体験・取材記事

ビズメイツ最高品質責任者に単独インタビュー【伊藤日加氏】

ビズメイツ最高品質責任者に単独インタビュー【伊藤日加氏】
ショーン
ショーン
こんにちは!これまで50社以上の英会話スクールを受講・取材をしてきた海外留学経験者のショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、様々なスクールの取材・体験記事を書いています。

今回は、ビジネス英語に特化したオンライン英会話で有名な「Bizmates(ビズメイツ)」の最高品質責任者(CQO)である伊藤日加さんに単独インタビューをさせていただいたのでその内容を記事にしています。

Bizmatesは、ビジネスに特化した英会話が学べる業界でも数少ないオンライン英会話スクールで、質の高い講師やカリキュラムを豊富に用意しています。

僕自身、以前Bizmatesの会員としてレッスンを受けていたことがあり、予習・復習時に今回インタビューをする伊藤さんの動画コンテンツを参考に学習をしていました。

※受講に関して連載記事を書いているのでよければ参考にしてください。

Bizmatesに入会して1ヶ月間英語学習してみた【連載記事①】
Bizmatesに入会して1ヶ月間英語学習してみた【連載記事①】 今回は、ビジネス英語を専門的に学べるオンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」で、現在会員としてレッスン受講をしているの...

伊藤さんは、Bizmatesの以下のスクール紹介動画に登場している方で、多くの学習コンテンツに登場する開発担当者です。

Bizmatesでは、英語知識のインプットからアウトプットまで、学習に大切な一連のサイクルを教材や動画コンテンツなどを使いしっかりと行うことができます。

そこでこの記事では、Bizmatesの最高品質責任者である伊藤日加さんに直接インタビューさせて頂き、教材やカリキュラム開発についてのお話や創業時の思いや今後の施策などについて聞いてきました。

「Bizmatesはどのようなスクールなのか詳しく知りたい!」と思っている方はこの記事は参考になること思うのでぜひご覧ください。

今回のインタビュイー

Bizmates伊藤日加(Ito Hika)

Bizmates最高品質責任者 伊藤日加(Ito Hika)

日系カナダ人、カナダ育ち。1996年に来日し、英語教師としてベルリッツ・ジャパンに入社。主任教師として、教師の採用やマネジメントを手がける。2008年から商品開発に携わり、制作した教材が世界で利用され、4年連続でエクセレントパフォーマンス賞を受賞。2012年にBizmatesを創業。

Bizmatesの公式サイトをチェック!

Bizmates(ビズメイツ)ってどんなオンライン英会話?【基本情報】

インタビュー内容に移る前にまず、Bizmatesはどんなオンライン英会話スクールなのか基本情報を簡単にお伝えしていきます。

スクール体系 オンライン英会話
入会金 なし
料金 12,000円~/月
レッスン時間 25分
コース内容 ビジネス英語全般
無料体験 1回無料

Bizmatesは、日本人学習者向けに作られた「ビジネス英語に特化した」オンライン英会話で、教材・カリキュラムの開発、講師トレーニングなどを全て自社で行っています。

ビジネス英語というと難しいイメージを持たれる方が多いですが、Bizmatesでは5段階の英語レベルに分けたカリキュラムを用意しており、中学レベルの基本的な英文法を覚えるところから、ハイレベルなディスカッションをできる内容まで扱っています。

bizmatesのレベルまた、Bizmatesでは個人向けの英会話レッスン以外にも「英語教育研修」として法人企業からも導入されている実績の高いスクール。有名な企業だと「三菱UFJ銀行」「SMBC日興証券」「東急リゾート」などの従業員の方が英会話を学んでいます。

その他、大学などの教育機関にも英会話レッスンを提供しているということから信頼の厚いオンライン英会話スクールです。

Bizmatesの公式サイトをチェック!

Bizmates(ビズメイツ)最高品質責任者の伊藤日加氏にインタビュー

Bizmates(ビズメイツ)最高品質責任者の伊藤日加氏にインタビューここからは、この記事の本題であるインタビュー内容を書いていきます。

最高品質責任者とは、教材やカリキュラム内容の開発などを含めたBizmatesの全般的品質向上の責任者になります。

そのため、今回のインタビューではより「Bizmatesの学習効果」などにフォーカスして質問してみたのでぜひチェックしてみてください!

