フィリピン留学

フィリピン留学のスパルタ校はおすすめ?留学経験者が詳しく解説

フィリピン留学のスパルタ校はおすすめ?留学経験者が詳しく解説
フィリピン留学のスパルタ校について聞いたことがあるけど、実際はどんな感じなんだろう…。本当に英語力が伸びるのかな。おすすめかどうか留学経験者に教えて欲しい!
Mia
Mia
こんにちは!セブ島留学の後、現地で1年間働いていたMiaです。現在は日本で英会話・発音コーチをしながら、English Withで英語学習についての記事を書いています!

今回は、フィリピン留学の「スパルタ校」に興味がある方に向けて、その実態を詳しく解説します。

一言でフィリピン留学といっても、その語学学校の数は国内で100以上。「どの語学学校が自分に合っているんだろう…」と頭を抱えてしまいますよね。

この記事では、「スパルタ校の特徴」について、私自身が通っていた「ノースパルタ校」と呼ばれる通常の学校と比較して、どんなところが異なるのかを細かく調査してまとめています。

ぜひ最後まで読んで、スパルタ校かノースパルタ校かを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

フィリピン留学の語学学校について解説【スパルタ校とは?】

フィリピン留学の語学学校について解説【スパルタ校とは?】スパルタ校について解説する前に、まずはフィリピン留学の学校スタイル3つをご紹介します。

フィリピン留学の学校スタイル
  • スパルタ校
  • セミスパルタ校
  • ノースパルタ校

「スパルタ校」ではもっとも厳しいルールが決められており、「セミスパルタ校」はそれよりもやや自由のある環境、「ノースパルタ校」はルールや制約のない普通の学校です。

スパルタ校と聞くと、「授業中に怒鳴られたりするのかな…」と思う方もいるかもしれませんが、一般的なスパルタ校は「先生の態度が厳しい」というよりは、「生活スタイルの縛り」を徹底している学校がほとんどです。

それでは、フィリピン留学のスパルタ校が実際にどのような学習空間を作っているのか、下で細かく見ていきましょう。

フィリピン留学スパルタ校の特徴

フィリピン留学で最も厳しいと言われている「スパルタ校」の特徴は以下の通りです。

これらの制約が自分に合うかどうか、ぜひ考えながら読み進めてみてくださいね。

フィリピン留学スパルタ校の特徴
  1. 外出制限がある
  2. 毎日10時間の英語学習をする
  3. 定期的なチェックテストがある
  4. 母国語禁止のルールがある
  5. 「警告」がたまると罰則がある

1.外出制限がある

外出制限があるスパルタ校の校風として「外出制限」が設けられているのは特徴的です。

普通の学校(ノースパルタ校など)は通常朝から夜22時まで自由に寮を出入りすることができますが、スパルタ校では基本的に平日の外出は禁止されています。

次にご紹介する半強制の「自習」を徹底するために設けられているルールなのですが、平日一歩も学校の外に出られないのは少し驚いてしまいますよね。

ちなみに、外出禁止のルールを破った際は「警告」を受け、最悪の場合退学になってしまうこともあるようです。

2.毎日10時間の英語学習をする

毎日10時間の英語学習をするスパルタ校は、その他の語学学校と同じようにアウトプット重視のマンツーマンレッスンを基本とし、授業時間は6〜8時間ほど。

通常の学校であればレッスン前後は自由時間として好きに使うことができますが、スパルタ校ではレッスンの前後に半強制の「自習時間」が設けられています。ほとんどの学校では1日2〜3時間ほどの義務学習を設定しているため、1日の学習時間はトータルで10時間ほどになります。

学校によっては夜の就寝2時間前まで学習スケジュールが組み込まれていることもあるので、「自由時間が多いとダラダラしてしまう」という方にはぴったりの学習環境ですね。

3.定期的なチェックテストがある

定期的なチェックテストがあるスパルタ校では、学校によって「毎日もしくは毎週のレベルチェックテスト」が設けられています。

テストの内容は単語や熟語などさまざまですが、テストで一定の点数を取れなかった場合はペナルティとして週末の外出制限を課せられることも。「普段は勉強に身が入らない…」という方でも、週末の遊びがかかっているとなると気合いを入れて学習に取り組むことができるそうです。

「自分のペースで学習する」よりも「締め切りがある方が頑張れる」というタイプの方にはぴったりですね。

4.母国語禁止のルールがある

日本語禁止のルールがある学校によっては「EOP(English Only Policy)」といい、「同じ国籍同士でも英語で話すように」というルールが設けられています。

