英語学習アプリ

TOEICリーディング対策に使える英語学習アプリを紹介【5選】

【TOEICリーディング対策】使える英語学習アプリを紹介!
TOEICテスト対策でリーディングパートを集中的に勉強して対策をしたいと思っているけど、何か良い英語学習アプリないかな〜?リーディング対策ができるおすすめのアプリがあれば教えて欲しい!
ショーン
ショーン
こんにちは!これまで50社以上の英会話スクールを受講・取材をしてきた海外留学経験者のショーンです。English Withを運営しながら、様々なスクールの取材・体験記事を書いています。

今回は「TOEICリーディング対策で使えるおすすめ英語学習アプリ」を特徴別にいくつか紹介していきます。

最近では、スマホやタブレットを使って手軽に英語学習ができるアプリがたくさんありますが、せっかくならTOEICスコアアップに直結するものを使いたいものですよね。

そこで、この記事ではEnglish With編集部が無料・有料の英語学習アプリを徹底調査し「TOEICリーディング対策に効果的なアプリ」をピックアップ。まとめてお伝えしていきます。

使ってみたいアプリがあれば、ぜひダウンロードして効果的にTOEIC対策を行なっていきましょう!

TOEICリーディング対策で効果的な学習方法

TOEICスコアを少しでも上げるためには、どんな英語学習をアプリを使えば効果が出るのか知っておくことが重要。

そこで、リーディング対策の際に学んでおきたい「学習方法」をいくつか紹介いたします。

英語レベル初級者~上級者まで使える学習方法になるので、ぜひ参考にしてくださいね。

学習方法(英語レベル別)
  • 初級者向け:基礎英単語をたくさん覚える/基礎文法を覚える
  • 中~上級者向け:各パートの時間配分をする/スラッシュリーディングを使う

TOEICリーディング初級者向けにおすすめの英語学習方法

TOEIC初級者(スコアレンジ:~500点)の方におすすめする英語学習方法は以下の2つ。

基礎固めとして、ベーシックな「英単語」「英文法」を学ぶのがおすすめです。

初心者向けの学習方法
  1. 基礎英単語をたくさん覚える
  2. 基礎文法を覚える

1. 基礎英単語をたくさん覚える

1. 基礎英単語をたくさん覚えるTOEIC初級者の方がリーディングスコアを上げるために必要な学習方法は「単語力をしっかりと伸ばすこと」です。

特に、基礎固めが重要に簡単な英単語から瞬間的に意味理解ができるようになることを1つ目標にして学習を進めるのが良いでしょう。

そのため、このレベルの方はまず「中学英単語」や「TOEICの基礎英単語」を使った学習から始めるのがおすすめです。

また、学習のコツとしては「日本語⇄英語」の意味訳だけでなく「発音」も確認しながら単語を覚える様にすると効果的です。

そうすることで、目からの「視覚情報」と耳からの「聴覚情報」を使った英語学習ができ、より記憶に留まりやすくなりますし、発音を学ぶことでリスニング力も一緒に上がります。

一石二鳥のトレーニング方法ですので、英単語を覚える際は「日本語⇄英語」と「発音」をセットで学習していきましょう。

2. 基礎文法を覚える

2. 基礎文法を覚えるTOEIC初級者にとっては、英文法の仕組みをきちんと理解することも1つの課題です。英単語や英文法は「スコアアップに必要な土台」になりますので、学習を避けることはできません。

正直、僕もTOEICを何度か受験したことがありますが、ある程度英語ができる人でも、75分の制限時間内では足りないほどの英文を処理する必要があります。

そのため、TOEICスコアを500点以上まで上げたい方は、土台作りとして「英文法の基礎固め」を行うことが必要不可欠。英文法・単語力を重点的に学んでおくことで解くスピードも上がりスコアアップが見込めます。

そこで、まず最初は「中学レベルの英文法」から学ぶのがおすすめです。学習アプリを使えばスマホやタブレットから閲覧することもできますし、文字が苦手という方は動画講義がメインのアプリを選ぶのが良いですね。

