英語留学

フィリピンの物価はどのくらい?セブ島やマニラなどの違いを解説

フィリピンの物価はどのくらい?セブ島やマニラなどの違いを解説
※記事内にプロモーションを含みます。
フィリピンの物価はどのくらいなんだろう?詳しく教えてほしい!
Tomomi
Tomomi
こんにちは!English WithライターのTomomiです!海外で生活をしながら、英語に関する記事を書く仕事をしています。

フィリピンの物価は日本より安く、格安で留学や旅行ができる国として世代を問わず人気を集めています。しかし、「日本と比べてどのくらい安いの?」「1ヶ月の生活費はどのくらいかかるの?」など、詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、フィリピンの物価を日本と比較しながら詳しく解説していきます。さらに、セブ島とマニラの地域差についても具体的にまとめました。

フィリピンへの旅行や留学を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

手数料無料の「リッシュ留学」
リッシュ留学

リッシュ留学は、インスタで話題の「南国リゾートマガジン」を運営し、フィリピン・セブ島、インドネシア・バリ島を中心に留学をサポートするエージェント・留学手数料完全無料で留学する都市から語学学校選びまで徹底サポート。

 

LINEで気軽にチャット相談からZoomでのオンラインコンサルティングも実施しています!

人気ランキング
サポート手数料 手数料無料
サポートしている国 フィリピン・インドネシア(バリ島)
サポート内容 留学前の留学コンサルティング
(都市選びから語学学校選ぶ)
航空券・海外留学保険の取得サポート
事前準備・海外生活サポート
現地情報のご紹介
現地情報を知るなら インスタグラム:南国リゾートマガジン
インスタグラム:リッシュ留学
Twitter:リッシュ留学代表ツイッター

LINE登録者に失敗しない留学資料配布中!

LINE登録公式サイト

フィリピンの物価は日本と比べてどのくらい安い?

フィリピンの物価は日本と比べてどのくらい安い?フィリピンの物価は日本の2分の1〜3分の1ほどです。

特に食料品や日用品、交通、家賃にかかる費用が日本よりも安く、コストを抑えて生活ができます。

詳しい物価の違いは以下の通りです。

フィリピンの価格 日本の価格
水(1.5L) 40フィリピンペソ(約106円) 120円
米(1kg) 52フィリピンペソ(約140円) 470円
牛乳(1L) 96フィリピンペソ(約254円) 200円
レストランでの食事 200フィリピンペソ(約530円) 1,000円
ジム会費 1,800フィリピンペソ(約4,800円) 7,400円
タクシー初乗り料金 40フィリピンペソ(約106円) 550円
1Rのアパート家賃(1ヶ月) 9,900フィリピンペソ(約26,000円)
都市部:18,000フィリピンペソ(約48,000円)
54,000円
都市部:79,000円

参考:Numbeo

フィリピンの平均月収は19,800フィリピンペソ、日本円換算で52,500円ほど。日本の平均月収は32万円ほどなので、フィリピンの平均月収は日本の15%ほどにあたります。

フィリピンのお金事情についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。現金の必要性や安全なお金の管理方法などについて詳しく解説しています。

フィリピン留学で現金は必要?費用相場や管理方法を経験者が解説
フィリピン留学で現金は必要?【費用相場や管理方法を経験者が解説】今回の記事では、フィリピン留学経験者が、「フィリピン留学に持っていくべきお金」について細かく解説。失敗談も合わせてご紹介しているので、これから留学に行く予定のある方は参考にしてみてください!...

フィリピンの物価は地域で異なる

フィリピンの物価は地域で異なるフィリピンの物価は地域によって差があり、首都マニラの方がセブ島よりも物価が高いです。特に家賃や日用品の価格が、マニラの方がセブ島よりも高い傾向にあります。

また、マニラ・セブ島以外の地域はより物価が低く、バギオやバコロドなどの地方都市だと生活コストがグッと下がります。教育費も安いので、語学学校もリーズナブルな価格で通うことが可能です。

次の項で、マニラとセブ島の詳しい物価の違いを解説していきますね。

フィリピンの物価【セブ島編】

最初に、セブ島の物価を見ていきましょう。

生活費・食費・娯楽費・交通費の4つのカテゴリー別に、詳しく紹介していきますね。

セブ島の物価
  1. 生活費
  2. 食費
  3. 娯楽費
  4. 交通費

1.生活費

1.生活費セブ島の1ヶ月の食費を抜いた生活費は、17,000〜34,000フィリピンペソほど(約45,000〜90,000円)です。

内訳は以下の通りです。

1Rのアパート家賃(1ヶ月) 12,800フィリピンペソ(約34,000円)
都市部:27,860フィリピンペソ(約74,000円)
水道・光熱費 2,000〜4,000フィリピンペソ(約5,300円〜10,600円)
通信費 2,000フィリピンペソ(約5,300円)

参考:Numbeo

セブ島では水道代が安く、1ヶ月500円程度におさめることができます。ただし、フィリピンでは水道水は飲めないので、飲み水はもちろん、料理に使う水も飲料用の水を買わなければいけません。