Bizmates(ビズメイツ)創業の経緯を教えてください

ショーン
ショーン
まず、最初にBizmatesを創業した経緯を教えてください。
私は、以前ベルリッツの商品開発部門で働いていたのですが、その当時に一緒に働いていた鈴木(現Bizmates代表取締役)から「オンライン英会話事業を一緒にやらないか?」と声をかけられて始めることになりました。
ショーン
ショーン
鈴木さんとは社内でもよく知る人物だったんですか?
いえ、実は当時鈴木とは違う部門で働いていたので一緒に仕事したこともなくて、正直どういう人なのかもあまりわかっていませんでした。
ショーン
ショーン
そうなんですね。それでも一緒にオンライン事業をやろうと思った理由はなんですか?
私自身、15年間ベルリッツに勤めていて、最後の5年間は「独立できないか。」と思っていました。また、日系カナダ人ということもあり日本語に不自由があると感じていたことから、1人で独立する自信がなく日本人パートナーと一緒に事業を作りたい気持ちはありました。

鈴木のことはそこまで知りませんでしたが、しっかりしていて信用できる印象がありましたし、私の商品開発力にも自信があったので大丈夫だろうと思いました。

実際に、会社経営するには商品力だけではうまくいかないと感じているので、鈴木みたいなリーダーシップやビジョンを持って進める経営者がいることでBizmatesも大きくなっているんだと思い感謝しています。

ショーン
ショーン
共同経営する中でお二人のスキルや情熱がうまく組み合わさっているのですね。
お互い真逆の性格で、伊藤はロジカルですが私は感情で動く人間ですので、正直ぶつかるところも多々ありましたね。

Bizmatesの公式サイトをチェック!

Bizmates(ビズメイツ)のミッションやビジョンは何ですか?

ショーン
ショーン
会社を経営する中で大事なBizmatesのミッションやビジョンを教えてください。
「ビジネスパーソンがグローバルで活躍できるように支援する」というミッションを持って会社経営を始めました。

そのため、採用している人も教材や教え方もビジネスパーソンに特化して開発をしています。

ただ、会社が成長してきて法人企業からの悩みを聞いてみると「ITで困っている企業が多い」という声が多く、現在のBizmatesのビジョンとしては「グローバルタレント企業の成長支援を担う次世代カンパニー」を掲げています。

Bizmatesは世界平和とか大きなことを掲げているわけではありませんが、個人や会社がフルのポテンシャルになる支援はできるなとは感じています。

そこで支援してきた相手が世界平和などを大きな解決してくれるだろうと思っています。

ショーン
ショーン
英語ができるようになれば働く場所も人間も変わりますよね。そう言う意味でも、Bizmatesでの英語学習は将来的に個人の視野を広げる大きな手助けになりそうです。

Bizmates(ビズメイツ)のサービスの特徴は何ですか?

ショーン
ショーン
Bizmatesが提供するサービスの特徴を教えてください。
Bizmatesは「ビジネスパーソンを育成する」サービスを提供しており、それが最大の特徴です。そのため、英会話をただインプットするだけではダメだと思っています。

Bizmatesでは5つ重要なポイントを挙げていまして、1つ目が「英語力」、2つ目が「コミュニケーション力」、3つ目が「リーダーシップ」、4つ目が「ダイバーシティ」、5つ目が「パーソナリティ」が大事になります。

ショーン
ショーン
なるほど!5つのポイントについてもう少し詳しく教えて下さい!
例えば、英語力を高めるのはレッスンを受けたり個人で学習したりすることで身についていきますが、それだけでは本質的な英会話力には届きません。

そのため、相手とスムーズに会話をするためにロジカルに会話ができるコミュニケーション力を鍛えたりすることも大事です。

また、リーダーシップでは多くの方が経営者や役職のある人が身に着けるべきスキルだと思っていますがそうではなくて、グローバルな現場ではどのポジションでもリーダーシップが必要になります。

情報が何もない中で知らない人とビジネスをし結果を出すにはリーダーシップをとって積極的に行動する必要があります。

ショーン
ショーン
なるほど、トップ層が身に着けるスキルではなく個々が意識しておくべきスキルなのですね。次の、ダイバシティはどういう意味があるのでしょうか?
ビジネスでは色々な人と仕事をするとお互いの価値観を受け取り進めていくことが大事です。ダイバシティはオープンマインドな心持ちでビジネスをしようということです。

そして最後にパーソナリティですが、ビジネスは人対人です。もちろんロジカルな点も大事ですが「この人嫌だな」と思われてしまってはビジネスもうまくいかないので、英語を話す中で自分の人間性を出せるスキルを身に着けることが大事です。

ショーン
ショーン
確かに相手のことを思いやって話せる人はどのコミュニティでも活躍できますよね。
そうですね。こう聞くと「Bizmatesって難しいな」という誤解があるのですが、実は「中学英語でビジネスができる」という点を重要視しているため初心者でも通えるスクールなんですね。

