ビジネス英会話

ビジネス英語で使えるイディオムを徹底まとめ【12選】

ビジネス英語で使えるイディオムを徹底まとめ【〇選】
仕事で英語を使うことになった…。ビジネス英語でよく使われるイディオムを教えて欲しいな。
Imai
Imai
ライターのImaiです。大学時代に4年間、学習塾で英語講師として働いた経験があります。現在は起業をして、ライター、ライティングセミナー講師、編集者、校閲者として活動中です。

英語にはイディオムという表現があり、こちらは暗記系分野となるため、苦手意識を持つ方も少なくありません。

そこで今回は、ビジネス英語で使えるイディオムを紹介いたします。

イディオムはTOEICテストでも出題される重要な表現なので、ぜひこの機会に覚えましょう。

ビジネス英会話で使えるイディオム【12選】

イディオムを調べる人それでは早速、ビジネス英会話で使えるイディオムをご紹介していきます。

ご自身のビジネスシーンで使えるものがあればインプットしていきましょう。

ビジネス英会話で使えるイディオム
  1. on the right track(物事が順調に進む)
  2. get down to business(本題に入る)
  3. up in the air(保留・未決)
  4. learn the ropes(コツをつかむ)
  5. by the book(ルールどおりに)
  6. in a nutshell(手短に言うと)
  7. get the ball rolling(始める)
  8. in the red(赤字)
  9. run around in circles(堂々巡り)
  10. touch base(連絡をする)
  11. a piece of cake(かんたんなこと)
  12. once in a blue moon(めったにない)

1.on the right track(物事が順調に進む)

ビジネス英会話で使えるイディオム1つ目は、「on the right track(物事が順調に進む)」です。

「on the right track」は、直訳すると「正しい軌跡の上」という意味です。あらかじめ想定していた筋道で仕事が進むという表現で、「物事が順調に進む」というイディオムになります。

ちなみにこのイディオムは、Lady Gagaの『born this way』の歌詞にも登場します。

「Our company is on the right with the new project.」は、「わが社の新プロジェクトが順調に進んでいる。」という意味です。

2.get down to business(本題に入る)

ビジネス英会話で使えるイディオム2つ目は、「get down to business(本題に入る)」です。

「get down」は、「伏せる、下りる」という意味がある熟語です。このあとに、to businessがつくと、「本題に入る、仕事をする」という意味になります。

「Let’s get down to business.」で「さて、本題に入りましょう。」と表現することができます。

ちなみに、似た英語イディオムが「get down on」です。こちらは「~を批難する」という意味で、こちらも併せて覚えておくと良いです。

3.up in the air(保留・未決)

ビジネス英会話で使えるイディオム3つ目は、「up in the air(保留・未決)」です。

「up in the air」は直訳すると「空中に上げる」という意味です。ここから裁決が「宙に浮く」となり、「保留・未決」となりました。

稚拙な表現ですが、空中にあり、宙ぶらりん状態なことから、「漠然とした状態」というイメージのイディオムです。

「The new project is still up in the air.」で、「そのプロジェクトはまだ保留になっています。」と表現できます。

ちなみに、「end up in the air」で「中途半端な状態で終わる」という意味になります。こちらも一緒に覚えておいてください。

4.learn the ropes(コツをつかむ)

ビジネス英会話で使えるイディオム4つ目は、「learn the ropes(コツをつかむ)」です。

こちらは事前に意味を知らないと訳せないイディオムと言えます。直訳すると「綱を学ぶ」となりますが、ここでの「ropes」は「綱・ロープ」という意味ではありません。

「rope」は複数形の「ropes」で「方法・知識」という意味です。そのため、「learn the ropes」で「知識を学ぶ」から転じて「コツをつかむ」となりました。

「We are struggling to learn the ropes.」で、「わたしたちはコツをつかむのに苦労しています。」と表現できます。ちなみに、「struggle」は「もがく、苦戦する」という意味です。

また、「put+人+up to the ropes」で「~にコツを教える」です。こちらも一緒に覚えておくことをおすすめします。

5.by the book(ルールどおりに)

ビジネス英会話で使えるイディオム5つ目は、「by the book(ルールどおりに)」です。

「book」は、「本・書籍」という意味が有名ですが、「基準・規則・マニュアル」という意味もあるため、一緒に覚えておきましょう。

「He does everything by the book.」で、「彼はいつもルールどおりに行う。」と表現できます。

「according to the book」でも「ルールどおりに」という意味になります。「Acooding to~」は、TOEICやビジネス英語でもよく登場するので、こちらも覚えておきましょう。

