発音

英語の発音学習におすすめな本・教材徹底調査【7選】

英語の発音学習におすすめな本・教材徹底調査【7選】
英語の発音を良くしたいと思っているのだけど、どんな本・教材を活用すればいいかな?基礎から学んでネイティブに近い英語発音を身に付けたい…!

英語学習をする上で正しく英語を伝えるために「発音学習」に取り組もうと考えている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、「英語発音が学べるおすすめの本・教材」を紹介していきます!

僕自身は海外留学や生活経験がありますが、特にネイティブスピーカーとの会話だと正しい発音で話さない限り「相手に理解してもらえない…」という経験を幾度となくしてきました。

英語の知識だけでなく、正しい発音を身に着けないとスムーズに英語学習に取り組めないので是非この記事を参考にしてみて下さい!

英語上達に発音が重要な3つの理由

英語上達に発音が重要な3つの理由

中学・高校と英語を学んできている日本人ですが、語彙や文法がメインで正しい発音を勉強をする機会はそう多くありませんでした。

ですが、英会話をする上で発音は外せないスキルの一つ。具体的には次の理由が挙げられます。

発音学習をするべき理由
  • 理由①発せない音は聞き取れないから
  • 理由②伝わる英語を身につけられるから
  • 理由③語彙習得にも役立つ

本・教材を紹介する前に発音学習をするべき理由を再認識するためにも一つずつ見ていきましょう。

理由①発せない音は聞き取れないから

英語学習者の多くが、英会話スクール・オンライン英会話での受講を経験する中で「ネイティブの英語が聞き取れない」などの課題を持っている方は非常に多いと思います。

ですが、その際に発音学習に取り組んでいる方は少ないのが現状。ですが、人間の脳は「発音できない音は聞こえない」という特性があります。

正しい発音を知らない(発声)と聞くことすら出来ないので当然ですよね。そのため発音学習を取り組むことでネイティブの英語を聞ける「リスニング力」を身につけることができます。

理由②伝わる英語を身につけられるから

「単語は知っている」「英文法はしっかり学んだ」という方でも、「英会話が苦手…」という人は多くいますよね。

発音学習の最大のメリットはネイティブスピーカーに「伝わる英語」を身につけることが出来ることであり、大きな自信に繋げることが可能。

英語を正しく聞けて、話せたという成長実感を得ることで今後の英語学習を加速することができます。

理由③語彙習得にも役立つ

英語力を習得する上で、「語彙力」「英文法」は必須なのは想像しやすいですよね。

この2つのスキルは勉強時間を確保すればするだけ、習得が容易いスキルです。教材や単語帳などでインプットを行い、実践で使うことで身に付けていくことができます。

この際に「意味だけを記憶する英単語学習」になってしまうと英会話のシーンで「聞けない英語」「伝わらない英語」になる可能性があります。

その際に、発音学習をある程度終わらせている状態だと正しい発音とセットで意味を理解できるため英語習得のスピードが早まりますね。

 

英語発音におすすめの本・教材ランキング【5選】

books-pronunciation

発音を正しく学ぶには、漠然と英会話をするだけ・継続するのでは効果がでません。

幼少期であれば、ネイティブの発音を聞いているだけで自然と音から覚えることができますが、大人になった状態ではそれは困難です。

そのため、継続して学ぶ習慣化をする際に、正しい学習方法で発音を学ぶ必要があります。

理論的に、日本人の苦手な発音のポイントを知り、理論的に練習をすることが必要になります。本で学ぶことによって、理解していなかった「正しい発音のコツ」を掴むことで、どこが問題でどう直せば良いのかを知ることができます。

その解決法を教えてくれるの本・教材をピックアップしたので参考にしてみてくださいね!

American Accent Training

American Accent Trainingは、リアルなアメリカ発音が学べる教材。教材は全て英語で日本語解説はないため初心者向けではないですが、「ネイティブ発音を勉強したい」という方であればチェックすべき1冊。

