キャリア

日常英会話レベルの英語力でも転職は可能?【エージェント紹介あり】

日常英会話レベルの英語力でも転職は可能!【エージェント紹介あり】
日常英会話レベルのでも、英語を使った仕事に転職できるのかな?英語力を活かせる転職に強いエージェントも知りたい!
Tomomi
Tomomi
こんにちは!English WithライターのTomomiです!オンライン英会話で国内にいながら英会話を身につけ、現在は海外で英語を使いながら生活をしています。そんな私の経験を基に、英語学習に関する記事を書いています。

今回の記事では「日常会話レベルの英語力でも英語を使う仕事に転職できるのか?」という疑問にお答えしていきます。

現在の転職市場では、グローバル化にともない、英語スキルをもつ人材への需要が高まっています。実際に、転職求人サイトでは「TOEIC◯◯点以上」など英語スキルを条件とした求人が増えており、英語力を生かすことで転職を有利にすすめられるケースが多いです。

しかし、英語スキルと一口にいっても、そのレベルは様々。

「転職する際にはどのくらいのレベルの英語力が必要なのか?」「日常英会話レベルでも英語を使う仕事に転職できるのか?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、「日常英会話レベルでも転職はできるのか?」という疑問に答えるとともに、「必要な日常英会話の目安」や「効率よくキャリアップする方法」を解説していきます。

後半は日常英会話レベルでも転職可能なおすすめのエージェントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

日常英会話レベルでも転職はできるのか?

日常英会話レベルでも転職はできるのか?まず結論からお伝えすると、日常英会話レベルでも英語を使った仕事への転職は可能です。

冒頭でも少し触れたように英語ができる人材の需要は高まっているため、英語で相手と正確にコミュニケーションが取れる場合、その英語力を生かして転職できる可能性は十分にあります。

企業が海外と関わるプロジェクトを行っている場合や社内に外国人の従業員が多くいるケースでは、英語力があると転職が有利になるでしょう。

また、一定の英語力があること自体を評価する企業も数多くあるため、日常英会話レベルでも転職は有利に進められます。ただし、職種によって求められる英語力には差があるため、日常英会話のレベルに応じて転職できる業界・職種は限られるかもしれません。

次項で詳しく業界や職種ごとに、どの程度のレベルの日常英会話力が必要かを詳しく解説していきますね。

転職で必要な日常英会話の目安

転職で必要な日常英会話の目安英語を使う仕事にも様々な職種があり、業務内容によって必要な日常英会話レベルの目安は異なります。多くの企業では、求人条件に求める英語レベルをTOEICなど「英語技能検定のスコア」で提示していることが一般的です。

ここからは転職の際に職種ごとに必要な日常英会話の目安と、相当するTOEICスコアの目安を解説していきます。

TOEICスコアの目安【職種別】
  • 接客業の場合
  • 英会話講師の場合
  • オフィス職の場合
  • 海外と取引のある企業の場合
  • 外資系の企業の場合

接客業の場合

まず、日系ホテルのフロント業務など、英語での接客が求められる職業では、お客さんと意思疎通ができる日常英会話レベルが求められます。TOEICスコアは600点以上が目安です。

英会話講師の場合

子供向けの英会話教師や初心者向け英会話教師の場合、正確な文法と正しい発音の日常英会話スキルが必要とされます。求人ではTOEIC650点〜700点以上を条件として提示している場合が多いです。

オフィス職の場合

貿易事務など英語を使用するオフィス職の場合、メールや書類作成など英語での読み書きができるレベルの日常英会話力が求められます。TOEIC650点以上が目安です。

海外と取引のある企業の場合

その他、海外進出している国内大手企業であれば、海外出張や英語での営業やメールのやりとりなど、英語で「話す・読む・書く」に問題なく対応できる英語力が必要とされます。TOEICスコアでは750点以上が目安です。

外資系の企業の場合

外資系企業や英語での業務が必要な管理職の場合は、業務において英語で正確に読み書きする力や、円滑にコミュニケーションをとるための高いリスニング力・スピーキング力が求められます。

この場合、業務全般を英語で行う必要があるので、ビジネス英会話レベルが必須になることが多いです。TOEICスコア850点以上が目安です。

しかしこれらはあくまでも目安であり、企業や業務内容によって必要とされる英語力は異なります。

また、他に専門的なスキルがある場合や業務経験がある場合などは、TOEICスコアの目安に満たない場合でも英語力を生かして有利に転職できるケースが多いです。

日常英会話レベルでも効率的に転職する方法

日常英会話レベルでも効率的に転職する方法前項で解説した通り、日常英会話レベルでも英語を使った仕事への転職は十分に可能です。しかし、英語力が高い人が優遇されてしまうのも事実。

