英会話スクール

シャドーイングができるおすすめ教材まとめ【英語力の底上げに】

シャドーイングができるおすすめ教材まとめ【英語力の底上げに】
英語力を上げる学習トレーニングで「シャドーイング」が効果的だって聞いたけど、どんな教材を使えば良いんだろう?英語レベル別でわかるようにおすすめを知りたいな!
ショーン
ショーン
これまで50社以上の英会話スクールを受講・取材をしてきた海外留学経験者のショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、様々なスクールの体験・取材記事を書いています。

ここでは、英語のリスニング・スピーキング力を向上させるための学習トレーニングとして有名な「シャドーイング」にをする際におすすめの教材を紹介。

シャドーイングとは?

英語音声を聴きながら、それと同じ音を少し遅れて発音するトレーニングのこと。シャドー(影)のように遅れてくることからシャドーイングと呼ばれている。

シャドーイングは一見簡単そうなトレーニングに思えますが、大事なポイントは「適切な題材選び」です。

シャドーイングの題材選びには「音声を聞いてみて理解度が70%以上のもの」を選ぶのが良いとされており、自分の英語レベルに合わない英語音声を選んでしまってはシャドーイングの効果が半減してしまいます。

そこで、この記事ではEnglish With編集部が実際に使ったことのある「おすすめシャドーイング教材」を特徴別にまとめたのでここで紹介。

ショーン
ショーン
シャドーイングは「ご自身の英語レベル」や「伸ばしたい英語スキル」によって題材を変えるのがおすすめ。この記事を通じて自分に適した教材を選びシャドーイング行いましょう!

シャドーイング学習ができるおすすめ教材【10選】

早速、シャドーイングする題材を探している方に向けておすすめの教材を紹介してきます。

ご自身の英語レベルによって選ぶ教材が変わるので、順に確認してみましょう。

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング

  • 英語レベル:初心者向け

みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニングは、元々「音読トレーニング」のために作られた教材ですが、シャドーイングにも効果的です。

内容は「中学レベルの簡単な単語やフレーズ」がメインで構成されており、英語レベル初心者の方でも無理なくシャドーイングを始められる教材。

本来は、ある程度の英語知識がないとシャドーイングは行えませんが、こちらの教材でれあれば英語の基礎力も並行して身に付けることが可能です。

一般的な英会話をする際には、わざわざ難しい表現を使うことは不要で、中学レベルの基礎的な英語をうまく使いこなせるかどうかの方が重要なので、基礎力をしっかり身に付ける際にはこの教材はおすすめできます。

新ゼロからスタートシャドーイング

  • 英語レベル:初心者向け

ゼロからスタートシャドーイングは、題材となる内容が中学レベルに設定されている教材。

初心者向けであることと、一度は聞いたこのある英単語が多く出題されるため英語初心者でも始めやすいのが特徴的です。

例えば、短い単調的な文章から始まり、日常英会話を元にした「会話文」や、慣れてきたら「ニュース英語」と段階的に難しくなっていきます。

「イソップ物語」などの童話や「結婚式のスピーチ」など、イラスト付きのバラエティ豊かなページを参考にシャドーイングができるので楽しく学習できますね。

慣れてしまえば「10分~30分ほど」で学習できる内容ですので、シャドーイング学習を習慣化することも可能です。

決定版英語シャドーイング超入門

  • 英語レベル:初心者向け

決定版英語シャドーイング超入門は、シャドーイングを始める前段階の勉強法なども丁寧に記載されているシャドーイング初心者向けに作られた教材です。

「はじめまして」から始まるゆっくりしたスピードの短い会話をはじめ「喜び・怒り・驚き・いらだち」などの感情を、シャドーイングを通じてアクセントやイントネーションを学びます。

