海外留学を成功させるための心構え!知っておくべき4つのこと

海外留学に行くということは、時間やお金を投資する人生の中でも大きな決断の一つだと思います。
せっかくの留学生活なので、失敗しない留学をしたいものですよね。

漠然とした目的やただ単純に留学生活をするのは、すごくもったいないことです。例えば、語学留学に行ったのに日本人とばかり行動していたり、現地の文化を体験しなかったりと。

具体的に留学に行く心構えをして、留学への第一歩を踏み出してみませんか?

今回は、留学前にしておくべき心構えを留学経験者の僕が紹介するので参考にしてみてください。

海外留学に行く前にしておきたい心構え

海外留学をするにあたり、留学する国を選んだり、学校選びなど準備すべきことは多くありますが、それに時間が掛かりすぎて心構えができないまま留学前になってしまってはもったいないですよ。

留学前に準備しておきたい心構えについて考えてみたいと思います。

1.留学する目的を明確にする

留学する前に、

なぜ留学に行きたいのか

何を留学中に学びたいのか

などをしっかりと思い返してみましょう。

単純に「海外留学は楽しそう!」「なんとなく英語が話せればいいかな。」というような漠然とした考え方ではせっかくの留学がもったいないですよ。

もちろん、これでも留学は楽しく成功するかもしれませんが留学前に目的を思い返してみる時間を取ってみることでもっと有益な留学生活を送れるはずです。

僕も、「とりあえず留学に行ってみよう!」と渡航してかなり良い経験ができましたが、しっかりと目的や計画を立てておくべきだったなと思い返すと感じることがあるので以下の点は参考にしてみてください。

留学目的が英語力や語学の向上

留学目的が英語圏であれば、英語力の習得や語学習得の目的がほとんどだと思います。

日本でも英会話スクールやオンライン英会話などを活用して英語学習をすることができますが、留学生活であれば日常が英語の環境の場に置くことで英語を話す量を圧倒的に取ることができます。

ただ、留学をしたから英語力が絶対に伸びるということはないので、生活の中でどのように英語を話す環境を作るかをしっかりと考える必要があります。

日本人の友人を作って行動したくなったりしますが、現地の友人や外国人を作るということはしっかりと心構えをしておきましょう。

キャリアアップ目的の海外留学

グローバル化が進む中で、海外留学経験や語学力は各企業が就職や転職に有利になります。

国際的な感覚を積んだグローバル人材として将来的に活躍したいのであれば、「英語力+海外での貴重な経験」が重要となります。

僕が留学をして日本に戻ってきた頃は、留学経験+英語力で有利になる場面は多くありましたが、今後は英語を話せる人が増えていく中で、「海外でどのような経験をしたのか?」「英語以外にどのようなスキルを持っているのか?」も重要視されていきます。

単純に留学をするのではなく、「経験+スキルアップできること」に留学中は投資をしてみるのも良いと思います!

留学前にどのようなことができるか心構えやリサーチをしておくことをおすすめします。

海外の文化を体験したい

留学は、日本とは全く文化の異なる国に行くことになります。

初めて体験する文化や国民性などを体験することになるでしょう。

ただ、語学学校に通っているだけでは現地の国のことを深く知ることはできないので、ホームステイや現地の人と交流できる機会をつけましょう。

視野を広げて、世界を体感する

海外留学をする目的のひとつに、「視野を広げたい!」と考えている人も多いと思います。

実際に、海外に生活をすると日本では経験できない貴重な体験や新しくできる価値観など、文化や人との交流で出てくるでしょう。

生まれ育った日本という国の生活を思い返してみる良い機会でもあります。観れるものは全部観て、経験できることは全てチャレンジして経験してみましょう!

ときには、カルチャーショックをすることもありますが、それも視野を広げて新しい価値観を取り込む良い経験になるはずでしょう。

2.なぜその国に行きたいのかを考える

留学をする際に、どの国に留学をするかを決めることになるでしょう。

コストを抑えて、格安留学ができる国としてフィリピン、マルタ、フィジー、バリ島などのリゾート地で英語留学をする人もいると思います。

ワーホリや海外大学進学などで、アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなどの欧米圏を選択する人もいると思います。

なぜその国に行きたいのか?」「その国で体験できることは何か?」などをしっかりと考えておくことで、有意義な留学生活を送ることができるはずです。

僕は、フィリピンに留学をしたときは東南アジアの生活や経済成長に興味を持っていたし、現地の生活にも関心がありました。

オーストラリアに留学した時は、移民国家としての多くの国籍がいる国に対して興味を持っていて、日本より平均年収の高いオーストラリアのビジネスの市場や文化に興味がありました。

漠然とした感覚をしっかりと自分の中で、なぜその国に行くのかを考えてみると留学中に行動すべき内容が変わってくるはずです。

留学前にしっかりと心構えをしておくと、もっとよりよい留学ができるはずです!

