フィリピン留学

フィリピンで使えるおすすめのクレジットカードを徹底まとめ【7選】

フィリピンで使えるおすすめのクレジットカードを徹底まとめ【7選】
もうすぐフィリピン留学に行くけど、現地で使えるクレジットカードを作っておきたいな…。どれがおすすめなんだろう?
Ryo
Ryo
こんにちは!大学時代にアイルランドで1年間のワーキングホリデー留学をしていました、English WithライターのRyoです。大学卒業後はフィリピンの首都マニラに滞在し、日本語教師として約1年半働いていた経験があります。

今回はフィリピンで使えるおすすめのクレジットカードをいくつか紹介していきます。

海外留学に行く際、クレジットカードを持っておくと急な出費があった時や病気にかかった時などに役に立ちます。

ただし、最近は非常に多くのカード会社があり、どこが良いのか分からない方も多いはず。

そこで本記事では、まず始めにフィリピンで使えるクレジットカードブランドについて紹介した後、後半でおすすめのクレジットカードを合計7つ紹介します。

これからフィリピンに行く予定のある方で、まだクレジットカードを作っていないという方は最後までご覧いただく事をおすすめします。

フィリピンでおすすめのクレジットカード

フィリピンで使えるクレジットカードブランド

フィリピンで使えるクレジットカードブランド

それではまず、フィリピンで使えるクレジットカードブランドを紹介します。

現在、世界で最も認知度の高いクレジットカードブランドとして「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」「Dinners Club」の5社が存在しています。

ただし、フィリピンでは後述した3ブランドの普及率は低く、「Visa」と「MasterCard」のみ使える場所が多いといった印象です。

また、フィリピンでは「スーパー」や「レストラン」、「カフェ」や「ショッピングモール」といった場所でクレジットカードを使用することが可能。

フィリピンでカードが利用できる場所
  • スーパー
  • レストラン
  • カフェ
  • ショッピングモール など

一方、現地のタクシーなどを利用する場合は現金払いにしか対応していないので、気を付けるようにしましょう。

なお、保険やサポート内容によっては「JCB」や「American Express」のカードも持っておくのがおすすめです。

クレジットカードは複数持ちをする事で保険の補償金額が合算されるといったメリットもあるので、現地で使う用に「Visa」や「MasterCard」、保険やサポート用に「JCB」や「American Express」を数枚ほど持っておくのも良いかもしれません。

フィリピンで使えるおすすめのクレジットカード【7選】

フィリピンで使えるおすすめのクレジットカード【7選】

それではここからはフィリピンで使えるおすすめのクレジットカードを全部で7つ紹介していきます。

各カードにはそれぞれ異なる特徴があるので、これを把握した上で自分にあったものを選択されると良いでしょう。

Ryo
Ryo
また前述したように、クレジットカードは複数持ちをする事でより多くの恩恵が受けられます。現地で無くしてしまうといった場合も想定して、気に入ったものを数枚作っておくのがおすすめです。
フィリピンでおすすめのクレジットカード【7選】
カード名 エポスカード

エポスカード

楽天カード

楽天カード

三井住友カード

アメックスカード

アメックスカード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

JCBカード

JCBカード

ライフカード

ライフカード

人気度
年会費 なし なし なし 初月無料 / 2ヶ月目以降1,100円(税込) 初年度無料 / 2年目以降3,300円(税込)
※ただし、26歳になるまでは無料
初年度無料 / 2年目以降1,375円(税込) 初年度無料 / 2年目以降1,375円(税込)
国際ブランド Visa Visa / MasterCard / JCB /
American Express
Visa / MasterCard American Express American Express JCB Visa / MasterCard / JCB
海外旅行障害保険の適用条件 自動付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯 自動付帯
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※上の表はそれぞれ 、エポスカード / 楽天カード / 三井住友カード(NL)/ アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード / セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード / ライフカード(旅行傷害保険付き)を使用した場合の例になります。