私がBizmatesの動画の中でも説明しているのですが「Simple・Polite・Effective Communication(簡潔・丁寧・効果的なコミュニケーション)」を作ることが大事です。

例えば挨拶をする場面でも「Hi. I am Hika. Nice to meet you!」という英文に対して「Hi I am 〇〇.Nice to meet you too!」という答え方だと正しいですし丁寧なのですが、少し物足りなさを感じたりします。SimpleでPoliteですが、Effectiveかどうかと言われると難しいですね。

ショーン
ショーン
例えばどう返答すれば良いのですか?
その場合は「Hi I am 〇〇.Nice to meet you too Mr. Hika!」と相手の名前を言ってあげることで、ちょっと心理的な距離も縮まります。

あとは、Please call me〇〇.などで補足することでより相手に自分のことを知ってもらえます。このようにビジネス大事なことは、難しい文章を覚えること以上にシンプルなコミュニケーションで相手と会話するのが大切です。

ショーン
ショーン
ちょっとした違いですね。今後意識して話せるようにしたいと思います!

Bizmatesの公式サイトをチェック!

なぜフィリピン人講師を積極的に採用しているのですか?

なぜフィリピン人講師を積極的に採用しているのですか?Bizmatesでは、ビジネス経験のある優秀なフィリピン人講師を採用しています。ここでは、その理由について質問してみました。

ショーン
ショーン
Bizmatesでは在籍する講師のほとんどがフィリピン人講師ですが、その理由は何ですか?
通学して英会話を学ぶということは昔は高い趣味として認識されていました。というのもネイティブ講師から英会話レッスンを受講したい人が多いからです。

しかし、よく考えてみると日本で英語を教えているネイティブの講師はもちろん日本に住んでいる人限定です。良い講師ももちろんいますが、そもそもの母数が少ないためクオリティが限られてしまいます。それなのに料金は高い。

ショーン
ショーン
私も大手英会話スクールに通っていたことがありますが、料金は高かったです…。
そうですよね。ですが、ネイティブ講師ではなくても英語力は伸びますし、きちんとしたスキルが身につきます。何よりも英会話上達するためには継続して学習をすることですので、コスト面が高すぎては続けたいものも続けることはできません。

そこで、私たちは英語力のポテンシャルが高い「フィリピン人」を積極的に採用することにしました。現在はBizmates講師の95%がフィリピン人になります。

ショーン
ショーン
確かに、フィリピン人の英語力はかなり高いですよね。
そうなんです。アメリカの文化が濃く残っている国ですので、多様性もありますね。また、それだけではなく宗教的な観点で「9割がカトリック」ですので、人に対して何かしてあげたい気持ちが高いのも特徴的です。
ショーン
ショーン
Bizmatesの講師を見てもかなり丁寧に解説してくれたり、レッスン時間を過ぎても話終わるまで待ってくれたりとホスピタリティーを感じました。
あとは、彼らが日常的に会話で使う言語は「タガログ語」ですので英語ネイティブというわけではないのもポイントです。学校で英語を学んできて話せるようになった経験があるからこそ、英語学習者の気持ちを理解できるもの大きなメリットですね。
ショーン
ショーン
そうですね。どこでつまずくか知っている人の方が教えられやすいですよね。あと、僕自身Bizmatesを受講して思ったのですが若い講師が多い印象でした。これはなぜですか?
これは元々フィリピン全体の平均年齢が若いということがあると思います。ただ、Bizmatesではビジネス経験のある講師しか採用していないので、30歳前後の講師が多いですね。
ショーン
ショーン
そうなんですね。確かにレッスンを受講している際に落ち着いた印象の講師が多かったように思います。
講師に関しては年齢で採用していることはありませんが、コミュニケーションスキルやビジネス経験が必要で、採用はかなりシビアに行っています。今ですと講師の採用率は1%ほどですね。
ショーン
ショーン
かなりの狭き門ですね。優秀な講師が多い理由がわかりました。

Bizmatesの公式サイトをチェック!

Bizmates(ビズメイツ)の講師に対して何か研修などは行なっているのですか?

ショーン
ショーン
採用された講師に対して何か研修などのトレーニングは行っていますか?
現在Bizmatesの講師は約1,500名ほどいますが、採用後には必ずトレーニングを行っています。

まず最初に、私が作ったトレーニング内容を動画形式で見てもらいます。あとは私がフィリピンに行き直接指導した「メンター」と呼ばれる講師が新人講師へ指導をします。

例えば、受講生がレッスンの復習を効果的にできるように、レッスン中どのようにチャットボックスを使えば良いのかなど、細かなテクニック面の話もしていきます。

ショーン
ショーン
チャットボックスに英文内容をレッスン中に送ってくれるのは、僕もBizmatesを受講していた時かなり役立ちました。振り返りする際に時系列でわかるのでかなり学習しやすかったです。
Bizmatesの講師は優秀な人間が多いので、トレーニングを一通りするだけでもある程度理解してくれています。
講師研修も行っている伊藤氏講師研修も直接行う伊藤氏

Bizmates(ビズメイツ)の教材やカリキュラムはどの様に開発しているのですか?