発音だけでなく、英語のイントネーションなども網羅的に解説しているため発音学習者に必読な教材です。

オドロキモモノキ英語発音

英語発音を始める初心者向けの教材。

日本人の学習者向けに日本人と欧米人の発音の違いをわかりやすく解説しているため、子音の使い方のポイントなどを細かく学ぶことができます。

また、ステップ毎に着実に身に着けられる内容も特徴の一つ。

3つのステップ
  • STEP1.日本語ネイティブと英語ネイティブの発音を比べる
  • STEP2.発音のコツを掴む
  • STEP3.練習する

この本を読み進めて練習することで伝わる最適な発音を勉強することができます。

英語舌の作り方

日本人が苦手な発音を徹底的に学べる発音学習者におすすめの本です。

自分的には正しい発音と文法で英語を話しているつもりなのに、全然通じないことってありますよね?それを知るためのキッカケ作りに役立つ学習本です。

「かぎりなくネイティブの発音に近づけるためのテクニック」を解説していると著者の方も仰っていますが、発音を徹底的に学びたい方におすすめです。

フォニックス<発音>トレーニング

発音学習者からの人気の高い10万部超えの「フォニックス<発音>トレーニング」。

フォニックスとは英語を母国語とする子どもたちが発音と文字の関係性を学ぶ音声学習法で、本書ではフォニックスをもとに正しい発音を学んでいきます。

子供向けの学習法のイメージが強いですが、大人も使えるコンテンツになっており、英語の発音ルールを学びながら英会話上達を目指すことが可能。

発音学習者はチェックしておいて損はない本の一つです。

日本語で覚えるネイティブの英語発音

日本語を活用して自然な英語発音を短期間で覚えたい人向けの教材。3週間で発音をマスターできる本になっています。

例えば、「back up」を「馬鹿!」と発音したり、「Canada」を「毛穴だ!」と日本語に置き換えながら正しい発音を覚えていきます。

発音苦手な方でも勉強しやすい本ですね。まずはこの本から発音学習するのはありでしょう。

英語の発音トレーニングBook

English Boot Camp代表の方が執筆した教材の「英語の発音トレーニングBook」

英語の発音で、母音・子音の基本を一から学べる内容になっていて、付属のDVDとCDを有効活用することで効果的に発音練習ができます。

全ての英語の音に対して、「口の中の動きが見られるアニメ動画」「ネイティブの口元の動きの動画」があるため初心者でも理論的に分かりやすく学習が可能です。

価格自体も低価格なので使いやすい教材の一つです。

英語は5つの口で発音できる!

日本人が苦手な発音にフォーカスをして、「5つの口」の動きで正しい発音をするための効果的な練習方法を解説している「英語は5つの口で発音できる!」

日本人が最短で「きちんと通じる英語の音を習得できる」ということを目的に作られています。

口の動きの絵を図解されていて使いやすい発音教材の一つです。

英語発音が学べるおすすめの学習サイト【2選】

英語が学べる発音の本を5選ご紹介してきましたが、それ以外にもオンライン上で使えるおすすめの発音教材をご紹介していきます。

本ではなく、オンラインで学ぶメリットはCDやDVDなどをパソコンで再生したり、スマートフォンなどに取り込む必要もなく無料で学べるという点です。

まずは、発音学習を始めてみたいという人にはおすすめです。

1.英語発音入門

eigo-hatsuon-nyumon

甲南大学の国際言語文化センターで、研究開発されたオンラインで学べる発音教材で、「イギリス発音」「アメリカ発音」と学びたいアクセントの発音を選ぶことができます。

1つずつ学び進めることで、英語の発音を効果的に学べるおすすめの学習教材です。

公式サイト:英語発音入門

2.READING BEAR

readingbear

英語版のサイトで、英語学習者のための学習サイトです。

1,000以上の登録されている英単語から苦手な発音・覚えたい発音を選択して集中的に学ぶのにおすすめのサイトで、手軽に発音を学びたい人は使ってみるのをおすすめします。

公式サイト:READING BEAR

英語発音の勉強方法・上達方法とは?

英語発音の勉強方法・上達方法とは?

英語発音で活用できる本・教材を活用してきました。

独学でも学べる発音学習ですが、効果的に取り組めるように上達方法をここでは解説していきます。

英語発音の勉強方法
  • カタカナ英語で発音を覚えない
  • 発音学習を習慣化して継続する
  • 一つの本・教材を選んで集中的に取り組む
  • シャドーイング・ディクテーションなどにも取り組む

順に解説していきます。

カタカナ英語で発音を覚えない

発音学習をする際に注意しておきたいのは「カタカナ英語で発音を覚えない」という点。英単語を覚えるときに読み方を「カタカナ」で書いている人もいるかと思いますが、避けておきましょう。

英会話をする上でも「カタカナ」で考えたり、「日本語」で理解しようとするとスムーズに会話が進みません。

そのため、発音記号を覚えたり、「英語を英語のまま理解する」ということに意識を向けるのがおすすめです。

発音学習を習慣化して継続する

発音学習は勉強すればするだけ習得が早いため、短期間で集中的に取り組むのがおすすめです。そのため、1年間などの長い期間をかけて勉強するのではなく、発音の基礎を2〜3ヶ月の期間を決めて集中的に取り組むと良いでしょう。

そのためには毎日継続して発音学習をする習慣化が大事ですね。

机に向かって集中して勉強する時間に加えて、本・教材の音源をスマートフォンに取り込んでおいて通勤通学で聞けるようにしておくことでスキマ時間を活用できますね。

また、本・教材に加えてアプリなどを活用するのも良いでしょう。

継続学習を心がけてみることをおすすめします。

関連記事
英語の発音練習ができるおすすめアプリ徹底調査【10選】
英語の発音練習ができるおすすめアプリ徹底調査【10選】英語の発音練習が出来るスマホアプリをEnglish With編集部が実際に利用して徹底調査。おすすめの発音練習アプリをまとめました。発音学習のコツもまとめているのでぜひ参考にしてみて下さい!...

