英語学習アプリ

【トーキングマラソンのアプリ使用レビュー】評判・口コミまとめ!

【トーキングマラソンのアプリ使用レビュー】評判・口コミまとめ!
アプリで気軽に英語学習をしようと色々見ていたら「TALKING MARATHON(トーキングマラソン)」というアプリが良さそう。無料お試しもできるみたいだけど、実際にどんなことを学べるんだろう?気になるな〜。
ショーン
ショーン
こんにちは!元英会話スクール経験者で4年間アメリカ留学をしていたショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、学習アプリを使って日々英語力を上げています。

最近では、本屋で教材を買わなくてもリーズナブルな料金でスマホで簡単に学べる「英語学習アプリ」がたくさんありますよね。

しかし、アプリの数も多く「実際にどのアプリが続けられそうか?」「自分の学習目的に合っているのか?」などは、公式サイトをみるだけではわからないものです。

そこで今回は、英語を中心とする教材の出版やサービスを中心に語学教育企業として有名なアルク社が提供している「TALKING MARATHON(トーキングマラソン)」を実際に会員として使用してみたので、その使いやすさや学習効果などをお伝えしていこうと思います。

この記事で学べること
  • トーキングマラソンとは?
  • トーキングマラソンの3つ特徴【学習効果を調査】
  • トーキングマラソンの使い方【実際に利用】
  • トーキングマラソンを使ってみて感じた学習効果のメリット・デメリット
  • トーキングマラソンの評判・口コミ【徹底調査】
  • トーキングマラソンの料金プラン【コスパはどう?】

結論から言うと「トーキングマラソン」は、本格的な英会話力を身につけるためにかなり効果的なアプリだと思います。

単語や文法学習に特化しているわけではないので、そこも含めると他のアプリと併用もありですが、個人的にはおすすめできる英語学習アプリの一つです。

▼今なら14日間無料利用!
公式サイト:トーキングマラソン 

詳しくアプリの内容を知りたいという方向けに、僕自身が実際に利用してみて情報を詳しくまとめているので、参考にしてみてくださいね。

アルク運営!英語学習アプリトーキングマラソンとは?

トーキングマラソンは、名前の通り「英会話練習=発話」をメインに行える英語学習アプリで、様々な日常生活のシチュエーションで起こりうる会話を想定した英語表現を学ぶことができます。

アルク運営!英語学習アプリトーキングマラソンとは?僕自身も、英語学習アプリや英会話スクール、留学を通じて英語力を伸ばしてきましたが、英会話をスムーズに行う上でもっとも必要なトレーニングと感じているのは「発話量を増やす」ということでした。

日本人の英語学習者の中には「人前で英語を使うのが恥ずかしい」と感じる方も少なくないのですが、このトーキングマラソンであれば、対アプリでの学習になるので人の目を気にせずに声を出しながら英会話を学習することができます。

学習の中で75,000語の語彙数が収録されているのもポイントで、この語彙数は「週1回の英会話スクールに比べて約20倍の発話トレーニングの量」になるそう。

トーキングマラソンの学習量確かに、英会話スクールでは週1〜2回ぐらいの限られた時間で講師と英会話をしたり、グループレッスンの場合、特に他の受講生の話に耳を傾けなければならないことが多いのが事実。

そのため「スピーキング力を上げる」ことに関して言えば、トーキングマラソンでどんどん発話練習した方が身につくスピードは早いです。

トーキングマラソンの公式アプリをチェック!

トーキングマラソンの3つ特徴【学習効果を調査】

トーキングマラソンは主に「発話力を鍛える」学習アプリということは理解できたかと思いますが、具体的に他の英語学習アプリと何が違うのでしょうか?