1. エポスカード

エポスカード
年会費 なし
国際ブランド Visa
海外旅行傷害保険の適用条件 自動付帯
カードラインナップ エポスカード
エポスTOGETHERカード
エポスゴールドカード
エポスプラチナカード

※上の表はエポスカードを利用した場合の例になります。

1つ目に紹介するのは、エポスカード。エポスカードは国際ブランドVisaと連携しているため、フィリピン現地でショッピングをしたい方にもおすすめです。

このカードの最大の特徴は、年会費無料の一般カードでも海外旅行傷害保険の内容が手厚いという点。具体例を挙げると「医療費キャッシュレスサービス」が付いてくるので、現地の病院で治療費の自己負担をすることなく治療を受けることができます。

また、自動付帯となっているため、カードを持っているだけで補償が適用される点もポイント。さらに、カードは即日発行が可能なので、フィリピンへの渡航を直前に控えている方でもカードの受け取りが可能です。

エポスカードを作るにはWEBでの申し込みが必要になっているので、興味を持たれた方は公式サイトから申し込み手続きを済ませるようにしましょう。

エポスカードの公式サイトをチェック!

2. 楽天カード

楽天カード
年会費 なし
国際ブランド Visa / MasterCard / JCB / American Express
海外旅行傷害保険の適用条件 利用付帯
カードラインナップ 楽天カード
楽天PINKカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天銀行カード
など全11種類

※上の表は楽天カード(一般カード)を利用した場合の例になります。

2つ目は、楽天カードです。

楽天カードはCMで見たことがある方も多いと思いますが、年会費無料の一般カードの場合「Visa」「MasterCard」「JCB」「American Express」の中からお好みの国際ブランドを選択することができます。

楽天カードの最大の特徴は、ポイントの還元率が高い(一般カードで1.0%)という点。またポイントの使い道が豊富で、「1ポイント=1円」相当として、楽天グループのサービスや月々の支払い(ショッピング利用分)に利用したりすることができます。

さらに、カードのラインナップが豊富で、女性のための保険が付いた「楽天PINKカード」などが存在します。なお、楽天プレミアムカード以外のカードは利用付帯となるので、フィリピン留学中に海外旅行保険を利用したい方は利用条件を満たす必要があるので注意が必要です。

楽天カードは公式サイトから簡単に申し込みをすることが可能です。また期間によってはカード利用特典も付いてくる場合があるので、興味がある方は申し込みを済ませておくことをおすすめします。

楽天カードの公式サイトをチェック!

3. 三井住友カード

三井住友カードの公式サイト
年会費 なし
国際ブランド Visa / MasterCard
海外旅行傷害保険の適用条件 利用付帯
カードラインナップ 三井住友カード(NL)
三井住友カード(CL)
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード プラチナプリファード
三井住友カード プラチナ
など全12種類

※上の表は※三井住友カード(NL)を利用した場合の例になります。

3つ目は、三井住友カードです。年会費永年無料の三井住友カード(NL)の場合、「Visa」や「MasterCard」の中から選択することが可能です。

このカードの最大の特徴は、カード番号が印字されていないナンバーレスカードが作成できるという点。ナンバーレスカードであれば、フィリピン滞在中にカード番号を盗み見られるといった心配がなく、不正利用される心配がありません。

また、カードそのものを発行しないカードレスカードも存在します。こちらも年会費無料で作成でき、最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付いてくるので、短期滞在で現地ATMを使ったキャッシングをする予定がない方は利用されると良いでしょう。

ここまでで三井住友カードに興味を持たれた方は、以下の公式サイトから申し込みをすることができるので、この機会に作成してみてはいかがでしょうか。

三井住友カードの公式サイトをチェック!

