英語留学

社会人の英語の語学留学におすすめの国・費用まとめ【徹底解説】

社会人向け!英語の語学留学におすすめの国・費用などまとめ【徹底解説】
社会人が英語の語学留学をする際におすすめの国はどこだろう?かかる費用なども詳しく知りたいな!
Tomomi
Tomomi
こんにちは!English WithライターのTomomiです!海外で生活をしながら、英語に関する記事を書く仕事をしています。

今回の記事では社会人向けの英語の語学留学について詳しく解説をしていきます。

社会人が英語力を上げるための有効な手段の1つに語学留学があります。語学留学にに興味を持っている方も多いはずです。しかし、そこで気になるのが「どこの国が良いのか?」「どのくらいの費用がかかるのか?」「どのような方法があるのか?」という点なのではないでしょうか。

今回は、そんな語学留学の際に気になる国や費用、手段など情報を徹底解説していきます。

また、「社会人の語学留学にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?」という疑問にも回答をしていくので、語学留学を検討している方、詳しく情報を知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

編集長
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。

社会人が英語の語学留学をして効果はあるのか?【結論】

社会人が英語の語学留学をして効果はあるのか?【結論】まず先に結論からお伝えをすると、 社会人が英語の語学留学をすることで得られる効果は十分にあります。

英語学習に遅すぎるということはなく、社会人であっても語学留学をすれば年齢に関係なく英語力向上に大きな効果が期待できるでしょう。

具体的に社会人の英語の語学留学にどのようなメリットがあるかは、次項で詳しく解説をしていきます。

社会人が英語の語学留学をするメリット・デメリット

前項でお伝えしたように、社会人が英語の語学留学をして効果を得ることは十分に可能です。

ここからは、そんな社会人の語学留学のメリット・デメリットについて詳しくお伝えをしていきます。

2つのメリット

メリットまず最初に、社会人が英語の語学留学をするメリットについて解説をしていきます。

2つのメリット
  1. 英語力を伸ばすことができる
  2. 海外で新たな人脈を構築できる

メリット1.英語力を伸ばすことができる

まず第一に挙げられるのが、英語力を短期間で大きく伸ばすことができる点です。

英語のみを使う環境に身をおくことで、日本にいるよりも長い時間を英会話に費やすことができ、短期間で英語力を大きく伸ばすことができます。

海外で生活をすることで、勉強時間だけではなく、買い物や友人と出かける際なども常に英語でのコミュニケーションが求められるため、英語を聞く・話す時間を最大化することが可能です。そのため、国内で学習するよりも効率良く英語力を上げることができるでしょう。

また、「現地で生活していくために英語が話せないと生活に困る」という危機感も学習のモチベーションに繋がります。

メリット2.海外で新たな人脈を構築できる

第二に、海外で新たな人脈を構築できることも社会人が語学留学をするメリットです。

海外に留学することで、国内にいるだけでは出会うことのできない海外で活躍をしている人達と知り合うことができます。異なる文化を持つ多国籍な人達と知り合うことで、新たな価値観を学ぶことができたり、新たに自分のキャリアを見つめ直すきっかけになったりと、自分の視野を広げる貴重な体験ができるでしょう。

また、「将来は世界で活躍したい」と考えている人にとっては、海外で人脈を構築しておくことは、仕事のチャンスを掴むきっかけにもなります。

2つのデメリット

デメリット次に、社会人が英語の語学留学をするデメリットについて解説をしていきます。

2つのデメリット
  1. キャリアにブランクができる
  2. 語学留学自体はキャリアとして評価されない

デメリット1.キャリアにブランクができる

一つ目に挙げられるのが、キャリアにブランクができることです。

語学留学をするために仕事を退職・休職した場合、留学期間のブランクが転職時や復職後の業務に支障をきたす可能性があります。

転職活動の際にブランクのせいでスムーズに仕事が探せない、休職期間があることで社内でのキャリアアップが難しくなってしまうなど、将来のキャリアプランに影響が出てしまうかもしれません。

