キャリア

TOEICスコアは嘘でもバレない?就職・転職のリスクと意識すべきポイント

TOEICスコアは嘘でもバレない?就職・転職のリスクと意識すべきポイント
就職や転職などで有利になりたいから、TOEICスコアで嘘をついてもいいのかな。嘘がバレないのか、リスクなどを教えてほしい。
Imai
Imai
ライターのImaiです。大学時代に4年間、学習塾で英語講師として働いた経験があります。現在は起業をして、ライター、ライティングセミナー講師、編集者、校閲者として活動中です。

TOEICスコアは高い方が良いため、スコアが低いと上乗せして嘘の申告をしたくなる人もいるかと思います。そもそもTOEICスコアで嘘をついてもバレないものなのでしょうか。

今回は、TOEICスコアは嘘でもバレないのか、嘘が発覚するリスクや意識するべきポイントを解説します。

就職・転職を予定している方は参考にしてください。

編集長
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。

TOEICスコアは嘘でもバレない?

TOEICのスコアで嘘をついてもいいのかまずは、TOEICスコアで嘘をついてもバレないのかを解説します。

結論から書くと、TOEICスコアで嘘をついたらバレる可能性があります。

嘘が発覚したら周囲からの信頼度も落ちるのはもちろんのこと、就職や転職で嘘をついていたら、最悪の場合は内定取り消しになる可能性もあるため、TOEICスコアの嘘は書かず、正しく申告しましょう。

TOEICスコアで嘘をつくというと、本来のスコアよりも高く虚偽申告することが多いかと思いますが、低く嘘の申告すれば問題ないということではありません。本来のスコアよりも低くても虚偽申告になるため、嘘は書かずに正しいスコアを申告することを強くおすすめします。

たとえば友だち同士の会話で、謙遜のつもりで低く伝えることもあるかもしれませんが、なにかのきっかけで本当のスコアが発覚した場合、相手が「なんで低く伝えたのだろう、バカにされてしまったのだろうか」と思うこともあるのです。

そのため、TOEICのスコアは、高くても低くても嘘はおすすめしません。

TOEICスコアで嘘をつく3つのデメリット

ここからは、TOEICスコアで嘘をつく3つのデメリットを解説いたします。

以下のことを把握しておいて、そうならないように気をつけましょう。

TOEICスコアで嘘をつく3つのデメリット
  1. 嘘をついた罪悪感がある
  2. 実力に合わない英語力を求められる
  3. 嘘を重ねることになる

1.嘘をついた罪悪感がある

TOEICで嘘をついて罪悪感のある人
TOEICスコアで嘘をつく1つ目のデメリットは、罪悪感があることです。

嘘をつくと、罪悪感を覚える人がほとんどでしょう。あとから後悔することもあり得ます。たとえば、職場で見栄を張ってTOEICスコアを実力よりも高く伝えたとしましょう。周囲から「すごい!英語が得意なのですね。」と褒められることもあるかもしれません。

最初は周囲からの評価が上がり、気持ち良く感じることも多いです。しかし、これは実力を褒めているわけではないため、後から罪悪感や自己嫌悪を覚えることもあります。

嘘をついてしまうと、あとから「実は嘘でした」とは言いにくくなります。時間が経つにつれ、余計に本当のことを言えなくなるでしょう。「あんなことを言わなければ良かった」と後悔することもあるため、嘘のTOEICスコアを申告するのは避けた方が無難です。

2.実力に合わない英語力を求められる

高い英語力を求められている人TOEICスコアで嘘をつく2つ目のデメリットは、実力に合わない英語力を求められることです。

TOEICスコアで嘘をつく場合のほとんどが、実際のスコアよりも高く申告するかと思います。この場合は、実力に合わない英語力を周囲から求められる可能性があるのです。

たとえば、TOEICスコアが550点にも関わらず750点と嘘をついたとしましょう。周囲はTOEICスコア750点と思い込んでいるので、社会人の場合は英語を使う仕事を任されることがあります。海外の取引先とのやり取りを依頼されることもあるかもしれません。

学生であれば、英語の成績が良いと期待されたり、「英語の勉強を教えて」と同級生から言われたりすることも。TOEICスコアで嘘をつくと、実力以上の英語力を求められることがあるため、それが苦痛に感じることもあります。

