フィリピン留学

フィリピン留学は正直、効果あるのか?【期間別に経験者が解説】

フィリピン留学は正直、効果あるのか?【期間別に経験者が解説】
フィリピン留学に行こうか迷っているけど、正直効果はあるのかな…。どれくらいの期間で効果が出はじめるのかも気になる!経験者の意見を聞いてみたいな!
Mia
Mia
こんにちは!セブ島留学の後、現地で1年間働いていたMiaです。現在は日本で英会話・発音コーチをしながら、English Withで英語学習についての記事を書いています!

フィリピンは物価も安く日本から近いことから、「欧米留学は諦めていたけど、フィリピン留学なら実現できそう!」と留学を検討している方も多いのではないでしょうか。

一方で、「フィリピンは英語圏じゃないけど、本当に効果があるのか心配…」という方や、「どれくらいの期間で効果が出るのかな」と疑問に思っている方もいると思います。

この記事では、実際にフィリピン留学を経験した私が、「どれくらい英語が話せるようになるのか」を期間別で解説し、「効果を実感できない理由と原因」もご紹介します。

ぜひ最後まで読んで、フィリピン留学で滞在する期間を決める際の参考にしてみてくださいね。

フィリピン留学は正直、効果はあるのか?【結論】

フィリピン留学は正直、効果はあるのか?【結論】
フィリピン留学の特徴
  • 1日6〜8時間のマンツーマンレッスンで実践英会話を鍛える
  • やる気がなければ効果は出ない
  • 集中して授業に臨めば、期間に関係なく英語力を伸ばせる

「フィリピン留学は正直、効果があるの?」という疑問に対して、経験者の私が出した結論は「やる気がなければ効果はゼロ。しかし、努力次第で飛躍的に英語力を伸ばすことができる」です。

フィリピン留学は、1日平均6〜8時間のマンツーマンレッスンを毎日受講し、ひたすら実践的な英会話を練習することが主な内容です。正直、初めのうちはかなりキツいですが、毎回のレッスンを真剣に受け続けることで、徐々に英語が理解できるようになってきます。

私自身フィリピン留学中に「How much is this?(これはいくらですか?)」すら言えなかったレベルからスタートし、2ヶ月間の留学を終える頃には、語学学校の全生徒の前で英語のスピーチをするまでにレベルアップできたので、「かなり効果があった方なのでは」と思います。

もちろん、言うまでもなく「成果がでるかどうかは、最終的には個人の頑張り次第」であることが大前提。私の通っていた語学学校の中には、「入学当日から毎日寝坊し、レッスンも半分以上欠席。全く成果がでなかった」という生徒もいたので、毎日気合を入れてレッスンに集中することが必要です。

一方で私のように、2ヶ月という短い期間でも毎日本気でレッスンを受ければ、目に見える効果を実感することも可能です。

せっかくフィリピン留学に行くのであれば、留学中は覚悟を決めて全レッスンに集中するようにしましょう。

フィリピン留学で得られる学習効果まとめ

ここからは、フィリピン留学を実際に経験した私が、その効果を短期留学〜長期留学の期間別に分けて詳しく解説します。

これらを読んで、「実際にどれくらいの期間フィリピン留学に行くのが良いのか」決める際の参考にしてみてくださいね。

フィリピン留学で得られる学習効果
  • 短期留学(1週間~1ヶ月程度)の場合
  • 中期留学(1ヶ月〜1年程度)の場合
  • 長期留学(1年以上)の場合

短期留学(1週間~1ヶ月程度)の場合

短期留学(1週間~1ヶ月程度)の場合まずは、1週間〜1ヶ月の「短期留学」で得られる効果について解説します。

「1週目〜4週目の各週を終えた時点での効果」は、以下のような感じです。

短期留学(1週間~1ヶ月程度)で得られる効果
  • 1週間:先生とのマンツーマンレッスンに慣れ始める
  • 2週間:「英語の音」に慣れ、英会話にストレスを感じにくくなる
  • 3週間:自分の「苦手な単語や発音」が明確にわかりはじめる
  • 4週間:自分の持っている単語力だけでも、なんとか会話が成立するようになる

