英語留学

社会人の留学期間はどのくらい?期間別の学習効果やエージェントを紹介

社会 人 留学 期間
※記事内にプロモーションを含みます。
社会人の留学期間はどのくらいが良いんだろう?期間別の学習効果や予算について詳しく教えてほしいな!
Tomomi
Tomomi
こんにちは!English WithライターのTomomiです!海外で生活をしながら、英語に関する記事を書く仕事をしています。

社会人が留学する際に、渡航先の決定と同じくらい重要なのが「期間」ですよね。

留学期間が長いほど英語力は伸びやすくなりますが、留学費用やキャリアのブランクなどに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。

社会人留学の経験を今後のキャリアアップに有効に活かしていくためには、様々な要素を考慮した上で適切な留学期間を決める必要があります。

そこで今回の記事では、社会人の留学期間について解説していきます。留学期間を決めるポイントや期間別の学習効果・予算について詳しく紹介していくので、社会人留学を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

手数料無料の「リッシュ留学」
リッシュ留学

リッシュ留学は、インスタで話題の「南国リゾートマガジン」を運営し、フィリピン・セブ島、インドネシア・バリ島を中心に留学をサポートするエージェント・留学手数料完全無料で留学する都市から語学学校選びまで徹底サポート。

 

LINEで気軽にチャット相談からZoomでのオンラインコンサルティングも実施しています!

人気ランキング
サポート手数料 手数料無料
サポートしている国 フィリピン・インドネシア(バリ島)
サポート内容 留学前の留学コンサルティング
(都市選びから語学学校選ぶ)
航空券・海外留学保険の取得サポート
事前準備・海外生活サポート
現地情報のご紹介
現地情報を知るなら インスタグラム:南国リゾートマガジン
インスタグラム:リッシュ留学
Twitter:リッシュ留学代表ツイッター

LINE登録者に失敗しない留学資料配布中!

LINE登録公式サイト

社会人留学に行く期間を決める4つのポイント

最初に、社会人留学に行く期間を決めるポイントについて解説していきます。

「どのように留学期間を決めればいい?」と迷っている方は、ぜひ以下の4つのポイントを踏まえて決めてみてください。

社会人留学に行く期間を決める4つのポイント
  1. 目的・目標を明確にする
  2. キャリアプランを立てる
  3. 予算を決める
  4. 期間ごとのメリット・デメリットを比較する

1.目的・目標を明確にする

1.目的・目標を明確にする第一に、留学の目的と目標を明確にした上で期間を決めることが大切です。

留学の目的を明確にすることで、どのようなプログラムや国を選ぶべきか、そしてどれくらいの期間が必要か、適切な留学プランが見えてきます。

「社会人留学」と一口に言っても、語学学校への通学の他にもキャリアアップのための専門スキル留学や、海外インターンへの参加など、留学プログラムは様々。留学の種類や目的によって必要な期間も異なるため、まずは「何のために留学するか」「留学することで何を達成したいか」を明確にすることが大切です。

2.キャリアプランを立てる

2.キャリアプランを立てる第二に、留学後のキャリアプランを考えることも重要なポイントです。

留学の経験を帰国後にどう活かすのか、将来どのようなキャリアを目指すのかを考え、留学の期間を決めましょう。

留学を経て得た英語スキルは帰国後の再就職時に強みとしてアピールできますが、留学経験自体はキャリア評価の対象になりません。企業によっては「留学期間=ブランク期間」と捉えられることもあるので、そうしたことも考慮した上で期間を決めることが社会人留学のポイントです。

3.予算を決める

3.予算を決める第三に、予算をあらかじめ決めておくことも大切です。

留学期間によって必要となる費用は大きく異なります。学生ビザで留学した場合は基本的に現地で就労ができないので、予算を決めておき、金銭的に無理のない範囲で留学期間を決めましょう。

