キャリア

TOEIC IPスコアは履歴書に書いて良い?正しい書き方・ポイントを解説

TOEIC IPスコアは履歴書に書ける?‘
履歴書にTOEIC IPスコアを書きたい!履歴書に書いても良いのかな?
SUGI
SUGI
Hello! 留学なしで英検1級・TOEIC970点取得のライターSUGIです!英会話スクールで講師として5年間勤務した経験があります。現在は、日本での英語学習経験や英会話講師としての経験を活かして情報発信をしています。

今回の記事では、TOEIC IPスコアは履歴書に書けるのか解説します。

TOEICは、ビジネスシーンや日常会話に関する英語の理解度を測る試験。多くの問題はビジネス英語がもとになることから、転職や就職をする際にTOEICスコアを履歴書に記載すれば、英語力のアピールが可能です。さらに、社内の昇給や昇進、海外赴任を希望する際には一定のTOEICスコアが求められることも。

TOEICにはリスニングとリーディングのテストで構成されるListening&Reading(L&R)テストと、スピーキング力とライティング力を測るSpeaking&Writing(S&W)テストの2タイプがあります。

「TOEIC IPテスト」と言うとListening&Readingテストのことを指すことが多いですが、Speaking&Writingテストの知名度も上がってきており、企業や学校で試験を実施している場合もあります。

TOEIC IPテストは個人で受験するTOEIC公開テストとは異なるため、履歴書にスコアを書いていいのか気になりますよね。

そこで今回は、履歴書でのTOEIC IPスコアの有効性と、IPテストの結果を履歴書に書く際のポイントや注意事項を解説します。TOEICのIPスコアを履歴書に書きたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

編集長
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。

TOEIC IPテストと公開テストの違い

TOEIC IPテストと公開テストの違いTOEIC IPテストとは、企業や学校などが団体で申し込みをして実施するテストで、団体が指定した日時に試験を受けることが可能です。

IPテストは、近年多くの企業や学校で実施されています。TOEIC IPテストの公式サイトによると、2021年度にIPテストの受験者数は企業で約25.6万人、学校では約45万人です。

TOEICの公開テストの受験料は2022年9月現在7,810円(税込)ですが、IPテストは4,230円(税込)で受験が可能。公開テストと比べて価格が安いので受験しやすいですね。

そのため、受験の機会があれば何度でもトライしやすいのがIPテストの魅力です。

ただし、TOEIC IPスコアは公開テストとは別の試験なので、履歴書で英語力を示すのに有効かは気になるポイントですよね。

TOEIC IPスコアは履歴書に書いても良いのか?

TOEIC IPスコアは履歴書に書いて良いのかTOEIC IPスコアは、基本的に履歴書に書くことができます。

IPテストは、社内や大学内で団体で申し込みをして受験をする点は公開テストと異なりますが、試験の内容や問題のレベルに大きな違いはありません。そのため、履歴書にスコアを書くことで英語力の証明をすることが可能です。

また、企業や学校が登録をしている場合は、指定された期間にオンラインでIPテストが受験できます。

オンライン受験では、通常のTOEIC IPテストが2時間であるのに対し、1時間で受験をすることが可能です。受験者の能力に合わせてその場で問題が変化していくシステムを採用しているので、早いぺースで受験者の英語力を算出できます。

オンライン受験であっても、通常のIPテストのように英語力を判定することができるので、履歴書にスコアを書くことは可能です。

TOEIC IPスコアの履歴書の書き方

TOEIC IPスコアの履歴書の書き方履歴書にTOEIC IPテストのスコアを書く際は、まず履歴書の「免許・資格」の欄に取得年月を書きましょう。資格名は「TOEIC IPテスト750点取得」というように記載します。

TOEIC IPテストは、Listening&Readingテストの受験が一般的ですので「TOEIC IPテスト」のみの記載で構いません。

しかし、Speaking&Writingテストのスコアを保持している場合や、Listening&ReadingとSpeaking&Writingの両方のスコアを書きたい場合には「TOEIC Listening&Reading IPテスト750点取得」といったように明記すると良いでしょう。

TOEIC IPテストのスコアは、過去のスコアを履歴書に書くことが可能です。ただし、あまりにも前に受けたテストスコアを書くと現状の英語力の証明にならないので、古くても2年以内に取得したスコアを書きましょう。