「日本人同士でも英語で話すのはなんか恥ずかしいな…」という風に思ってしまいそうですが、ほとんどのスパルタ校では母国語を使うと「外出禁止」や「罰金」などのペナルティを課しているそうなので、このEOPのルールはかなりきちんと守られているようです。

スパルタ校では、1日10時間の英語学習に加えて、日常生活でも全て英語を求められるまさに「英語漬け」な生活が実現可能。

「なんとしてでも英語を話せるようになりたい!」とやる気のある方にはぴったりです。

5.「警告」がたまると罰則がある

「警告」がたまると罰則がある上で紹介したフィリピン留学スパルタ校の特徴ですが、門限や「母国語禁止」などのルールを破ってしまうと「警告」を受けてしまうことも。

1度の警告では週末の外出禁止などのペナルティにとどまりますが、複数回ルールを破った生徒は強制退学になるケースもあるようです。

これらの厳しいルールを設けているスパルタ校は、「制限がある方が勉強に集中できる」という方にはぴったりの学習環境なのですが「自分のペースで学習したいな」という方にはあまりおすすめできません。

学校選びの際は、今一度「自分はどんな環境で学習効果を発揮するのか」をよく考えてから申し込みをするようにしましょう。

フィリピン留学スパルタ校の口コミ・評判

フィリピン留学スパルタ校の口コミ・評判ここからは、実際にフィリピン留学のスパルタ校に通った経験者の方の口コミを集めて紹介します。

これらを読んで「ちょっと楽しそうかも…」と思ったあなたは、きっとスパルタ式の学習が合っているはず。このまま読み進めて、スパルタ校についてのイメージを膨らませていきましょう。

フィリピン留学スパルタ校の口コミ
  1. 容赦ない学習スケジュールが辛い
  2. 外出先でも日本語禁止
  3. スパルタ学習と充実した留学生活は両立可能

1.容赦ない学習スケジュールが辛い


こちらのツイートでは、スパルタ校での1日の様子がシェアされています。

1日8時間のレッスンに加え、毎日1時間半の自習と単語テストが行われるようです。平日の外出は禁止なので、ひたすら英語学習と向き合う生活が想像できますね。

朝8時から授業開始なので、早起きが苦手な方には少しキツいと感じるかもしれませんが、これも英語上達のため。このスケジュールを乗り越えられたら、語学力の向上だけではなく、「大抵のことは乗り越えられる!」という強靭なメンタルを手に入れられるかもしれません。

2.外出先でも日本語禁止


学校によっては「外出先でも母国語禁止」のルールが設けられているため、学校の外で会った日本人とも英語で話をしなければいけないようです。

「学校の外では日本語を使ってもバレなさそうだけどな…」と思わずごまかしたくなってしまいそうですが、重要なのは「どこまで自分で英語環境を作れるか」ということ。ある程度の期間をスパルタ校で過ごすことで、「誰もみていない時は日本語で話せる」という誘惑に惑わされることのない、意思の強さが形成されるのかもしれません。

「留学中は英語力アップのために徹底的に自分を追い込みたい!」という方には理想的な環境ですね。

3.スパルタ学習と充実した留学生活は両立可能


スパルタ校と言えば「24時間学校の中に缶詰めになって勉強…」というイメージが強いですが、中には休日に「ジンベイザメツアー」に参加したり、外国人の恋人を作ったりと、充実した留学生活を送っている方もいるようです。

「平日は毎日10時間集中して勉強し、休日は思いっきり遊ぶ!」というように、メリハリをつけて学習に取り組むことができるのもスパルタ校の特徴です。

語学学習もアクティビティもどちらも楽しみたい方にもスパルタ校はおすすめできますね。

フィリピン留学スパルタ校の選び方

ここからは、フィリピン留学のスパルタ校の選び方について解説します。

学校によってルールや校風が異なるので、下でご紹介する「重視すべきポイント」を押さえて、自分に合った学校選びの参考にしてみてくださいね。

フィリピン留学スパルタ校の選び方
  1. アクセスの悪さで選ぶ
  2. 日本人の数で選ぶ
  3. 校内施設の充実度で選ぶ

1.アクセスの悪さで選ぶ

アクセスの悪さで選ぶスパルタ校を選ぶ際に重視したいのが、「校舎や寮のアクセスの悪さ」です。

学校を選ぶ際は通常「市街地へのアクセスの良さ」にこだわりたいところですが、集中的に英語学習に取り組みたい方は、スパルタ校の中でも中心地から離れた場所の語学学校を選ぶことをおすすめします。