「思ったよりお金がかかってしまい、予定よりも早く帰国することになった」という失敗例も少なくありません。

記事の後半では期間ごとに必要な留学費用の相場を紹介していくので、ぜひそちらも参考にしながら、自分に合った留学期間を検討してみてください。

4.期間ごとのメリット・デメリットを比較する

4.期間ごとのメリット・デメリットを比較する第四のポイントに、期間ごとのメリット・デメリットを比較することが挙げられます。

留学期間によって得られる学習効果、必要な費用、キャリアへの影響は異なるため、それぞれのメリット・デメリットを比較した上で決めることが大切です。

短期留学のメリットは、長期休暇を利用した留学が可能であることや、退職している場合でもキャリアのブランクにならないという点があります。また、費用も抑えられるので、留学のハードルが低いことも利点です。

しかし、そうしたメリットがある反面、留学期間が短いため大幅な英語力向上は見込めません。

一方、中・長期留学のメリットは、英語力を効果的に伸ばせることや、現地での経験を通してスキルアップできる点が挙げられます。また、留学先で人脈を広げたり、新たな価値観を築いたりと、海外生活ならではの体験ができるのも大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、中・長期留学の場合はキャリアにブランク期間ができてしまい、帰国後の再就職が大変になるというリスクがあります。また、留学生活に慣れていくうちに遊びが優先されてしまって英語力の伸び悩みを感じるというのもよくある失敗例です。

次の項で期間別に得られる学習効果について詳しく解説していくので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。

〜1週間の社会人留学【得られる効果】

〜1週間の社会人留学【得られる効果】1週間未満の社会人留学では、なかなか大きな英語力の伸びは感じられません。

しかし、英語のみを話す環境に身を置き積極的にコミュニケーションを取ることで、自然と英会話への抵抗感がなくなり、自分の英語に自信がつくでしょう。

1〜2週間の社会人留学【得られる効果】

1〜2週間の社会人留学【得られる効果】1〜2週間の社会人留学では劇的な英語力の伸びは感じづらいですが、積極的に英語を話すことでスピーキング力とリスニング力の向上が期待できます。

クラスメイトと英語で会話をしたり、レストランで店員と英語を話したりと、毎日できるだけたくさん英語でコミュニケーションを取れば英会話力を伸ばせるしょう。

1〜2週間の社会人留学で効果を出すためには、語学学校の質が重要です。レッスン数や内容によって英語力がどれだけ伸ばせるか差が出ます。

例えば、グループレッスンでクラスに大勢生徒がいた場合、受講が受け身になり、「聞いて終わり」となりやすいです。短期留学で効果を出すためには、少人数制で会話重視のレッスンやマンツーマンレッスンがあるスクール、もしくは1日のレッスン数が多いスクールを選ぶと良いでしょう。

短期留学は手軽である反面、英語力の伸びが実感しづらいというデメリットがあります。短期留学で成功するためには、学習効果重視でのスクール選びと、積極的な姿勢で英会話に挑戦することが大切です。

こちらの記事では2週間のセブ島留学について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

:2週間のセブ島留学の学習効果や費用を解説【英語の伸びはどのくらい?】
2週間のセブ島留学の学習効果や費用を解説【英語の伸びはどのくらい?】この記事では、2週間のセブ島留学の学習効果や費用について詳しく解説しています。短期留学を検討している方やフィリピン・セブ島留学に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

〜1ヶ月の社会人留学【得られる効果】

〜1ヶ月の社会人留学【得られる効果】1ヶ月の社会人留学では、英語環境に慣れ、生活に必要な最低限の日常会話を身につけられます。

留学前にある程度基礎ができている場合は、1ヶ月の留学で大きな手応えを感じることができるでしょう。

1ヶ月英語のみの環境に身を置くことで、英語独特のリズムやイントネーションが掴めますし、スピーキングも慣れてくるので「話せるようになっている」という実感が沸くはずです。