そこで、ここからは、日常英会話レベルでも効率的に転職する方法について解説していきます。

日常英会話レベルで転職を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

効率よく転職する方法
  1. 英語の求人が多い転職エージェントに登録する
  2. 転職活動中にできるだけ英語力を伸ばしておく

1.英語の求人が多い転職エージェントに登録する

1.英語の求人が多い転職エージェントに登録するまず第一に、英語の求人が多い転職エージェントに登録することが挙げられます。

転職エージェントに登録するメリットは、キャリアアドバイザーから自分のスキル・キャリア・希望に合った転職先の提案を受けることができる点です。忙しいビジネスパーソンでも時間を節約しながら効率よく自分に合った求人を探すことができます。

転職エージェントは様々ありますが、各社のサービスにはそれぞれ特徴があり、自分の転職目的に合ったエージェントを利用するのがおすすめ。

後項で日常英会話スキルを生かして働きたい方におすすめの転職エージェントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

2.転職活動中にできるだけ英語力を伸ばしておく

2.転職活動中にできるだけ英語力を伸ばしておく次に、転職活動中にできるだけ英語力を伸ばしておくことも大切になります。

ビジネス英会話でよく使われるフレーズ・語彙を覚えるなどして英語力を伸ばしておけば、就職後もスムーズに業務を進めることが可能です。また、TOEICのスコアが上がれば、求人の選択肢も増えます。

そのため、転職中であっても英語学習に取り組んでおきましょう。

英語力を伸ばすには、オンライン英会話のビジネス英会話コースの受講や、英語コーチングを利用するのがおすすめです。転職活動で忙しい中でも、ビジネス英語に絞って学習することで、業務で必要となる英会話を効率よく身につけることができます。

その中でもEnglish With編集部がおすすめしているのがビジネス英語に特化したオンライン英会話・英語コーチングサービスを提供する「ビズメイツ」。


編集部でも受講経験がありますが、講師の質が高いのが印象的でした。それもそのはず、採用率1%のビジネス経験のある講師が在籍しているため、レッスンが実践的。初心者〜中級者の方でも基礎から英語を学び、最終的に実践で使える英語力を鍛えることができるおすすめのオンライン英会話です。

無料体験レッスンを受講できるため、まずは体験に参加してみることをおすすめします。

公式サイト:オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)

関連記事
ビズメイツは英語初心者でも効果的に学べる?【運営者インタビュー】
ビズメイツは英語初心者でも効果的に学べる?【運営者インタビュー】この記事では、「Bizmates(ビズメイツ)は英語初心者でも十分に学習できるのか?」をテーマにし、その内容をまとめています。...
Bizmatesに入会して1ヶ月間英語学習してみた【連載記事①】
Bizmatesに入会して1ヶ月間英語学習してみた【連載記事①】今回の記事では、ビジネス英語を専門的に学べるオンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」の受講内容をまとめています。連載記事として受講体験を書いており今回は初回のレッスン内容の説明をしています。...

日常英会話レベルでも転職可能なおすすめのエージェント【3選】

前項で日常英会話レベルでも効率的に転職する方法として「英語の求人が多い転職エージェントに登録する」と解説しましたが、どの転職エージェントが英語の求人に強いのかを知りたい方も多いですよね。

そこで、ここからは、English With編集部がおすすめする「日常英会話レベルでも転職可能なエージェント」を3つご紹介します。

それぞれの特徴について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめ転職エージェント【3選】
  1. リクルートエージェント
  2. リクナビNEXT
  3. エンワールド・ジャパン

1.リクルートエージェント

1.リクルートエージェントリクルートエージェントはリクルートグループが運営する転職エージェントで、業界No.1の求人数を誇ります。

公開求人数13万件に加え、非公開求人を10万件以上保有しており、業界問わず幅広い選択肢の中から自分に合った理想の転職先を見つけることができるのが魅力です。

英語を使う仕事の求人も多く、日常英会話レベル(TOEIC600点程度)を生かせる求人も多数取り扱っています。

圧倒的な転職支援実績を誇るリクルートエージェントだからこそ得られる業界・企業情報、そして転職ノウハウも選ばれる理由の1つです。

英語スキルを生かした転職に詳しいキャリアアドバイザーが、転職希望者の英語レベル・スキル・希望に沿った理想の求人をマッチングしてくれます。

リクルートエージェントの公式サイトをチェック!

2.リクナビNEXT

2.リクナビNEXTリクナビNEXTは国内大手の転職サイトで、リクルートエージェントと同じくリクルートグループが運営をしています。

リクナビNEXTでは求人情報は全て公開されており、自由に求人を閲覧・応募できる点がリクルートエージェントとの違いです。

細かく条件を設定して求人検索ができるので、スキルや経験はもちろん、企業の特徴や働き方の特徴などから絞り込み、自分に合った転職先を探すことが可能。じっくり比較・検討しながら自分のペースで転職活動を進めたい方におすすめです。

また、企業やエージェントからオファーを受けるスカウト機能も利用することができるため、自分の英語力や経験を求める企業に出会えるチャンスもあります。

英語スキルを生かせる求人も常時数千件の掲載しているので、興味のある方は一度求人をチェックしてみましょう。

リクルートエージェントとの同時登録もできるので、併用して活用するのがおすすめです。どちらも英語に関わる求人が多いため、登録しておくことで理想の求人に出会いやすくなります。

リクナビNEXTの公式サイトをチェック!