英会話は日本語と異なり「感情を言葉に乗せる言語」ですので、英語音声の抑揚を理解するのはとても大事。簡単な英語表現を元に学べるのでおすすめです。

さらに、少し難易度が上がると「海外旅行や電話の定番とされる表現」教材の後半になると「インタビュー」や「ニュース」まで、多彩なトレーニング素材を用意。

また、継続して行うことが大事であるシャドーイング学習に使える「記録手帳」が付録でついています。

シャドーイング学習は結果が出るまでに最低でも1ヶ月ほどかかると言われているので、日々の練習時間の記録を残せる付録がついているのは良いですね。

決定版英語シャドーイング

  • 英語レベル:中級者向け

決定版英語シャドーイングは、シャドーイングのメカニズムから題材となる英語音声まで用意されているおすすめ教材です。

「なぜシャドーイングが英語学習に大きな効果があるのか?」「なぜスピーキング力も高まるのか?」などの根本的なシャドーイングにまつわる知識も身につきます。

題材内容は「レベル別に3段階に分けた19本のトレーニング」を用意しており、少し難易度は高め。

例えば、簡単なモノローグからスタートして、ネイティブ同士の会話、ニュース、英語プレゼン研修の実況中継、オバマ大統領のスピーチ、トム・クルーズへのインタビューへと英語レベルがどんどん上がって行きます。

そのため、後半の題材に取り掛かる時には、基本的な日常英会話の音声や内容理解はできるようになっていることでしょう。段階的に教材を使えるのは使いやすくて良いですね。

速読英単語 必修編[改訂第7版]

  • 英語レベル:初心者~中級者向け

速読英単語は、大学受験や社会人の英語学習用の単語帳として有名な教材ですが、シャドーイング学習をする際に活用するのもおすすめ。

シャドーイングは英単語力が不十分ですと、音声を聞いてもわからない文章が多くなり効果的に学習することができません。

そのため、英語知識を増やすという意味でも、速読英単語で英単語を覚えながら並行してシャドーイングするのが良いでしょう。

また、速読英単語では英単語を覚える学習の他に「70種類の長文」も用意。学んだ単語に関する長文内容をシャドーイングすることで「単語力」「リスニング力」がしっかり身につきます。

音読で攻略TOEIC®L&Rテストでる文80

  • 英語レベル:初級~中級向け

音読で攻略TOEIC®L&Rテストでる文80は、TOEICのスコアアップを目指していてシャドーイング学習を取り入れようと考えている方におすすめできる教材です。

リスニングセクションに関連する全80の例文を音読することでシャドーイングができるので、リスニングスキルの向上に加えてリーディング力も身につきます。

TOEICで頻出する英文が多く出題されているのが特徴的ですが、例文はそこまで難しくなく初級~中級者の方(TOEICスコアが450~700点ほど)に対象の教材です。

シャドーイングで学ぶ TOEIC TEST 860突破ボキャブラリー

  • 英語レベル:中上級者向け

TOEIC TEST 860突破ボキャブラリーは、タイトル通り「TOEICハイスコアを目指す」ためのシャドーイング本です。

860点を目指すことに特化した内容ですので英語レベルは中上級者以上の方におすすめ。

英単語とその意味を繰り返し丸暗記するような目で読むだけの学習ではなく「TOEICリスニングを題材」にしたシャドーイング学習が行えるのでリスニング・リーディング力向上が期待できます。

大学入試英語長文ハイパートレーニング

  • 英語レベル:初級~中級者向け

大学入試英語長文ハイパートレーニングは、その名の通り「大学入試向け」に作られた教材ですが、長文を読み内容を把握してからシャドーイングトレーニングをすることが可能。

内容が日常生活やビジネスに特化している訳ではないので「大学受験生」が主にシャドーイング学習で使うのが良いでしょう。

大学受験の教材の特徴は、何よりも「解説が懇切丁寧」ということ。長文解説から英文・単語の意味まで詳しく書いています。

そのため、英語の基礎がまだ作られていない方にとっても英語知識をインプットしながらシャドーイングを行えるのでおすすめです。

ハリウッドスターの英語 イングリッシュ・ジャーナル・セレクション

  • 英語レベル:中上級~上級者向け

ハリウッドスターの英語は、ハリウッド俳優のインタビュー内容に興味がありその内容をシャドーイング学習に使用できるおすすめの教材です。

俳優が話す英語はメディアに取り上げられることもあり、丁寧で誰にでもわかりやすい「お手本の英語」でもあります。

また、好きな俳優がいればその方のインタビュー内容を使うことで楽しくシャドーイングを行うこともできますね。

日本でも有名は俳優ですと「エマ・ワトソン」「ダニエル・ラドクリフ」「レオナルド・ディカプリオ」などの英語をシャドーイング題材にすることも。

ただ、どの内容も本場ネイティブのスピードでシャドーイングを行う必要があるので、難易度は高めです。

英語スラッシュリーディングトレーニング

  • 英語レベル:上級者向け

英語スラッシュリーディングトレーニングは、プロの通訳翻訳者を目指す方も使う本格的なシャドーイング教材です。

そのため、内容に関しては「公立学校での人種分離問題」や「科学者による大地震の予言」「ゴミから燃料を作る企業」といった「政治・世界情勢・人権問題」などを多く扱っており、難易度はかなり高め。