また、1ヶ月、日常的に英語を話していると自分の課題点が見えてきます。パッと表現がでてこなかったり、クラスメイトとの会話で自分の英語が通じなかったりと、留学には失敗がつきもの。失敗をたくさんすることで、「自分は語彙力がないな」「文法が苦手だ」など自分の弱点を把握でき、帰国後の英語学習に活かせます。

1ヶ月のフィリピン留学について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

1ヶ月のフィリピン留学では何が学べる?効果や費用などを留学経験者が解説
1ヶ月のフィリピン留学では何が学べる?効果や費用などを留学経験者が解説この記事では、1ヶ月のフィリピン留学で得られる学習効果やその費用について、留学経験者が細かく解説しています。フィリピン留学に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。...

1〜3ヶ月の社会人留学【得られる効果】

1〜3ヶ月の社会人留学【得られる効果】1〜3ヶ月の社会人留学では、英語力の伸びを強く実感できるでしょう。

語学学校に通う場合、1〜3ヶ月であれば体系的なコースを受講できるので、より学習密度を高められます。英語4技能(話す・聞く・読む・書く)をまんべんなく伸ばすことが可能です。

また、聞いた英語を日本語に訳すのではなく、「英語を英語で理解する」という習慣が身に付くので、英語の学習効率も上がり、より自然な英語表現が身に付いていきます。

さらに、他の留学生や現地の友人などと交友関係を広げやすいのも1ヶ月以上の留学のメリットです。英語でのコミュニケーションを通して英会話力を磨けるでしょう。

3ヶ月〜半年の社会人留学【得られる効果】

3ヶ月〜半年の社会人留学【得られる効果】3ヶ月〜半年の社会人留学であれば、英語力向上に大きな効果があります。

英語の基礎力が養われ、英会話での日常生活で困ることが少なくなるはずです。ネイティブの英語のスピードにもついていけるリスニング力が身に付きます。

さらに、週末はボランティアやイベントに参加するなど語学学校以外でも様々な経験ができるので、国際感覚を身につけたり価値観を広げたりと、海外生活ならではの体験ができるでしょう。

半年〜1年間の社会人留学【得られる効果】

半年〜1年間の社会人留学【得られる効果】半年〜1年間の社会人留学であれば、英語力の大幅な向上が期待できます。

半年以上の留学であれば、語学学校に加えて企業のインターンに参加したり、英語で専門スキルを学べる学校に通ったりと、語学以外のスキルを身につけることも可能です。

ただし、半年以上の社会人留学で得られる効果は人によって大きく差がでます。モチベーションを保ちながら英語学習に積極的に取り組めば英語力を大きく伸ばせますし、キャリアアップに繋がるビジネススキルを身につけられるでしょう。

しかし、長期滞在であるがゆえに途中で中だるみしてしまったり、遊び重視の生活を送ったりと勉強がおろそかになると、1年の留学でも期待通りの成果は出せません。

半年以上の長期留学の場合は「いつまでに何をする」という短期目標を立てながら、メリハリをつけて留学生活を送ることが大切です。

こちらの記事では1年間のフィリピン留学について体験談とともに詳しく解説しています。興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

1年間のフィリピン・セブ島留学の学習効果・費用は?留学経験者が徹底解説
1年間のフィリピン・セブ島留学の学習効果・費用は?留学経験者が徹底解説この記事では、1年間のフィリピン・セブ島留学で身に付く学習効果について留学経験者の私が詳しく解説しています。フィリピン留学・セブ島留学に興味のある方はぜひ参考にしてください。...