フィリピン留学でも特に2ヶ月以上の中長期留学になると、だんだんと集中力が切れて誘惑につられることも。学校の近くにモールや飲み屋街など遊びの誘惑があることで、気がそぞろになってしまう可能性も出てきます。

「周りになにもないな…」というような悪立地の語学学校を選ぶことで、あらゆる誘惑を遠ざけることができるので、「スパルタ校に興味はあるけど、集中力を保てるか心配…」という方は、あえて中心地から離れた場所に位置する語学学校を選んでみると良いでしょう。

2.日本人の数で選ぶ

日本人の数で選ぶ次におすすめしたいスパルタ校選びのポイントは「語学学校内の日本人の数」です。

いくら母国語禁止の環境でも、日本人に囲まれている状況では「なんだか恥ずかしいな…」と英語を話すのをためらってしまう方もいると思います。その場合は、あらかじめ日本人の少ない語学学校を選ぶことで、自ら英語を話すハードルを下げておくと良いでしょう。

スパルタ校の中には韓国資本の学校も多く見られ、日本人比率は30%以下であることがほとんどです。

「せっかく留学するのだから、外国人に囲まれて生活したい!」という方も、外国資本の語学学校をリサーチしてみると良いかもしれません。

次項では日本人が少ない外国資本の語学学校を紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

3.校内施設の充実度で選ぶ

校内施設の充実度で選ぶ最後に重視したいスパルタ校選びのポイントは、「校内施設の充実度」です。

スパルタ校のほとんどは外出制限を設けており、平日は24時間まるまる学校の中で生活することになります。

留学生活の大半を過ごすことになる学校内の施設が充実していることで、やたらと息抜きを求めることもなく、学習により集中できるようになるでしょう。

学校によっては、校舎内にスイミングプールや売店、快適な自習室などの私生活を充実できるような設備が整っています。「学校内に閉じ込められる生活では息が詰まってしまいそうだな」という方は、あらかじめ校内施設が充実したスパルタ校を選ぶのがおすすめです。

フィリピン留学でおすすめのスパルタ校【3選】

ここからは、フィリピン留学でおすすめのスパルタ校を3つご紹介します。

上でお話した「スパルタ校を選ぶ際のポイント」をカバーした学校を厳選してご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フィリピン留学でおすすめのスパルタ校【3選】
  1. PINES
  2. EVアカデミー
  3. English Fella 2キャンパス

1.PINES

PINESPINESはフィリピンに2つの校舎を持つ、超スパルタ名門語学学校です。

国内では「講師になるのが最も難しい学校」と言われるほどのエリート講師で構成され、ターム毎の評価で93点を上回った場合のみ契約が継続されるというシビアな雇用体制。生徒側だけではなく、先生の教育も「スパルタ式」に行われているので、校内の雰囲気も常に引き締まっています。

レッスンは通常の語学学校と同じく1日6〜8コマのマンツーマン制。選択式で母国語禁止ルールも導入しているので、完全な英語環境に身をおきたい方にもおすすめです。

メインキャンパスはあらゆる誘惑を遠ざけたバギオ大自然に囲まれた立地なので、「遊びの誘惑に負けてしまいそうだな」という方も集中して学習に取り組むことができます。

「フィリピンでトップクラスのスパルタ校で英語を学びたい!」という意欲のある方はぜひPINESへの留学に挑戦してみてはいかがでしょうか。

PINESの公式サイトをチェック!

2.EVアカデミー

EV AcademyEVアカデミーは、2004年に設立された伝統的なスパルタ校で、フィリピンでは珍しいフランス・韓国資本の語学学校です。

長い歴史の中で培われたこだわりのカリキュラムは、「グループレッスンでインプット→マンツーマンレッスンでアウトプット→自主学習で復習→テストで評価」という流れで英語学種を効率的に定着させます。

毎日みっちりと学習スケジュールが詰め込まれており、毎朝6時からの単語テスト、1日8時間のレッスンの後、夜は義務学習とテストを受けてようやく1日が終了です。「学習に集中したいけど、自分で学習スケジュールを管理できない…」という方にはおすすめできますね。

外国資本の語学学校なので、日本人比率は40%以下。留学生活の中で多国籍な文化に触れることができるのも、EVアカデミーをおすすめできる理由のひとつです。

精神的にも体力的にもかなりキツい学校生活が予想されますが、「自分を追い込んで、朝から晩まで英語漬けの日々を送りたい!」という方にはまさにぴったりのスパルタ校です。

EVアカデミーの公式サイトをチェック!

