発音は英語上達の近道!本を活用して学習!【おすすめ本・教材7選】

スポンサーリンク

英語の勉強をはじめて、ネイティブみたいなかっこいい発音で英語を話してみたいと考えたことはありませんか?

英語学習者であれば誰しもが到達したいペラペラに話せる自分の姿。でも、幼少期の頃から英語に慣れ親しんでいないとそう簡単にはネイティブみたいな発音で話すことはできません。

ただ英会話の練習をするだけでは発音は伸びません。

今回は、英語の発音を鍛える上達法と発音を学べるおすすめの本・教材をご紹介します。

【基本を大事に!】発音は英会話上達の近道

中学・高校と英語を学んできた日本人ですが、発音や英会話はほとんど教わることはなかった人が大変の人だと思います。

日常生活の中で、英語に触れる機会も頻繁になかったはず。そんな私たちがいきなり英会話を始めても外国人の英語が聞き取れないのは当たり前ですよね。

中学・高校までの基礎英文法・英単語を覚えているだけでは、「知識としての英語」で「使える英語」には至っていません。

これまで覚えた知識に加えて正しい発音を身につけるだけで英会話力は断然に上達します。

発音の勉強でリスニング力・スピーキング力が身に付く

study-pronunciation03

発音は英会話の基本です。発音を勉強することで、リスニング力・スピーキング力が身につきます。

英会話をしているときに、なぜ外国人の英語が理解できないのでしょうか?

それは、私たちが外国人の英語が聞きなれない発音だから理解できていないからです。もし、それがカタカナ英語で言われたらどうでしょうか?

ある程度の英語もしくは英単語は聞き取れるはずです。

これまで正しい発音を聞く学習をしていなかったため学習を始めたころは、英語を聞き取るのがやっとですが正しい発音を理解することで聞き取れるはずです。

そして、発音の勉強でスピーキング力も身につきます。正しい発音を聞き取ることができれば、それを真似て英語を話すときに行かせますよね。

日本人特有のカタカナ英語ではネイティブには伝わらなくても正しい発音をしることで、それを真似して発音することで英会話にも自ずと役に立ちます。

発音をしっかりと覚えることで、英会話が上達し効率的に英語力を伸ばすことができます。

継続的に学ぶ発音練習

study-pronunciation02

発音の勉強が、英語上達に向けて大事なことを説明してきましたが、ただ英語を聞いて真似たり、単語学習の際に発音記号も合わせて覚えればいいというわけではありません。

「継続的に学ぶ習慣化をすること」が発音上達のためのファーストステップです。

スポーツや受験勉強、何を始めるにしても0の状態から短期間で発音が良くなることはありません。

英語は、日本語では使われない音が無数にあるわけなので、それに慣れる時間を作る必要があります。

そのためには、継続して発音の勉強を続ける必要があります。通勤や休憩時間、就寝前とスキマ時間に毎日5分でも10分でも継続することで効果が表れます。

発音が良くなればネイティブとの会話で、英語が聞き取れるようになったり相手に正しい音で伝えることで相手もしっかりと伝えたいことを理解してくれるようになります。

発音が学べるおすすめの本【5選】

books-pronunciation

発音を正しく学ぶには、漠然と英会話をするだけ・継続するのでは効果がでません。

幼少期であれば、ネイティブの発音を聞いているだけで自然と音から覚えることができますが、大人になった状態ではそれは困難です。

そのため、継続して学ぶ習慣化をする際に、正しい学習方法で発音を学ぶ必要があります。

理論的に、日本人の苦手な発音のポイントを知り、理論的に練習をすることが必要になります。本で学ぶことによって、理解していなかった「正しい発音のコツ」を掴むことで、どこが問題でどう直せば良いのかを知ることができます。