フィリピン留学は、毎日6〜8時間のハードなマンツーマンレッスンをこなす必要があり、初めの1週間は体力的にも精神的にもかなりキツいです。特に初心者の方であれば、先生が何と言っているのかわからない中で40分〜1時間のレッスンに耐えなければならないので、心が折れそうになることも。

しかし、1週間もすればその状況にも慣れてきます。「正直先生は何言ってるかわからないけど、やるしかないな」と淡々とレッスンに参加できるようになってきます。

2週目が終わる頃には、すでに40〜60時間ほどの英語のシャワーを浴びていることになるので、英語の音にもかなり慣れてきています。同時に、英語で会話をすることにもストレスを感じにくくなるので、ここからは上達がグンと早くなるようなイメージです。

3週間が経つと、フィリピンでの生活にもかなり慣れてきます。学校の外に出かけたり、必需品を買いに行く機会も増えるため、生活の中で自然と英語が使えるようになるでしょう。

ちなみに私はこのタイミングで「How much is this?」を多用したことで、苦手だった買い物もスムーズにできるようになりました。

生活の中で英語を使っていくと、「これはどうやって言えば良いんだろう…」という「苦手な表現」があることも、自分の中でわかってきます。それらの「苦手」を克服するためにも、日々のレッスンでは「今日はこれを練習してみたい!」と積極的に提案してみましょう。

苦手な表現はメモをとりながら生活し、レッスンにどんどん取り入れることで、学習の効果を最大化することができます。

1ヶ月の留学が終わる頃には、「自分の持っている単語力だけでも、なんとか会話が成立するようになる」という状態になります。これは、「英語そのものに慣れることができた」「英語を話すことに慣れてきた」「苦手な表現も練習できた」ということに対する成果です。

実際に1ヶ月のフィリピン留学で、TOEICのスコアを200点ほど伸ばしていた友人もいました。すでに英語の中級者レベルから留学をスタートすると、「自分の苦手」を自分で把握できていると思うので、そのような方は「苦手克服」を目標に留学に挑戦するのも良いかもしれません。

中期留学(1ヶ月〜1年程度)の場合

中期留学(1ヶ月〜1年程度)の場合1ヶ月〜1年程度の「中期留学」で得られる効果は、以下の通りです。

中期留学(1ヶ月〜1年程度)で得られる効果
  • 1ヶ月:フィリピン人の先生と二人で出かけられるようになる
  • 2ヶ月:自分の言いたいことを英語でなんとなく言えるようになる
  • 4ヶ月:流れきた英語の歌やテレビのCMの音声を理解できるようになる
  • 半年:英語表現のバリエーションが増え、自然な英語が話せるようになってくる
  • 1年:簡単なスピーチや説明が英語でできるようになってくる

フィリピン留学スタートから1ヶ月が経過すると、自分のレッスンを担当している先生と出かける機会も出てきます。

学校の後や土日に先生と二人で出かけるので、「半日ほど英語の会話が続く」ことになるのですが、1ヶ月のレッスンを終えたころにはそれほどストレスも感じにくくなっているでしょう。自分の語彙力や会話レベルが十分でなくても、「外国人と二人きりで」時間を過ごすことができるのは大きな前進です。

2ヶ月を過ぎると、大抵の会話は問題なくこなすことができるようになってきます。

上級者レベル、とまでは行かないものの、相手の言っていることをフレーズから予測できたり、自分の言いたいことをなんとなく説明できたりと、きちんとした「言葉」として英語を話せるようになります。

私は2ヶ月間の留学を経験したのですが、1ヶ月半ほどたったある日から「英語の夢」を見るようになりました。これは、「英語をフレーズとして捉えられている」という状態らしく、改めてフィリピン留学の効果を実感したのもこのタイミングです。