なお、「book」は「予約する」という意味もあります。日本語でも使われる「ダブルブッキング」は英語でも「double booking」で、「二重予約」という意味です。

6.in a nutshell(手短に言うと)

ビジネス英会話で使えるイディオム6つ目は、「in a nutshell(手短に言うと)」です。

「nutshell」は「木の実」という意味です。そのため、「in a nutshell」を直訳すると「木の実に入れる、木の実の中では」となります。

このイディオムは比較的新しい表現で、「小さな木の実に入れられるくらい、かいつまんで言うと」という意味から「手短に言うと」となりました。

少ない単語数で簡潔に述べるときに使う表現で、要点まとめでも使えます。英語プレゼンの結論でも使いやすい表現です。似た表現では、「in short」「in a few words」「in summary」「briefly」があります。

「The result in a nutshell」で「結果の要約」という意味です。SNSでも使われるイディオムなので、ぜひ覚えてください。

7.get the ball rolling(始める)

ビジネス英会話で使えるイディオム7つ目は、「get the ball rolling(始める)」です。

こちらのイディオムは直訳すると、「ボールを転がす」となります。なにかプロジェクトなどやることをボールに例えて、それを転がし始めることをイメージしています。つまり、「やるべきことを始める」、「物事を軌道に乗せる」という意味です。

「Let’s get the ball rolling.」で「さあ、始めましょう」と表現できます。「start」のほうがシンプルですが、同じ英単語を何度も繰り返していると、ビジネスシーンでは稚拙に思われることがあります。

「この人は英語が苦手なのかな」「start以外を知らないのかな」と思われることもあるので、「get the ball rolling」も覚えておくと良いでしょう。

8.in the red(赤字)

ビジネス英会話で使えるイディオム8つ目は、「in the red(赤字)」です。

収入と支出のバランスで、支出のほうが多い状態を赤字と言います。英語でも赤字は「in the red」とredを使います。日本の簿記は西洋の文化を取り入れており、支出が収入を上回るときや、預金を繰り越したときは、赤色のインクで記入をしていました。

そこから、「in the red」と表現するようになったわけです。この文化が日本でも取り入れられているため、日本語でも「赤字」と呼びます。

「The company is 1,000,000yen in the red.」で「その会社は100万円の赤字だ。」と表現できます。

ちなみに、「黒字」は「in the black」です。どちらもビジネス英語ではよく使用されるため、覚えておいてください。特に営業部、経理部などで使います。

9.run around in circles(堂々巡り)

ビジネス英会話で使えるイディオム9つ目は、「run around in circles(堂々巡り)」です。

堂々巡りとは、話や思考が進まずに同じところで巡る状態のことです。なかなか結論が出せない状態でもあります。

「run around in circles」は、「円の周りを走る」という意味です。円はつながっていて、始まりと終わりがありません。一周するとまた始まりに戻って来ます。この特徴から、「円の周りをグルグル回る」となり、「堂々巡り」という意味に転じました。

「We run around in circles on the problem.」で「わたしたちはその問題について堂々巡りで結論が出せていません。」と表現できます。

「run around in circles」は、「go around in circles」でも同じ意味です。そのため、「around」は「round」にしても通じます。

10.touch base(連絡をする)

ビジネス英会話で使えるイディオム10つ目は、「touch base(連絡をする)」です。

「touch base」は「contact」と同じ意味ですが、こちらのほうがカジュアルな表現です。ビジネスシーンでも使われることがあるイディオムと言えます。メールなど文章で使うというよりも、口頭で使う場合が多いです。

「touch」は「触れる」という意味で、「base」は「基礎・土台・野球ベース」という意味です。語「野球のベースにタッチする」のが語源です。野球から生まれたイディオムとされていて、野球選手が走るための重要なルールは、ベースに触れることです。

ベースに触れていないとアウトになります。基礎となることに触れるという意味から、「状況を確認する」という意味になり、「連絡をする」と転じました。

「I’ll touch base with you soon.」で「すぐにご連絡します。」と訳します。後ろに「with」が来るのでこちらも併せて覚えておきましょう。

ちなみに、「touch all bases」で「徹底してやる」という意味です。すべての野球ベースに触れるということは、ホームランになりポイントが加算されます。このことから、「徹底してやる」という意味が生まれました。

11.a piece of cake(かんたんなこと)

ビジネス英会話で使えるイディオム11つ目は、「a piece of cake(かんたんなこと)」です。

「a piece of cake」は直訳すると「ひとかけらのケーキ」です。ケーキは甘くておいしいため、好きな人が多く、すぐにペロリと食べてしまいます。それがひとかけらであれば、尚更です。かんたんに食べられることから「かんたんなこと」という意味になりました。

