キャリア

英語力はIT業界への転職で必要?徹底解説【おすすめエージェントも紹介】

英語力はIT業界への転職で必要?徹底解説【おすすめエージェントも紹介】
IT業界に転職したいけど、英語が話せた方が有利になるのかな…。業界での英語の必要性なども含めて詳しく教えて欲しい!
Ryo
Ryo
こんにちは!これまでアイルランドやフィリピン、ジョージアなどさまざまな国で生活し、日常的に英語を使用しているEnglish WithライターのRyoです。

今回は、記事の前半部分で「英語力はIT業界への転職で必要なのか?」を解説し、後半部分では「英語を活かしたIT業界への転職でおすすめのエージェント」をいくつか紹介していきます。

インターネットの普及により、毎日朝早く起きてオフィスまで通勤しなくても済むオンラインワークが増えてきていますよね。

オンラインで業務ができる仕事が多いIT業界は非常に人気ですが、一体転職する際に英語力はどれほど必要なのでしょうか?

上記のような悩みや疑問を持っている方が多いと思いますので、この記事で紹介していきます。本記事を参考にIT転職で必要な英語力を理解し、ご自身にあった転職エージェントを見つけて転職活動を行ってくださいね。

おすすめの転職エージェント【1~3位】

▼ IT業界への転職でおすすめのエージェントのランキングをすぐに知りたい人はこちら!English With編集部がおすすめした1~3位までのエージェントを発表!

【1位】マイナビ IT AGENT
【2位】レバテックキャリア
【3位】Geekly

英語力はIT業界への転職で必要?

英語力はIT業界への転職で必要?それではまず「英語力はIT業界への転職で必要になるのか?」というテーマについてお話していきます。

結論から先に言うと、英語力はIT業界への転職に必要です。

この理由としては、グローバル化が進む昨今では採用条件の1つとして「TOEICスコア」を基準とする企業が増えてきている為。

また、オフショア開発のようにシステム開発や保守管理などを人件費の安い海外に委託する手法も増えてきているので、IT業界ではより一層英語を使用する機会が増えていく傾向にあります。

なお、採用条件にTOEICスコアによる審査がない場合でも、英語力を身につけておくことは年収アップに繋がる可能性があります。

以下は転職エージェントDODAが発表している年収とTOEICスコアの相関図になりますが、一般的にホワイトカラー系の職種ではTOEICスコアが高い人材の方が年収が高くなっています。

TOEICスコア別平均年収をまとめている表

※参照: doda

これはIT業界でも例外ではないので、英語力は身につけておくと大きな強みになると言うことができるでしょう。

IT業界への転職で英語力を高めておくべき3つの理由

ここまで「英語力はIT業界への転職で必要なのか?」というテーマについて簡単にお話しました。

次にIT業界への転職で英語力を高めておくべき具体的な理由をより詳しく紹介。

既に前述した内容もありますが、改めてIT業界への転職で英語力を高めておくべき理由についてを紹介しますと、以下の3つの点が挙げられます。

英語が必要な3つの理由
  • 理由① オフショア開発を利用する企業が増えてきている
  • 理由② グローバル化が進む昨今、外国人が同僚になる可能性がある
  • 理由③ IT技術の最新情報は英語でしか手に入れられないことがある

理由① オフショア開発を利用する企業が増えてきている

理由① オフショア開発を利用する企業が増えてきている1つ目は、オフショア開発を利用する企業が増えてきているという点です。

オフショア開発とは、システム開発や保守管理などをベトナムやフィリピン、インドなどのような人件費の安い海外に委託する手法のことを言います。

オフショア開発の増加で、海外の委託先とコミュニケーションを取っていく上で英語を使うことになる可能性も多いにあります。

理由② グローバル化が進む昨今、外国人が同僚になる可能性がある

理由② グローバル化が進む昨今、外国人が同僚になる可能性がある2つ目は、グローバル化が進む昨今では外国人が同僚になる可能性があるという点です。

厚生労働省の調べによると、2012年・2013年以降、日本で働く外国人労働者の数は常に増加傾向にあります。

産業別外国人労働者の推移をまとめている表

※参照:厚生労働省

その為、IT企業に限らずこれから外国人を雇用していく企業は増えていくことが予想され、外国人が同僚になり英語でコミュニケーションをとることも増えるでしょう。

理由③ IT技術の最新情報は英語でしか手に入れられないことがある

理由③ IT技術の最新情報は英語でしか手に入れられないことがある3つ目は、IT技術の最新情報は英語でしか手に入らないことがあるという点です。

ITの業界は日々新しい技術やツールが開発されていく為、常に最新の情報にアンテナを貼っておくことが非常に大切。さらに、その多くが英語で書かれているので英語力が必要になるケースも多くあります。

