英語学習アプリ

TOEIC英単語がたくさん学べる!おすすめ英語学習アプリ【10選】

【TOEIC英単語がたくさん学べる】おすすめ英語学習アプリを紹介!
TOEICの試験対策で語彙力を増やすために英単語アプリを探しているんだけど、何がおすすめなんだろう?TOEICに役立つ英単語アプリがあれば教えてほしいな〜。
ショーン
ショーン
こんにちは!これまで50社以上の英会話スクールを受講・取材をしてきた海外留学経験者のショーンです。English Withを運営しながら、様々なスクールの取材・体験記事を書いています。

今回は「TOEICで出題される英単語を学べる英語学習アプリ」を特徴別に紹介していこうと思います。

最近では、手軽に使える英語学習アプリがたくさんありますが、「多すぎてどれを選んで良いか分からない…。」なんてことも。英単語を集中的に学習したいのであれば、できるだけ効率的に続けやすいアプリを選びたいものですよね。

そこで、この記事ではEnglish With編集部が実際に数多くの英語学習アプリを利用し「TOEIC英単語が無料・有料で学べるアプリ」を厳選してピックアップ。

1つひとつわかりやすく説明していきますので、気に入ったものがあればぜひダウンロードして使ってみてくださいね。

TOEIC頻出英単語が学べるおすすめできる英語学習アプリ【10選】

TOEIC頻出英単語が学べるおすすめできる英語学習アプリ【6選】ここからは、TOEICでよく出題される英単語が学べる「おすすめの英語学習アプリ」を特徴別に紹介していこうと思います。

僕もTOEIC受験で英語学習をする際は以下の学習アプリを使っており、効果を実感しているので、良いと思うものがあればダウンロードして使ってみてくださいね!

おすすめアプリまとめ【10選】
  • スタディサプリ
  • SANTA TOEIC
  • iKnow!
  • キクタン
  • abceed
  • mikan
  • POLYGLOTS
  • 金のフレーズ
  • GENIUS動画英単語2200
  • 最後の英単語学習!マジタン

1.スタディサプリ【TOEIC対策コースも用意されている有名英語学習アプリ】

スタディサプリ【TOEIC対策コースも用意されている有名英語学習アプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 7日間無料体験

スタディサプリは、大手企業のリクルートが開発した英語学習アプリ。

日常英会話・ビジネス英会話など豊富なカリキュラムを用意しているスタディサプリですが「TOEICコース」も提供しており、TOEICスコアアップに特化した内容のカリキュラムの元、対策をすることが可能です。

「TOEIC演習20回分」に相当する膨大な問題集の中から、自分が解きたい問いをピックアップし学習ができるのに加えて英単語は「TEPPAN英単語」というコンテンツをもとにTOEICに特化した学習が可能になります。

このアプリのすごいところは、単に英単語のトレーニングを行うだけでなく、「神授業」と言われれている、TOEIC満点講師の関先生が「単語の学習方法」を動画形式で丁寧に教えてくれるのです。

スタディサプリ:関先生の神授業TOEIC対策コースは「7日間無料」で使い放題ですので、この期間だけでもしっかり使ってみて、まずは使用してみることをおすすめします。

(※TOEIC対策コース入会の方は「月額980円」の日常英会話プランが無料で使用可能)

公式サイト:スタディサプリ

2.SANTA TOEIC【100万人のビックデータから効率的な英語学習が行えるアプリ】

SANTA TOEIC【100万人のビックデータから効率的な英語学習が行えるアプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 TOEICのPart2・5のみ使用可能

SANTA TOEICは、世界中で「100万人以上」が利用されているTOEIC対策に特化した学習アプリで、2019年に日本語版がリリースされてから多くの学習者が学んでいます。

AIが過去の受講生から得た膨大なデータベースを元に、自分に適したカリキュラムを提案。英単語力はリーディングでもリスニングパートでも必要になりますが、SANTA TOEICではパート別の問題から「必要な単語や語彙」のみをピックアップしてくれます。

そのため、問題演習の中から学んだ「単語・語彙」を集中的に復習でき「マイノート」という機能から全て閲覧可能できるので、無駄なく効果的に覚えることもできるおすすめアプリです。

また、各パートごとに自分のスコアグレードというものが表示されるため「パート別で何が自分の弱点なのか?」「英文法のどこができていないのか?」など一目瞭然。

SANTA TOEICのパートごとグレード僕自身もSANTA TOEICを使っていますが「自分の想定スコア」と「目標スコア」が一瞬で割り出されて、自動的に自身の苦手とするパターンに関する問題を出題してくれるので「とにかく解いていればスコアアップできるな」と感じるほど、優秀なアプリだと思います。

