TOEIC対策

TOEICの文法対策でおすすめ勉強方法【効果的に学習しよう】

TOEICの文法対策でおすすめ勉強方法【効果的に学習しよう】
TOEICの文法問題が苦手…。効率的にTOEICの文法対策ができる勉強方法を知りたい!
Tomomi
Tomomi
こんにちは!English WithライターのTomomiです!海外で生活をしながら、英語に関する記事を書く仕事をしています。

今回の記事では、TOEICの文法対策でおすすめ勉強方法を解説していきます。

英語力を測る試験として知名度の高いTOEICは、リスニング力や読解力、語彙力や文法力など総合的な英語力が求められるのが特徴です。中でも文法知識はTOEICスコアに大きく影響するため、重点的な対策学習が必要であると言えるでしょう。

しかし、「TOEICの文法問題が苦手でスコアが伸びない」「文法問題の対策方法が分からない」「そもそもTOEICで文法は重要なの?」といった悩みや疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではTOEICの文法対策でおすすめの勉強方法を詳しく紹介していきます。TOEICの文法対策がどうして必要なのかもあわせて解説していくので、TOEIC受験予定の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

TOEICの文法問題の概要

TOEICの文法問題の概要まず最初に、TOEICの文法問題の概要から解説をしていきます。

TOEICではリーディングセクションであるパート5とパート6で、文法知識を問う問題が出題されるのが特徴です。パート5では短文穴埋め問題が30問、パート6では長文穴埋め問題が16問出題され、品詞の使い方や前置詞・動詞・接続詞などの使い方に関する知識が問われます。

TOEICの文法問題
  • パート5:短文穴埋め問題が30問
  • パート6:長文穴埋め問題が16問

どちらもじっくり考える問題というよりは、知識を活かして素早く解いていくことが求められるパートです。パート7の長文読解問題に十分な時間を残すためにも、パート5とパート6をいかに時間をかけず正確に解答できるかがスコアアップの鍵であると言えるでしょう。

TOEICの文法対策が必要な2つの理由

TOEICでは、パート5・6で文法知識を問う問題が出題されることをお伝えしました。

ただ、TOEICの文法対策をするメリットは、パート5・6の得点率を上げるだけではありません。

そこでここからは、TOEICの文法対策が必要な理由について詳しく解説をしていきます。

TOEIC文法対策が必要な2つの理由
  1. パート5・6は得点源になりやすい
  2. 全体のスコアアップに関わる

1.パート5・6は得点源になりやすい

1.パート5・6は得点源になりやすいまず第一に、パート5・6は得点源になりやすいことが理由の1つです。

出題パターンがある程度決まっているパート5・6は、他パートに比べて得点を伸ばしやすいと言われており、対策することで大きくスコアを伸ばすことができます。

また、この2つのパートを素早く解答できるとパート7の長文読解に使える時間が増えるため、リーディングパートの得点率の底上げにも繋がります。

2.全体のスコアアップに関わる

2.全体のスコアアップに関わる第二に、文法対策を行うことでスコア全体を上げることができます。

直接文法知識を問われるのはパート5・6ですが、その他のリスニングパートや長文読解問題でも、文法知識を活かしたスコアアップが可能です。

例えば、パート1〜4のリスニング問題であれば、文法を理解していると音声で流れる文章の意味を正確に聞き取れるようになります。聞き逃しやすい前置詞なども前後に使われている単語から推測できたり、知らない単語があっても品詞を予想して答えの見当をつけたりと、正答率を上げられるでしょう。