社会人留学の効果を最大限にする3つの方法

ここからは、社会人留学で効果的に英語力を伸ばすための方法について解説していきます。

留学の期間に関わらず、どのような留学をするか、そして留学先でどのように過ごすかによって、学習効果に大きな差が生じます。

「思ったより英語力が伸びなかった…」と後悔することがないよう、社会人留学の際は以下の3つのポイントをおさえることが大切です。

社会人留学の効果を最大限にする3つの方法
  1. 目的に合ったカリキュラムで留学する
  2. 自習時間を確保する
  3. 積極的に英会話をする

1.目的に合ったカリキュラムで留学する

1.目的に合ったカリキュラムで留学する最初に、自分の目的に合ったカリキュラムで留学することが大切です。

社会人留学には語学学校以外にも、専門留学やインターンシップ、海外ボランティアなど様々な種類があります。

また、語学学校も多種多様ですし、提供しているレッスンも日常会話コース、ビジネス英語コース、英語試験対策コースなど多様な選択肢があるので、自分の英語レベル・学習目的・キャリアプランに合わせて自分の目的に合ったカリキュラムを選ぶことが大切です。

適切なカリキュラムを選べば自分に必要な学習に集中でき、効率良く英語力を伸ばせます。

2.自習時間を確保する

2.自習時間を確保する次に、留学中も自習時間を確保することが英語力向上には欠かせません。

語学学校のレッスンや日常での英会話に加えて、自習で語彙や表現のインプットや学んだ知識を整理することで、英語力を大きく伸ばせます。

会話で使えそうな表現をインプットし実際に日常会話で使ってみる、レッスンで学んだ表現をノートにまとめて寝る前に暗唱するなど、自習のステップがあることで学習効率が大幅にアップし、効果的に語彙力や表現力を磨けます。

留学中は楽しいことも多く、ついつい自習がおろそかになりやすいですが、「毎日1時間は自習にあてる」など自分で学習スケジュールを立ててメリハリをつけて取り組むことが大切です。

3.積極的に英会話をする

3.積極的に英会話をする最後に、積極的に英会話をすることが挙げられます。

留学をしたとしても、英語でコミュニケーションを取らなければ英語力はなかなか伸びません。学んだ語彙やフレーズは、実際に会話で使ってこそ定着していきます。

たとえ英語のみの環境に身を置いていたとしても、「学校と家の往復で英語を話さない」「一人でいる間は日本語でSNSを見てる」など、英語を使わなければ話せるようにはならないため、積極的に「英語を使う」というアクションを起こすことが大切です。

クラスメイトや講師と積極的に質問をしたり、レストランや外出先で店員と喋ったりなど、自ら英語を話す機会を作って練習しましょう。

社会人留学にかかる費用

ここからは、社会人留学にかかる費用について解説していきます。

社会人留学にかかる費用を期間別にまとめた表が以下です。

1週間 12万〜40万
2週間 14万〜50万
1ヶ月 19万〜70万
半年 73万〜340万
1年 135万〜500万

どのような国にどのような手段で留学するかによって、留学費用は大きく変動します。

次の項で、上記の費用を渡航前後に分けて具体的な内訳を解説していくので、ぜひ留学期間を決める参考にしてみてくださいね。

渡航前

渡航前まず、渡航前にかかる費用について解説していきます。

期間別の渡航前にかかる費用の目安を表にまとめました。

1週間 12万〜30万
2週間 14万〜35万
1ヶ月 19万〜48万
半年 73万〜170万
1年 135万〜220万

渡航前にかかる費用の内訳は以下の通りです。

社会人留学で渡航前に必要な費用
  • 航空券代
  • 海外旅行保険代
  • ビザ申請費用
  • 語学学校費

それぞれどのくらいの費用がかかるのか、項目別に詳しく解説していきますね。

航空券代

航空券代航空券代は渡航先によって異なりますが、10〜30万ほどです。

航空券代はシーズンによっても大きく変動するため、オフシーズンを狙って渡航すれば費用を抑えることができます。

乗り継ぎ便か直行便かによっても価格は変わるため、予算や時間を加味した上で決めると良いでしょう。価格比較サイトを利用すると、各航空会社の値段を一覧で見られるので便利です。