TOEICリーディング中~上級者向けでおすすめの英語学習方法

TOEIC中級~上級者(スコアレンジ:500点~)でおすすめできる英語学習は以下の2つになります。

TOEIC試験を攻略する際に準備しておきたいコツなども書いているので参考にしてみてください。

中~上級者向けの学習方法
  1. 各パートの時間配分をする
  2. スラッシュリーディングを使った英語学習を行う 

1. 各パートの時間配分をする

TOEICリーディング対策をする上で中級者以上の方がチェックしておきたいのは「試験の時間配分」です。

リーディングパートは「Part 5」「Part 6」「Part 7」から構成されており、全部で100問あります。

75分以内に全て解き切らなければなりませんので、各パートごとに何分かけて問題を回答していくかをあらかじめ設定しておくことが重要です。

TOEIC高得点者の方は、おおよそ以下の時間配分で解いているケースが多いです。

English With編集部のリスニングパートおすすめ時間配分
  • Part 5(30問):10分程度(1問20秒)
  • Part 6(16問):10分程度(1問37秒)
  • Part 7(54問):50分程度(1問55秒)

※残り5分は見直し等に当てます。

実際に秒数を数えながら一問一問解くのは現実的ではないので、アプリで慣れておきながら練習問題を使ってパートごとに何分かかったかを見直すのが良いでしょう。

2. スラッシュリーディングを使った英語学習を行う

2. スラッシュリーディングを使った英語学習を行うTOEICで出題されるリーディングの量はかなり多いため、読解のスピードを上げておくことが求められてきます。

そのため、単語力を増やしながらぜひ行なって欲しい学習方法が「スラッシュリーディング」というトレーニング。

短期間で英語力を上げることができる「英語コーチング」などでも多く採用されており、読解スピードだけでなく理解力・文章を予測する力なども鍛えることができるのでスラッシュリーディングを活用するのはおすすめです。

スラッシュリーディングとは?

英文を意味のカタマリごとに区切り、直接前から訳していくトレーニング方法。

例えば「A woman is paying a cashier.(女性がレジ係に支払っている)」という文章であれば、「A woman(女性は)」「is paying(支払っている)」「a cashier(レジ係に)」という形で前から文章を理解していきます。

リーディングスキルを上げるためにもぜひアプリを使ってスラッシュリーディングのトレーニングに取り組んでみてください。

TOEICリーディング対策でおすすめできる英語学習アプリ【5選】

TOEICリーディング対策でおすすめできる英語学習アプリここからは、TOEICリーディング対策を簡単に行える「おすすめ英語学習アプリ」を特徴別に紹介していきます。

僕もTOEIC受験の際に使って良かったと思えた学習アプリですので、気に入ったものがあればダウンロードして見てくださいね。

おすすめの英語学習アプリ
  • スタディサプリ English TOEIC
  • SANTA TOEIC
  • abceed
  • iKnow!
  • mikan

1.スタディサプリ English TOEIC【リクルート社が開発したTOEIC対策の決定版アプリ】

スタディサプリ【リクルート社が開発したTOEIC対策の決定版アプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 7日間無料体験

スタディサプリ English TOEICは、大手企業のリクルートが開発した英語学習アプリで、芸能人の桐谷美玲さんがテレビCMをされていたこともあり、認知度も高く多くの方が利用されています。

TOEICのスコア対策をはじめ、様々なコースを用意しているスタディサプリ English TOEICでは、TOEICコースの各セクションをパート別に対策することが可能。

アプリの中には「TOEIC演習20回分」に相当する問題集が用意されており、学習できる問題もバリエーション豊富です。自分の苦手するリーディングパートのみを選択して問題を解いていくこともできます。

スタディサプリの単語文章さらに、出題された英単語の意味や文章の解説がついているのはもちろんのこと、TOEIC満点講師の「神授業」と呼ばれている関先生の動画講義を見ながら効果的に学習ができます。

僕もスタディサプリ English TOEICの関先生の授業を見たことがありますが、これから中学文法を学び直す方でも丁寧に解説動画が用意されているのでわかりやすいかと思います。

スタディサプリ:関先生の神授業現在、スタディサプリ English TOEICでは「無料で7日間使い放題」です。まずは使用してみてその使いやすさや豊富なカリキュラムを試してみましょう。