「That’s a piece of cake.」で「それはまさにかんたんなことです。」と表現できます。「easy」も同じ意味ですが、「a piece of cake」のほうが慣れた表現と言えます。何度も繰り返して同じ単語を使わずに、イディオムで言い換えると良いでしょう。

12.once in a blue moon(めったにない)

ビジネス英会話で使えるイディオム12つ目は、「once in a blue moon(めったにない)」です。

直訳すると「ブルームーンのとき」となります。ブルームーンとは、天体現象の1つで、1ヶ月の間に満月が2回あることです。珍しいことなので、「めったにない」という意味になりました。

「He attends the meeting once in a blue moon.」で「彼はめったに会議に参加しない。」と表現できます。注目すべきは、英語に否定語(not)がないにも関わらず、日本語訳は否定語になることです。

「めったに参加はしないが、までにする」ため、英語では否定語を含みません。(完全否定をしない。)「rarely」「once in a long time」と同じ意味で使われます。こちらも併せて覚えましょう。

ビジネス英語のイディオムを身につけるにはオンライン英会話で実践するのがおすすめ!

ここまでビジネス英語で使えるイディオムを紹介しましたが、英単語本来の意味とかけはなれているものが多いため、わかりにくい印象を得た方も多いでしょう。

イディオムを身につけるには、オンライン英会話がおすすめです。

オンライン英会話なら、自宅に居ながらにしてレッスンが受けられます。

スクール Bizmates ネイティブキャンプ DMM英会話
人気度
月額料金 13,200円(税込)〜 1,980円(税込)〜 6,480円(税込)〜
特徴 1レッスン25分でリーズナブル レッスン回数が無制限 世界121ヵ国10,000
人以上の講師が在籍
無料体験 無料体験レッスンあり 無料体験レッスンあり(7日間) 無料体験レッスンあり(2回分)
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

1.Bizmates

BIZMATESビジネス英語のイディオムが身につくおすすめの英会話スクール1つ目は、Bizmatesです。

Bizmatesは、ビジネス特化型のオンライン英会話スクールで、1レッスン25分と短時間なことが特徴です。スキマ時間にも利用しやすいでしょう。

仕事終わりにもレッスンを気軽に受けられるのが魅力で、1レッスン320円からとリーズナブルです。費用を気にせず、ビジネス英語の学習ができます。教材は30段階のレベルで分けられているため、自分に合ったテキストで学習を進められる点も魅力の一つです。

無料体験レッスンを実施しているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ビズメイツの公式サイトをチェック!

オンライン英会話のBizmatesを徹底解説!【評判・口コミ】
オンライン英会話のBizmatesを徹底解説!【評判・口コミ】今回の記事は、ビジネス英語専門のオンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」のレッスン内容や特徴などをはじめ、スクールの評判について紹介しています。...

2.ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプビジネス英語のイディオムが身につくおすすめの英会話スクール2つ目は、ネイティブキャンプです。

ネイティブキャンプは、多国籍の講師が在籍しています。レッスン受け放題プランがあり、英語を満足するまで学習できるのが最大の魅力です。教材に関しては、日常英会話や旅行英会話だけでなく、ビジネス英会話も用意されています。仕事で使えるイディオムもしっかりと学べますよ。

英会話レッスンは24時間いつでも受講可能です。そのため、終業時間が遅い方でも、ネイティブキャンプであればレッスンを受けやすいでしょう。

無料体験レッスンを実施しているので、気軽に始められる点もポイントですね。

ネイティブキャンプの無料体験は、以下の公式サイトから申し込みをしましょう!

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

キャンペーン内容

プレミアムプラン(6,480円)に新規登録でAmazonギフト券5,000円分をプレゼント!
【キャンペーン期間:2023年2月1日〜2023年2月28日】

ネイティブキャンプを体験した内容を通じてスクールを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ネイティブキャンプのレッスンを体験してきました【口コミ・評判】
ネイティブキャンプのレッスンを体験してきました【口コミ・評判】今回の記事では、オンライン英会話業界の中でも非常に人気の高いスクールである「Native Camp(ネイティブキャンプ)」についての情報をまとめています。...
ネイティブキャンプの講師って良いの?受講生が徹底リサーチ!【連載記事①】
ネイティブキャンプの講師って良いの?受講生が徹底リサーチ!【連載記事①】今回の記事は、リーズナブルな料金で英会話ができるオンライン英会話「NativeCamp(ネイティブキャンプ)」でEnglish With編集部が本会員としてレッスンを受講し「講師」にフォーカスして内容をまとめています。...