4ヶ月経つと、無意識のうちに聞こえてくる英語の音声や歌がなんとなく理解できるようになります。「英語を聞こう!」と意識しなくても、「耳が勝手に英語の音をキャッチして、意味を理解できている」という状態です。

そのため、先生とのレッスンでも、最初ほど「頑張りすぎず」に先生の言っていることを理解できるようになっているでしょう。

半年の留学を経験すると、1つの「言いたいこと」に対して、複数の表現を使えるようになります。

例えば、いつもは「お腹がすいた」と表現するのに「I am hungry」と言っていたのに対し、「I’m starving(飢え死にしそう…)」や「I’m craving~(~が食べたいな)」など、自分の感情に合わせて適切な表現を選べる、という状態です。特に「Honestly(正直言って)」「Literally(文字通り、本当に)」などの副詞は、自分の言いたいことを的確に表すために必要になるので、このタイミングで使う練習をしてみることをおすすめします。

そして1年が経過すると、簡単なスピーチや説明が英語でできるようになってくるほどの英語力が身につきます。

相手がいなくても一人で英語の語りができるようになってくるので、「自分の好きな映画の見どころ」や「最近読んだ本の内容」などをすらすら言えるようになるでしょう。少し本格的な言い回しを身に付けただけで、ビジネスシーンにも使えるほどの英語力を身につけることも可能です。

この頃には「英語を使って情報収集すること」も無理なくできるようになっているはずなので、「iPhoneの設定を英語にする」「英語でSNSの投稿をする」「Google検索やユーチューブ動画を見る際もすべて英語で行う」など、自分で「オールイングリッシュ」の環境を作ってみるのもおすすめです。

長期留学(1年以上)の場合

長期留学(1年以上)の場合1年以上の「長期留学」では、このような効果が期待できます。

長期留学(1年以上)で得られる効果
  • 英語圏留学でも通用するレベルのスピーキング力が身に付く
  • 英語で本や論文を読めるようになってくる
  • 専門分野について英語で話せるようになってくる

1年を過ぎると、英語に対するハードルはかなり下がっており、「学ぶもの」から「使うもの」へと変化していることでしょう。本や論文も英語で読めるようになったり、専門的な分野に関する会話に参加できたりと、表現の幅がかなり広がっていると思います。

会話スキルとしては、「物事の具体的な背景を英語で説明できる」ようになり、また「自分の感情や考え方などの複雑なことも的確に表現できる」ようなスキルを身につけることができます。さらに、発音練習を強化することでより自然な「ネイティブ英語」に近づくことも可能なので、先生に提案し、本格的なネイティブ発音を練習してみると良いでしょう。

アメリカやカナダへの英語圏留学を検討している方は、このタイミングで現地大学に応募してみることで、モチベーションを保ちながら学習に身を入れることができます。将来を見据えて、英語学習に対するゴールを再設定するのにもちょうど良い時期です。

フィリピン留学をしても効果を実感できない理由と原因

続いて、フィリピン留学を確実に成功に導くために、「フィリピン留学をしても効果を実感できない理由とその原因」についてお話します。

「留学期間によってとんとん拍子に英語力を伸ばすことができる」のが理想ですが、実際には「せっかく留学したのに全く英語が話せるようにならなかった…」という方も多く存在します。

以下では、経験者の私が実際に見た「フィリピン留学の失敗例」もご紹介しています。最後まで読み、フィリピン留学を成功させるための参考にしてくださいね。

効果を実感できない理由と原因
  1. 英語を話すことを恥ずかしがってしまう
  2. ハードなレッスンに挫折してしまう
  3. 普段から英語を使っていない

1.英語を話すことを恥ずかしがってしまう

英語を話すことを恥ずかしがってしまうフィリピン留学をしても効果を実感できない理由と原因の一つ目として、「英語を話すことを恥ずかしがってしまう」ことがあげられます。