海外旅行保険代

海外旅行保険代海外旅行保険代は、渡航期間によって異なります。

万が一の事故やトラブルに備えて、保険は必ず入っておきましょう。

滞在期間別の海外旅行保険代の目安は以下の表の通りです。

1週間 2,500〜3,000円
2週間 5,000〜6,000円
1ヶ月 10,000〜20,000円
半年 150,000円(留学用保険)
1年 250,000円〜300,000円(留学用保険)

3ヶ月以内の滞在であれば、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するのもおすすめです。補償内容はクレジットカードの種類や発行会社によって異なるため、短期留学を検討している方はチェックしてみると良いでしょう。

3ヶ月以上の場合には、留学生向けの長期保険(半年〜1年)があります。住居で盗難・破損があった場合の補償や家主への賠償、緊急時の一時帰国費用など、長期滞在ならではのトラブルに対応した留学用保険に加入しておくと安心です。

留学期間に合わせて適切な保険を選びましょう。

ビザ申請費用

ビザ申請費用渡航先や留学期間によって、ビザ申請が必要です。

留学先として人気なアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドの学生ビザ申請にかかる費用は以下の表の通りです。

アメリカ SEVIS費350ドルと学生ビザ申請費185USDがかかる
イギリス 6ヶ月未満の留学:必要なし
6ヶ月以上の留学:学生ビザ申請費348£
カナダ 6ヶ月未満の留学:eTAの申請が必要
6ヶ月以上の留学:学生ビザ申請費150CADとバイオメトリクス料金(指紋採取)85CAD
オーストラリア 3ヶ月未満の留学:ETASの申請が必要
3ヶ月以上の留学:学生ビザ(710AUD)の申請が必要
ニュージーランド 3ヶ月以内の留学:観光ビザの申請が必要(17NZDまたは23NZD ※申請方法によって異なる)
加えて、別途観光税35NZDがかかる
3ヶ月以上の留学:学生ビザの申請が必要(無料 ※パスポート提出が必要な場合は4,600円)

※費用は2023年12月現在のもの

ビザ申請の代行サービスを利用する場合は、別途手数料がかかります。

またビザの申請費は変更になる場合もあるので、留学の際は必ず最新の情報をチェックして手続きをしましょう。

語学学校費

語学学校費語学学校費は、渡航する国や受講するコースによって大きく異なります。

留学先として人気のあるアメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアの場合、語学学校費の相場は以下の通りです。