また、パート7の長文読解問題では、文法知識があれば文章の意味を正しく理解することができますし、読むスピードも上げることができます。

そのため、文法対策をしておくことでパート5・6の得点率が上がるのはもちろん、全体のスコアも大きく伸ばせるでしょう。

TOEICの文法対策でおすすめできる3つの勉強方法

前項では、TOEICにおける文法対策の必要性について解説をしました。文法力をつけておくことで、TOEICスコアを効果的に伸ばすことができます。

ここからは、「どのようにTOEICの文法対策をすれば良いのか?」とお悩みの方に向けて、TOEICの文法対策でおすすめ勉強方法について解説をしていきます。

文法対策でおすすめできる3つの勉強方法
  1. 英文法の基礎を復習する
  2. TOEICの公式問題集を解く
  3. TOEIC対策に特化した問題を解く

1.英文法の基礎を復習する

1.英文法の基礎を復習するまず最初に、英文法の基礎を復習することです。

TOEICでは難解な文法知識が問われるというよりは、中学〜高校レベルの文法を知っていれば解ける問題が多いため、英文法の基礎を丁寧に復習することでスコアを大きく上げることができます。

効率的に英文法の基礎固めをするためには、参考書の活用がおすすめ。参考書は複数冊用意するのではなく、必要な知識がまとまっている1冊を選びましょう。

複数の参考書を購入するとどれも中途半端になってしまいやすいため、まずは1冊と決めて内容が頭に入るまで何度も読み込むことがおすすめです。

以下の記事でTOEICの文法対策におすすめの参考書をレベル別にまとめているので、チェックしてみてくださいね。

TOEICの文法対策におすすめの参考書
TOEIC文法対策でおすすめの参考書まとめ【レベル別10選】この記事では、TOEICの文法対策におすすめの参考書を紹介しています。参考書を選ぶ時のポイントについてもまとめているので、TOEIC文法対策の参考書の利用を検討している方は参考にしてみてください。...

2.TOEICの公式問題集を解く

2.TOEICの公式問題集を解く次に、TOEICの公式問題集を解くことです。

TOEIC公式の問題集でトレーニングをすることで、TOEICの文法問題の出題形式に慣れながら、どのような問題が出題されるのか傾向を掴むことができます。

問題を解く時は、時間配分を意識して解答するのがコツ。本番では限られた時間で素早く問題を解く必要があるため、普段から解答時間を測りながらトレーニングをしておくのがおすすめです。

以下の記事では、TOEICの問題演習に使えるおすすめ英語学習アプリをまとめています。ぜひあわせて参考にしてみてください。

TOEIC問題演習に使える!おすすめ英語学習アプリを紹介【8選】
TOEIC問題演習に使える!おすすめ英語学習アプリを紹介【8選】今回の記事では、English With編集部が「TOEICの問題演習が解ける英語学習アプリ」を特徴別にいくつか紹介しています。...

3.TOEIC対策に特化した文法問題を解く

3.TOEIC対策に特化した文法問題を解く最後に、TOEIC対策に特化した問題を繰り解くことが挙げられます。

TOEICの文法問題は出題傾向が決まっているため、演習問題に取り組むことで効率的に対策が可能です。問題を解きながらその都度解説を読み、知識としてストックしていきましょう。

また、同じ問題を繰り返し解くこともポイントです。1度解説を読んだだけでは時間が経つと忘れてしまうため、何度も同じ問題を解くことで記憶に定着させることができます。

以下の記事では、TOEICパート5対策に特化したおすすめの問題集・参考書をまとめています。あわせてチェックしてみましょう。

TOEICパート5の対策でおすすめの問題集・参考書【9選】
TOEICパート5の対策でおすすめの問題集・参考書【9選】TOEICパート5はリーディング問題で、英文法の知識が問われます。このページでは、TOEICパート5対策ができるおすすめの参考書を9冊ご紹介しています。これからTOEIC受験予定の方は参考にしてください。 ...