※TOEIC対策コース入会の方は、日常英会話コースも無料で使用可能になります。

公式サイト:スタディサプリ English TOEIC

2.SANTA TOEIC【自動でスコア判定してくれるTOEIC専門アプリ】

SANTA TOEIC【自動でスコア判定してくれるTOEIC専門アプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 使える範囲内であれば期限無し

SANTA TOEICは、世界中で「100万人以上」が利用しているTOEIC対策に特化した英語学習アプリで、2019年に日本語版がリリースしました。

AIが膨大な受講生のデータベースを元に、自分に適したカリキュラムを自動で提案してくれます。

そのため「パート別に何を学習すれば良いのか」「自分が間違える問題パターン」などが一目瞭然でわかります。

僕自身も実際にSANTA TOEICで英語学習を行なっていますが、アプリ内の簡単なテストで「自分の想定スコア」と「目標スコア」が一瞬で把握できるので、自分の得意・苦手分野が何なのかが良く理解できました。

SANTA TOEICのスコア表示※実際のTOEICスコアとの平均誤差も±20点以下

リーディング・リスニングセクションも両方学習することができますが、リーディングパートの問題集では、間違えた箇所から自動的に必要な文法形式を教えてくれて「どの程度理解しているのか」を上記の写真のようにグレードで確認することも可能。

徐々に問題を解くことで、現在のランクから目標スコアに必要なグレードに近づいていく感覚はゲームの様で楽しくリーディング対策の英語学習が行えるでしょう。

無料会員の場合は「TOEICのPart2・5のみ」が学習可能で、1日10問までと限定されてしまうので、しっかりTOEIC対策を考えている方は有料から初めても良いかもしれませんね。

公式サイト:SANTA TOEIC(Google Play版)
公式サイト:SANTA TOEIC(Apple版)

3.abceed【TOEIC公式が作ったリスニング学習アプリ】

abceed【TOEIC公式が作ったリスニング学習アプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 3日間無料

abceedは、アプリの教育カテゴリーで売り上げランキング1位を獲得し100万人以上の方が利用している英語学習アプリ。

このアプリでは、AIを使ったスコア予測機能が充実しており、過去の学習者のビックデータを元に最適なTOEIC問題を出題。

さらに、一度は書店などで見たことのある有名なTOEIC対策の本が使えるという事などもメリットで、英単語学習には十分すぎるほどの数が揃っています。

自己学習で必要なサブ機能(辞書やMY単語帳)なども充実しており、リーディング対策を行うには良い補助学習アプリになることでしょう。

abceedでは「3日間無料」で有料版の機能を使うことができるので、TOEICリーディング対策で、まずは試してみてはどうでしょうか。

公式サイト:abceed

4.iKnow!【TOEIC専門コースも用意されている英語学習アプリ】

iKnow!【TOEIC専門コースも用意されている英語学習アプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 5回分のセッション無料

iKnow!は、オンライン英会話で知名度の高い「DMM英会話」が開発した英語学習アプリで、TOEICスコアコースが用意されているので効果的な英語学習が期待できます。

このアプリではTOEICスコア別に4種類のコースを用意(470点・600点・800点・900点)しており、リーディング対策では頻出英単語に応じた「日本語訳」や「例文」を参考に学習が可能。

iKnow!のTOEICカリキュラム英語音声も一緒に聴くことができるので、リスニングの学習も同時並行で行えますね。

無料体験では5回分のセッションまで利用することができますが、それ以降は有料になってしまうので、しっかりとTOEICリスニング対策を考えるのであれば有料会員になるのが良いでしょう。

「それでも有料会員はちょっと気が引ける…」という方には、オンラインDMM英会話を受講する(会員になる)ことを優先的におすすめします。

DMM英会話の有料会員になることで自動的に「iKnow!有料会員の権利」が付与されるので「オンライン英会話を受けながらアプリも並行して使用する」ということであれば、DMM英会話への入会を先に行なった方がお得です。

実際に、英語学習アプリでインプットをしてオンライン英会話でアウトプットするやり方は、TOEIC対策においてもリスニングスキルが大きく伸びるのでおすすめです。

DMM英会話について詳しく書いている記事を読みたい方は以下を参考にしてください。

DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】
DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】 今回は、DMM.comが運営する事業の一つであるオンライン英会話の「DMM英会話」について体験レッスンのレビューや口コミ...

公式サイト:iKnow!