3.English Fella 2キャンパス

English Fella 2キャンパスEnglish Fella 2キャンパスは、セブ最大の充実した校内施設が特徴の韓国系スパルタ校です。

2つのキャンパスのうち、第一キャンパスは平日の外出が許可されているのですが、今回ご紹介する第二キャンパスは平日の外出は基本的には一切禁止。1週間のほとんどを学校内での学習に費やすことになります。

「狭い学校の中に閉じ込められていては息抜きができなさそうで心配…」という方もいるかもしれませんが、実はEnglish Fella 2キャンパスはセブで最大の敷地面積を誇っており、その広さは5,000坪。学校内ですべての用事が完結するよう、キャンパスの中にはカフェや売店、プールやバスケットボールコートまで併設されているので、息抜きをしたい時にも安心です。

気になる日本人の数ですが、学校内の日本人生徒率はわずか20%ほど。学校の中にいながら、外国人の友達を作りやすいのは嬉しいですよね。

まるで総合大学のように充実した校内施設で、集中して学習できるEnglish Fella 2キャンパスは「息抜きをしながら効率的に勉強したい!」という方におすすめです。

English Fella 2キャンパスの公式サイトをチェック!

フィリピン留学で信頼できるおすすめ留学エージェント【3選】

ここまでは、フィリピン留学のスパルタ校の実態や「おすすめのスパルタ校」の数々をご紹介しました。

ここからはスパルタ校に申し込む際に利用することで、さらにスムーズかつお得に留学できる留学エージェントをいくつかご紹介します。

「スパルタ校に興味はあるけど、なるべく費用を押さえて申し込みできないかな…」と考えている方は、ぜひこのまま読み進めてみてくださいね。

おすすめの留学エージェント
  1. スマ留
  2. 夢カナ留学
  3. 留学情報館

1.スマ留

スマ留スマ留は、留学費用を最大半額にできる留学エージェントです。

外国資本が多いフィリピン留学スパルタ校の料金設定はすべて英語で書かれているケースも多く、「一体どうやって支払いをすれば良いんだろう…」と悩んでしまうことも。

スマ留を利用すると、必要な料金についてすべて日本語で説明を受けることができます。授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費がすべて含まれた金額はシンプルにパッケージ化されているので、支払い方法に悩むこともありません。

もちろんあとから「手数料の追加」なども請求される心配はないので、申し込みから準備まですべて安心してお任せできるのは嬉しいですよね。

スマ留ではプロの留学カウンセラーによる無料留学カウンセリングを毎日開催しています。
オンラインでも相談可能なので、気になる方は公式サイトから申し込みをしてみてください。

スマ留の公式サイトをチェック!

スマ留のカウンセラーを取材!口コミ・評判を徹底調査【取材記事】
スマ留のカウンセラーを取材!口コミ・評判を徹底調査【取材記事】今回の記事では「留学費用が従来の最大半額になる」と人気を集めている留学エージェントの「スマ留」についての情報をまとめています。基本情報から、English With編集部がカウンセラーの方へ取材を行ってきたのでその内容をお伝えしています。...

2.夢カナ留学

夢カナ留学夢カナ留学は、「実質0円留学」を可能にする留学エージェントです。

留学先での就職サポートをすることで、全体の留学コストが「実質0円」になる仕組みを運用し、より多くの方が留学に行く機会を得られるようなサービスを提供しています。

従来のエージェントと異なり、語学学校の紹介料ではなく自社で運営する英会話レッスンサービスから利益を得ているため、「提携している学校を強く勧める」ようなことはありません。

「スパルタ校に興味があるけど、自分はどこの学校が合っているかな…」と悩んでいる方でも、留学経験者であるスタッフに相談することで適切な語学学校を提案してもらうことができます。

学校案内の他にも「英会話レッスン」や「留学準備説明会」など、留学に備えた幅広いサポートを受けられるのは嬉しいですよね。

留学に関する相談・見積もりはいつでも無料なので、留学についてわからないことや不安なことは、経験豊富な夢カナ留学のスタッフに気軽に質問してみると良いでしょう。

夢カナ留学の公式サイトをチェック!