ショーン
ショーン
次に、Bizmatesの教材やカリキュラム開発について詳しく教えて頂けますか?
Bizmatesの教材は私を含め、動画コンテンツでも登場する日本人開発者たちと作っています。
ショーン
ショーン
開発は日本で行っているのですか?
そうですね、日本側で3名の開発者と作成しています。多くの人たちが変わるとコンテンツが微妙にズレてくる可能性があるのであえて少人数でやっています。

ただ、現在Bizmatesのプログラムの中にある「Discovery」では現地フィリピンの講師にテーマを与えて記事を書いてもらっています。

その記事を元にディスカッションするので、教材開発の一部は講師たちに任せていますね。

Bizmates(ビズメイツ)には自己学習できるコンテンツが豊富ですが、何かこだわりはありますか?

ショーン
ショーン
Bizmatesの自己学習コンテンツについて何かこだわりはありますか?
英語学習には「サイエンス」と「アーツ」があります。サイエンスは英語学習全般のことを指し、シャドーイングとかディクテーションとかいっぱいありますが、それだけでは世界で活躍できるビジネスパーソンにはなれると思っていません。

私は「アート」の部分を大事にしています。アートとは「英語に対しての考え」で、それをすごく重要視しています。

英語は知識だけを増やすのではなくて、英語に対しての考えも同時に上げなければなりません。

そのアートの部分が多くの英会話学校で重視していない部分で多くの学習者が悩むところでもあります。

私のBizmatesのコーチング動画では「アート」の部分を充実させて話しています。

※コーチング動画とはBizmatesオンラインXで学べる内容です。後ほど説明しています。

Bizmatesの公式サイトをチェック!

どの様な受講生がBizmates(ビズメイツ)に通っていますか?

ショーン
ショーン
現在、どのような受講生がBizmatesに通われていますか?
コロナ前と後で色々と変化がありましたが、コロナ前は「他のスクールに通っていたけど上達しなかった方」や「チャレンジ精神があってBizmatesを選んだ方」が多い印象でした。

英語レベルでいうと初級ではないけどまだこれから伸ばしていきたいと言った感じですね。

ただ、コロナ後は英語を「全く話せないといった初心者の方」が多く入会されています。

そのため、Bizmatesで設けている5段階の英語レベル表の中でスターターのレベル1から始められる方が以前は50%ほどでしたが、現在は60%もいらっしゃいます。

ビジネスで現在英語を使っている方だけではなく、今後使う可能性があったりと将来を見越して学ばれる方が多くなったなと思っていますね。

ショーン
ショーン
Bizmatesは英語力が高い人対象のイメージがありましたが、初心者の方でも受講できるのですね!

英語力を高めるためにはどの様な方法で学習するのが良いですか?

ショーン
ショーン
英語力を高めるためにはどのような考え方や学習方法を模範にするのが良いですか?
先ほども少しお伝えしましたが、世界で活躍するビジネスパーソンになるには英語力以外の部分「マインドセット」を鍛えることが重要です。

英語力を定着させるには「BASE(基礎知識)→INPUT(覚える)→OUTPUT(使う)」といった3つのフェーズがあります。

これをイングリッシュピラミッドと呼んでいるのですが、多くの方の間違えとしてこれら3つを1つずつ完璧に上げていこうと考えます。

つまり、BASE(基礎知識)を満足に行ってから次の「INPUT(覚える)」に移る。といったものです。

しかし、これでは、定着率も遅くなりますし学べる内容も少なくなってしまいます。そのため、この3つのフェーズを同時に伸ばしていくことが大事で学んだ知識はすぐにアウトプットすることで知識の定着も上がっていきます。

ショーン
ショーン
確かに、どれだけたくさんの知識を入れても使わないと忘れてしまうので、3つのサイクルを小さくてもどんどん回すのは大事ですね。
そうですね。あとは、学習定着のために「3つのステップ」を意識することが大事です。