4. アメックスカード

アメックスカードの公式サイト
月会費 初月無料 / 2ヶ月目以降1,100円(税込)
国際ブランド American Express
海外旅行傷害保険の適用条件 利用付帯
カードラインナップ アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
プラチナ・カード
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
など全16種類

※上の表はアメリカン・エキスプレス・グリーン・カードを利用した場合の例になります。

4つ目は、アメックスカードです。初めての1枚におすすめのアメリカン・エキスプレス・グリーンカードは月会費制のカードになっており、初月以外は1,100円(税込)の年会費がかかります。

このカードの特徴は、カードのラインナップが豊富で、中でもホテル提携カードを利用することでホテルのお部屋のアップグレードや無料宿泊特典などが受けられるという点。そのため、フィリピン留学中によくホテルに滞在する予定の方にはアメックスカードがおすすめです。

また、カードによっては自宅〜空港間の手荷物無料宅配サービスが受けられる点もポイント。ただしカードの種類によっては配送荷物の個数や対象となる空港が異なるので、この点は事前に確認しておきましょう。

アメックスカードは公式サイトからオンラインで申し込みできるので、興味を持たれた方はカードを作っておくことをおすすめします。

アメックスカードの公式サイトをチェック!

5. セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイト
年会費 初年度無料 / 2年目以降3,300円(税込)

※ただし、26歳になるまでは無料

国際ブランド American Express
海外旅行傷害保険の適用条件 利用付帯
カードラインナップ セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンローズゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
など全7種類

※上の表はセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを利用した場合の例になります。

5つ目は、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードです。カードデビューとして最適なセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードでは、年会費が26歳になるまで無料で、国際ブランドは「American Express」となっています。

このカードの最大の特徴は、「セゾンカード」と「アメックス」両方の優待・特典が受けられるという点。

いくつか例を挙げると「セゾンカード」では全国20,000 以上の店舗・施設を優待価格で利用でき、「アメックス」では厳選したチケットの先行販売や各種イベントの舞台裏へのアクセスといった特典が付いてきます。

また、クレジットカードに付帯の海外旅行傷害保険の内容が充実している点もポイント。さらに対象カードを使っている方であれば、フィリピン留学の際などに空港〜自宅までスーツケースなどの手荷物を無料で届けてくれるサービスもあります。

なお、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは、公式サイトから申し込むことが可能。公式サイトでは利用シーンに合わせておすすめのラインナップを紹介しているので、こちらを参考に最適なカードを作成すると良いでしょう。

アメックスカードの公式サイトをチェック!

6. JCBカード

JCBカードの公式サイト
年会費 初年度無料 / 2年目以降1,375円(税込)
国際ブランド JCB
海外旅行傷害保険の適用条件 利用付帯
カードラインナップ JCB一般カード
JCBゴールド
JCBプラチナ
JCB LINDA
JCB CARD R(リボ払い専用カード)
など全19種類

※上の表はJCB一般カードを利用した場合の例になります。

6つ目は、JCBカードです。年会費初年度無料のJCB一般カードを始め、全てのカードラインナップで日本初の国際ブランド「JCB」が利用できます。

このカードの最大の特徴は、フィリピン留学中に万が一カードを紛失してしまったとしても安全・安心のセキュリティでユーザーの情報が守られるという点。具体例を挙げると、JCBでは「J/Secure(TM)」という本人認証サービスが機能しており、これによってネットショッピングの不正な利用を防止できます。

また通常の付帯保険のほかに、カード利用者1人ひとりのライフスタイルに合わせて申し込めるトッピング保険も充実。そのため、付帯されている保険だけでは心配な方は、こちらも利用されると良いでしょう。

JCBカードでもカード番号があるものとナンバーレスのどちらかを選択することが可能。申し込みは公式サイトからすることができるので、興味を持った方はぜひチェックしてみてください。

JCBカードの公式サイトをチェック!