SANTA TOEICのスコア表示※実際のTOEICスコアとの平均誤差も±20点以下

無料会員の場合は「TOEICのPart2・5のみ」が学習でき、1日10問まで解くことができますが、本格的に英語学習を行いたい方は、有料会員で学ぶことも視野に入れながら使ってみましょう。

公式サイト:SANTA TOEIC(Google Play版)
公式サイト:SANTA TOEIC(Apple版)

3.iKnow!【TOEICコースで単語学習が行えるおすすめアプリ】

iKnow!【TOEICコースで単語学習が行えるおすすめアプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 5回分のセッション無料

iKnow!は、オンライン英会話の「DMM英会話」が開発した英語学習アプリで、TOEICスコア対策に必要な英単語をアプリを使って手軽に学習することができます。

TOEICスコア別に4種類のコースを用意(470点・600点・800点・900点)しており、それぞれのコースで「頻出語句」を網羅的に学ぶことが可能。

iKnow!のTOEICカリキュラム

また、リーディング・リスニングセクションで良く出題される「頻出英単語・語句」を例文を使って実践ベースで理解することができるので、かなり本格的に学べます。

無料体験では5回分のセッションまで利用することができますが、利用できる数が少ないのでそこまで多くの機能は使うことができません。

そのため、iKnow!を使ってTOEIC単語のトレーニングを行いたいと思うのであれば、有料会員になることをおすすめします。

公式サイト:iKnow!

ちなみに、外国人講師・ネイティブ講師・日本人講師から英語を学ぶことができるオンライン英会話で有名な「DMM英会話」の会員になると「有料版iKnow!を無料で使うことができるようになる」ので、もし「オンライン英会話も並行して受講しよう」と考えているのであれば、DMM英会話への入会を先に行なった方にお得です。

DMM英会話について詳しく書いてある記事は以下になります。

DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】
DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】 今回は、DMM.comが運営する事業の一つであるオンライン英会話の「DMM英会話」について体験レッスンのレビューや口コミ...

4.キクタンTOEIC【アルク社が提供する英語学習アプリ】

キクタンTOEIC【All-in-One版がおすすめ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS Android
無料体験 無し

キクタンTOEICは、英語辞典で有名なアルク社から出版されている英単語アプリで、単語以外にも発音学習も並行して学習可能です。

TOEIC 600・800・990点のスコア目標別に分かれたアプリで英単語学習ができるので、自分のレベルに合わせて効率よく学べます。

仮にTOEICを受験したことがない人でも「単語レベル診断」を受けることで、どの程度の語彙力を持っているのかも測ることができ、毎日の学習履歴も保存されます。

キクタンアプリ自体は「All-in-One版(有料1,840円)」の他にも「TOEIC 350~600点」「TOEIC 470~800点」に合わせたアプリなども販売しているので、まずは自分の英語レベルに合わせたものから単体購入するのも良いかもしれませんね。

公式サイト:キクタン

5.abceed【TOEICの有名参考書が電子版で購入できる学習アプリ】

abceed【TOEICの有名参考書が電子版で購入できる学習アプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 無料アカウントで一部使用可能

abceedは、アプリの教育カテゴリーで「売り上げランキング1位」を獲得したこともある有名英語学習アプリで、AIを使った効率的なTOEIC対策を行うことができます。

このアプリでは、80万人の受講生から得たスコア予測機能を元に、自分に最適なTOEIC問題を出題してくれます。

さらに、購入が必要ではありますが「有名なTOEIC単語帳」などをアプリ内で使うことができるという点もメリットで、わざわざ紙媒体で利用する必要はありません。

英語学習の時間や量をグラフ化できたり、TOEIC本番さながらのマークシート式問題解くことで自動採点し、自分の仮TOEICスコアをデータ表示してくれます。

そのため、答え合わせを自分で行う手間も省けますね。

abceedでは、Freeプランと言って無料でコンテンツの一部が使えるので、まずはお試して使ってみるのも良いかと思います。

公式サイト:abceed

6.mikan【ゲーム感覚で学べるおすすめ英語学習アプリ】

mikan【ゲーム感覚で学べるおすすめ単語学習アプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 7日間~14日間無料

mikanは、英単語をテンポよく楽しく学べる学習アプリで、豊富な英単語教材から自分の好きなものを選択し学習できます。

TOEIC初心者でも無理なく始めることのできる「小・中学生レベルの英単語」をはじめ、市販で販売している有名なTOEIC英単語帳なども使用可能。

mikanの教材また、mikan TOEICというTOEICの英単語のみを扱った有料アプリもありますので、TOEIC中級者以上の方で効果的に学習を進めたい方にはおすすめです。
※mikan TOEIC上級版もあり