3.留学中に気をつけたい心構え(失敗例から学ぶ)

これから行う留学生活は、楽しみなことも多いと思いますが、初めて体験することも多いと思います。

留学前に知っておきたい・気をつけておきたいことをまとめたので、「思っていたのと全然違う!」とならないように事前にしっかりと確認しておきましょう。

留学中の英語学習面

日本人とばかり行動

留学生活中に、同じ国で育ち日本語が使える日本人との交流は気が楽で過ごしやすいものです。

一切、日本人と関わらないと決める必要はありませんが、なるべく外国人や現地の国の人との交流の機会を増やしましょう。

日本人との交流は、日本に過ごしていてもできるわけでせっかくの留学期間は文化や言語の違う人と話すことで貴重な体験になるはずです。

英語ネイティブではない外国人と行動

英語留学であれば、英語ネイティブの人との交流を増やしましょう。語学学校に通学していると日本人留学生以外にも英語を学びに来た留学生もかなりいます。

共通の言語が英語となるので、英語でのコミュニケーションの練習にはなりますが、英語ネイティブではないことを理解しておきましょう。

同じ英語レベルの留学生なら、限られた英語知識のなかでの会話になります。

実際にネイティブと話すときは、英語を話すテンポや語彙力、発音、リスニングなど多くのスキルを同時に必要とします。

非ネイティブの国の人と話す英語力とネイティブと話す英語力は、求められるスキルが断然上がってきます。

できるだけ、実践的な語学力向上を目指すのであればどのようにネイティブの国の人と交流できるかを考える必要があります。

日本人は英語ネイティブにはなれない

「海外留学に行けば、ネイティブ同等の語学力が身につく!」と考えるのは無理があります。

実際に私もフィリピン留学や欧米圏での留学をしましたが、まだまだ上を目指せば勉強しなければいけないスキルが多いなと日々感じています。

日本に住んでいる外国人の日本語力も日本人とほぼ同等の人ってそんなに多くないですよね。過度な期待はせず、語学習得をどのレベルまでに達成するかを決めることをおすすめします。

「日常英会話を完璧に」「仕事で使える英語力」など人それぞれだと思うので、現実的に可能なレベルで、目標を留学前に決めておくこともおすすすめします。

学校のレッスンについていけない

留学で、語学学校に通うのであれば、レッスンを受講しますがレベルについていけないなんてことも往々としてあります。

一般的なレッスンスタイルは、多人数でのグループレッスンが主流ですし、フィリピン留学のような講師と1対1で学べるマンツーマンスタイルであってもレベルについて行けないなんてことは、初心者の方ではありえる話です。