3.エンワールド・ジャパン

3.エンワールド・ジャパンエンワールド・ジャパンは外資系企業や日系グローバル企業の求人を専門的に扱っている転職エージェントです。

英語を生かした求人に特化しており、あらゆる業界・職種の英語から英語を使って働ける求人を取り揃えているのが特徴。

転職希望者の英語レベル・スキル・経験、そしてこれからのキャリア目標を踏まえた上で、キャリアコンサルタントが理想の転職を提案してくれるのが魅力です。

ビジネス英語スキルを応募資格としている求人が多いですが、中には将来的にビジネスレベルの英語を身につけることを条件とし、応募時は日常英会話レベルでも問題ないとする求人もあります。

そのため、英語を使った仕事に転職したい方は登録しておいて損のない転職エージェントです。気軽にキャリアコンサルタントに相談をしてみましょう。

エンワールド・ジャパンの公式サイトをチェック!

まとめ:日常英会話レベルでも大丈夫!英語力を生かして転職しよう

今回の記事では「日常英会話レベルでも英語を使った仕事への転職はできるのか?」という疑問についてお答えするとともに、日常英会話レベルでも効率的に転職する方法について解説しました。

効率よく転職を進めるためには以下の2つが重要になります。

効率よく転職する方法
  1. 英語の求人が多い転職エージェントに登録する
  2. 転職活動中にできるだけ英語力を伸ばしておく

また、日常英会話レベルでも転職可能なおすすめのエージェントには以下の3つがありました。

転職エージェントを活用することで、効率よく自分の理想の転職を叶えることができます。どのエージェントも無料で登録が可能なので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

今回の記事が日常英会話スキルを生かして転職したい方の参考になれば幸いです。

English Withではその他、転職や英語学習に関わる記事を多数ご用意しています。こちらもあわせて参考にしてみてくださいね。

転職と資格
英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】
英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】今回の記事では、英語を活かした仕事へ転職できるように「TOEIC資格が転職に有利に運ぶ理由」をお伝えしていきます。また、記事後半ではおすすめの転職エージェントやオンライン英会話スクールも特徴別に紹介します。 ...
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】今回の記事では、転職を考えている方に向けて「転職に有利な英語資格」をまとめて紹介しています。...
転職のコツ
海外への転職は英語が話せなくても可能か?【求人情報の見つけ方】
海外への転職は英語が話せなくても可能か?【求人情報の見つけ方】今回の記事では「英語力がないけど海外で働きたい方」のために、海外転職は可能かどうかについてお伝えしています。...
年収アップ!英語力を生かした転職方法を解説【エージェント紹介あり】
年収アップ!英語力を生かした転職方法を解説【エージェント紹介あり】この記事では「年収アップができる英語力を生かした転職方法」について解説しています。英語力を生かした転職におすすめのエージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。...
業界・職種別の転職記事
英語力はIT業界への転職で必要?徹底解説【おすすめエージェントも紹介】
英語力はIT業界への転職で必要?徹底解説【おすすめエージェントも紹介】今回は英語力がIT業界の転職で必要になる理由についてを解説し、後半部分でIT業界への転職でおすすめのエージェントを3つ紹介しています。本記事を参考にIT転職で必要な英語力を理解し、自身にあった転職エージェントを見つけて転職活動を行ってくださいね。...
エンジニアの転職で英語は必要か徹底解説【おすすめエージェントも紹介】
エンジニアの転職で英語は必要か?徹底解説【おすすめエージェントも紹介】この記事ではエンジニアの転職における英語の必要性について解説しています。エンジニア転職におすすめのエージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。...
プログラミング業界の転職で英語は必要?【おすすめ転職エージェントも紹介】
プログラミング業界の転職で英語は必要?【おすすめ転職エージェントも紹介】この記事では、「プログラミング業界の転職で英語は必要か?」という疑問について回答するとともに、プログラミング業界の転職におすすめのエージェントを紹介しています。...
おすすめ転職エージェント
英語力を活かせるおすすめの転職エージェントを紹介【目的別11選】
英語力を活かせるおすすめの転職エージェントを紹介【10選】この記事では、英語力を活かして転職を考えている方向けに「おすすめ転職エージェント」を特徴別に紹介しています。また、転職する際の準備や転職活動の進め方についてもまとめています、...
ビジネス英会話に関する記事
安い!ビジネス英会話をマンツーマンで学べるスクール【5選】
安くビジネス英語をマンツーマンで学べる英会話スクール【5選】この記事では「安くマンツーマンでビジネス英会話を学びたい」という方に向けて、おすすめの英会話スクールとオンライン英会話を紹介していきます。ビジネス英会話を学びたい方はぜひ参考にしてみてください。...
ABOUT ME
Tomomi
オンライン英会話で英会話を身につけ、日本企業の営業職からWebライターに転身。自身の学習経験をもとに英語関連の記事執筆をしています。2020年にメキシコシティに移住、現在スペイン語を勉強中です。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!