学習の流れは非常にシンプルで、自分が選択した教材にある単語を「英語→日本語」と訳していきます。また、同時平行で「発音音声」を聴くことができるので、単語のインプットだけでなくリスニングにも効果的。

mikanの英単語トレーニング他のアプリと比べて機能が少ない分、英単語を集中して覚えたい方にとっては、mikanはサクサクと使えるアプリだと思いますし、みかんのオリジナルキャラクターが問題が終わるごとに褒めてくれるので、モチベーションも上がりますね。

毎日習った単語数などもしっかりと、グラフ表示されるので学習量を可視化できて使いやすいです。

有料会員になると全ての教材が使用可能になり、支払いは「1年間のまとめ支払い・毎月支払い・6ヶ月のまとめ支払い」と分かれるので、どのくらいの期間学習するかに応じてかかるコストも変わります。

無料期間も支払いプランによっては「7~14日間」使うことができるので、実際に試して見ることをおすすめします。
※無料期間終了の24時間以前であれば課金無しで解約可能です。

7.POLYGLOTS【世界のニュース記事が読める学習アプリ】

オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 無料アカウントで一部使用可能

Polyglots(ポリグロッツ)は、英語力を総合的に伸ばすことのできる学習アプリです。

リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングに特化したカリキュラムをそれぞれ用意しており、単語の学習も可能。

ポリグロッツでは、海外のニュース記事がたくさん用意されており、読み進めてわからない単語があればタップします。すると、その単語の意味が出てくるのでまた見直したい場合は「my単語帳」へと保存することができます。

僕も使ってみましたが、ニュース記事をはじめとしたコンテンツが多くポリグロッツ1つでかなりの数の英単語学習ができます。

無料でも一部のコンテンツが使えるようになるので一度ダウンロードしてみましょう。

公式サイト:POLYGLOTS

8.金のフレーズ2【スコア別に単語が用意されている学習アプリ】

オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone
無料体験 無し

金のフレーズ2は、TOEICスコアアップのために学習している方であれば知っているあろう「金のフレーズシリーズ」の第二弾です。

TOEICテストで出題される1,000語が、600点・730点・860点・990点レベルと難易度別に入っており目標スコアに応じた学習が可能。

また、単語を日本語⇄英語と淡々と覚えるのではなく、短いフレーズの中で覚えていくことができるので、英文法の教科にも繋がります。

有料ではありますが、TOEICの語彙力を伸ばすにはおすすめできるアプリです。

公式サイト:金のフレーズ2(Apple版)

※Android版の提供はありません

9.GENIUS動画英単語2200【動画解説付きの学習アプリ】

オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone
無料体験 無し

GENIUS動画英単語2200は、TOEIC対策に特化した学習アプリではありませんが、おすすめできるのでここで紹介します。

このアプリは、全ての単語にそれぞれ例文が載っており、通常の「単語テスト」の形と、TOEICの英文法のテストのような「例文穴埋め型のテスト」が行えます。

さらに、2,200単語全てに動画の解説がついてくるので、出題された例文に対しての文構造の紹介や類義語をきちんと理解した上で学べるのが特徴的。

単語学習以外にも、読解力も身につけていきたい方におすすめのアプリですね。

公式サイト:GENIUS動画英単語2200(Apple版)

※Android版の提供はありません。

10.最後の英単語学習!マジタン【13,000語収録の学習アプリ】

オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone
無料体験 無し

最後の英単語学習!マジタンは、10段階のレベル別問題に分かれており、13,000語という圧倒的な語彙数を収録している英語学習アプリです。

各単語を、既知・記憶済・要記憶と言ったカテゴリーに分類できるので、覚えていない単語だけ集中して学習するなど、効率性の高く使えます。

また、記憶済にした単語は1ヶ月程で自動に要記憶に戻る仕様になっており、人間の記憶力に合わせた出題を自動でしてくれるのもポイント。

覚えたつもりにならないように、しっかりと定期的に振り返ることができます。

公式サイト:マジタン(Apple版)

※Android版は配信が停止されています。

TOEIC英単語を効果的に学習する方法とは?【3つのポイント】

目標とするTOEICスコアを取得するためには、日々の英語学習を続けることが重要です。

特に、語彙数を増やすことはTOEICの全て問題を解く際に必要なスキルでもあるので、先ほど紹介したアプリを使って学習を行い日々知識を増やしていくことが大事。

ここでは、TOEIC試験対策のためにEnglish With編集部がおすすめする「英単語の学習方法」をいくつか紹介するのでチェックしてみましょう!