「留学に行けば英語が話せるようになる」は、間違いであり留学前の事前準備は大切です。

英語初心者であれば、基礎英単語はある程度単語帳やアプリで習得をしておいたり、日常生活で使える英語フレーズなどはインプットしておきましょう。

海外での生活は、英語を話すアウトプットのチャンスがたくさんあるのでせめて日本にいる間にインプット学習をある程度済ませておきましょう。

これだけで、留学中に英語学習の伸び率が断然変わります。

生活面

留学までで生活面もしっかりと心構えをしておかないと、「思っていた留学生活と違う!」なんてことになりかねません。

生活面で知っておくべきことをまとめたので参考にしてください。

留学中の人間関係

留学中は、多くの人と出会うことになります。

国籍や文化、言語の違う人たち含めていろんな人に会います。

寮やホームステイの共同生活で、自分が当たり前だったことが海外にでてみると当たり前じゃないことに気付かされます。

日本人の感覚はこうだから、自分の言っていることは正しい」という感覚は捨てましょう。

海外に出た時点で既に、僕たちも外国人なわけなので広い心で受け入れる感覚を持たないと毎日の生活がストレスに変わりますよ。

僕も戸惑うことが多かったけど、一度受け入れてみると意外と楽なものです。

文化や食事の違い

人間関係でもそうですか、文化の違いは数多くあります。

その国のしきたりやルールなんてものもあるので、事前に知っておくと生活が楽になることもあります。

また、自分より長くその国に住んでいる日本人を見つけて、その国の文化を聞いてみるなんてこともしてみましょう。かなり、ためになるはずです。

そして、食文化で戸惑うことや慣れないなんてことは留学生活ではあるでしょう。日本食レストランに行っても、「日本食じゃない…。」なんてことも。

日本は、どこにでもコンビニがあり、コスパよく食事を済ませれるところってたくさんありますが、どの国でもそういうわけではありません。

日本食が食べれるレストランや食材が手に入るというところは要チェックしておきましょう。

治安や安全面

日本は治安が良いので、日本の感覚で海外での生活を過ごしていると大変な目にあうこともあるでしょう。

国によってはスリなどの軽犯罪は当たり前だったり、夜間の出歩きは危険だったりします。

日本のカフェでは、バッグを置いたまま席を離れても持ち物を取れれることはすくないですが、海外では危険です。

日本とは違う国だということを自覚するべきで、その国の治安や安全面は留学前にチェックしておきましょう。

留学前でもこんなにチェックすることってあるんです。

僕は「行けばなんとかなる!」という性格ですが、事前リサーチはある程度するようにしてます。

それは、知らなくて損をしたことがあるためです。。

例えば、「両替はどこでもできるじゃん」という感覚で言ったら意外と場所によってレートが異なったり、国によってはクレジットカードのキャッシングで引き出した方がお得だったりと。

4.海外留学前は事前準備をしっかりしよう!

知らないより知っている方が絶対に損はしないので、留学までの心構えや準備はしておきましょう。

日本の当たり前は海外では当たり前じゃないなんてことは多々あるので、しっかりとわからないことは、ある程度情報収集しておきましょう。

学校について

語学学校に通うのであれば、学校についての情報は調べておきましょう。

留学期間やコース、サポート体制、日本人サポートの有無など。

事前調べは大切です。

実際に留学に行ったのに、日本人しかいないとなっては外国人との交流はできないですし、アクティビティなどの課外活動が豊富なところだと自然と友人を作りやすかったりと何を重点に置くかで学校の情報を調べましょう。

滞在先

留学先は、国によってどのような滞在スタイルがあるかが異なります。

学生寮・ホームステイ・シェアハウスと様々なので、現地に行ってから困らないように調べましょう。

物価

留学は、お金と時間と投資です。

留学期間中は、生活費や学費などそれなりに費用がかかってくるはずです。

留学費用がどれぐらいに必要なのかはしっかりと把握しておきましょう。

また、留学中に生活費をまかなうバイトなどができるなのかも国によって異なるのでしっかりと調べておきましょう。

英語の事前勉強

事前準備で、英語の事前勉強はしておきましょう。

ある程度英語が話せる人であれば、不要ですが「全く英語が話せない」「英語に自信がない」ならなおさらです。

「とりあえず、行けばなんとかなる」と思って留学をした僕も、留学中にレッスンについていけなく、生活にも困ったので日本から持参した単語帳をひたすら勉強していました。

挙げ句の果てには、日本の親から参考書を送ってもらって英語の勉強をしていました。

いまなら、Kindleなどの電子書籍などで参考書も購入できますが、留学前に英語力は上げれるだけ上げておくべきです。

留学期間は有限です。

期間を決めて渡航する人がほとんどだと思うので、留学生活を最大限に楽しみ、価値のあるものにするなら留学までに基礎力は付けておきましょう。

英語力が低いと留学期間の自習時間が増えますが、それがないだけで友達とショッピングに行ったり、アクティビティの参加、アルバイトなど使える時間が増えます。

まとめ:心構え・準備をするだけで失敗しない留学ができる!

海外に行っている中で、「なんとかなる!」という精神って大事だったりするのですが、事前準備があったり、要領良くないと時間を無駄にすることになります。

留学は、時間・お金を投資して経験や価値観など多くのものを手に入れることができます。

目的・目標を明確にして、事前準備をすることで経験できることが増えて、有意義な留学生活を送ることができますよ!

ぜひ、留学の参考にしてみてください!

おすすめ留学エージェント

DMM留学は、留学の最低価格保証を実施!お申込特典で、オンライン英会話サービス「DMM英会話」が無料で使える特典あり!

公式サイト:DMM留学

ABOUTこの記事をかいた人

17歳でオーストラリア留学、19歳でフィリピン留学。
語学学校インターンで1年滞在。
その後、留学カウンセラー・オンライン英会話立ち上げ・英会話教室の立ち上げなどを経験して独立。

もっと身近に英語を学べるようにEnglish Withでは情報を発信しています。