ここでは、トーキングマラソンの特徴として以下の3点を挙げてみました。

  1. 返答速度は6秒以内で瞬発力を鍛える
  2. ネイティブが実際に使う英会話フレーズを完全再現している
  3. 映画・ドラマなどをベースにした520フレーズを用意 

1. 返答速度は6秒以内で瞬発力を鍛える

トーキングマラソンでは、各スキット(場面)に応じて適切な返答が求められます。そして、それぞれの会話にはタイマーが付いており、答える時間は「6秒以内」と制限付き。

そのため、会話の流れのなかで、瞬時に英語を発話する力が必要になります。

1. 返答速度は6秒以内で瞬発力を鍛える最初は難しいかもしれませんが、間違えた箇所はなんども出題されたり、名詞の意味だけを変えて「似たような会話」が出たりと、会話を丸々暗記するのではなく、他の場面でも汎用できるように工夫されています。

実際にネイティブスピーカーと話すことを想定してみると、会話が止まらないようにテンポよく話せるのが理想的です。そのレベルに到達するのに多くの英語学習者が苦労するのですが、トーキングマラソンでは「6秒以内」と明確に決められているため瞬時に答えるという習慣付けをすることができます。

英会話スクールでのレッスンだと、講師が英語学習者のレベルに合わせて話すスピードを調節してくれるので、学びやすい反面、英語力が上達しないと「テンポよく話す練習」まで辿り着かないのでその点トーキングマラソンの効果は高いと言えます。

2. ネイティブが実際に使う英会話フレーズを完全再現している

トーキングマラソンのコンテンツは元々、アルク社が制作した英語学習者の多くの方が利用したことのある「キクタンシリーズ」をベースとしています。

「英語学習の経験があれば知らない人はいない。」というくらい有名で、述べ300万部を発行している英語教材です。

2. ネイティブが実際に使う英会話フレーズを完全再現しているトーキングマラソンでは、このキクタンシリーズで学べる語彙・フレーズを元にした「ネイティブが頻繁に使う英語表現」を含めて収録しているため、海外の旅行先や外国人との会話の中で使われる実践的な英語表現を身につけることが可能。

いくら相手がネイティブでも、聞き慣れない英語表現を使ってしまうと理解してもらえないケースもあるので、聞き手にとって「馴染みのある英単語や英文表現」を自然と学べるのはメリットですね。

多くの英語学習者がキクタンのような単語帳を購入して学習に取り組むというのは一般的な流れですが、そこで学んだ内容を応用して「話す」というフェーズまでをやらないケースがほとんどです。

そのため、「知識としては知っている」「見ればなんとなく分かる」というレベルで、実際のところ使える英語力(語彙力)になっていないのです。

トーキングマラソンはそこを解決したアプリと言っても良いぐらいで、英会話フレーズを話しながら学んでいくため、記憶に定着しやすく繰り返し練習することで瞬時に伝えたいことが伝えられるようにレベルアップを目指していくことができます。

3. 映画・ドラマなどをベースにした520フレーズを用意

トーキングマラソンでは、海外の有名な映画・ドラマを元に、日常生活で使われる英会話表現を分析し英語学習アプリを制作しており、覚えることのできるフレーズ数は520種類。

3. 映画・ドラマなどをベースにした520フレーズを用意実際は、同じフレーズの型を使って様々な単語に置き換えるトレーニングなども用意されているので、520のフレーズ以上は優に超える英語表現が学べます。

また、定期的にアプリのアップデートも入るので、毎月新しい会話シーンが追加されていきます。英語学習者なら多くの方が経験されていると思いますが、「単語帳を繰り返し読む」「フレーズを繰り返し読む」「文法を理解できるまで繰り返し読む」って大事なことなのですが、「自学習って楽しいか?」と言われるとそうではない部分も多いと思います。

英語学習に限らず「自主トレ」とはそういうものですよね。

トーキングマラソンはその点、シチュエーションが異なる会話シーンを作成しているので「このシーンで使うのか?」と想像しながら学習に取り組めるため飽きずにトレーニングを続けることができます。

トーキングマラソンの公式アプリをチェック!

トーキングマラソンの使い方【実際に利用】

ここでは、トーキングマラソンの使い方について詳しく解説していこうと思います。

実際に利用してみないとわからないことも多いので、僕自身がトーキングマラソンで英語学習に取り組んでみました!