デメリット2.語学留学自体はキャリアとして評価されない

二つ目に、語学留学自体はキャリアとして評価されない点が挙げられます。

「語学留学をしてビジネス英語スキルを身につけた」「留学でMBAを取得した」といった、具体的に仕事で生かせるスキルは就職や転職の際の評価の対象となりますが、「語学留学をした」という経験自体はキャリアの評価には繋がりません。

留学をしても十分な英語力を身につけられなかった場合や、留学後に英語力を必要としない企業に就職・転職する場合、企業側には「留学期間=離職期間」とマイナスの印象を持たれてしまうこともあります。

語学留学後にどのようなキャリアを築いていきたいかによって、留学経験を生かせるかどうかは変わるため、事前に留学の目的と将来のキャリアプランについて考えておくことが大切です。

社会人が英語の語学留学をする際におすすめの国・費用【5選】

前項では、社会人が英語の語学留学をするメリット・デメリットについてお伝えをしました。社会人が語学留学をすれば、英語力を効率良く伸ばし、将来のキャリアの幅を広げることが可能です。「英語を本気で上達させたい」「将来は海外で活躍したい」と考えている方にとって、語学留学はとても貴重な経験となるでしょう。

そんな語学留学を決意した時に、まず最初に決めたいのが「どの国に留学をするか?」ですよね。

ここからは、「語学留学におすすめの国を知りたい」「それぞれどのような違いがあるの?」という方に向けて、社会人が語学留学におすすめの国を5つピックアップしました。

それぞれの特徴や必要な費用についても解説をしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

語学留学におすすめ5つの国
  1. アメリカ
  2. イギリス
  3. オーストラリア
  4. カナダ
  5. フィリピン

1.アメリカ

1.アメリカ費用目安(トータル):40〜60万円/1ヶ月

アメリカ留学にかかる費用は、往復の飛行機代や家賃などの生活費を含めて、1ヶ月あたり40〜60万円が相場です。

アメリカは日本人留学生からの人気が最も高い留学先です。英語学習はもちろん、世界を牽引する最先端技術・質の高い教育・音楽やスポーツなどの文化に触れることができ、アメリカならではの貴重な体験を積むことができるでしょう。

また、50州からなるアメリカは、州によって特徴が大きく異なります。大都会ニューヨークや、ビーチが近いロサンゼルスなど、多数の州の中から自分に合った留学先を選べるのもアメリカ留学の魅力です。

また、語学学校から世界屈指の難関大学まで数多くの教育機関があるため、自分の学習目的に合わせた学びの場を選ぶことができます。

アメリカ留学でおすすめできるエージェントの情報は以下に用意しているので気になる方はチェックしてみましょう!

アメリカ留学でおすすめのエージェントまとめ【5選】
アメリカ留学でおすすめのエージェントまとめ【5選】今回の記事では、アメリカ留学経験者のEnglish With編集部のスタッフが。留学先として人気の国の1つであるアメリカをテーマに「渡航先として有名な都市の情報」をはじめ「アメリカ方面に強いおすすめの留学エージェント」を紹介していきます。...

2.イギリス

2.イギリス費用目安(トータル):40〜70万円/1ヶ月

イギリス留学にかかる費用は、往復の飛行機代や家賃などの生活費を含めて、1ヶ月あたり40〜70万円が相場です。エリアによって物価や家賃が様々なため、どの都市に留学するかで費用が大きく異なります。

「本場の英語を学びたい」という方におすすめなのがイギリスです。アメリカやオーストラリアに比べて日本人留学生が少ないため、英語に集中しやすい環境が整っていると言えるでしょう。

加えて、歴史を感じる美しい街並みや、歴史のある美術館が多く、英語だけではなくイギリスの豊かな文化に触れることもできます。

また、イギリスだけではなくヨーロッパ各国への旅行がしやすいのも魅力です。日本からでは時間と費用がかかるドイツやフランスなどのヨーロッパ諸国にも、イギリスからだと比較的簡単に旅行ができます。

イギリス留学でおすすめできるエージェントの情報は以下に用意しているので気になる方はチェックしてみましょう!