7. ライフカード

ライフカードの公式サイト
年会費 初年度無料 / 2年目以降1,375円(税込)
国際ブランド Visa / MasterCard / JCB
海外旅行傷害保険の適用条件 自動付帯
カードラインナップ ライフカード(旅行傷害保険付き)
ライフカード
ライフカードゴールド
学生専用ライフカード
ライフカードStella
など全68種類

※上の表はライフカード(旅行傷害保険付き)を利用した場合の例になります。

7つ目は、ライフカードです。海外旅行におすすめのライフカード(旅行傷害保険付き)だと、年会費は初年度無料で利用でき、「Visa」「MasterCard」「JCB」の中から国際ブランドを選択することができます。

このカードの最大の特徴は、カードによっては国外・国内旅行の両方で傷害保険が付いているという点。そのため、海外旅行だけでなく国内旅行を頻繁にする方はライフカードがおすすめです。

また、会員特典やサービスが充実しており、世界主要都市20か所に設置された現地窓口「LIFE DESK」が利用可能。現時点ではフィリピンには窓口がありませんが、緊急のお問い合わせ窓口はあるので、こちらを利用することができます。

なお、ライフカードは最短2営業日でカードの発行が可能です。申し込みは公式サイトから行うことができるので、興味を持たれた方はぜひこちらをチェックしてみてください。

ライフカードの公式サイトをチェック!

フィリピンのクレジットカードに関する質問【Q&A】

フィリピンのクレジットカードに関する質問【Q&A】

最後にフィリピンのクレジットカードに関するよくある質問とそれに対する回答を紹介します。

クレジットカードに関する質問
  1. 全てのクレジットカードは海外キャッシングに対応していますか?
  2. クレジットカードを複数持つメリットは何ですか?
  3. フィリピンではどんな場所でクレジットカードが利用できますか?
  4. 現地で病院にかかることになった場合、料金は立て替える必要があるのでしょうか?
  5. 明日からフィリピン留学に行くのですが、クレジットカードをまだ作っていません…。

1. 全てのクレジットカードは海外キャッシングに対応していますか?

Ryo
Ryo
いいえ、カードによっては海外キャッシングが付帯されていないものもあります。また、カード会社によっては事前に申請を申し込みをしておく必要があるので注意が必要です。

2. クレジットカードを複数持つメリットは何ですか?

Ryo
Ryo
クレジットカードを複数枚持っておくと、万が一クレジットカードを紛失してしまっても安心です。また、クレジットカードは複数持ちをする事で保険の補償金額が合算されるといったメリットもあります。

3. フィリピンではどんな場所でクレジットカードが利用できますか?

Ryo
Ryo
ショッピングモールの中に入っているお店やカフェ、レストランなどでは普通に使えることが多いです。逆に、地元民向けの大衆食堂やタクシーなどではカードが使えません。

4. 現地で病院にかかることになった場合、料金は立て替える必要があるのでしょうか?

Ryo
Ryo
ご利用されているクレジットカードが「医療費キャッシュレス」に対応しているものである場合は、保険会社と病院が直接やりとりしてくれます。

5. 明日からフィリピン留学に行くのですが、クレジットカードをまだ作っていません…。

Ryo
Ryo
その場合は即日発行可能なクレジットカードもいくつかあるので、そちらを検討してみると良いでしょう。「クレジットカード 即日発行」のようなキーワードで検索してみるといくつか候補となるものが出てくるので、そちらから自分に合ったものを選んでみてください。

まとめ:フィリピンでおすすめのクレジットカード7選!まずは各カードの国際ブランドや特徴を把握しておこう!