これは日本人ならではの特徴なのかもしれませんが、せっかく留学に来ても「積極的に英語を話している生徒があまり多くない」ような印象を受けました。中にはマンツーマンレッスン中、先生が聞いたことに対して「Yes」や「No」といった一言しか返さず、「レッスン中はほとんど先生が話している」という生徒も。

せっかく留学に来ているのに、これでは英語力が伸びず、もったいないですよね。

「そうはいっても、自分は英語初心者だからYesやNoしか言えない…」と思っている方もいるかもしれませんが、それに関しては問題ありません。

私も最初は完全な初心者で、長い質問にも一言しか返せないほどでした。しかし、あるときから「もっと積極的になろう」と決意し、そこから英語力をどんどん伸ばすことができました。ここでの「積極的に」ですが、英語を話す頻度やレッスン内での発言回数はもちろんのこと、「間違えても気にしない姿勢」が重要になってきます。

レッスンを受ける上で、「なるべく正しい英語を話したい」と思う気持ちはわかりますが、「間違えてるかもしれないけど、いいや!」と割り切っている人の方がアウトプットの量が多く、結果的に英語力を大きく伸ばすことができます。

せっかく留学を決心したからには、恥を捨てて「間違えてもいいから、とにかく話そう」という気持ちを忘れないようにしてみてください。

2.ハードなレッスンに挫折してしまう

ハードなレッスンに挫折してしまう「ハードなレッスンに挫折してしまう」ことも、フィリピン留学の失敗の原因のひとつです。

フィリピン留学では基本的に、毎日6〜8時間のマンツーマンレッスンを受講します。朝の8時台から夕方まで、一日中英語のシャワーを浴びることになるので、初心者の方にはかなり厳しいスケジュールです。

中には、最初の1〜2週間でそのハードなレッスンに挫折してしまい、学校自体をサボってしまう生徒も何人か見られました。

「せっかく留学に申し込んだのに、そんなことをする人いるの?」と思うかもしれませんが、実は私も朝起きられず、そのまま学校を丸一日サボってしまったことがあります。さらに正直にお話すると、1日サボってしまったことでサボり癖がつき、次の日も「なんかめんどくさいな」と一瞬欠席を考えたこともあり…今となっては猛省しています。

フィリピン留学では、このハードなレッスンに加え、生活環境や食べ物の変化も経験するので最初の1週間は特にしんどいです。しかし、ここを乗り切ることができれば後はそこまで大変ではありません。

留学前に今一度自分の覚悟を確かめ、「留学中は何があってもレッスンを休まないぞ!」という意気込みを持つことが大切です。

3.普段から英語を使っていない

普段から英語を使っていない「普段から英語を使っていない」ということも、フィリピン留学で効果を実感できない原因のひとつです。

留学に行くエリアにもよりますが、特にセブ島留学は基本的に日本人が多く、気を抜くと日本人とばかりと行動してしまうことも。当たり前ですが、日本人同士では日本語で会話をするため、「レッスンの外ではほとんど日本語しか話さない」といったことも起こり得ます。

留学中に日本人の友人を作るのは素晴らしいことなのですが、「留学の効果を最大まで活かす」ことを考えると、この状況は理想的ではないですよね。

ここでひとつ改善案としては、「土日のどちらかはフィリピン人と過ごす」とあらかじめマイルールを決めておくことです。これは実際に私がフィリピン留学中に実行していたことなのですが、「平日の学校が終わった後は日本人と過ごし、休日のどちらかは現地のフィリピン人の友人と過ごす」というスケジュールを守ることで、日常会話の英語にも慣れることができました。

「自分は留学先では日本人と話さないから大丈夫」という方は問題ないですが、私のように「日本人とばかり行動してしまいそうだな…」と心配な方は、事前に「自分だけのルールを決める」などの対策を取るようにしましょう。