1週間 2~4万円
2週間 4~8万円
1ヶ月 8〜16万円
半年 48万円〜96万円
1年 100〜170万円

フィリピンやマレーシアなどの東南アジア、フィジー、マルタなどであれば語学学校費が安く、上記の金額の2分の1〜3分の1ほどの費用で語学学校に通うことができます。

渡航後

渡航後次に、留学先に渡航した後に必要となる費用について解説していきます。

渡航後にかかる費用の目安について、以下の表にまとめました。

1週間 4万〜9.5万円
2週間 7.5万円〜15万
1ヶ月 17万円〜30万
半年 68万〜170万
1年 155万〜300万

内訳は以下の通りです。

社会人留学で渡航後に必要な費用
  • 滞在費
  • 生活費
  • 娯楽費

順に詳しく解説していきますね。

滞在費

滞在費滞在費は、居住費と光熱費を合わせた費用です。

居住費は留学するエリアによって異なります。

同じ国でも場所によって家賃が大きく異なる場合があるので、留学先を決める際は物価と居住費の目安を確認しておくことが大切です。

1週間 2〜4.5万円
2週間 4〜7万円
1ヶ月 9〜15万円
半年 30〜90万円
1年 70〜150万円

滞在先は申し込む語学学校がホームステイもしくは学生寮を手配することが多いです。学校によってはシーズンごとに料金が異なる場合があります。

また、食事の有無は滞在先によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

生活費

生活費食費や通信費など生活に必要な支出の目安は以下の通りです。

1週間 1〜3万円
2週間 2〜5万円
1ヶ月 5〜10万円
半年 20〜50万円
1年 50〜100万円

食費は滞在先の寮やホームステイで食事が出るかによって異なります。

物価を考慮した上でシミュレーションしてみると良いでしょう。

娯楽費

娯楽費友人との外出や買い物、観光など娯楽にかかる費用は個人差があります。

一概には言えませんが、目安は以下の表の通りです。

1週間 1〜2万円
2週間 1.5〜3万円
1ヶ月 3〜6万円
半年 18〜30万円
1年 35〜50万円

社会人留学の期間に関するよくある質問【Q&A】

最後に、社会人留学の期間に関するよくある質問に回答していきます。

社会人留学の期間に関するよくある質問【Q&A】
  1. 社会人はどのくらいの留学期間が平均的?
  2. 短期間で安く留学できる国はどこ?
  3. 留学期間関係なくエージェントは使うべき?

1.社会人はどのくらいの留学期間が平均的?

1.社会人はどのくらいの留学期間が平均的?社会人の平均的な留学期間は目的によって異なるため、個人差があります。

「仕事にブランクを作りたくない」という方は短期留学を選ぶケースが多く、3ヶ月未満の留学を選択する場合が多いです。

また、退職の必要がない1週間から留学可能な渡航先もあるので、長期休暇を利用した社会人留学のケースも増えています。

最長でも1年前後の期間が多いです。

2.短期間で安く留学できる国はどこ?

2.短期間で安く留学できる国はどこ?「短期間で安く留学したい」という方には、フィリピン留学がおすすめです。

今回の記事ではアメリカやイギリス、オーストラリアなど英語圏の留学先の費用相場を期間別に紹介しましたが、フィリピンであれば欧米留学の3分の1〜2分の1程度の費用で留学が可能です。

語学学校費・現地での生活費・航空券代を抑えて低コストで社会人留学ができますし、日本からの距離も近いので短期留学に向いています。

フィリピンを含む社会人留学向けの安い語学留学先についてはこちらの記事でまとめているので、あわせて参考にしてみてください。

社会人向けの安い語学留学先は?おすすめとかかる費用などを解説
社会人向けの安い語学留学先は?おすすめとかかる費用などを解説この記事では、社会人向けの安い語学留学先を5選ピックアップして紹介しています。各国の特徴や留学費用の相場、格安留学の注意点について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

3.留学期間関係なくエージェントは使うべき?

3.留学期間関係なくエージェントは使うべき?留学期間に関係なく、エージェントを使うのがおすすめです。

エージェントに相談をすることで、自分の留学目的や予算に合わせたプランの提案を受けられます。複数の選択肢の中から比較しながら自分に合った留学カリキュラムを選べますし、不明点や不安点があれば相談をしてアドバイスをもらえるので、効率的に留学準備を進められます。

また、語学学校の雰囲気や現地の物価情報など細かい情報も得られるので、具体的に留学生活や予算をイメージできるのもエージェントを利用するメリットです。「現地に着いたら想像と違った」というトラブルを防ぎ、自分の理想の留学を叶えやすくなります。

社会人が留学期間に迷ったらエージェントを活用するのがおすすめ

社会人が留学期間に迷ったらエージェントを活用するのがおすすめ社会人留学の期間に迷っている方は、エージェントに相談をしてみるのがおすすめです。

前項でもお伝えした通り、留学エージェントを活用することで、自分の留学目的や予算、英語レベルに合わせて、最適な留学プランの提案を受けられます。

留学効果や現地での生活、他の留学生の英語上達具合など、細かい情報も踏まえた上でアドバイスがもらえるので、自分に合った留学先、留学期間を決定できるでしょう。

English Withが厳選した留学エージェントを知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

留学エージェントのおすすめ
【2023年最新版】おすすめの留学エージェントランキングTOP13!選び方や海外の状況も徹底解説!今回は記事の前半で評判の良い留学エージェントの探し方、後半でおすすめの留学エージェントをいくつか紹介しています。自分の行きたい留学先が決まったら、その国のサポートをしている留学エージェントを探しましょう。...