今回はフィリピンでおすすめのクレジットカードを合計7つ紹介しました。

フィリピンでおすすめのクレジットカード【7選】
カード名 エポスカード

エポスカード

楽天カード

楽天カード

三井住友カード

アメックスカード

アメックスカード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

JCBカード

JCBカード

ライフカード

ライフカード

人気度
年会費 なし なし なし 初月無料 / 2ヶ月目以降1,100円(税込) 初年度無料 / 2年目以降3,300円(税込)
※ただし、26歳になるまでは無料
初年度無料 / 2年目以降1,375円(税込) 初年度無料 / 2年目以降1,375円(税込)
国際ブランド Visa Visa / MasterCard / JCB /
American Express
Visa / MasterCard American Express American Express JCB Visa / MasterCard / JCB
海外旅行障害保険の適用条件 自動付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯 利用付帯 自動付帯
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

※上の表はそれぞれ 、エポスカード / 楽天カード / 三井住友カード(NL)/ アメリカン・エキスプレス・グリーン・カード / セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード / ライフカード(旅行傷害保険付き)を使用した場合の例になります。

フィリピンでは貧しい人も多いため、現金をたくさん持ち歩いていると物乞いにあったりすることがあります。そこでクレジットカードを持っておくと現金をあまり持ち歩かなくて済むので、フィリピンでも安心して生活できるはずです。

なお、フィリピンの首都マニラやセブ島といった外国人観光客が多い街では、基本的にクレジットカードが使えますが、「Visa」や「MasterCard」のみ使えることが多いです。

そのため、現地でカードを使った買い物をしたい方は、これら国際ブランドのカードを1枚は持っておくと良いでしょう。

また、English Withではフィリピン留学前に読んでおきたいコンテンツを多数用意しています。

しっかりと英語力を伸ばしておきたい方は、オンライン英会話の受講を検討するのがおすすめです。どのスクールでも無料体験レッスンが受講できるので、英語力をチェックしたい方は気軽に受けてみましょう。

おすすめのオンライン英会話スクール
フィリピン・セブの講師から学べるオンライン英会話を紹介【おすすめ5選】
フィリピン・セブの講師から学べるオンライン英会話を紹介【おすすめ5選】この記事では、フィリピン・セブ島の講師から学べるオンライン英会話スクールを紹介しています。無料体験を利用し、自分に合ったスクールを選んで英語力を伸ばしてくださいね。...

以下では、フィリピン留学のおすすめエージェントや基本的な情報に関する記事を用意。参考までに読んでみてくださいね。

フィリピン留学の記事
フィリピン留学でおすすめできる留学エージェントまとめ【5選】
フィリピン留学でおすすめのエージェント【6選】留学エージェントの比較や使うメリットを徹底解説今回は、記事の前半でフィリピンの基本情報や英語留学におすすめな都市をいくつか紹介し、後半でおすすめの留学エージェントを紹介します。ぜひ、この記事を参考にフィリピン留学の準備を進めていってくださいね!...
フィリピン・セブ島留学の費用はどのくらい?期間別に経験者が徹底解説
フィリピン・セブ島留学の費用はどのくらい?期間別に経験者が徹底解説この記事では、フィリピン・セブ島留学でかかる費用を期間ごとにまとめてご紹介しました。「フィリピン・セブ島留学はいくらかかるんだろう?」と疑問に思っている方はぜひ参考にしてみてください。...
フィリピン留学に行く前の情報記事
フィリピン留学でおすすめの時期は?経験者がベストタイミングを紹介
フィリピン留学でおすすめの時期は?経験者がベストタイミングを紹介この記事では、フィリピン留学にベストな時期について経験者の私がまとめて解説しています。「フィリピン留学に興味があるけど、渡航時期はいつが良いんだろう…」と疑問に思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。...
フィリピン留学の部屋はどんな感じ?タイプや費用相場などを経験者が解説
フィリピン留学の部屋はどんな感じ?タイプや費用相場などを経験者が解説この記事では、フィリピン留学での部屋選びについて「一人部屋」と「相部屋」それぞれのメリットとデメリットについてご紹介しています。フィリピン留学の部屋選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。...
執筆者
Ryo
大学時代にアイルランドで1年間のワーキングホリデー留学をしていました。大学卒業後はフィリピンで日本語教師としてのキャリアを始め、現在はフリーランスWebデザイナー・ライターとして活動しながらジョージア(旧グルジア)に滞在中。
編集責任者
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!