5.mikan【サクサク使える英単語学習アプリ】

mikan【サクサク使える英単語学習アプリ】
オススメ度
有料課金 有り
対応OS iPhone / Android
無料体験 7日間~14日間無料

mikanは、英単語をゲーム感覚で楽しく学べるおすすめの学習アプリで、しっかりとTOEICに出題されている内容も網羅しているので効果的に学ぶことができます。

TOEIC初心者でも使える「小・中学生レベルの英単語」をはじめ、市販で販売しているTOEICのスコア別英単語帳なども使用可能。

mikanを使った学習の流れとしては、自分が学びたい教材を選択し「英語→日本語」の単語問題をこなしていきます。

これだけでは普通の単語学習アプリと変わりませんが、同時に「ネイティブの発音音声」が聞けたりもするので、リーディング対策で単語を学びつつ、耳のトレーニングとしてリスニング力も上がります。

さらに、mikanのアプリ内には「4技能テスト」というカリキュラムも用意されており、単語以外にも、ランダムに出題される英文法の中から穴埋め形式で学習することもできます。

mikanで学べる4技能そのため、リーディングセクションを攻略する上で大事な「英単語力」「英文法力」もしっかり身につけることのできるアプリなんですね。

個人的には、アプリ内で登場するみかんのキャラクターが問題が終わるごとに褒めてくれるので楽しみながら学習できるなと思いました。また、毎日習った単語数がグラフ表示されるので目標設定もしやすくおすすめです。

mikanの無料版であればTOEIC2,500語彙数の学習が可能ですが、それ以上学びたいと言うことであれば「mikan Pro」と言う上位版を購入する必要があります。

有料会員については、毎月支払い・6ヶ月・1年間のまとめ支払いなどのオプションがあり、長期利用の方が金額は安くなります。そのため、学習期間を決めて登録することをおすすめします。

公式サイト:mikanの公式アプリ(Google Play版)
公式サイト:mikanの公式アプリ(Apple版)

最後に:TOEICリーディング対策はスキマ時間を有効に使いましょう!

今回は「TOEICリーディング対策に役に立つおすすめ英語学習アプリ」を特徴を踏まえて紹介させていただきました。

おすすめの英語学習アプリ

僕自身、様々な英語学習アプリを試してきましたが「無料でも使えるTOEICのリーディング対策に役立つ」アプリはたくさん存在します。

しかし、無料会員のままですと「レッスンの途中で広告が入り10秒間何もできない時間」があったり「毎日の学習記録が記録としてセーブできない」なんてこともあり、学習に非効率だと思うことも多々ありました。

効率よくTOEICスコアアップを目指しているのであれば、有料会員になってストレスフリーな状態で学習した方が時短にもなるのでおすすめだと思います。

通常、スマホやタブレットの学習アプリは、通常の英会話スクールと比べても料金面でリーズナブルですし入会金なども一切かかりません。

あくまでも「TOEICを受験する間に使うだけ」と思えば、数ヶ月間の使用になるかと思うのでそこまでコストはかからないはずです。

また、English With編集部では「学習アプリ」に加えて「オンライン英会話」または「TOEIC対策のスクール」を並行して活用することも推奨しています。

より短期間でのTOEICスコアアップを目指すのであれば、体系的なカリキュラムを元にしたオンライン英会話を使って学習するのは効果的。

アプリだけのTOEIC対策は強制力がないので、英語学習を習慣化させるという意味でも「オンライン英会話」または「TOEIC対策のスクール」をアプリと並行させて利用した方が、結果を出しやすいです。

興味のある方はオンライン英会話について書いている以下の記事も参考にしてみてくださいね。

オンライン英会話比較ランキング【20社以上を比較】
オンライン英会話比較ランキング【40社以上を比較】English With編集部が20社以上のオンライン英会話を実際に体験し、おすすめを厳選!英語学習レベル・学習目的に別にオンライン英会話が出来るようにランキングをご紹介!まずは比較して無料体験からスタートして自分に合ったオンライン英会話選びをしよう!...
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】 元英会話スクールの語学カウンセラーとして働いていたTAKEです。現在、TOEICスコアは930点まで保有しています。 僕自...

その他、TOEICの学習アプリをまとめた記事はこちら!

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事