海外のエンジニアが開発したテクノロジーやシステムに関しては、ある程度時間が経ってからでないと日本語に翻訳されない為、最新の情報を手に入れる為には英語の解説書やブログを読んで理解する必要があるのです。

このような点でもこれからIT業界に転職しようと考えている方は英語能力を身につけておいた方が良いということです。

英語を活かしたIT業界への転職でおすすめのエージェント【3選】

IT業界においても英語能力が必要な理由について理解したところで、次は「英語を活かしたIT業界への転職でおすすめのエージェント」を3つ紹介していきたいと思います。

スキルを身につけていたとしても正しい方法で転職先を探さない限り、最適な仕事が見つかるとは限りません。

仮に就職できたとしても、「何か思っていたのとは違った」と思いたくはないですよね?

そこで、転職エージェント探しをしている方は以下で紹介するエージェントを使って仕事探しを効率的に進めると良いでしょう。

IT専門エージェント【3選】
  1. マイナビ IT AGENT
  2. レバテックキャリア
  3. Geekly(ギークリー)

1. マイナビ IT AGENT

マイナビ IT AGENTエージェント

マイナビ IT AGENTは、株式会社マイナビが運営している転職エージェントサービス。

同じく株式会社マイナビが運営する転職エージェントサービスで「マイナビAGENT」も存在しますが、こちらは幅広い職種を扱っているのに対して、マイナビ IT AGENTではIT系の職種のみを取り扱っています。

マイナビ IT AGENTの大きな特徴は、キャリアアドバイザーのほとんどがIT業界出身で、IT・Web業界の転職事情に精通していると言う点。

その為、求職者のスキルに合った最適な求人や転職活動のプランを提案してくれるといったメリットがあります。

なお、登録されているIT職の求人の数は公開求人で約1.3万件、非公開求人で約7、8千件程度。掲載数が多いので転職のチャンスが十分にあるエージェントではないかと思います。

また、マイナビ IT AGENTのサービスの流れとしては、まずウェブサイトより申し込みを行い、その後キャリアアドバイザーと対面あるいはオンラインで面談をしてから求人を紹介してもらうという形です。

英語が得意な方は、面談の際にTOEICのスコアや英検の成績を伝えておくと、よりご自身の得意スキルを活かせる求人が見つかるのではないでしょうか。

IT業界で重宝されるスキルや求められる人物像など、業界経験者にしか分からないリアルな声を知りたい方はマイナビ IT AGENTに登録することをおすすめします。

マイナビ IT AGENTの公式サイトをチェック!

2. レバテックキャリア

レバテックキャリアレバテックキャリアは、レバテック株式会社が運営するITエンジニアやクリエイター転職を専門としている転職エージェントサービス。

在籍しているキャリアアドバイザーは年間3,000回以上企業を訪れ、現場のリアルな情報を常に把握している為、入社前から会社の雰囲気や残業時間といったウェブ上では分からない情報まで確認することが可能です。

また大きな特徴は、キャリアアドバイザーや現役のエキスパートエンジニアから職務経歴書の添削を受けられる点。

このサポート体制によって過去の初回内定率は90%超えと高い数字を残しています。

登録されているIT職の求人の数は公開求人で約1.3万件、サイトに掲載されていない非公開求人の数も多数存在。

レバテックキャリアのサービスの流れとしてはまずウェブ上で申し込みを行い、面談の際にこれまでの経歴や得意スキル、求人の希望条件などを伝えてから、それを踏まえた最適な求人を紹介してもらう形になります。

なおレバテックキャリアから転職すると、オンラインプログラミング学習サービス「Progate」の全レッスンが半年間無料で受けられるので、転職後も自主学習を続けたい方はレベテックキャリアがおすすめですね。

レバテックキャリアの公式サイトをチェック!

3. Geekly(ギークリー)

Geekly

Geekly(ギークリー)は株式会社Geeklyが運営しているIT・Web・ゲーム業界の人材紹介に特化した転職エージェントサービス。

2021年に行われた株式会社リクルート主催のリクナビNEXT「GOOD AGENT RANKING」調査では総合部門ほか5部門で第1位を受賞している実績があります。

Geeklyの大きな特徴は、他社転職エージェントでは内定を獲得するまでの期間が3ヶ月程度のところ、平均25日程度と早い点。その為、求職者サイドや企業サイドにとっても短期間で良い人材がマッチできるため余計なコストを抑えられるといったメリットがあります。

それだけでなく、厚生労働省職業安定局が運営する人材総合サイトのデータでは、Geekly経由で入社した求職者の離職率が3.2%と低い数字になっており、質の良いマッチングが実現できていることが分かります。

なお、登録されている求人の数は公開求人で約1.2〜1.3万件、サイトに掲載されていない非公開求人の数は約1.6万件。

Geeklyのサービスの流れとしては、ウェブサイト上より転職無料サービスへの登録を済ませてから面談を行い、経験やスキルを確認してから自分にあった求人を探していくといった形になります。

今すぐ仕事が欲しい方や今後長く働いていける快適で自分に合った職場を探している方はGeeklyに登録することをおすすめします。

ギークリーの公式サイトをチェック!