水道代が安い一方で、高いのが電気代です。1kwhあたりの電気料金は日本よりやや高く、暑い日が続くセブ島では長時間クーラーを使用するため電気代が高くなる傾向があります。

2.食費

2.食費セブ島での生活で1ヶ月にかかる食費は、10,000フィリピンペソ(約26,000円)ほどです。

食品の物価は以下の通りです。

牛乳(1L) 100フィリピンペソ(約265円)
米(1kg) 53フィリピンペソ(約140円)
バナナ(1kg) 70フィリピンペソ(約186円)
水(1.5L) 40フィリピンペソ(約106円)
ビール(500ml) 70フィリピンペソ(約186円)

参考:Numbeo

外食の場合にかかるお金は、ファーストフード店で130〜180フィリピンペソ(約350〜480円)、カジュアルなレストランで200〜500フィリピンペソ(約500〜1,400円)が目安です。

セブ島には現地のローカルフードだけではなく、イタリアンや韓国料理屋など多国籍なレストランが揃っています。日本食レストランもあり、刺身や寿司などを食べることもできますよ。

3.娯楽費

3.娯楽費フィリピンでは映画館やマッサージを気軽な値段で楽しむことができます。

また、シュノーケリングやダイビングといったマリンアクティビティを楽しめる点もセブ島の大きな魅力。娯楽にかかる費用の相場は、以下の表の通りです。

映画館 250フィリピンペソ(約670円)
スポーツジムの月会費 1,720フィリピンペソ(約4,500円)
マッサージ 200フィリピンペソ(約530円)
シュノーケリングツアー 5,500フィリピンペソ(約15,000円)

参考:Numbeo

4.交通費

4.交通費セブ島ではタクシーの初乗り料金が安く、気軽に利用できます。

タクシー初乗り 40フィリピンペソ(約106円)
ガソリン(1L) 73フィリピンペソ(約190円)
バス 40フィリピンペソ(約106円)
ジプニー 13フィリピンペソ(約30円)

また、フィリピンには「ジプニー」と呼ばれる公共交通機関があり、現地のフィリピン人は日常的に利用しています。ジプニーはジープを改良したもので、どこでも乗り降りできる便利な交通手段です。

フィリピンの物価【マニラ編】

次に、マニラの物価を見ていきましょう。

マニラの物価
  1. 生活費
  2. 食費
  3. 娯楽費
  4. 交通費

順に詳しく解説していきますね。

1.生活費

1.生活費マニラの1ヶ月の食費を抜いた生活費は、19,000〜35,000フィリピンペソ(約50,000〜93,000円)ほどです。セブ島と比べて若干高い傾向にあります。

内訳は以下の通りです。

1Rのアパート家賃(1ヶ月) 15,200フィリピンペソ(約40,000円)
都市部:28,600フィリピンペソ(約76,000円)
水道・光熱費 2,000〜4,000フィリピンペソ(約5,300円〜10,600円)
インターネット代 1,800フィリピンペソ(約4,700円)

参考:Numbeo

家賃は住むエリアによって大きく異なります。相場よりも安い家賃のアパートも多いですが、防犯が不十分であったり治安が悪いエリアだったりとデメリットも大きいので注意しましょう。

留学や長期滞在で訪れる外国人は家具付きのコンドミニアムを利用する場合が多く、家賃の相場は15,000ペソ〜30,000ペソほど(約40,000円〜80,000円)です。

また、マニラも水道・ガス代が安く、電気代が高い傾向にあります。電気代は部屋の数や広さによって変動するので、居住先を決める際はかかる光熱費を考慮した上で決めると良いでしょう。

2.食費

2.食費マニラでの生活で1ヶ月にかかる食費の相場は、10,000〜20,000フィリピンペソ(約26,000円〜52,000円)ほどです。

カジュアルなレストランでの1食の目安は250フィリピンペソ(約670円)ほど。マニラにはレストランが多く、外食の選択肢が幅広いです。

1食100ペソ(約270円)ほどのリーズナブルな価格で美味しいお店がたくさんあるので、そうしたローカルな場所で食事をすると自炊よりも食費を抑えることができます。

食品の物価は以下の通りです。

牛乳(1L) 100フィリピンペソ(約270円)
米(1kg) 54フィリピンペソ(約140円)
バナナ(1kg) 93フィリピンペソ(約250円)
水(1.5L) 44フィリピンペソ(約120円)
ビール(500ml) 70フィリピンペソ(約180円)

参考:Numbeo

マニラには日本食レストランや日系スーパーが充実しており、和食を食べることもできます。ただし価格は割高な場合が多いです。

3.娯楽費

3.娯楽費セブ島よりも若干高いですが、マニラでは娯楽にかかる費用も安いです。

映画館 350フィリピンペソ(約930円)
スポーツジムの月会費 2,200フィリピンペソ(約5,800円)
マッサージ 350フィリピンペソ(約930円)

マニラでは湖や火山、街並みを見る半日ツアーなどのアクティビティが多く催行されています。

フィリピンで人気のアクティビティについて知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

フィリピン留学でおすすめのアクティビティを徹底解説【経験者談あり】
フィリピン留学でおすすめのアクティビティを徹底解説【経験者談あり】この記事では、フィリピン留学で楽しめるアクティビティをまとめて7つ紹介しています。フィリピン留学中は遊びも勉強もどちらも充実させたい!という方は、必見です!...