TOEICの文法問題を素早く解くための3つのテクニック

前項では、TOEICの文法対策におすすめの勉強方法について解説をしました。3つの勉強方法を徹底することで、TOEICスコアを効果的に伸ばすことができるでしょう。

また、文法対策に加えて、本番では限られた時間内で問題を解くための解答テクニックを知っておくこともスコアを伸ばすカギ。

ここからは、そんなTOEICの文法問題を素早く解くためのテクニックを3つ紹介していきます。

素早く解く3つのテクニック
  1. パート5は先に選択肢を確認
  2. パート6は文章を読みながら選択肢を確認
  3. 事前に時間配分を決めておく

1.パート5は先に選択肢を確認

1.パート5は先に選択肢を確認まず、パート5では問題文を読む前に選択肢を確認しておくことが解答のコツです。

パート5では、正しい品詞や代名詞を選ぶ問題など、文章全てを読まなくても前後を見るだけで解ける問題が複数あります。

そのため、先に選択肢を確認して何を答える問題かを把握することで、問題文を読む時間を節約し、解答スピードを上げることができます。

選択肢を見て文章を読む必要がある問題のみ、問題文全てに目を通して正解を選びましょう。

2.パート6は文章を読みながら選択肢を確認

2.パート6は文章を読みながら選択肢を確認パート6の場合は最初に問題文を読み、問題箇所にたどり着いた時点で選択肢を確認しましょう。

パート6は文章の前後を把握していないと正しい答えを選べない場合があるため、文全体を読んで内容を把握してから解答することで正答率を上げられます。

読む際のポイントは、文章の意味と構造を意識しながら読むこと。何度も読み返してしまうと時間のロスになるため、1回で素早く読めるようにしておきましょう。

3.事前に時間配分を決めておく

3.事前に時間配分を決めておくそして、事前に時間配分を決めておくことも素早く解答するためのポイントです。

パート5は全問10分以内、パート6は8分以内で解けると良いでしょう。1問にかけられる時間は20〜30秒が目安です。

分からない問題があった場合は、潔く諦めて次の問題に取り組むのもスコアを上げるためのコツ。「30秒以上迷ったら次の問題へ」など時間制限ルールを設けておくことで、時間の消費を避けて他の問題にかける時間を確保できます。

TOEICの文法問題に対する学習の流れ

前項では、 TOEICの文法問題を素早く解くためのテクニックについて解説をしました。3つのコツを知っておくことで、時間を節約しながら効率良く問題を解くことができるでしょう。

最後に、TOEICの文法問題に対する学習の流れについて解説をしていきます。

TOEICの文法学習の流れ
  • ステップ1.頻出問題から優先的に取り組む
  • ステップ2.問題を繰り返し解く
  • ステップ3.公式問題集で演習

ステップ1.頻出問題から優先的に取り組む

ステップ1.頻出問題から優先的に取り組むまず最初は、TOEICの頻出問題から優先的に取り組みましょう。

TOEIC対策に特化した参考書や問題集には、出題頻度の高い文法問題が掲載されています。まずはそれらの問題を優先的に解き、TOEICの文法問題の出題形式に慣れていきましょう。

また、TOEICパート5・パート6では語彙力も求められるため、文法対策と合わせてTOEIC頻出単語も覚えていくと、効率良く学習できます。

ステップ2.問題を繰り返し解く

ステップ2.問題を繰り返し解く次に、同じ問題を繰り返し解いてみましょう。間違えた問題を繰り返し解くことで、記憶に定着させることができます。

間違えた問題は必ず解説を読み、なぜ間違えたかを確認することがポイント。大切なのは問題を解くことではなく英文法を理解することなので、問題集を選ぶ時は解説が充実しているものを選ぶことも大切です。

また、何度も問題を解いていくうちに自分の苦手傾向なども見えてきます。自分の得意・不得意を把握しながら、苦手パターンを重点的に復習してスコアに繋げていきましょう。

ステップ3.公式問題集で演習

ステップ3.公式問題集で演習そして、慣れてきたらTOEIC公式問題集で演習を行いましょう。

時間を測りながらマークシートを使って問題を解いてみることで、試験を擬似体験することができ、解答のスピード感を掴めます。

解き終わった際は必ず解説を確認し、間違えたところは後から見返せるようにしておきましょう。間違えたところだけをまとめたノートなどを用意していると、本番直前に効率的に見直しができるのでおすすめです。

