【大人向け】英会話を独学で学ぶための勉強法【今からでも遅くはない】

【大人向け】英会話を独学で学ぶための勉強法【今からでも遅くはない】

大人になってから英語学習を始めた人で、オンライン英会話や英語教材を利用してみたけど、なかなか上達を感じていないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、大人が効率よく独学で英会話を上達させる方法について紹介します。

「正直、英会話の勉強って何から始めればいいの?」と疑問に思うことも多いですよね。ステップごとに独学での英会話習得ができるように内容をまとめているので参考にして見てください。

前置き:大人になってから英会話を成功させるマインドセット

大人が英語を独学で学ぶマインドセット

「英語学習を独学でまずは始めようと思っている」「初めてみたけど、上達を感じられない。。」

という方に多いのが「英語を学ぶことが目的になっている」ということです。

英語はコミュニケーションツールでしかなく、英語を話せることが目標ではないはずです。英語を話して、「外国人の友人を作りたい」「海外旅行をもっと楽しみたい」「仕事で英語を使えるようになりたい」というのが本当の目標ですよね。

つまり、いくら勉強しても英語が伸びない人や独学での英語学習に失敗する人はここを理解していないケースがほとんどです。

目的が外国人の友人を作りたいのであれば、完璧な英語は不要である程度意思疎通が取れれば問題ないですよね。日本にいる外国人も訛りもあれば、文法が間違っているなんてこともあるあるです。

つまり、重要なのは次の2点です。

  • ネイティブ並みの英語力を目指さない
  • 英文法を気にする前にとりあえず英語を話す

いきなり、英語がペラペラになることはないので発音や文法が少し間違っていても会話は通じます。

また、ネイティブと同等の英語を目指すと難しい単語や文法に目が行きがちで、かえってめちゃくちゃな英語になることもあるのでシンプルに英語を覚えることに集中しましょう。

大人の独学で英語を学ぶ勉強法「ステップ毎に解説」

大人の独学で英語を学ぶ勉強法「ステップ毎に解説」

それでは、効率よく大人が独学で英語を学んでいくためにステップ毎に勉強法を解説して行きます。

ステップ1:英語の思い出し学習

「英語=難しい、話せない」と考えてしまいがちですが、外国人との意思疎通をして会話するレベルであれば難しい英単語も文法も不要です。

中学レベルの英語があれば、会話は成り立ちます。

例えば、

I want to ~(〜したい)というフレーズは中学ぐらいで習いますよね。

Can I (〜してもいいですか?)も一度は勉強したことがあるはずです。

これってそこまで難しい英語ではないですが、いざ英会話となると使えない人が多いのが現実です。

中学レベルの簡単な英語をまずは思い出しながら学習しましょう。このような基礎の英語フレーズや文法を思い出すと「〜」続く単語を入れ替えれば相手に意志は伝えることができます。

I want to order ~ (〜注文したい)
I want to go to ~ (〜に行きたい)

こんな感じで、動詞を入れ替えれば意志は伝えれます。

もちろん、ネイティブっぽさや適切な表現は他にもあるのですが旅行英語ぐらいであればこれでなんとかなります。

まずは、これまで習ったことのある英語が基礎であり、思い出し学習をしてみましょう。

ステップ2:シンプルに英語を覚える

英語をネイティブっぽく話したくなるものですが、難しい英単語や文法を覚えても使いこなせなければ意味がありません。

とりあえず、独学で英語学習本を買ってみたものの難しすぎてよくわからなかったりするとストレスだし、上達も感じられません。

また、英語をある程度話せるようになるとわかるのですが、日常シーンでの英会話はそこまで難しい英単語が使われていないのです。単純に日本人は、英語の正しい発音に聞き慣れていないので、いきなり外国人に話しかけたり、海外ドラマや映画をみても英語が頭に入ってこないのはこれが原因です。

シンプルな英語を正しい発音とセットで覚えましょう。

発音を知っていれば、ネイティブの英語も聞き取れるようになるし、相手にも正しい発音で伝えることができるので英語ネイティブも理解してくれます。

まずは、この英語学習本を読むことをおすすめします。

ステップ3:実践練習!英語は会話しないと覚えません。

英語を独学で学び人に多いのは、英語学習本や教材でなんとか英語を覚えようとしている点です。

大人になってから英語を学ぶ人はこれまで英語を話す機会がほとんどなかった人が多いと思いますが、実践練習は非常に大事です。

新卒の社会人でもアルバイトでも、

  • マニュアルを読んで知識をインプット
  • 先輩などの現場をみる
  • 実際にロープレをする

というような流れで仕事を覚えて行きますよね。

英語の独学でもロープレは必須です。

おすすめなのは、オンライン英会話です。独学で英語を学びたい人はなるべく費用はかけずに、時間も効率よく学びたいという人が多いと思うのでオンライン英会話は低価格で英語を話す練習には最適です。

オンライン英会話でおすすめはネイティブキャンプ 。

スマホアプリで、24時間好きなときにレッスンが受講できて、受講回数も無制限です。

とにかく英語を話す練習ができるのと学習目的に合わせてオンライン教材を選択できるので、英語独学者にはおすすめです。

公式サイト:ネイティブキャンプ

英会話ができる場を継続的に作ろう

英会話の独学は継続が大切

簡単に独学で英語を学ぶ流れをまとめてきましたが、英語の習得はそこまで難しくありません。

もちろん、欧米圏で生活するレベルやビジネスレベルなど上級者を目指すのであれば独学では限界がきてしまいますが、まずは「なんで英語を学びたいのか?」を明確にすると必要な学習量が見えてきます。

シンプルに英語を学びつつ、継続的に英会話ができる場を作って行きましょう。独学だとモチベーションが維持できなかったりもするので、国際交流の場はアプリなどで簡単に探せたりするので楽しく英語を学んで行きましょう。

まとめ:大人になってからでも英語の勉強は遅くはない。

まとめ:大人になってからでも英語の勉強は遅くはない。

決して、大人になってからでも英語の勉強は遅くはありません。

まずは、「英語をシンプルに話す」ということにフォーカスして独学での勉強に取り組んでみましょう。そして、オンライン英会話などで実践練習をすることで、日常英会話の基礎が定着し、初級者から中級者にレベルアップができます。

公式サイト:ネイティブキャンプ

まずは、無理なく学び始めるのが大事なので継続的に学べるように工夫して勉強に取り組んでいけるといいですね。

【大人向け】英会話を独学で学ぶための勉強法【今からでも遅くはない】

ABOUTこの記事をかいた人

オーストラリア留学(17歳)・フィリピン・セブ島留学(19歳)
その後、セブ島の語学学校インターンで1年滞在。
留学カウンセラー・オンライン英会話立ち上げ・英会話教室の立ち上げなどを経験して独立。

もっと身近に英語を学べるようにEnglish Withでは情報を発信しています。