まとめ:社会人留学の期間は目的次第!自分に合った留学プランでキャリアアップを目指そう

今回の記事では、社会人留学の期間について詳しく解説しました。

社会人留学の期間を決めるポイントは、自分の留学目的を明確に定めること。また、帰国後のキャリアプランや予算、期間別に得られる学習効果を比較しながら、自分に合った留学プランを決めることが大切です。

今回の記事では留学期間別に期待できる留学の効果と、必要な費用を紹介したので、ぜひそちらも参考にしながら留学期間を検討してみてくださいね。

「社会人留学で失敗したくない」「自分に合った留学を叶えたい」という方には、留学エージェントの活用がおすすめです。

留学エージェントを利用することで、自分のキャリアプランや留学目的、予算に合わせた理想の留学プログラムの提案・アドバイスをもらえるので、失敗のない留学が叶います。

自分で調べるだけでは分からない現地の情報や語学学校の雰囲気なども教えてもらえるので、興味のある方は一度無料相談をしてみると良いでしょう。

リッシュ留学

完全手数料無料「リッシュ留学」。公式LINEで気軽にチャット相談やZoomでオンラインカウンセリング実施中!セブ島・バリ島留学を詳しく知れる資料をまとめているのでまずは気軽に相談してみましょう!

公式LINEはこちら

その中でも留学エージェント「LISH留学」では、社会人留学に詳しいスタッフが在籍しており、リアルタイムな留学情報に精通しているます。留学に行く前から現地の生活をイメージすることができるので、まずは気軽に相談してみましょう。

English Withでは、社会人留学に関する記事を多数ご用意しているので、ぜひこちらもあわせて参考にしてみてください。

社会人留学 まとめ
悪質な留学エージェントに注意!引っかからないための方法を解説
評判の悪い留学エージェントの特徴とは?口コミやおすすめな留学エージェントの選び方も紹介今回の記事では「悪質な留学エージェント」をテーマに特徴や避けておくべきポイントなどを解説していきます。留学エージェントを介して留学する方はポイントを掴んで優良なところを選びましょう!...
社会人向け!英語の語学留学におすすめの国・費用などまとめ【徹底解説】
社会人の英語の語学留学におすすめの国・費用まとめ【徹底解説】この記事では社会人の語学留学に関する情報を詳しく解説しています。社会人の語学留学のメリット・デメリット、おすすめの国や方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
社会 人 留学 後悔
後悔しない社会人留学を送るには?失敗を避ける方法を例を挙げて紹介この記事では、社会人留学で失敗しないための方法を詳しくお伝えしています。社会人留学で後悔してしまう原因やよくある失敗例、そして成功するための秘訣について紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。...
社会人 留学エージェント
社会人におすすめの留学エージェント10選【2023年最新版】この記事では、社会人におすすめの留学エージェントを厳選して紹介しています。各エージェントの特徴をまとめているので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。...

留学前にはオンライン英会話で英語力を伸ばすことが大切です。おすすめのオンライン英会話については、こちらの記事を参考にしてください。

社会人におすすめのオンライン英会話
【2023年最新版】社会人におすすめのオンラインスクール11選!選ぶポイントも徹底解説この記事では、社会人におすすめのオンライン英会話スクールを紹介しています。異なる特徴のスクール情報をまとめていますので、オンライン英会話を検討している社会人の方は参考にしてみてください。...
執筆者
Tomomi
オンライン英会話で英会話を身につけ、日本企業の営業職からWebライターに転身。自身の学習経験をもとに英語関連の記事執筆をしています。2020年にメキシコシティに移住、現在スペイン語を勉強中です。
編集責任者
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!