発話することがメインのアプリになるので、複雑な操作は特に無くシンプルな作りになっているのが特徴的。アプリでの英語学習が初めての方でも迷うことなく使いこなせるかと思います。 

  1. 無料体験の登録をする(2週間お試し)
  2. スキットトレーニングを行う
  3. 過去のスキットを復習する 

1. 無料体験の登録をする(2週間お試し)

トーキングマラソンは有料のアプリなのですが、2週間の期間であれば無料で利用することができます!2週間あれば、一通り学習をこなすことができどんなアプリかは把握できるので、とても良心的ですね。

実際に僕も「2週間のお試し会員」からまず登録してみました。

1. 無料体験の登録をする(2週間お試し)パソコンからでもスマホ・タブレットなどのアプリからでも会員登録が可能ですので、いずれかを選択して無料会員になりましょう。

2. スキットトレーニングを行う

無料会員になると早速、スキットトレーニングからスタートすることになります。

スキットトレーニングとは?

スキット(寸劇)は、実際にネイティブ相手と自分が話しているように英会話を行うというトレーニング。

トーキングマラソンでは原則「1日3~6スキット」を毎日上限で学べ、スキットトレーニングに移ると「RUN」「WORKOUT」「RUN AGAIN」という3つのフェーズに分かれます。

2. スキットトレーニングを行う

※スキットは毎日5時と17時に3つ更新されます。

参考までに、僕が実際に利用した際のスキットは以下の内容でした。

  • 心配性の彼を励ますのがあなたの役目!
  • おめでたいことは積極的に祝福したいよね!
  • 同僚が困ったことに…。

スキット内容は毎日ランダムで表示され、過去に学習したものも繰り返し出題されるため、自動的に復習可能です。

ショーン
ショーン
スムーズに解き進めていけば1スキット5分程度で終わるので、サクッと学習できました!

そして、トレーニング形式は以下の流れで行われます。

  • RUN:まずは会話を行い、自分が言えない・知らないフレーズをチェック
  • WORK OUT:会話中に習ったフレーズやそれに応用したフレーズを繰り返し発話する
  • RUN AGAIN:もう一度会話に戻り、覚えたフレーズを実際に使う
スキットトレーニング(RUN・WORKOUT・RUN AGAIN)

スキットトレーニング(RUN)今回は上記の写真の内容「おめでたいことは積極的に祝福したいよね!」というスキットからいくつかのフレーズを学ぶことができました。

  • 「Yeah long time no see!」(うん、久しぶりだね!)
  • 「Congratulations on your promotion!」(昇進おめでとう!)
  • 「I heard it from your boyfriend」(君の彼氏から聞いたよ。)など…

スキットトレーニング(WORKOUT)また、WORK OUTのフェーズでは、上記に関連した表現も出題されるので、他のシチュエーションでも応用した答え方を身につけることが可能。

スキットトレーニング(WORKOUT)
  • 「Congratulations on your promotion!」(昇進おめでとう!)
    →「Congratulations on your new house!」(新居おめでとう!)
    →「Congratulations on your wedding!」(結婚おめでとう!)

このように、「Congratulation on~」(~おめでとう)というフレーズをただ単に丸暗記するのではなく、汎用性のある型として学んでいくためより実践的なフレーズで覚えることができます。

自分に身近なシチュエーションでフレーズを置き換え使うこともできるので、モチベーションも維持しやすく、実践的な英会話力が身につきます。

3. 再受講したいスキットを復習する

トーキングマラソンでは「1日3~6スキット」でトレーニング可能とお伝えしましたが、過去に受講したスキットに関しては何回でも遡って復習することができます。

3. 再受講したいスキットを復習するその際は「RUN」「WORKOUT」のいずれかを選択できるので、いきなりWORKOUTから始めることもできます。

効率的に英会話フレーズを覚えるためにも、何日かおきに過去のスキットを復習するのも良いトレーニングになるでしょう。

英語を効率良く習得をするために「繰り返し反復練習をする」というのは非常に大事なことで、たとえそのとき完璧に覚えたとしても使わなくなったらどうしても忘れてしまうものです。

そのため、適宜繰り返し練習する習慣を作ることでより効果的に学んだ内容を覚えることができるため、トーキングマラソンの効果もアップするかなと思います。

トーキングマラソンの公式アプリをチェック!