英語力が高く一度チャレンジしてみたい方はこの教材でシャドーイング学習を行ってみると良いでしょう。

その他、シャドーイングに活用したいサービス

シャドーイングを行うには教材を使わなくても以下のようなサービスを通じてトレーニングすることも可能。

シャドーイング題材を選ぶ際に教材以外にも以下もチェックしてみると良いでしょう。

スマホアプリ

スマホアプリスマホアプリを通じてシャドーイング学習をするのはおすすめの方法の一つです。

アプリの場合は無料で使えるものも多く、有料だとしても買い切り価格であったり月額課金の場合でも1ヶ月だけ利用することが可能。

シャドーイングをしたいけどそこまでお金をかけたくないと思う方にはスマホアプリを活用してみるのが良いかと思います。

シャドーイングアプリの詳細を知りたい方は以下の記事を参考にしてみましょう。

シャドーイングが行えるおすすめ英語学習アプリを紹介【5選】
シャドーイングが行えるおすすめ英語学習アプリを紹介【5選】 ここでは、リスニング・スピーキング力をメインに高めることができる「シャドーイング」可能な学習アプリを紹介。 ...

YouTube動画

YouTube動画シャドーイングできる題材はYouTubeでも見つかります。シャドーイング専門のYouTubeチャンネルなどもいくつか用意されており、レベル別に探せるのでこちらもおすすめです。

また、YouTubeの機能として「音声スピードの変更」「字幕の表示」等ができるため、シャドーイング内容を理解するために役立てることができます。

シャドーイングができるYouTube動画の詳細を知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

シャドーイング学習におすすめのYouTube動画【まとめてみた】
シャドーイング学習におすすめのYouTube動画【まとめてみた】 ここでは、効果的な英語トレーニングとしておすすめな「シャドーイング」ができるYouTube動画・チャンネルを紹介していき...

シャドーイング添削サービス【本気で英語力を上げたい方向け】

シャドーイング学習をしていると「自分の英語音声をチェックしてほしい」「シャドーイングの方法はこれであっているのかな?」と思うこともあります。

そこで、English With編集部でもおすすめしているのが「シャドーイングを添削してくれるサービス」を使ってみるということです。

ここではおすすめのシャドーイング添削サービスを2つ紹介していきます。

シャドテン

シャドテン
おすすめ度
料金 月額 19,800円
6カ月プラン 109,800円
無料体験 7日間の無料お試しあり

シャドテンは、短期間で英語力を伸ばすことが目的の英語コーチングスクール「PROGRIT(プログリット)」が提供するシャドーイング添削サービスです。

このサービスでは「1日1課題、30分から始められる」ということで、気軽にシャドーイング学習ができることに加えて英語の習慣化をすることが可能。

シャドテン内容

サービスの流れとしては、シャドテンが事前に用意している「英語レベル別の英語音声」から好きなものを1つ選択し該当する課題に対してシャドーイングを行います。

学習の中で自分で発話したシャドーイング音声をチャットを通じて添削者に送り、24時間以内に添削者から「日本語文による添削結果と丁寧なアドバイス」が送られてくるので、それを元に復習するといった形で日々学習を進めていきます。

シャドテン添削内容僕自身もサービスを体験してみましたが、シャドテンでは、自己学習する際に理解が難しい「英語音声のルール」についても詳しくフィードバックがもらえるので学習効率も上がります。

また、シャドテンは料金面でも始めやすく「サブスクリプション(月額定額制)」で、1ヶ月更新で使い続けることが可能。そのため、1ヶ月だけ試してみることもできますね。

入会前に「7日間の無料体験」をお試しで使えるのでそちらから利用してみるのがおすすめです。正しいシャドーイング方法などの理解も深めることができるのでまずは利用してみましょう。

シャドテンの公式サイトをチェック!