3.DMM英会話

DMM英会話ビジネス英語のイディオムが身につくおすすめの英会話スクール3つ目は、DMM英会話です。

DMM英会話は24時間いつでも受講できるのが特徴です。入会金・教材費はかからず、月額6,480円からレッスンを受けられます。1レッスンは25分と長くないので、スキマ時間に受講することも可能です。

DMM英会話の会員になると、12,000以上の教材が無料で利用できます。教材の種類が多いので、自分に合うものがきっと見つかるでしょう。自分に最適な教材で、ビジネス英語を学びたい方におすすめです。

DMM英会話の無料体験は、以下の公式サイトから申し込みをしましょう!

DMM英会話の公式サイトをチェック!

キャンペーン内容

無料会員登録後3日以内の入会で全プラン初月50%OFF!

DMM英会話を体験した内容や口コミなどを通じてスクールを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】
DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】今回の記事では、English With編集部がDMM.comが運営する事業の一つであるオンライン英会話の「DMM英会話」について体験レッスンのレビューや口コミについてまとめていきます。DMM英会話を検討している方はぜひ参考にしてみてください。...
DMM英会話で英語上達ができるのか担当者を取材!【無料体験受講可】
DMM英会話で英語上達ができるのか担当者を取材!【無料体験受講可】この記事では、DMM英会話の担当者へEnglish With編集部がインタビューを行い、様々な質問を行っています。また、無料体験レッスンに関する情報も細かくお伝えしており、これからオンライン英会話を受講する方におすすめです。...

まとめ:イディオムは語源や成り立ちで覚えましょう

今回は、ビジネス英語で使えるイディオムをご紹介しました。

ビジネスで使えるおすすめのイディオムは次のとおりでした。

ビジネス英会話で使えるイディオム
  1. on the right track(物事が順調に進む)
  2. get down to business(本題に入る)
  3. up in the air(保留・未決)
  4. learn the ropes(コツをつかむ)
  5. by the book(ルールどおりに)
  6. in a nutshell(手短に言うと)
  7. get the ball rolling(始める)
  8. in the red(赤字)
  9. run around in circles(堂々巡り)
  10. touch base(連絡をする)
  11. a piece of cake(かんたんなこと)
  12. once in a blue moon(めったにない)

英単語本来の意味とかけ離れているものも多いため、翻訳しにくい、意味を覚えにくい方もいるかと思います。イディオムの語源を意識することや、前置詞のイメージを覚えると、イディオムが頭に入りやすくなりおすすめです。

イディオムを学んだらしっかりと使えるようにするため、ここで紹介したオンライン英会話スクールをチェックしてみてください。無料体験レッスンを受講した上で比較・検討してくださいね。

スクール Bizmates ネイティブキャンプ DMM英会話
人気度
月額料金 13,200円(税込)〜 1,980円(税込)〜 6,480円(税込)〜
特徴 1レッスン25分でリーズナブル レッスン回数が無制限 世界121ヵ国10,000
人以上の講師が在籍
無料体験 無料体験レッスンあり 無料体験レッスンあり(7日間) 無料体験レッスンあり(2回分)
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

その他、English Withではビジネス英会話の学習に役立つ情報を多数ご用意しています。ビジネス英会話の勉強方法が分からない方や効率的に勉強を進めたい方は、ぜひ下記の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

ビジネス英語の効果的な勉強法
ビジネス英語の勉強法を徹底解説!効果的に英語力は伸ばせる。この記事では、ビジネス英語の勉強法について解説しています。また、おすすめの英語コーチングスクールや、ビジネス英語の勉強法に関する気になる質問についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。...
英語のプレゼンで使えるフレーズを徹底まとめ【全50選】
英語のプレゼンで使えるフレーズを徹底まとめ【全50選】英語プレゼンで使えるフレーズを50例紹介しています。そのまま丸ごと暗記して使える例文や、つなぎとして使えるフレーズもまとめました。英語プレゼンで気を付けるべき表現も記載されているので、これから英語プレゼンを予定している方はぜひ参考にしてください。...
電話対応で使えるビジネス英語【単語・フレーズまとめ】
電話対応で使えるビジネス英語【単語・フレーズまとめ】仕事で英語を使う人であれば、ビジネス英語で電話をすることもあるでしょう。ここでは電話対応で使えるビジネス英語のフレーズを紹介しています。受信、発信、取り次ぎ、聞き取れないときなどパターン別に分けて紹介したので、ぜひ参考にしてください。...
執筆者
Imai
Imaiです。大学時代に4年間、進学塾で英語講師をしていました。異文化について興味があり、ボランティアで国内案内をしたことも。現在は起業をしてライター、編集者、校閲者として活動中。
編集責任者
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!