IT業界の転職で英語力を活かすにはオンライン英会話でスキルアップがおすすめ!【理由を解説】

ここまでIT業界の転職サービスをお伝えしてきて、エージェントごとの特徴を把握できたかと思いますが転職前に「英語力を伸ばしておくこと」も意識したいポイントです。

特に、お仕事を続けながら転職活動をする上ではスクール通学などは難しいかと思うので、オンライン英会話スクール」を使い気軽にで英語力を鍛えておくのがおすすめ。

ここでは、なぜオンライン英会話がIT転職の際におすすめの学習方法なのかを簡単にお伝えしていこうと思います。

理由は下記の通りです。

”オンライン英会話がおすすめな理由”
  1. レッスン予約やキャンセルが直前でもしやすく、忙しい方でも続けられる
  2. IT業界など専門分野の英語も学べるスクールが存在する
  3. 効率的な勉強カリキュラム計画を立ててくれる

1. レッスン予約やキャンセルが直前でもしやすく、忙しい方でも続けられる

1. レッスン予約やキャンセルが直前でもしやすく、忙しい方でも続けられるまず1つ目の理由は、レッスン予約やキャンセルが直前でもしやすく、忙しい方でも続けられるという点です。

IT業界への転職活動中であれば、求人を探したり必要な書類を準備したりと何かと忙しい状況だと思います。

その為、対面レッスンであればなかなか通い続けるのが難しいかもしれませんが、レッスン直前まで予約やキャンセルができるといったオンライン英会話であれば、無理なく続けることができます。

2. IT業界など専門分野の英語も学べるスクールが存在する

2. IT業界など専門分野の英語も学べるスクールが存在する2つ目の理由は、IT業界など専門分野の英語も学べるスクールが存在するという点です。

IT業界への転職の際にビジネスシーンで使える英語力があると有利にはなりますが、日常会話で使用する英語力はあまり役に立たないケースもあります。

その為、実務でも使える英語力を身につけることが重要。

その中でもEnglish With編集部がおすすめしているのがビジネス英語に特化したオンライン英会話・英語コーチングサービスを提供する「ビズメイツ」。


初心者〜中級者の方でも基礎から英語を学び、実践で使えるビジネス英語習得を目指すことができます。編集部でも受講経験がありますが、ビジネス英語で使えるコミュニケーションスキルを鍛えるのであれば最もおすすめできるオンライン英会話だと感じています。

体験記事
オンライン英会話のBizmatesを徹底解説!【評判・口コミ】
オンライン英会話のBizmatesを徹底解説!【評判・口コミ】今回の記事は、ビジネス英語専門のオンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」のレッスン内容や特徴などをはじめ、スクールの評判について紹介しています。...
Bizmatesに入会して1ヶ月間英語学習してみた【連載記事①】
Bizmatesに入会して1ヶ月間英語学習してみた【連載記事①】今回の記事では、ビジネス英語を専門的に学べるオンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」の受講内容をまとめています。連載記事として受講体験を書いており今回は初回のレッスン内容の説明をしています。...
Bizmates Coachingの評判は?体験してみた【連載記事①】今回の記事では、English With編集部がビズメイツコーチングを実際に体験してみて本当に英語上達に価値がある英語コーチングスクールかを調査した内容をまとめています。連載記事として書いておりこちらは第一弾の記事になります。...