3.留学情報館

留学情報館

留学情報館は、手数料無料の留学エージェント。

エージェントに手数料を払うことなくサポートを受けられるので、「エージェントを利用したいけど追加料金を払いたくないな…」という方におすすめです。

留学情報館の魅力は手数料無料なだけではなく、その手厚いサポートも大きな特徴のひとつ。

留学前のサポートとして、学校の紹介だけではなく、渡航前の無料の英会話レッスンやキャリア相談などのサービスも用意されているため「スパルタ校に入りたいけど、英語力に自信がないのは不安だな…」という方でも万全の留学準備を行うことができます。

無料相談はオンライン・オフラインで可能ですが、利用する際は公式サイトから事前予約が必要です。気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

留学情報館の公式サイトをチェック!

まとめ:フィリピン留学のスパルタ校で最短コースで英語を身につけよう!

この記事では、フィリピン留学のスパルタ校の特徴や、おすすめのスパルタ校について詳しく解説しました。

私自身フィリピン留学中はノースパルタの語学学校に通っていたのですが、リサーチを進めるうちに思わず「私もスパルタ校に通えばよかったな…」と感じてしまうほど、どの語学学校も魅力的に感じました。

留学中は新しい友達や遊びの誘惑が多く、気を抜くと勉強せずに遊びに明け暮れてしまいやすい環境です。自分のペースで学習を進められる方は通常の語学学校がおすすめですが、「自分は制限の多い方が勉強に集中できる!」という方はぜひスパルタ校に挑戦してみると良いでしょう。

学校選びに迷った際は、ご紹介したエージェントのカウンセラーに相談し、自分に合ったスパルタ校を提案してもらうようにしてくださいね。

みなさんが素敵なフィリピン留学ライフを送ることができますように!

その他、English Withではフィリピン・セブ島留学に関する記事を多数用意。以下も参考にして、留学準備を進めていきましょう。フィリピン留学のスパルタ校はおすすめ?留学経験者が詳しく解説

フィリピン留学でおすすめのエージェント
フィリピン留学でおすすめできる留学エージェントまとめ【5選】
フィリピン留学でおすすめできる留学エージェントまとめ【6選】今回は、記事の前半でフィリピンの基本情報や英語留学におすすめな都市をいくつか紹介し、後半でおすすめの留学エージェントを紹介します。ぜひ、この記事を参考にフィリピン留学の準備を進めていってくださいね!...

また、フィリピン留学前に英語力を伸ばしたい方は以下のオンライン英会話で力をつけておくのもおすすめです。

おすすめのオンライン英会話スクール
フィリピン・セブの講師から学べるオンライン英会話を紹介【おすすめ5選】
フィリピン・セブの講師から学べるオンライン英会話を紹介【おすすめ5選】この記事では、フィリピン・セブ島の講師から学べるオンライン英会話スクールを紹介しています。無料体験を利用し、自分に合ったスクールを選んで英語力を伸ばしてくださいね。...
フィリピン留学の記事
セブ島留学の体験談まとめ!【留学経験者がリアルに感じたこと】
セブ島留学の体験談まとめ!【留学経験者がリアルに感じたこと】この記事では、「留学経験者のリアルな体験談」をまとめて紹介しています。「セブ島留学って最近よく聞くから気になってるけど、実際どうなんだろう?」と気になる方は、ぜひ読んでみてください。...
セブ島留学のメリット・デメリットを徹底解説!【留学経験者が語る】
セブ島留学のメリット・デメリットを徹底解説!【留学経験者が語る】この記事では、人気の「セブ島留学」について、経験者の私が感じた「メリット」と「デメリット」をお話しています。「セブ島留学に興味はあるけど、実際どうなんだろう」と気になっている方はぜひ読んでみてください。...
フィリピン留学は正直、効果あるのか?【期間別に経験者が解説】
フィリピン留学は正直、効果あるのか?【期間別に経験者が解説】この記事では、実際にフィリピン留学を経験した私が「どれくらい英語が話せるようになるのか」を期間別で解説しています。ぜひフィリピン留学で滞在する期間を決める際の参考にしてみてくださいね。...
ABOUT ME
Mia
2ヶ月間のセブ島留学の後、マニラの現地法人で1年間働いていました。現在は日本で英会話・発音コーチをしながら、English Withで英語学習についての記事を書いています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!