プログリットの月額制サービス「シャドテン」とは?【体験してみた】
プログリットの月額制サービス「シャドテン」とは?【体験してみた】 今回は、短期間で英語力上達を目指せる英語コーチングスクール「PROGRIT(プログリット)」が、1日30分から始められるシャドー...

HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)

HiNative Trek(ハイネイティブ トレック)
おすすめ度
料金 月額 19,600円
無料体験 無し

HiNative Trek(ハイネイティブトレック)は、「ビジネス英語」や「IT英語」に特化した内容を学べる英語学習アプリです。

このアプリでは「ビジネス英語コース」「IT英語コース」が用意されているのでいずれかを選択しカリキュラムを始めます。

シャドテンと違い、添削者は「アメリカ人講師」になるため添削時のアドバイスは英語で理解する必要があり、基礎英語は学んでいる方が対象となります。

添削内容やアドバイスは、きめ細やかできちんとフィードバックをしてくれます。

カリキュラムの流れは、毎日「ビジネス業界」または「IT業界に関する課題」が送られてくるので、それに答えるという形で自分で英語の文章を作り発話し講師に送ります。

hinativetrek添削24時間以内にその内容を講師が添削しアドバイスをし、必要であれば添削内容の質問も行えます。

さらに、回答に対しての「模範解答」や「英語音声」も共有されるので、自分が作成した文章や音声を正解と照らし合わせることが可能。

僕自身、ハイネイティブトレックの担当者の方にカリキュラム開発についてインタビューしたことがありますが、実際にビジネス・IT業界(シリコンバレーの人たち)がリアルに仕事で使う題材を元に作成しているため実践的な内容のものが多いようです。

例えば、「来期の利益率を上げるためにはどうしたら良いか?」「DAU/MAU比率を2倍にするにはどうしたら良いか?」などといった、リアルなシーンを想定しているので、即時的に使える英語力が習得できます。

HiNative Trekの公式ページをチェック!

英語アプリ「HiNative Trek」は実践英語が学べておすすめ!【毎日学べる】
英語アプリ「HiNative Trek」は実践英語が学べておすすめ!【毎日学べる】スマホで手軽に利用できる英語学習アプリは数多くあり、英会話教室との併用で自習学習で利用したり、独学で英語を学習している人で上手くアプリを...

最後に:シャドーイングの題材選びは教材以外にもいくつかある!

今回は、リスニング・スピーキング力を向上させる「シャドーイング」に関しておすすめできる教材をメインに紹介しました。

どれも市販の教材で、料金面でもそこまで高くはないので気軽に使い始めることができるのではないでしょうか。

その他、アプリやYouTube動画からシャドーイング題材を見つけられることがわかりましたね。

シャドーイングは、僕自身も英語力を上げるために試してきた学習方法ですが、実際に取り組んでみて思うのは「正しいやり方で行うのがとても大事」ということです。

シャドーイングには正しい学習のステップがあり、どの英語スキルを伸ばすのかによっても方法は変わってきます。さらに、シャドーイングの効果が現れるまでには毎日学習していたとしても「最短1ヶ月はかかる」と言われているので、根気よく続けることが大事なんですね。

まずは、シャドーイングを初めてみることがなにより第一歩目として大事ですが「自分のシャドーイングが合っているか?」一度確かめてみるためにも「プロのアドバイス」を参考に進めていくのも良いかと思います。

シャドーイング添削ができるおすすめサービス

「シャドテン」「HiNative Trek」は英語学習のプロが「シャドーイング添削」をしてくれることに加えて、課題提出が毎日推奨されているので「学習の習慣化」にも繋がります。

また、シャドテンを提供している「プログリット」では、シャドーイング添削だけでなく、英語力の総合サポートを行ってくれるサービスも提供しています。

受講生一人ひとりに対して専属のコンサルタントが学習習慣・英語力の底上げを徹底的にアドバイスし「2~3ヶ月間の短期間集中のプログラム」の中で学習を行います。

本気度の高い方に選ばれているサービスですので、興味のある方は「プログリット」での受講を検討してみるのも良いでしょう。

プログリットに通えば英語は伸びるの?【口コミ・評判を徹底調査】
プログリットに通えば英語は伸びるの?【口コミ・評判を徹底調査】 プログリット(PROGRIT)で英会話を学ぶ上でこんな疑問についてこの記事では、まとめていきます。 本気で英語を学...
ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事