その解決法を教えてくれるのが今回紹介する5つの本です。

1.英語舌の作り方

日本人が苦手な発音を徹底的に学べる発音学習におすすめの本です。

自分的には正しい発音と文法で英語を話しているつもりなのに、全然通じないことってありますよね?それを知るためのキッカケ作りに役立つ学習本です。

ジャパニーズ・イングリッシュではなく、「英語舌」を作る方法を細かく学ぶことができる一冊で、学習を進めることでリスニング力向上もできるのでおすすめです。

2.英語の発音トレーニングBook

英語の発音トレーニングをするならこの本がおすすめです。

英語の発音で、母音・子音の基本を一から学べる内容になっていて、付属のDVDとCDを有効活用することで効果的に発音練習ができます。

全ての英語の音に対して、「口の中の動きが見られるアニメ動画」「ネイティブの口元の動きの動画」があるため初心者でも理論的に分かりやすく学習が可能です。

発音の基本を学ぶのにおすすめの本です。

3.オドロキモモノキ英語発音

英語初心者でも使える発音を簡単に学びたいのであればおすすめの本。

日本人と欧米人の発音の違いをわかりやすく解説している本書は、子音の使い方のポイントなど事細かに学ぶことができます。

発音記号を覚える必要も一切無しで、スピーキングに生かせる発音トレーニングで、正しい発音を身につけることができます。

4.英語は5つの口で発音できる!

英語の知識が身についても正しい発音を覚えなければ、相手に伝えたいことを英語で伝えることはできません。

日本人が苦手な発音にフォーカスをして、「5つの口」の動きで正しい発音をするための効果的な順番をもとに練習ができます。

日本人が最短で「きちんと伝わる英語の音」を習得できるメソッドが「5つの口」の本にはあります。

5.日本語で覚えるネイティブの英語発音

「日本人なのだから日本語を最大限に活用して英語の発音を学ぶべき」というメソッドのもと作られた本です。

例えば、「back up」を「馬鹿!」と発音したり、「Canada」を「毛穴だ!」と言うことで正しい発音を覚えることができるので、発音が苦手な人にもぴったりです。

そして、3週間で母音・子音・それ以外の発音を学んでいく内容になっているので、期間集中型で学ぶのにもおすすめの本です。

発音が学べるおすすめの教材【2選】

英語が学べる発音の本を5選ご紹介してきましたが、それ以外にもオンライン上で使えるおすすめの発音教材をご紹介していきます。

本ではなく、オンラインで学ぶメリットはCDやDVDなどをパソコンで再生したり、スマートフォンなどに取り込む必要もなく無料で学べるという点です。

まずは、発音学習を始めてみたいという人にはおすすめです。

1.英語発音入門

eigo-hatsuon-nyumon

甲南大学の国際言語文化センターで、研究開発されたオンラインで学べる発音教材で、「イギリス発音」「アメリカ発音」と学びたいアクセントの発音を選ぶことができます。

1つずつ学び進めることで、英語の発音を効果的に学べるおすすめの学習教材です。

公式サイト:英語発音入門

2.READING BEAR

readingbear

英語版のサイトで、英語学習者のための学習サイトです。

1,000以上の登録されている英単語から苦手な発音・覚えたい発音を選択して集中的に学ぶのにおすすめのサイトで、手軽に発音を学びたい人は使ってみるのをおすすめします。

公式サイト:READING BEAR

まとめ:まずは、伝わる発音を意識しよう。

おすすめの英語学習本と学習教材を紹介してきましたが、大切なのは「継続すること」。これに付きます。

今回紹介した本でも教材でも積み重ねの発音練習が、定着化に繋がり自然と正しい発音として話せるようになります。

学習をしていく中で、ネイティブの発音を目指しがちですが、日常生活が日本語で育っている日本人にとって完璧にネイティブの発音まで到達するのは困難です。

上達させるためには、日本人が英語を話す時の苦手なポイントを知り、それを克服する方法を知っているかです。今回紹介した本や教材はそのキッカケとなり、練習の役に立つはずでしょう。