フィリピン留学は何ヶ月がおすすめ?【経験者の声】

フィリピン留学は何ヶ月がおすすめ?【経験者の声】ここまでの結論として、フィリピン留学の経験者としておすすめな留学期間は、2ヶ月〜1年の「中期留学」です。

理由としては、「中期留学では最も英語力の伸びを感じやすい」ことと、「中だるみしにくい」こと。

期間別の効果を見てもわかるように、英語力の向上は最初の2ヶ月ほどがピークで、そこからは「じわじわと伸びていく」ようなイメージです。この期間の留学によって、長期留学特有の「中だるみ」が起こりにくく、より効果的に英語力を伸ばしつづけることができます。

「中期留学でしっかり英語力を伸ばせるか不安」という方もいるかもしれませんが、上で紹介した「フィリピン留学をしても効果を実感できない理由と原因」をしっかり把握し、失敗のないように心がけていれば、問題ありません。

留学中の学習成果を最大化できるよう、今一度自分の弱点についてよく考えておきましょう。

フィリピン・セブ島の人気がすごい!おすすめできる理由

ここまでフィリピン留学で得られる効果や、効果が得られない原因と理由について説明してきましたが、結論として、「フィリピン留学はおすすめ」です。

特にセブ島は、首都であるマニラに比べて治安も良く過ごしやすいので、より勉強に集中することができるでしょう。

以下ではフィリピン・セブ島留学をおすすめできる理由を、セブとマニラ両方に滞在経験のある私が解説します。

フィリピン・セブ島留学をおすすめできる理由
  1. 価格が安い
  2. レッスンのクオリティが高い
  3. 近場のレジャーが充実している

1.価格が安い

1.価格が安い「フィリピン・セブ島留学をおすすめできる理由」の一つ目は、なんと言ってもその「価格の安さ」でしょう。

フィリピン留学は、全体的にアメリカやカナダなどの英語圏留学と比べると、3分の1〜5分の1程度の価格で実現することができます。現地の物価も低く、生活する上で外食や買い物にも困りません。

その中でもセブ島は首都のマニラに比べてさらに物価が安く、屋台の食事の価格は1食150円ほどでマニラの約半分、タクシー代もマニラと比べると3割ほど安いという印象です。

両方のエリアに住んでみて特に私が実感したのは、セブ島では美容院やまつ毛サロンなどの美容代がかなり安く抑えられる点ですね。店によってはマニラの半額以下でまつ毛エクステつけ放題、といった大盤振る舞いもあり、感動しました。

屋台のご飯やまつ毛サロンの衛生環境に関しては各々注意が必要になりますが、生活に必要な食事や娯楽まで低価格で楽しむことができるので、この機会に現地のさまざまなお店を試してみるのも良いでしょう。

2.治安が比較的良い

2.治安が比較的良い首都のマニラに比べて「治安が比較的良い」というのも、セブ島留学がおすすめな理由のひとつです。

マニラや世界の都市部では、スリやホールドアップ(銃を突きつけられ、金銭を要求する行為)などの犯罪が起こりやすいイメージですが、セブ島では「安全な生活圏」を守っているかぎり、安心して生活することができます。

もちろん、夜遅くまで出歩いていたり、治安の悪いエリアに出向いてしまうとそれらの犯罪に合うリスクは上がりますが、学校や寮のあるエリアにいる限り問題ないでしょう。

フィリピンの国内でも「マニラなどの都市部に住む人々」と「セブ島などのリゾート地に住む人々」では国民性も異なります。マニラでは渋滞時にクラクションの音が絶え間なく聞こえるのが普通ですが、セブ島ではそこまで気になりません。

ゆっくりとした時間の流れを楽しみたい方にも、セブ島留学がおすすめできますね。

3.近場のレジャーが充実している

3.近場のレジャーが充実している「近場のレジャーが充実している」という点も、フィリピン・セブ島留学をおすすめできる理由のひとつ。

海や山などの自然が豊かなフィリピンでは、留学中に「アイランドホッピング」や「ダイビング」などのアクティビティを楽しむことができます。どれも日本に比べて低価格で実現できるので、毎週のように島やビーチに出かけることも可能。

「留学中は現地ならではの観光スポットを満喫したいな!」という方にもおすすめできますね。

フィリピン・セブ島留学では、毎日のレッスンの他に、観光やレジャーも充実しているので、留学に行った際はぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ:フィリピン留学の効果を最大にするために、しっかりと事前準備をしよう!