3.嘘を重ねることになる

嘘を重ねている人TOEICスコアで嘘をつく3つ目のデメリットは、嘘を重ねることです。

後先のことを考えずにTOEICスコアで嘘をつくと、嘘がバレないように次々に嘘を重ねることになります。

たとえば、TOEIC600点にも関わらず、850点と嘘をついたとします。周囲からは「英語が得意なのだね。留学したことがあるの?」と聞かれることもあるでしょう。本当は留学経験なんてないのに、「学生のときに留学していました」と嘘を重ねてしまうことがあります。

1つ嘘をつくと、次々と嘘をつくこともあり得るので、TOEICスコアは正直に伝えましょう。

TOEICスコアの嘘がバレる3つの理由

次に、TOEICスコアの嘘がバレる理由をまとめます。

嘘をつかないのが得策ですが、どんな風にバレてしまうのかチェックしてみてください。

  1. 実力と合わなくてバレる
  2. 公式認定証の提示でバレる
  3. 次にTOEICテストを受験してバレる

1.実力と合わなくてバレる

実力でTOEICの嘘がバレた人TOEICスコアの嘘がバレる理由は、実力が見合わないからです。

TOEICスコアを高く申告すれば、周囲から高いスコアに見合った実力が求められます。しかし、実際は英語力が申告ほど近くはないため、「あれ、期待ほど英語ができていないけど、本当にTOEICの点数は高いのかな?」と周囲から疑問を持たれるのです。

場合によっては、「TOEIC〇点と聞いていたけど、英語が苦手なの?」と聞かれることもあるでしょう。

2.公式認定証の提示でバレる

公式認定証でバレた人TOEICスコアの嘘がバレる理由は、公式認定証の提示があるからです。

学校や職場からTOEICの公式認定証の提出を求められることもあります。公式認定証とは、Official Score Certificateと呼ばれる証明書のことで、TOEICのスコアが記載されています。

公式認定証は、1つしかないため(再発行は可能)、提出することは稀ですが、写しの提出を求められることや提示を求められることはあり得ます。スコアで嘘をついていると、公式認定証を提示したときにバレてしまうのです。

3.次にTOEICテストを受験してバレる

TOEICのテストを受ける人TOEICスコアの嘘がバレる理由は、次にTOEICテストを受験するときにスコアが大きく落ちる可能性があるからです。

たとえば、就職のときにTOEICのスコアを実力よりも200点上にして嘘の申告をしたとします。社員に定期的にTOEICの受験を義務付けている企業であれば、次にTOEICテストの受験をしたときにスコアが200点ほど得点が下がることになります。

「なぜ、この人はスコアが急に下がったのだろう?」と疑問を抱かれ、嘘を追及されるかもしれません。

TOEICスコアで嘘をつかないためにも努力して点数を伸ばそう

嘘をつかないために勉強する人ここまでTOEICスコアで嘘をつくデメリットや、嘘がバレる理由について解説しました。
嘘をついてもバレない可能性もありますが、嘘をついたままでいても良い気分ではないでしょう。

TOEICスコアで嘘をつかないためにも、努力をして自身が持てるスコアを獲得することをおすすめします。TOEICテストのスコアアップを目指すために、独学も良いですが、ひとりでのスコアアップに限界を感じる方は、英会話スクールがおすすめです。

TOEIC対策をしている英会話スクールはたくさんあるので、興味があれば通ってみませんか。通学であれば勉強仲間ができてモチベーションを高く維持したまま学習ができるでしょう。

オンライン英会話スクールであれば、オンラインレッスンなら自宅で受講でき、天候に左右されることはありません。時間を有効に使いたい方にも良いでしょう。

TOEIC試験対策が出来るオンライン英会話【おすすめ12選】
TOEIC試験対策ができるオンライン英会話教室おすすめ13選|失敗しない選び方も解説今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるオンライン英会話スクール」を徹底リサーチしてまとめました。TOEIC対策をオンラインで行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。 ...