まず1つ目が「コントロール=(習慣化する)」ということです。習慣化するために日々学習をしレッスンを行うことで継続して英語と向き合う意識を持つことができます。

2つ目が「フレキシブルステージ(足りないエリアに集中する)」ということ。自分の苦手分野を発見し出来ていないところを練習していきます。

最後に3つ目が「アクティブラーニングステージ(英語でのコミュニケーションを楽しむ)」です。何よりも英語を自然な形で学習するためにも楽しさを見出せないと長続きはしません。

世界で活躍できるビジネスパーソンは、世界が自分のマーケットだと思っているので英語で情報収集ができたり、世界のニュースにも意識を向けて日々過ごしています。

そうなるためにも3つのステップを意識して英語学習に取り組むようにするのがベストです。

ショーン
ショーン
この3つステップはかなり重要ですね!このような学習の流れを知らない人はかなり多そうです。

Bizmatesの公式サイトをチェック!

Bizmates X Onlineというサービスについて教えてください。

Bizmates X Onlineというサービスについて教えてください。
ショーン
ショーン
Bizmates X Onlineというサービスが好評だと聞きましたが、簡単にどの様なサービスか教えてください。
Bizmates X Onlineは2日間で15時間の英語学習を行う短期集中型のプログラムです。元々2年前ほどから海外で行っていたイベントなのですが、コロナ渦ということもあり、今回はオンラインで開催しています。

Bizmates X Onlineは、先ほどお伝えした「コントロール→フレキシブル→アクティブラーニング」の特に「フレキシブルステージ→アクティブラーニング」のフェーズに移行するためにどのように学習に取り組むべきなのかを学べるプログラムになっています。

ショーン
ショーン
苦手分野の発見から英語を楽しむ心を養えるんですね。実際にはどのようなカリキュラムになっているのですか?
メインテーマは「英語で実際のビジネスをする」という経験をしてもらいます。

オンラインで一緒になった受講生3名と講師1名のチームで、ビジネスプロジェクトを英語で行います。

例えば「どういう形でマーケット戦略を立てていくか?」バジェット(予算)はどうするか?」など、チームで実践的なビジネスシーンを想定して英会話をしていくことでよりリアルなやりとりが生まれます。

ビジネスパーソンであれば一度は受講していただきたいカリキュラムになっています。

オンラインでの受講も非常に好評ですので、今後も続けていく予定です。

ショーン
ショーン
オンラインで受講でもある程度同じ学習効果があれば受けてみたいですよね!

今後、Bizmates(ビズメイツ)を通じて達成したい目標などを教えてください。

ショーン
ショーン
最後に、Bizmatesを通じて達成したい目標などを教えてください。
ビジネスパーソンがグローバルで活躍できるように支援するために、Bizmatesではこれからも「グローバルタレント企業の成長支援を担う次世代カンパニー」を目指しています。

英語学習を通じて個人・法人企業共にフルパフォーマンスができるように、サービスの質をますますアップデートしていきたいと思います。

ショーン
ショーン
English WithでもBizmatesの今後の取り組みを応援したいと思います!今回はインタビュー受けていただきありがとうございました!

Bizmatesの公式サイトをチェック!

最後に:Bizmates(ビズメイツ)は本質的な英語力が身に付く本格派オンライン英会話!

今回は、ビジネス英語を専門に学べるオンライン英会話「ビズメイツ」の最高品質責任者(CQO)である伊藤日加さんにインタビューさせていただき記事にまとめました。

伊藤さんは商品開発に長年携わっているということもあり、英語の学習方法や本質的に英会話力を身に着けるために大事なことなどをたくさん伝えてくれたと感じています。

僕も今回のインタビューを通じて改めて、英語はただ学ぶだけのものではなく、相手とのコミュニケーションやお互いを知る上で使う大事なツールであることを理解することができ、学びの多い時間でした。

また「ビジネス英語は難しい…」と感じる方でもBizmatesでは約60%が英会話初心者からスタートしているということで、将来的にビジネス英語を学びたい方にとっては非常に始めやすいオンライン英会話ではないでしょうか。

  • 「ビジネスに関わる英語を基礎から学びたい」
  • 「キャリアアップのため実践的なビジネス英語を使いたい」
  • 「英語学習を習慣化してスキルを伸ばしていきたい」

と考えているビジネスマンの方には、好きな時間や場所でビジネス英会話を学ぶことできるビズメイツは最高のオンライン英会話になるかと思います。

Bizmatesでは体験受講として「1回分の英会話レッスンが無料」で受けることができます。また、無料会員になることでBizmatesのオリジナルカリキュラムや教材などを全て閲覧できるので、この機会にぜひ試して、自分の目で確かめてみましょう。

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

Bizmatesの公式サイトをチェック!

その他Bizmatesについて詳しく知りたい方は以下の記事も参考してみてください。

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事