イギリス留学でおすすめのエージェントまとめ【4選】
イギリス留学でおすすめのエージェントまとめ【4選】今回は記事の前半部分で「イギリスの基礎情報」や「イギリス留学がおすすめな理由」についてを紹介し、後半部分でイギリス留学におすすめの留学エージェントを紹介します。...

3.オーストラリア

3.オーストラリア費用目安(トータル):40〜55万円/1ヶ月

オーストラリアは治安が良く、日本人留学生からの人気が高い国の1つです。オーストラリアの1ヶ月あたりの費用相場は40〜55万円ほど。比較的日本からの距離も近く、航空券代を抑えられるのがメリットです。

オーストラリアは1年通して温暖な気候なため、日本人にとっても過ごしやすい土地であるのが魅力です。都市や地域によって特徴は異なりますが、自然も多くリラックスできる環境で英語を学べます。

また、多くの国からの移民を受け入れている他民族国家のため、多種多様な文化に触れる機会が多いのも特徴。差別なども少なく、お互いの出身国を尊重しながらのびのびと生活できるのも大きな魅力です。

日本との時差も少なく、留学中も家族や友人とも連絡が取りやすいでしょう。

オーストラリア留学でおすすめできるエージェントの情報は以下に用意しているので気になる方はチェックしてみましょう!

オーストラリア留学でおすすめのエージェントを紹介【5選】
オーストラリア留学でおすすめのエージェントを紹介【5選】今回の記事は、オーストラリアへの留学を希望している方向けに、おすすめの留学エージェント情報をお伝えしていきます。ぜひ、この記事を参考にオーストラリアの情報収集や留学エージェントを比較してみてください!...

4.カナダ

4.カナダ費用目安(トータル):40〜55万円/1ヶ月

カナダは語学留学先として、日本に限らず世界でも高い人気を誇っています。1ヶ月あたりの費用相場は40〜55万円と、隣国アメリカよりも費用を抑えて留学が可能です。

海外留学生に寛容な雰囲気があるのが特徴で、差別などが少なく外国人にとって生活しやすい国だと言えるでしょう。

さらに、英語の発音がはっきりしているため、日本人にとって聞き取りやすい・発音しやすいというのも特徴です。教育水準が国全体で高いため、英語力をしっかり伸ばせることが期待できます。

また、自然が豊かなため、のびのびとした環境でリラックスしながら学習に励めるのも魅力です。しかし、地域や時期によっては寒さが厳しいため、冬期間の留学は注意が必要です。

カナダ留学でおすすめできるエージェントの情報は以下に用意しているので気になる方はチェックしてみましょう!

カナダ留学でおすすめのエージェントを徹底調査【7選】
カナダ留学でおすすめの留学エージェントを徹底調査【8選】今回の記事では、カナダ留学をテーマに「国の情報や特徴」そして「おすすめの留学エージェント」をまとめて紹介していきます。カナダは海外留学の中でも最も人気のある留学先の1つですので、ぜひこの記事を参考に語学留学の情報を集めていきましょう。...

5.フィリピン

5.フィリピン費用目安(トータル):25〜40万円/1ヶ月

フィリピン留学にかかる1ヶ月あたりの費用相場は25〜40万円ほど。欧米諸国への留学と比べて、費用を3分の1〜半分ほど抑えることができるため、「費用を抑えて留学をしたい」という方におすすめな国です。

フィリピン人講師は英語のネイティブではありませんが、ネイティブと遜色ない綺麗なアメリカ英語を話す人が多く、英語力の高さは非ネイティブ国の中でもトップクラスです。また、マンツーマンレッスンが主流のため、費用を抑えながらも発話量の多い質の高いレッスンが受講できるというメリットもあります。

フィリピン人の英語は、スラングをあまり使わない、話すスピードが早口ではないという特徴があるため、特に英語初心者〜中級者にぴったりな留学先だと言えるでしょう。

また、日本から飛行機で4〜5時間程度と距離が近いため、渡航費を抑えられる、緊急時もすぐに帰国がしやすいといったメリットがあります。

1週間からの超短期留学も可能なので、仕事を辞めずに長期休暇を利用して語学留学にチャレンジしたいという方にもおすすめです。

フィリピン留学でおすすめできるエージェントの情報は以下に用意しているので気になる方はチェックしてみましょう!