本記事では、「フィリピン留学で見込める学習効果」について、経験者である私が期間別に解説しました。

結論として、「留学の効果を効率よく感じるには2ヶ月〜1年中期留学がおすすめ」です。

特に、「自分の言いたいことをストレスなく相手に伝えられるようになりたい」「英語を話すことに慣れたい」という方はぜひ、中期の留学を検討してみてくださいね。

みなさんが充実したフィリピン留学ライフをおくることができますように!

その他、English Withではフィリピン・セブ島留学に関する記事を多数用意。以下も参考にして、留学準備を進めていきましょう。

フィリピン留学でおすすめのエージェント
フィリピン留学でおすすめできる留学エージェントまとめ【5選】
フィリピン留学でおすすめできる留学エージェントまとめ【6選】今回は、記事の前半でフィリピンの基本情報や英語留学におすすめな都市をいくつか紹介し、後半でおすすめの留学エージェントを紹介します。ぜひ、この記事を参考にフィリピン留学の準備を進めていってくださいね!...

また、フィリピン留学前に英語力を伸ばしたい方は以下のオンライン英会話で力をつけておくのもおすすめです。

おすすめのオンライン英会話スクール
フィリピン・セブの講師から学べるオンライン英会話を紹介【おすすめ5選】
フィリピン・セブの講師から学べるオンライン英会話を紹介【おすすめ5選】この記事では、フィリピン・セブ島の講師から学べるオンライン英会話スクールを紹介しています。無料体験を利用し、自分に合ったスクールを選んで英語力を伸ばしてくださいね。...
フィリピン留学に関連する体験系記事
セブ島留学の体験談まとめ!【留学経験者がリアルに感じたこと】
セブ島留学の体験談まとめ!【留学経験者がリアルに感じたこと】この記事では、「留学経験者のリアルな体験談」をまとめて紹介しています。「セブ島留学って最近よく聞くから気になってるけど、実際どうなんだろう?」と気になる方は、ぜひ読んでみてください。...
フィリピン留学はおすすめ?選び方やメリットなどを経験者が解説
フィリピン留学はおすすめ?選び方やメリットなどを経験者が解説この記事では、フィリピン留学経験者である私が「留学でおすすめの都市」「おすすめの語学学校」についてお話しています。フィリピン留学に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。...
セブ島留学を楽しもう!遊び方や勉強との両立方法を経験者が解説
セブ島留学を楽しもう!遊び方や勉強との両立方法を経験者が解説この記事では、「セブ島留学で楽しめるおすすめの遊び」を紹介し、「留学中に勉強と遊びを両立させる方法」をまとて解説しています。語学力アップとリゾートでの遊びに興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。...
フィリピン留学の準備に役立つ記事
セブ島留学でベストな時期はいつ?【経験者が詳しく解説】
セブ島留学でベストな時期はいつ?【経験者が詳しく解説】この記事では、「留学におすすめな時期」と「留学で避けた方が良い時期」についてまとめて解説します。「これからセブ島留学に行きたいけど、渡航時期を迷っている」という方はぜひ参考にしてみてください。...
フィリピン留学する際に携帯はどうする?【留学経験者が徹底解説】
フィリピン留学する際に携帯はどうする?【留学経験者が徹底解説】この記事では実際にフィリピン留学を経験した私が、現地で「安心・快適に」携帯を使う方法を徹底解説しています。これからフィリピン留学に行く予定のある方はぜひ参考にしてみてください。...
ABOUT ME
Mia
2ヶ月間のセブ島留学の後、マニラの現地法人で1年間働いていました。現在は日本で英会話・発音コーチをしながら、English Withで英語学習についての記事を書いています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

関連記事