一つの本・教材を選んで集中的に取り組む

発音学習におすすめな本・教材をお伝えしましたが、いきなり2〜3つの教材を購入することはおすすめしません。

まずは一つの教材を選択して、1回やり抜くことを目標にしましょう。いろんな教材をかいつまんで勉強するより、1冊やり抜くほうが習熟度は高いです。

その際に、100%完璧にやらずに「80%でも良いから習得する」ぐらいの軽い気持ちで取り組むのが個人的にはおすすめです。

シャドーイング・ディクテーションなどにも取り組む

発音学習には、シャドーイングやディクテーションというトレーニンがおすすめだと言われています。

僕自身も英語学習を行っていた際には取り組んだ方法です。詳しくは以下の記事でも解説していますが、発音学習を独学で行う方はチェックして尊をおすすめします。

関連記事
シャドーイングができるおすすめ教材まとめ【英語力の底上げに】
シャドーイングができるおすすめ教材まとめ【英語力の底上げに】この記事では、英語のリスニング・スピーキング力を向上させるための学習トレーニングとして有名な「シャドーイング」のおすすめの教材をまとめています。また、シャドーイング添削を講師が直接行ってくれるサービスも記事後半では紹介しています。...
タイトル:シャドーイングとディクテーションの違いを解説【英語上達法】
シャドーイングとディクテーションの違いを解説【英語上達法】この記事では、英語学習に大事な「シャドーイング」と「ディクテーション」の違いや効果について解説しています。...

まとめ:英語発音を勉強して上達を目指そう!

発音学習におすすめ本・教材を紹介してきました。

今回紹介した本を活用して英語発音の練習を行うことで「英語で言いたいことが伝わらない…」ということや「英語が聞けない…。」という悩みはなくなっていくはず。

そのために自分のレベルに合わせて教材を選び、学習に取り組んでみてください。発音練習を積み重ねることで自然と正しい発音として話せるようになります。

また本記事では紹介していませんが、発音を徹底的に学び効率よくマスターを目指したいのであれば「発音矯正スクール」の受講がおすすめ。English With編集部でも実際に受講した経験のあるスクールを紹介しているので以下の記事も参考にしてみて下さい!

英語の発音矯正ができるオンライン英会話【おすすめ5選】
英語の発音矯正ができるオンライン英会話【おすすめ8選】英語の発音・発声に特化した発音矯正ができるオンライン英会話をEnglish With編集部が徹底調査してまとめ。取材・体験などを通して本当におすすめできるスクールをまとめているので参考にしてみて下さい!...
英語の発音矯正が学べる!質の高いおすすめ英会話スクール【8選】
英語の発音矯正におすすめの英会話スクール8選【徹底比較】正しい英語発音を身に付けたい方向けに発音矯正ができるスクールを徹底比較してまとめ。スクール(対面)・オンライン別に比較しやすいようにまとめているので参考にしてみて下さい。...
その他関連記事
英語の発音練習ができるおすすめアプリ徹底調査【10選】
英語の発音練習ができるおすすめアプリ徹底調査【10選】英語の発音練習が出来るスマホアプリをEnglish With編集部が実際に利用して徹底調査。おすすめの発音練習アプリをまとめました。発音学習のコツもまとめているのでぜひ参考にしてみて下さい!...
英語発音を動画と音声で学べるおすすめサイト10選【無料で練習】
英語発音を動画と音声で学べるおすすめサイト10選【無料で練習】英語発音を音声・動画で学べる学習サイトをEnglish With編集部で調査し、おすすめをピックアップ。独学で英語の正しい発音を学びたいと考えている方は要チェックです!...
ABOUT ME
Kazushi Yoshida
オーストラリア留学・フィリピン・セブ島留学経験者・セブ島1年在住。日本帰国後には、語学留学のカウンセラーをしつつ、オンライン英会話・英会話スクールの立ち上げなどを社会人時代に経験して独立。もっと身近に英語を学べるようにEnglish Withを運営しています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事