英語コーチからサポートを付けて学びたい方は「ビズメイツコーチング」、レッスンを自己管理で進められる方は「ビズメイツ」を選ぶといいでしょう。入会前に無料体験レッスンを受講できるため、まずは体験に参加してみることをおすすめします。

公式サイト:オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)

3. 効率的な勉強カリキュラム計画を立ててくれる為

3. 効率的な勉強カリキュラム計画を立ててくれる為3つ目の理由は、効率的な勉強カリキュラムの計画を立ててくれるという点です。

英語力を鍛える為には、しっかりと計画を立てて学んでいくことが非常に重要ですが、転職活動中の方にとってはカリキュラムを立てる時間がない方がほとんどだと思います。

オンライン英会話の場合、ビジネス英語を習得するための決められたカリキュラム・教材が用意されているため、継続して学習に取り組むだけで「使える英語力」に変えていくことが可能。

また、学習計画を英語学習のプロが立ててくれる「英語コーチング」などもあるので、短期間でIT関連の英語を身につけたい方におすすめです。

関連記事
オンラインで学べる英語コーチングの特徴とおすすめスクール【15選】
オンラインで学べる英語コーチングの特徴とおすすめスクール【15選】今回の記事では、English With編集部が「オンライン英語コーチング特徴やメリット」「おすすめできる英語コーチングスクール」についてまとめていきます。英語コーチングを比較する際の参考にしてみてください。...
ビジネス英語が学べるオンライン英会話おすすめ9選【徹底比較】
ビジネス英語が学べるオンライン英会話おすすめ10選【徹底比較】今回の記事では、English With編集部が「ビジネス英語が学べるおすすめのオンライン英会話スクール」を厳選してまとめました。ビジネス英語をオンラインで学びたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。 ...

まとめ:IT業界への転職の際も英語力は有利に働く

以上、今回の記事では英語力がIT業界の転職で必要になる理由についてを解説し、IT業界への転職でおすすめのエージェントを3つ紹介しました。

昨今はグローバル化が進んでいる為、採用条件の1つとしてTOEICのスコアを基準とする企業が増えてきています。それはIT業界でも同じことが言える為、英語力があることでIT業界への転職の際に有利に働くと言えるでしょう。

なお、いくら英語力があっても正しい方法で仕事を探さなければ、就職した後に「何か思っていたのと違った」といったミスマッチを起こしかねません。

そこで、今回紹介したIT業界に特化した転職エージェントを活用してお仕事を探されてみることをおすすめします。

IT専門エージェント【1~3位】

【1位】マイナビ IT AGENT
【2位】レバテックキャリア
【3位】Geekly

その他、転職に関する記事はこちら!

英語力と転職について
英語力を持っていると転職に有利か?【解説】
英語力を持っていると転職に有利か?【解説】今回の記事絵dは「英語がなぜ転職の上で最大の武器になるのか?」というポイントをわかりやすくお伝えし、おすすめの英会話スクール・転職エージェントを紹介していきます。...
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】今回の記事では、転職を考えている方に向けて「転職に有利な英語資格」をまとめて紹介しています。...
年収アップ!英語力を生かした転職方法を解説【エージェント紹介あり】
年収アップ!英語力を生かした転職方法を解説【エージェント紹介あり】この記事では「年収アップができる英語力を生かした転職方法」について解説しています。英語力を生かした転職におすすめのエージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。...
日常英会話レベルの英語力でも転職は可能!【エージェント紹介あり】
日常英会話レベルの英語力でも転職は可能?【エージェント紹介あり】この記事では「日常英会話レベルでも転職はできるのか?」という疑問にお答えするとともに、効率的に転職する方法やおすすめのエージェントを紹介しています。...
ビジネス英語は転職市場でどのくらいのレベルか徹底解説
転職市場で求められるビジネス英語レベルはどのくらい?【徹底解説】この記事では「ビジネス英語は転職市場でどのくらいのレベルか?」という疑問について回答しています。おすすめの転職エージェントやオンライン英会話スクールも紹介しているので、キャリアチェンジを考えている方は読んでみてください。...
ビジネスレベルの英語力とはどの程度?詳しく解説
ビジネスレベルの英語力とはどの程度?詳しく解説この記事では「ビジネスレベルの英語力とはどの程度か」について詳しく解説をしています。合わせて、ビジネス英語力が測れるおすすめの試験についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
IT業界の転職について
エンジニアの転職で英語は必要か徹底解説【おすすめエージェントも紹介】
エンジニアの転職で英語は必要か?徹底解説【おすすめエージェントも紹介】この記事ではエンジニアの転職における英語の必要性について解説しています。エンジニア転職におすすめのエージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。...
プログラミング業界の転職で英語は必要?【おすすめ転職エージェントも紹介】
プログラミング業界の転職で英語は必要?【おすすめ転職エージェントも紹介】この記事では、「プログラミング業界の転職で英語は必要か?」という疑問について回答するとともに、プログラミング業界の転職におすすめのエージェントを紹介しています。...
ABOUT ME
Ryo
大学時代にアイルランドで1年間のワーキングホリデー留学をしていました。大学卒業後はフィリピンで日本語教師としてのキャリアを始め、現在はフリーランスWebデザイナー・ライターとして活動しながらジョージア(旧グルジア)に滞在中。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!