3つのポイント
  1. 基礎英単語をたくさん覚える
  2. 英単語に関連する英文法を覚える
  3. 英単語を効率よく覚える学習サイクルで学ぶ

1.基礎英単語をたくさん覚える

基礎英単語をたくさん覚えるどの英語レベルでも同じことが言えますが、日々の英単語トレーニングをしっかり行うことはTOEICスコアアップには大事。

特に、TOEIC初心者(スコア~500点)の方であれば、まずは基礎英語力をつけるという意味でも「中学英単語」をメインで学習し、並行して「TOEICの基礎英単語」も少しづつ学んでいくことをおすすめします。

500点以下のスコアの多くの方が「基礎力が備わっていない」ケースがほとんど。簡単な英単語は瞬間的に訳せるくらいの力がTOEICの問題を時間内に解くためには必要です。

また、学習のコツとしては「日本語⇄英語」の意味訳だけでなく、声を出せる環境であれば「発音」も行いながら単語を覚える様にすると良いですね。

1つの単語を覚えるために、目からの「視覚情報」だけではなく、耳からの「聴覚情報」も一緒に刺激させることで、よりその単語を思い出しやすくなりますし、結果としてリスニング力も上がります。

一石二鳥のトレーニング方法ですので、英単語を覚える際は「日本語⇄英語」と「発音」をセットで学習していきましょう。

2.英単語に関連する英文法を覚える

英単語に関連する英文法を覚えるTOEIC対策を行う際には、英単語力を上げると同時に、英文法の基礎を固めておくことも大事な学習方法の1つ。

特に、英単語や英文法は「英語の基礎=土台作り」になりますので、学習を避けることはできません。

TOEICリーディング試験の時間は「75分」とかなり限られた時間で100問を解かなければならないので、やはり単語の意味や文法理解のスピードを上げておく必要はあり、TOEICもパート別問題でも英文穴埋めが出題されます。

そこで、おすすめできる学習方法が「覚えた単語を使って自分で英文を組み立ててみる」もしくは「英単語に関連する英文も出題されるアプリ」を使って同時並行で覚えていくやり方。

アプリ内に例文があれば発音を聞き音読を繰り返すことでリスニング力にも直結できるので、余裕があれば「耳を使った英語学習」も行うようにしましょう。

3.英単語を効率よく覚える学習サイクルで学ぶ

英単語を効率よく覚える学習サイクルで学ぶ人間の記憶にはあるサイクルがあり、英語学習においても「記憶に残るタイミングで復習を行うと良い」というものが存在します。

「エビングハウスの忘却曲線」というものを例にあげると、人間は何かを学んだ際にこのように物事を忘れていきます。

エビングハウスの忘却曲線
  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 2日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

英単語の学習に当てはめると、1回だけの暗記記憶だけではすぐに忘れてしまい、長く放置すればするほどその単語の意味が記憶から薄れてしまうことがわかっています。

せっかく学んだ内容も1時間後には半分以上忘れてしまうとのですから、そうならないためにも、英単語を覚える時は間隔を開けて記憶に定着させることが大切です。

特に、English With編集部では「1日後・4日後・7日後」あたりで学んだ英単語の復習を行なうことをおすすめしてます。

もちろん、できることであれば「毎日学習」が理想ですが、難しい場合は上記の日数を置いて英単語を復習するのが良いでしょう。

学ぶ内容や難易度にもよりますが、1回目よりも2回目の方が記憶の定着は強くなりますので、繰り返し復習することで使える英単語力を手に入れることができます。

最後に:TOEICの単語暗記は期間を決めて効率よく行いましょう!

今回は「TOEIC試験対策で効果的なおすすめ英単語アプリ」を特徴を踏まえて紹介させていただきました。

英語学習アプリ【10選】

冒頭でもお伝えしましたが、英単語は「日々の学習」を行い「復習のタイミング」を上手に使うことで、より効果的に覚えることができます。

そのため、通勤・通学時間のスキマ時間などで簡単に学習できるアプリを選ぶことが、継続して英単語を学ぶ際にはおすすめです。

また、English WIth編集部では「英単語アプリ」に加えて「オンライン英会話」または「TOEIC対策のスクール」を活用することも推奨しています。

アプリだけでは強制力があまりないので、レッスンを定期的に入れることで「英語学習の習慣化」を簡単に行うことができるのでより効果的に学習することが可能。

興味のある方は「オンライン英会話」や「TOEIC対策の通学型スクール」などについて詳しく書いている記事もあるので、参考にしてみてください。

オンライン英会話比較ランキング【20社以上を比較】
オンライン英会話比較ランキング【40社以上を比較】English With編集部が20社以上のオンライン英会話を実際に体験し、おすすめを厳選!英語学習レベル・学習目的に別にオンライン英会話が出来るようにランキングをご紹介!まずは比較して無料体験からスタートして自分に合ったオンライン英会話選びをしよう!...
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】 元英会話スクールの語学カウンセラーとして働いていたTAKEです。現在、TOEICスコアは930点まで保有しています。 僕自...

その他、TOEICの学習アプリをまとめた記事はこちら!

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事