TOEICスコアを活用して自分に合った企業を見つける方法

転職サイトに登録する人TOEICスコアを活用して、今とは違う企業で働きたいと感じる方もいますよね。TOEICスコアアップができれば、現在よりも良い条件で転職できる可能性もあります。

TOEICスコアを活用して自分に合った企業を見つけるおすすめの方法は、転職サイトへの登録です。

転職サイトに自分の履歴書や職務経歴書を記載する際に、TOEICスコアを載せましょう。英語を使う仕事であれば、TOEICスコアが転職に有利になることもあります。

転職系の記事に関しては以下で用意しているのでこちらもみてみましょう。

英語力を持っていると転職に有利か?【解説】
英語力を持っていると転職に有利か?【解説】今回の記事絵dは「英語がなぜ転職の上で最大の武器になるのか?」というポイントをわかりやすくお伝えし、おすすめの英会話スクール・転職エージェントを紹介していきます。...

まとめ:TOEICスコアの嘘はバレる!嘘をつかなくていいように英会話スクールで対策をしよう!

今回はTOEICスコアの嘘はバレるのか、バレる理由や嘘をつくデメリットを紹介しました。

TOEICスコアで嘘をつけば、バレることがあるので、正しく申告しましょう。嘘が発覚しなくても、バレるのではないかという不安があったり、罪悪感を覚えたりするので、おすすめはしません。

嘘が発覚する理由は次のとおり。

嘘が発覚する理由
  1. 実力と合わなくてバレる
  2. 公式認定証の提示でバレる
  3. 次にTOEICテストを受験してバレる

嘘をつかなくてもいいように、TOEICテストの勉強をしましょう。おすすめは英会話スクールに通うことです。各スクールでは無料体験を実施しているので、気軽に受けてみましょう。

安く学べる!TOEIC対策ができるスクールを徹底まとめ【10選】
安い料金で学べる!TOEIC対策ができるスクールを徹底まとめ【10選】この記事では比較的安価に受講できるTOEIC対策の英会話スクールをご紹介します。また、スクールの選び方についても詳しく解説しています。どのスクールがいいか迷っている人はぜひご一読ください。...

また、TOEICスコアをアップさせて、自分に合った仕事をしたい場合は、転職サイトへの登録もおすすめします。

英語力を活かせるおすすめの転職エージェントを紹介【目的別11選】
英語力を活かせるおすすめの転職エージェントを紹介【10選】この記事では、英語力を活かして転職を考えている方向けに「おすすめ転職エージェント」を特徴別に紹介しています。また、転職する際の準備や転職活動の進め方についてもまとめています、...

そのほか、English WithではTOEIC対策に役立つ記事を多数用意。気になる方は、下記の記事もチェックした上でTOEICのスコアアップをしましょう。

TOEICの文法問題を解くコツ
TOEICの文法問題を解くコツは?おすすめの学習方法やスクールなども紹介この記事では、TOEICの文法問題の解き方のコツや時間配分について解説しています。TOEIC対策が可能な英語コーチングスクールも紹介しているので、TOEICの文法問題に苦手意識がある方はぜひ参考にしてみてください。...
TOEIC対策におすすめのアプリ
TOEIC対策でおすすめの人気アプリを徹底紹介【10選】この記事では、TOEIC対策におすすめのアプリを紹介します。総合的に学べるアプリから、特定の分野に特化したアプリまで様々なものを紹介するので、TOEIC受験を控えている方はぜひ参考にしてみてください。...
TOEICに関する情報
履歴書にTOEICスコアを書く
履歴書にTOEICスコアを書くのは良い?理想の点数や書き方を解説TOEICスコアの履歴書の書き方や注意するポイントを紹介している記事です。職種別に持っておくと良いTOEICスコアについても解説しています。これからTOEICを受けて履歴書にスコアを書きたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!...
TOEIC IPスコアは履歴書に書ける?‘
TOEIC IPスコアは履歴書に書いて良い?正しい書き方・ポイントを解説TOEIC IPテストのスコアは履歴書に書けるかを解説している記事です。IPテストの特徴や、履歴書にスコアを書く場合の書き方を紹介しています。TOEIC IPテストのスコアを履歴書に書いて英語力をアピールしたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!...
ABOUT ME
Imai
Imaiです。大学時代に4年間、進学塾で英語講師をしていました。異文化について興味があり、ボランティアで国内案内をしたことも。現在は起業をしてライター、編集者、校閲者として活動中。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!