TOEICの文法対策をするには英語コーチングもおすすめ

TOEICの文法対策をするには英語コーチングもおすすめ「効率的にTOEICの文法対策をしたい」「独学で伸び悩んでいる」という方には、英語コーチングがおすすめです。

英語コーチングとは、専属コーチが生徒に合わせた学習サポートを行ってくれるサービスのこと。スポーツ選手につくコーチのように、学習メニューの提案や学習の進捗状況の管理などを行い、最短距離で目標達成に導きます。

英語コーチングについては以下の記事で詳しくまとめているので、ぜひあわせて参考にしてみてください。無料でカウンセリングを行っており、苦手分野の分析や学習アドバイスなどを受けることが可能。興味のある方は一度試しに体験してみるのがおすすめです。

オンラインで学べる英語コーチングの特徴とおすすめスクール【15選】
【2023年最新版】オンライン英語コーチングスクール15選!料金からメリットやデメリットについて紹介今回の記事では、English With編集部が「オンライン英語コーチング特徴やメリット」「おすすめできる英語コーチングスクール」についてまとめていきます。英語コーチングを比較する際の参考にしてみてください。...
TOEIC対策ができる短期間完結の英語コーチングまとめ【8選】
TOEIC対策ができる短期間完結の英語コーチングまとめ【8選】この記事では、TOEICスコアアップを目的に英語力を伸ることができる英語コーチングを紹介しています。各スクールの特徴からコース・料金情報を網羅し、おすすめのポイントを記載しています。...

数ある英語コーチングの中でも、TOEICの文法対策におすすめなのがプログリットです。学習コンサルタントの質が高く、学習計画の提案からモチベーションの管理まで徹底したサポートで目標達成に導いてくれます。

プログリット

プログリットの英語コーチングに関して詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

連載記事①:プログリットに通ってみた【初回カウンセリング編】
連載記事①:プログリットを実際に体験【初回カウンセリング編】この記事では、著名人を始め様々なビジネスパーソンが受講している英語コーチングスクール「プログリット(PROGRIT)」のパーソナルトレーニングをEnglish With編集部が受講したので内容をまとめていきます。今回が連載記事の第一弾になります。...

また、「短期集中でTOEICスコアを上げたい」という方にはENGLISH COMPANYがおすすめです。3ヶ月間の短期集中コースが用意されており、完全個別のトレーニングで一気に英語力を伸ばします。

ENGLISH COMPANY
  • 短期集中で実践的な英語力を鍛えることができる→ENGLISH COMPANY

ENGLISH COMPANYの詳しい情報や体験レビューはこちらの記事にまとめているので、興味のある方はぜひあわせて読んでみてください。

ENGLISH COMPANY体験レッスンレビュー【まとめ記事】
ENGLISH COMPANYの体験レッスンをレビュー【まとめ記事】今回の記事では、英語コーチングスクールでも知名度の高い「ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)」の体験レッスンをEnglish With編集部が受講してきたので内容をまとめています。...

「TOEIC対策プログラムがある英語コーチングを探している」という方には、トライズがおすすめです。トライズには「TOEIC L&R TEST 対策プログラム」があり、2ヶ月でスコアアップを目指します。生徒一人ひとりの弱点に合わせた無駄のない学習法で、効率よくTOEIC対策を行うことが可能です。

トライズ→
  • 中級レベルにおすすめ!ハイスコアを短期間で取りたいなら!トライズ

トライズのTOEIC対策プログラムに興味のある方は、ぜひこちらの記事もあわせて読んでみましょう。

トライズ「TOEIC対策プログラム」の口コミ・評判は?【体験受講記事】
トライズ「TOEIC対策プログラム」の口コミ・評判は?【体験受講記事】この記事ではトライズのTOEIC対策プログラムについて解説しています。無料カウンセリングを受講し「本当に効果がるサービスか」を特徴や料金と照らし合わせつつ検証しました。ぜひ、TOEIC対策プログラムを検討している方は参考にしてみてください。...