また、履歴書で書けるTOEICのスコアは600点以上です。公開テストの平均点が550点前後であることからも、履歴書にスコアを書きたい場合は600点以上を保持している必要があります。

ホテルでの勤務や客室常務員など、英語で接客をする可能性がある職種では600~700点以上のスコアが必要です。

さらに、外資系企業や商社では700~800点以上のTOEICスコアが必要になる場合もあるので、希望する職種や企業が求めるTOEICスコアを把握しておく必要がありますね。

600点以下のスコアを書いてしまうと、英語力が低いという印象を与えてしまう可能性もあるので、600点以上のスコアを保持している場合のみ履歴書に書くようにしましょう。

TOEIC IPは公式認定証の発行がないので履歴書に書く際は注意が必要

英会話講師TOEIC IPテストでは、受験後にスコアレポートという個人成績表でスコアを確認することができます。スコアは、オンライン受験であれば試験終了後にすぐに確認が可能です。筆記で受験した場合は、試験後約17日後にスコアの確認ができます。

IPテストの場合、スコアレポートは団体の試験管理責任者に届くので、団体によりスコアレポートを手にできるまでの日数はまちまちです。

公開テストを受験した場合はスコアが記載された公式認定証が発行されますが、IPテストではスコアレポートのみで公式認定証の発行はありません。

企業によっては、履歴書にIPテストのスコアを書くことを認めていない場合や、履歴書と一緒に公式認定証の提出を求める場合もありますので注意が必要です。履歴書を送る前に、IPスコアを履歴書に記載することは可能か事前に企業へ確認しましょう。

また、公式認定証が必要な場合に備え、公式テストも受験しておくと安心ですね。

公開テストもIPテストと同様、過去のスコアを履歴書に書くことが可能です。なるべく直近のスコアを書くほうが英語力を証明しやすいですね。

公開テストを受けたのに公式認定証を紛失してしまった場合は、受験日から2年以内であれば再発行が可能です。過去に受験したTOEICの公開テストのスコアを使う必要がある場合は、公式認定証があるかも確認しておくと良いでしょう。

TOEIC IPスコアが履歴書に書けないケース

IPスコアが使えないケース企業や業種によっては、残念ながらTOEIC IPスコアが使えない場合もあります。

基本的には、履歴書の提出と併せて公式認定証の提出を求められる場合には、IPスコアを履歴書に記載することはできません。公式認定証の提出が求められる主なケースは、TOEICのスコアが一定の基準を満たしていれば一部の試験が免除されたり、試験に加点がされる場合です。

例えば、国家公務員総合職の採用試験では、TOEICスコアが600点以上で15点、730点以上で25点が加算されます。警察官や自治体職員の採用試験では、出願する自治体によって筆記試験に加算がされることも。

また、中学・高校の英語教員の採用試験では、TOEICのスコアが基準を満たしていれば英語の筆記試験が免除になる都道府県もあります。

公務員の試験以外にも企業が公式認定証の提出を求めたり、スコアによっては試験の加点や免除をしていることもあるでしょう。自分が希望する業種や企業に履歴書を提出するにあたり、IPテストのスコアが利用可能かを事前に把握しておくことをおすすめします。

公式認定証の提出をする必要があると分かったら、前もって公開テストを受けて公式認定証が手元にある状態にしておきましょう。

公式認定証が届くのは、公開テストを受験して約30日後です。すぐに届かないことを考慮して、早めの受験をしておくと良いですね。

TOEIC IPスコアを最大限に活かすには転職エージェントへの登録がおすすめ

TOEIC IPスコアを最大限に活かすには転職エージェントへの登録がおすすめ履歴書にTOEIC IPテストのスコアを書いて英語力を証明しつつ、他の項目もしっかり書いて自分のことを最大限アピールしたいですよね。

履歴書の効果的な書き方を知りたい方は、転職エージェントへの登録がおすすめです。転職エージェントでは、履歴書の添削をしてもらったり転職におけるアドバイスをもらうことができます。

英語関連の仕事に強いエージェントもあるので、TOEICスコアで英語力をアピールする方にぴったりの仕事が見つかるかもしれません。

以下の転職エージェントに関する記事を参考にして、自分にぴったりのエージェントを探してみてくださいね!