トーキングマラソンを使ってみて感じた学習効果のメリット・デメリット

トーキングマラソンを日々繰り返し使ってみると「使いやすい点・使いにくい点」がわかってきました。

そこで、ここでは実際に使って気づいた、トーキングマラソンを使うにあたっての「メリット」「デメリット」をお伝えしていきます。

  • メリット①:違う英語の言い回しでも意味が通じれば正解にしてくれる
  • メリット②:スキットの登場人物になりきって発音できる
  • デメリット①:問題の解説などが用意されていない
  • デメリット②:自分の英語スコアを測る指標がない

メリット①:違う英語の言い回しでも意味が通じれば正解にしてくれる

トーキングマラソンでは、答えと完全に一致している英語を話さなくても意味合いが近いものであれば正解にしてくれます。

メリット①:違う英語の言い回しでも意味が通じれば正解にしてくれる自分が発話した英語をアプリが自動で分析してくれて「EXCELLENT」「Great」「Good」「You Can Do It」という4つのレベルから判断をしてくれます。
※「Speak Up」は英語が全く聞こえなかった時に表示。

簡単に言えば、

「EXCELLENT=答えと一致した意味」
「Great=答えとほぼ一致した意味」
「Good=意味合いは同じ」
「You Can Do It=近いけど違う・全く違う」

と言った分け方になります。

そこで、僕はあえて「同じ意味だけど答えとは違う言い方」で話してみたところ「Good」と判断してくれたのです。

トーキングマラソン:結婚おめでとう!写真のように、問題の答えである「Congratuations on your wedding.」と僕が答えた「Congratuations on your marriage.」は「結婚おめでとう」と同じ意味合いですので、しっかりとアプリが「Good」という判断をしてくれました。

あまり精度の良くないアプリであれば、答えと完全に一致している英語でないと正解にならないというケースもありますが、トーキングマラソンの場合は「似たような表現」を使っても意味合いが正しければ正解にしてくれます。

つまり、自分が知っている表現はどんどん使っても、アプリが「正解・近い意味・間違え」をきちんと精査してくれるので、答えを丸暗記する必要はないということです。

僕自身、トーキングマラソンを使ってみてその音声判断の精度の高さには驚きました。

メリット②:スキットの登場人物になりきって発音できる

もう一つ目のメリットとしては、自宅など静かなところでトーキングマラソンのスキットを演じてみると思ったより「自分の発音」や「感情」が英語に乗っている感じがしました。

メリット②:スキットの登場人物になりきって発音できるこの理由は定かではありませんが、おそらく「他の人に英語を聞かれていない」「実際に対面で会話している訳ではなく一人で集中している」という環境が自然と生まれていたので、英語が言葉として出やすくなっているのかなと思います。

「発音が苦手な方」や「自分の英語を他人に聞かれたくない方」などには、無理に自分の英語を講師や他の受講生に伝えるよりも、トーキングマラソンでまずは自主トレをしてレベルを上げてから本格的に英会話に移っていくという流れも良いかなと。

英語学習をする上で実際に使うシチュエーションを思い浮かべながら情景をイメージして話していくことで、とっさの英語を話す場面でも使えるようになっていることは多いので、その点学習効果は高いかなと思います。

デメリット①:問題の解説などが用意されていない

トーキングマラソンのデメリットとしては、問題を解いた後に解説や単語・文法の説明が無いということです。

あくまでも「スピーキングトレーニング」のための学習アプリであって、英語の解説に関しては基本的に備わってないんですね。

そのため、全く英語のことがわからない(英文法って何?)というレベルの方には、あまりおすすめできません。

また、スキット内で相手が話す英語も割と早めで回答速度は6秒以内ですので、最低限のリスニング力のある方でないと効果的に使うのは難しいかもしれませんね。

ですが、これはデメリットの面もありますが、会話練習という面ではより実践的というのも理解しておきましょう。外国人・ネイティブスピーカーと英語を話す際は、「辞書」を毎回使いながら答え合わせをしていくことはありません。

その場で意味を読み取り、出来る範囲の答えで相手に意志を伝えていくことになるので、「EXCELLENT=答えと一致した英語」「Good=意味合いは同じ」を常に目指し続ける取り組み方をすれば効果は高いかなと個人的に思いました。