プログリット、ENGLISH COMPANY、トライズではそれぞれ無料カウンセリングを実施しています。

英語コーチングに興味のある方は、まずは無料で学習相談をしてみましょう。

まとめ:TOEICの文法問題対策をして、スコアアップを目指そう!

今回の記事では、TOEICの文法対策でおすすめの勉強方法について詳しく解説をしました。

TOEICではリーディングセクションであるパート5とパート6で、文法知識を問う問題が出題されます。文法対策をすることでその2つのパートを得点源にできる他、TOEICスコア全体の底上げにも繋がります。

効果的にTOEICの文法対策を行いたい方には、以下の勉強方法がおすすめです。

文法対策でおすすめ勉強方法
  1. 英文法の基礎を復習する
  2. TOEICの公式問題集を解く
  3. TOEIC対策に特化した問題を解く

また、パート5・パート6では、時間をかけずに問題を解くことがポイント。そのために知っておきたい解答テクニックについても解説をしました。

素早く解く3つのテクニック
  1. パート5は先に選択肢を確認
  2. パート6は文章を読みながら選択肢を確認
  3. 事前に時間配分を決めておく

記事の後半では、TOEICの文法学習の流れについて解説をしました。このステップに沿って学習を進めることで、効率的にスコアを伸ばすことができるでしょう。

TOEICの文法学習の流れ
  • ステップ1.頻出問題から優先的に取り組む
  • ステップ2.問題を繰り返し解く
  • ステップ3.公式問題集で演習

「効率的にTOEICの文法対策をしたい」「短期間でスコアアップしたい」という方には、英語コーチングがおすすめです。専属コーチが徹底的に学習管理を行い、TOEIC目標スコア達成まで導きます。

おすすめ英語コーチング
  • 社会人実績No.1の英語コーチング!プログリット
  • プロのコーチからTOEIC対策を効率的に進めたいなら!ENGLISH COMPANY
  • 中級レベルにおすすめ!ハイスコアを短期間で取りたいなら!トライズ

無料カウンセリングを受けることもできるので、短期間で効率良くTOEIC対策をしたいという方はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

その他、English WithではTOEIC対策に関する記事を多数ご用意しています。詳しいスクールの紹介なども行なっているので、気になるところがあれば無料のカウンセリングを受けてスコアアップのヒントをもらいましょう。

TOEIC対策ができる英会話スクール
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】
TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール【15選】今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるおすすめの英会話スクール」を厳選ピックアップ。各スクールの特徴をまとめました。TOEIC対策を真剣に行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。...
TOEIC試験対策が出来るオンライン英会話【おすすめ12選】
TOEIC試験対策ができるオンライン英会話教室おすすめ13選|失敗しない選び方も解説今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるオンライン英会話スクール」を徹底リサーチしてまとめました。TOEIC対策をオンラインで行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。 ...
TOEICリーディング対策
初心者向け!TOEICのリーディングで効果的な勉強法
初心者向け!TOEICのリーディングで効果的な勉強法TOEICテスト初心者向けに、リーディングパート別のおすすめの勉強方法や、効率よく学習するためのサービス、英語学習アプリ、英語コーチングを紹介しています。TOEIC初心者で独学に慣れない方には、本記事で紹介したアプリやコーチングを利用してみましょう。...
【TOEICリーディング対策】使える英語学習アプリを紹介!
TOEICリーディング対策に使える英語学習アプリを紹介【5選】今回の記事は「TOEICリーディング対策で使えるおすすめ英語学習アプリ」を特徴別にいくつか紹介しています。...
執筆者
Tomomi
オンライン英会話で英会話を身につけ、日本企業の営業職からWebライターに転身。自身の学習経験をもとに英語関連の記事執筆をしています。2020年にメキシコシティに移住、現在スペイン語を勉強中です。
編集責任者
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!