フィリピン留学でおすすめできる留学エージェントまとめ【5選】
フィリピン留学でおすすめできる留学エージェントまとめ【6選】今回は、記事の前半でフィリピンの基本情報や英語留学におすすめな都市をいくつか紹介し、後半でおすすめの留学エージェントを紹介します。ぜひ、この記事を参考にフィリピン留学の準備を進めていってくださいね!...

社会人が選ぶ英語の語学留学の種類

前項では、社会人が英語の語学留学をするのにおすすめな国を5つ紹介しました。国によって特徴やかかる費用が異なるため、自分の学習目的や予算に合わせて最適な場所を選ぶことが大切です。

ここからは、社会人が英語の語学留学をする時にどのような方法があるかについて解説していきます。留学と一口に言っても、「語学学校に通う」「現地で働く」など、様々な方法があるため、自分に合った方法を選ぶのが大切です。

留学の方法によってかかる予算なども大きく異なるため、ぜひ今から解説する内容を参考にしてみてくださいね。

語学留学の6つの種類
  1. 語学留学
  2. 専門学校への留学
  3. ワーキングホリデー
  4. ボランティア
  5. インターンシップ
  6. 大学留学

1.語学留学

1.語学留学まず最初に挙げられるのが、語学留学です。

海外にある語学学校などの教育機関で語学を学ぶ方法で、「留学」と聞くと真っ先に思い浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

英語に集中して学ぶことができるため、「とにかく英語力をアップさせたい」「英語でのコミュニケーション能力を身につけたい」という方におすすめです。

2.専門学校への留学

2.専門学校への留学次に、専門学校への留学という選択肢もあります。

ビジネスやIT、ホスピタリティ、観光産業、アートなどを専門的に学べる学校に留学する方法です。

この留学はある程度語学力がある人向けですが、専門的な知識・スキルを身につけることができ、将来のキャリアに生かすことができます。

3.ワーキングホリデー

3.ワーキングホリデーワーキングホリデーとは、現地でのアルバイトをしながら英語を学ぶことができる海外留学制度です。

「留学の準備資金が少ない」という場合でも、現地で働きお金を稼ぐことができるため、中・長期での留学を考えている方におすすめな方法です。

また、お金を稼げるだけではなく、実際に現地で働くことで生きた英語を学べたり、アウトプット量を増やすことができ、英会話の上達スピードが上がるのも魅力だと言えます。

ただし、この制度は18歳〜30歳を対象としており、利用するには年齢制限があります。また、全ての国が対象なわけではなく、日本との協定国で利用できる制度なので、事前に自分の希望する留学先にワーキングホリデー制度があるかどうかを確認しておきましょう。

4.ボランティア

4.ボランティア次に、国際ボランティアに参加するのも1つの選択肢です。

ボランティアのプログラムには様々なものがあり、外国人でも参加できる活動も多々あります。ホームレスなどの食料の確保が難しい人々に食べ物を提供する活動や、農業を手伝うもの、地元の子どもたちに教育を行うボランティアなど地域によって多種多様です。

その国が抱える問題や課題点などについても深く知ることができるため、社会問題に関する見聞を広めたり、様々な価値観を知ることができたりと、英語学習だけではない貴重な経験を積むことができるでしょう。

プログラムによって期間も様々なため、「短期間しか留学ができない」という方でも参加が可能です。

5.インターンシップ

5.インターンシップ次に、企業へのインターンシップに参加する方法です。

インターン生として、一定の期間企業で働くことができます。語学力の向上はもちろん、リアルなビジネスの現場で働くことで、職場でのコミュニケーション能力や適応能力を鍛えることもできるでしょう。

インターンシップには無給のものと有給のものがあり、有給だと高い英語力はもちろん、即戦力として働けるビジネススキルも求められます。

ある程度の高い英語力があり、「将来は海外企業に転職したい」「ビジネス英語を磨きたい」と考えている方におすすめの留学方法です。

6.大学留学

6.大学留学最後に、大学留学をするという方法が挙げられます。

大学留学をする場合は、語学学校等とは違い入学試験があるため、最低でも試験に合格するための英語力が必要です。また、一定以上の最終学歴や、推薦書を書いてもらうといった準備も必要となります。