デメリット②:自分の英語スコアを測る指標がない

トーキングマラソンは、スキットを毎日少しずつ制覇していく感覚が個人的には楽しかったのですが「会話力をスコア化」できたり「効果測定できる指標」が用意されていない点が残念でした。

スピーキングに特化しているということもあり、TOEICやTOEFLに互換性はありませんが、アプリ内でスコアアップした成長度合いがわかったり、色々なスキットが混ざったミニテストのようなものもあれば尚良いなと思います。

そのため「スピーキング以外の英語学習を行う際」には、他のアプリを使った方が効果的。

逆に言うと、他のアプリではスピーキングに特化したものがそこまで多くないので、トーキングマラソンと併用しながら使ってみるのがおすすめです。

【TOEIC英単語がたくさん学べる】おすすめ英語学習アプリを紹介!
【TOEIC英単語がたくさん学べる】おすすめ英語学習アプリを紹介! 今回は「TOEICで出題される英単語を学べるおすすめ英語学習アプリ」を特徴別に紹介していこうと思います。 最近では...
【TOEICリーディング対策】使える英語学習アプリを紹介!
【TOEICリーディング対策】使える英語学習アプリを紹介! 今回は「TOEICリーディング対策で使えるおすすめ英語学習アプリ」をいくつか紹介していきます。 最近では、スマホや...

トーキングマラソンの評判・口コミ【徹底調査】

今回は僕自身がトーキングマラソンを使ってみた上での学習効果を交えたメリット・デメリットをまとめましたが、他に使っている方の評判や口コミはどのようなものが多いのでしょうか?簡単にまとめてみたので参考にしていきましょう。

ショーン
ショーン
トーキングマラソンの月額会員だと毎月、オンライン英会話「QQ English」のレッスンチケット(1レッスン分)が付与+QQ Englishの新規会員登録で2回分のレッスン受講が可能です。
ショーン
ショーン
僕も実際に使っていたので楽しさがわかります。発音を認識する精度も高いのでストレスなく使えますね。
ショーン
ショーン
毎日続けることで使える語彙数やフレーズがどんどん増えていくので、スキットを制覇するのも一つのモチベーション維持になりそうです。

その他、たくさんの評判・口コミがありましたが、トーキングマラソンは試験対策で使われる学習アプリではないので「楽しみながら使っている方」が多い印象でした。

確かに、気軽にアプリを開いて英会話ができるという便利さは良いなと思いましたし、仕事の休憩中などの5分間でも使えていたので、スキマ時間に楽しく学習できていました。

トーキングマラソンの公式アプリをチェック!

トーキングマラソンの料金プラン【コスパはどう?】

トーキングマラソンの料金プラン【コスパはどう?】トーキングマラソンは「2週間お試しの無料会員」か「月額4,378円の有料会員」が用意されています。

そのため、2週間後も引き続き使いたいということであれば、月額会員として使うという流れになりますね。

あとは、オンライン英会話(QQ English)の1レッスン無料チケットの配布が毎月行われるので、より実践的に講師との英会話を受講するにはおすすめ。

月額料金 4,378円/月
(1日あたり146円ほど)
プログラム内容 1日3~6スキットトレーニング
QQ Englishオンラインレッスン1回/月

実際、月額4,378円でも、1日あたりにかかるコストは「150円以下」ですので、飲み物代よりは安い料金ですよね。

最後に:トーキングマラソンは実践で話すことを考えられたおすすめ学習アプリ

今回は「トーキングマラソン」の特徴や学習効果、使用レビューや口コミ・評判などについて記事をまとめました。

トーキングマラソンは「話す力を身に付けたい方」や「実践を考慮した英会話を行いたい方」などには、かなり効果的に使えるのでおすすめしたい英語学習アプリです。

スキットの内容も毎月更新されますし、コンテンツの量も十分に用意されているため、長期的にスピーキング力を強化することも可能ではないかと思います。

他のアプリに比べても無料で使える期間が長いので、まずは2週間の無料会員登録を行い、実際に試してみましょう!

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English WIthではあなたの英語学習を応援しています。

トーキングマラソンの公式アプリをチェック!

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事