4.交通費

4.交通費マニラもセブ島同様に交通費が安く、タクシーを気軽に利用できます。

また、バスや電車もあり、12フィリピンペソ〜という格安で利用が可能です。ジプニーも多く走っているので、防犯に気をつけながら利用してみると良いでしょう。

タクシー初乗り 40フィリピンペソ(約106円)
ガソリン(1L) 76フィリピンペソ(約200円)
電車 15〜30フィリピンペソ(約40〜80円)
バス 12フィリピンペソ(約30円)
ジプニー 12フィリピンペソ(約30円)

まとめ:フィリピンの物価は日本より安い!ただし地域差があるので渡航前に確認しておこう

今回の記事では、フィリピンの物価について詳しく解説しました。

フィリピンの物価は日本よりも安いため、「費用を抑えて留学したい」という方におすすめの渡航先です。特に食費と交通費が安く、現地であまりお金をかけずに滞在することができます。なお、フィリピン国内でも地域によって物価が異なり、首都のマニラは他の地域に比べてやや高い傾向があります。

マニラやセブ島以外の地域は物価がより低いことが一般的なので、その他の地域への渡航を考えている場合は、事前にリサーチしておくと良いでしょう。

また、フィリピン留学を検討する場合は、留学エージェントの利用がおすすめです。エージェントを通じて情報を得ることで、スムーズかつ効率的に計画を進めることができます。

リッシュ留学

完全手数料無料「リッシュ留学」。公式LINEで気軽にチャット相談やZoomでオンラインカウンセリング実施中!セブ島・バリ島留学を詳しく知れる資料をまとめているのでまずは気軽に相談してみましょう!

公式LINEはこちら

リッシュ留学は、手数料無料で経験豊富なコンサルタントが留学プランの提案から手続きまでトータルサポートしてくれるので、初めての留学も安心です。

公式LINEでは無料カウンセリングが受けられ、自分にピッタリな留学プランを提案してもらえます。留学に興味のある方は、まずは気軽に相談してみましょう。

無料カウンセリングの申し込みはこちらから!
リッシュ留学の公式サイトをチェック!

リッシュ留学について詳しく知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

リッシュ留学の留学コンサルタントに直接取材!サービスのメリット・デメリット、特徴を徹底調査
リッシュ留学の留学コンサルタントに直接取材!サービスのメリット・デメリット、特徴を徹底調査今回は、セブ島やバリ島などの南国リゾート留学に特化したエージェント「リッシュ留学」で活躍している留学コンサルタントの方に直接取材を行ったので、その内容やサービスのメリット・デメリットを紹介しています。...

English Withでは他にもフィリピンに関する情報を詳しくシェアしているので、ぜひあわせて参考にしてみてくださいね。

フィリピン情報
フィリピン留学で最適な服装は?気候なども紹介
フィリピン留学で最適な服装は?気候なども紹介この記事では、フィリピン留学に最適な服装について詳しく解説しています。フィリピンの気候や避けるべき服装などもあわせてお伝えしていくので、ぜひ参考にしてみてください。...
フィリピンの治安は悪い?在住経験者が現地の治安事情を詳しく解説
フィリピンの治安は悪い?在住経験者が現地の治安事情を詳しく解説今回の記事では、約1年半フィリピンに住んでいた経験のあるEnglish Withの編集部のメンバーが、フィリピンの治安事情やフィリピンでトラブルに巻き込まれないための対策方法などを詳しく解説します。...
フィリピンの物価はどのくらい?セブ島やマニラなどの違いを解説
フィリピンの物価はどのくらい?セブ島やマニラなどの違いを解説この記事では、フィリピンの物価について詳しく解説しています。セブ島やマニラの違いについても詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。...

また、渡航前に英語力を鍛えておくのもおすすめ。以下の記事を参考にオンライン英会話スクールを選びましょう。

【2023年最新版】回数無制限で学べるオンライン英会話スクール5選!受け放題でコスパ良く学ぶ
【2023年最新版】回数無制限で学べるオンライン英会話スクール5選!受け放題でコスパ良く学ぶ今回の記事では、English With編集部が「英会話レッスンの受講回数を増やして英語を学びたい」と考えている方向けに「レッスン回数無制限のオンライン英会話」をピックアップしてまとめました。ぜひこの記事を参考にしてみてください。 ...
執筆者
Tomomi
オンライン英会話で英会話を身につけ、日本企業の営業職からWebライターに転身。自身の学習経験をもとに英語関連の記事執筆をしています。2020年にメキシコシティに移住、現在スペイン語を勉強中です。
編集責任者
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!