年収アップ!英語力を生かした転職方法を解説【エージェント紹介あり】
年収アップ!英語力を生かした転職方法を解説【エージェント紹介あり】この記事では「年収アップができる英語力を生かした転職方法」について解説しています。英語力を生かした転職におすすめのエージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。...

履歴書をより良いものに!TOEICスコアが伸ばせるおすすめ英会話スクール

履歴書をより良いものに!TOEICスコアが伸ばせるおすすめ英会話スクール履歴書に書けるTOEICスコアは、公開テストでもIPテストでも600点以上のスコアを書くのが基本です。

外資系企業や商社であれば、700点や800点以上を求める場合もあります。試験で加算があったり英語の試験が免除になる職種もあるので、TOEICのスコアを上げたい方も多いでしょう。

TOEICスコアを短期間で伸ばすには、TOEIC対策ができる英会話スクールに通うのがおすすめ。英会話スクールのTOEIC対策コースでは、TOEICに必要な文法知識や解き方のコツなどを教えてくれます。また、勉強法に困った時に講師に相談できるのもメリットです。

以下の関連記事では、TOEICの対策ができるおすすめ英会話スクールを紹介しています。

TOEICのスコアアップをしたい方は、紹介しているスクールの無料体験を受けてみた上で、良いと思ったら受講してみるのも良いですね。

短期集中型!最短でTOEIC対策ができるおすすめスクール5選
短期集中のTOEIC対策講座・塾・スクールおすすめ【10選】今回の記事では、English With編集部が最短でTOEIC対策ができる短期集中のおすすめ英会話スクール・塾・講座を厳選ピックアップ。各スクールの特徴をまとめました。TOEIC対策ができる英会話スクールを探している方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。...

まとめ:TOEIC IPテストのスコアを履歴書に書いてアピールしよう!

今回の記事では、TOEIC IPテストのスコアが履歴書に書けるかどうかを解説しました。

基本的にIPテストのスコアであっても、公開テストと同様に履歴書に書くことは可能です。ただし、IPテストは公式認定証が発行されないため、職種や企業によってはIPテストのスコアは認められない場合もあります。

履歴書にTOEICのスコアを書く場合は、公式認定証が必要かどうかを履歴書の提出先に確認すると良いでしょう。

TOEIC IPテストのスコアが使えない場合に備えて、TOEIC公開テストを受験して公式認定証をゲットしておくことをおすすめします!

その他、English Withでは、TOEIC対策に関する記事を多数用意しています!スコアアップやスクール選びをする際にぜひ参考にしてみてください。

TOEIC対策
TOEIC初心者向けのおすすめ勉強方法【パート別に詳しく解説】
TOEIC初心者向けのおすすめ勉強方法【パート別に詳しく解説】TOEICを初めて受験する人、受験経験が少ない人であれば、出題傾向がつかめず、効率の良い学習方法がわからないこともあるでしょう。このページでは、TOEIC初心者向けにパート別のおすすめの勉強方法を解説しています。 ...
初心者向け!TOEICのリスニングで効果的な勉強法
TOEIC初心者向けのリスニング勉強法【パート別に解説】本記事ではTOEICテスト初心者向けのおすすめのリスニング学習方法を解説しています。また独学に不安がある方向けに、TOEICテストのリスニング対策におすすめの英語学習アプリと英語コーチングをそれぞれ3つずつご紹介しているので、こちらもご覧ください。...
TOEIC2週間前でも間に合う!直前でもスコアアップを目指せる方法を紹介
TOEIC2週間前でも間に合う!直前でもスコアアップを目指せる方法を紹介この記事ではTOEIC2週間前からでもできるスコアップ対策について紹介しています。限られた時間でも、効率の良い学習方法やアプリを活用することにより、短い時間でも効果的な学習効果を上げられます。...
TOEICに関する情報
履歴書にTOEICスコアを書く
履歴書にTOEICスコアを書くのは良い?理想の点数や書き方を解説TOEICスコアの履歴書の書き方や注意するポイントを紹介している記事です。職種別に持っておくと良いTOEICスコアについても解説しています。これからTOEICを受けて履歴書にスコアを書きたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!...
ABOUT ME
SUGI
学生時代から英語が好きで、日本で英語の勉強をしてきました。学生時代にはカナダへ教育実習をした経験があります!その後、大手英会話スクールで5年程勤務しました。現在はその経験を活かし、英語学習や留学に関する記事を書いています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!