの英語学習として利用できますね。

グーミーズ自体は知名度も高く、販売数で言うと「多く子供向け英語教材ランキングでは1位を獲得している」ことから多くのご家庭で使われている英語教材と言うのがわかります。

DVD教材単体での販売になりシリーズものでもないので、3,600円で使えるリーズナブルな英語教材です。

Goomiesの商品ページをチェック!

グーミーズDVD教材の口コミ・評判を調査【効果あり?】
グーミーズDVD教材の口コミ・評判を調査【効果あり?】 今回は、子供向けの英語学習におすすめのDVD教材「Goomies(グーミーズ)」について利用者の口コミや評判についてまとめていま...

ミライコイングリッシュ

ミライコイングリッシュ
価格 58,600円
対象とする年齢 0~8歳

ミライコイングリッシュは「毎日見るだけ30分」をキャッチフレーズに英語学習ができる教材で、対象年齢は0~8歳ごろまで使えます。

海外の声優を使った本場ネイティブの英語音声を歌のリズムに乗せて聞き、自然と英語学習ができる仕組みがたくさん用意されています。

また、簡単な英語フレーズも映像を通して目や耳で理解することが可能です。

この英語教材は、NHKの英語講座を監修している方や世界各国の映像クリエイターが制作を行い、試行錯誤する中で5年間かけて作り上げた本気度の高い教材なので、クオリティは確かなものがありますね。

少し値段は張りますが、DVD・CDが数枚セットで入っており、全体で250本の教育シナリオが収録されているおすすめ教材です。

ミライコイングリッシュでは「無料のサンプル動画」を視聴可能です。公式サイトから申し込んで試してみましょう!

ミライコイングリッシュの公式サイトをチェック!

ミライコイングリッシュの口コミを徹底レビュー【無料サンプルあり】
ミライコイングリッシュの口コミを徹底レビュー【無料サンプルあり】 今回は、子供向けの英語学習で有名な「ミライコイングリッシュ」について、利用者の口コミや評判についてまとめています。 子供の...

ディズニー英語システム(Disney World of English)

ディズニー英語システム(Disney World English)
価格 251,000円~
対象とする年齢 0~12歳

ディズニー英語システム(DWE)は、ディズニーが正式に公認している英語学習教材で、40年以上の歴史があり述べ100万人の子供たちが学んだ実績があります。

0~12歳頃まで使える英語学習教材ですので長いスパンで使え、教材内容の多種多様用意しているのも特徴的。

値は張りますが、子供が好きなディズニーキャラクターと一緒に英語を学べるということもあり飽きずに続けられる英語学習としても認知されています。

DWEを使った幼児期の英語学習は、主にDVDやCDを使ったディズニーのストーリーや歌を見聞きしながら英語学習に取り組むといった内容。ABCの発音や簡単なメロディの英単語から、日常生活をメインに使われる英文・単語表現まで網羅的に学習できます。

この教材の良いところは、子供が勉強だと感じずに自然に英語に触れていけるところで、例えば、appleという単語を音楽で学んだらテキストやDVDでも再登場するといったように、繰り返し同じ単語や英文表現が出てくるので、飽きずに知識を定着できます。

また、綿密に作られたカリキュラムとディズニーならではの可愛らしさが子供たちの興味を引き立て点が、学習を効果的にする相乗効果になります。

自然に英会話ができるようになる英語教材としては、多くのご家庭で使われているいるということで間違いは無いので、興味のある方は「お試しサンプル」を申し込んでまずは試してみましょう!

無料サンプル内容
  • DVD:ディズニーの仲間たちで英語で歌って踊れる
  • CD:英語の歌を聴きながら学べる
  • 絵本:CDに出てくる歌の歌詞とイラストがついている
  • アルファベットポスター:A~Zまでのアルファベットが載っているポスター

ディズニー英語システムの公式サイトをチェック!

ディズニー英語システムの口コミや評判まとめ!【徹底調査】
ディズニー英語システムの口コミや評判まとめ!【徹底調査】 今回は、英語学習を取り入れようとしているご家庭であれば一度は耳にしたことがあるであろう「ディズニー英語システム(DWE)...

Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)

Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)
価格 285,580円~
対象とする年齢 0~8歳

ワールドワイドキッズは、0歳~8歳まで利用できる教育業界で有名な「ベネッセ」開発の英語学習教材です。

DVD・CD・絵本・人形などがセットになったボリュームのある教材で、最初はネイティブ発音を聞き流す学習から、成長するごとに「パズルゲーム」や「ごっこ遊び」など親子で楽しめるコンテンツも多数用意。

色合いやオリジナルキャラクターが可愛く、子供の興味を引くデザインになっています。

ワールドワイドキッズでは、無料サンプルをお試しすることもでき「0歳向け」「1歳以上向け」から好きな方を選択可能です。

ネイティブの音声や英語独特のリズムを体験できるDVD教材や、ベビーカーにつけられるオリジナル人形のサンプルがもらえるので、この機会に申し込んでみましょう。

Worldwide Kidsの公式サイトをチェック!

幼児向けのおすすめ英語学習アプリ【2選】

次に、おすすめの幼児向け英語教材として使える学習アプリを紹介します。

無料アプリですので、機能性や学習効果はそこまで高くはありませんが、スマホやタブレットから気軽に使用できるため使いやすさは抜群です。

幼児期から使えるのでまずはチェックしてみましょう!

ウニウニABC

ウニウニABC
対象とする年齢 0~8歳
アプリ内課金 有り

「ウニウニABC」は、人工知能の「ウニウニくん」と英語のやりとりを通じて英語を学んでいく学習アプリで、英語の発音を綺麗に身につけることのできるフォニックス学習も可能です。

画面上に写っているアニメーションをタップすることで、タップした物が動きながら英語でリアクションをしてくれます。

そのため、英語のわからない小さな子供でも動きを目で追いながら耳で英語を理解できるため効果的な学習が期待できます。

しゃべって!これなぁに?

しゃべって!これなぁに?
対象とする年齢 1~5歳
アプリ内課金 有り

「しゃべって! これなぁに?」は、子供がしゃべりながら言葉を覚えるアクティビティ形式英語学習アプリです。

英語の他に日本語バージョンも同アプリで用意されているので、両言語並行で学習することもできますね。

特徴的なイラストをはじめ、キャラクターの音声は実際の子供が担当しており、お友達と一緒に英語を歌っているような感覚で親近感が湧きやすいアプリです。

また「しゃべって! これなぁに?」は音声認識機能を搭載しているアプリで、お子様がしゃべった内容が正しいかどうかを自動判定してくれます。そのため、英語をただ話すだけではなく正しい発音に直してもらいながら真似して学べるのでおすすめです。

幼児向けのおすすめ英語教材が使える無料サイト【2選】

最後に、幼児向けの英語教材で使える無料サイトを紹介します。

こちらもアプリと同じくガイドライン等が付いていないので、学習効果は薄いかもしれませんが、無料で使えるコンテンツが豊富にあるので一度見てみましょう!

ちびむすドリル

ちびむすドリル
  • 対象年齢:0~12歳

ちびむすドリルは、英語を独学で勉強するための教材が無料でダウンロードできるサイトです。

教材のメインは「書き込み式のドリル」が多いので、幼児期の子供にとっては少し難しいかもしれませんが、ネイティブ発音の仕方が学べる「フォニックス学習」を音声付きで学べるので、耳からの学習が可能です。

以下のサイトから閲覧可能ですので、チェックしてみてください。

ちびむすドリルの公式サイトをチェック!

Step by Step

Step by Step
  • 対象年齢:0~12歳

Step by Stepは、無料で教材ダウンロードができる英語教材サイトで、英会話スクールを運営している会社が無料教材として配布をしてくれています。

この教材では、紙媒体だけでなく「動画」もたくさん用意されているという点。歌を歌いながら英語ならではのニュアンスを理解できるので、さすが英会話スクール監修といったところです。

親子で使える無料のフラッシュカードや簡単なワークシートも用意されているので、無料教材の中でも使いやすい部類のものかと思います。

Step by Stepの公式サイトをチェック!

最後に:幼児向けの英語教材は聞き流しができる教材がベスト!

今回は、幼児向けの英語教材をメインに「教材の選び方」や「学習効果」などもお伝えしてきました。

幼児期の英語学習はそこまで気を張って色々なことをする必要はありませんが、この記事で何度もお伝えしたように「英語は楽しいもの」だと子供が感じれる教材を選ぶことをおすすめします。

わざわざ、英文法や語彙数がたくさん収録されていたりする教材をこの時期から選ぶ必要もそこまでありません。

まずは、ここで紹介した英語教材のサンプルなどを試してみて「子供が楽しんで学んでいるか?」確認してから本格的に使うようにしていきましょう。

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事