他の方法に比べてハードルが高いですが、大学留学をすることでネイティブに匹敵する高い英語力を身につけられますし、卒業すれば学歴として今後のキャリアに生かすことができるでしょう。

多くの大学は2年制、もしくは4年制のため、長期での留学になります。他の留学方法よりも多額の費用がかかりますが、国によっては奨学金プログラムを利用することもできるので、興味のある方は各国の大学事情をチェックしてみましょう。

まとめ:社会人が英語の語学留学をする時は自分に合った留学先・方法を見極めることが大切!

今回の記事では、社会人向けの英語の語学留学について詳しく解説をしました。

英語学習に遅すぎることはなく、社会人でも語学留学をすることで十分な効果を得ることができます。

記事の前半では、そんな社会人が語学留学をするメリット・デメリットについて解説をしました。

2つのメリット
  1. 英語力を伸ばすことができる
  2. 海外で新たな人脈を構築できる
2つのデメリット
  1. キャリアにブランクができる
  2. 語学留学自体はキャリアとして評価されない

語学留学を成功させるためにも、留学の目的と将来のキャリアプランについて考えておくことが大切です。

また、記事の後半では語学留学におすすめの国やかかる費用、語学留学の種類について解説をしました。

語学留学におすすめ5つの国
  1. アメリカ
  2. イギリス
  3. オーストラリア
  4. カナダ
  5. フィリピン
語学留学の6つの種類
  1. 語学留学
  2. 専門学校への留学
  3. ワーキングホリデー
  4. ボランティア
  5. インターンシップ
  6. 大学留学

ぜひ今回の情報を参考に、自分の学習目的に合った留学先・留学方法を考えてみてくださいね。

今回の記事が英語の語学留学を検討している・語学留学について詳しく知りたい社会人の方の参考になれば幸いです。

English Withでは、その他語学留学や英語学習に関する記事を多数用意しています。こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

英語留学について
海外留学を成功させるための心構え!知っておくべき4つのこと今回の記事では、English With編集部が「留学前にしておくべき心構え」を留学経験者である編集部のメンバーが紹介しています。ぜひ、留学する前に一度読んで内容を理解してみてください。...
海外渡航のサポートをする「留学エージェント」とは?選び方も解説
海外留学のサポートをする「留学エージェント」とは?選び方も解説今回の記事では、海外渡航のサポートをしてくれる「留学エージェント」について深掘りして、失敗しない選び方についてまとめていきます。留学エージェントについて知りたい、使おうかと迷っている方などはこの記事は参考になるかと思うので、ぜひチェックしていてくださいね!...
留学エージェントのトラブル
留学エージェントでトラブルが起きたら?事例や対処方法を紹介本記事では、前半で実際にあった口コミやトラブルへの対処方法を紹介した後、後半で本当に信頼できる留学エージェントをいくつか紹介していきます。...
おすすめの留学エージェント
手数料無料で手配してくれるおすすめ留学エージェント【5選】
手数料無料で手配してくれるおすすめ留学エージェント【5選】今回は記事の前半で無料留学エージェントのサポート内容について解説し、後半でおすすめの無料留学エージェントをいくつか紹介しています。ぜひ、この記事を参考に自分に合った留学エージェントを見つけてみてくださいね!...
留学前におすすめのスクール
留学前に通っておきたいオンライン英会話6選【経験者が解説】今回の記事では、留学前に活用しておきたいおすすめのオンライン英会話をEnglish With編集部のほうが徹底比較してご紹介。留学前の学習に役立てたいと考えている方は参考にしてみて下さい!...
ABOUT ME
Tomomi
オンライン英会話で英会話を身につけ、日本企業の営業職からWebライターに転身。自身の学習経験をもとに英語関連の記事執筆をしています。2020年にメキシコシティに移住、現在スペイン語を勉強中です。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!