キャリア

外資系の企業で働くための英語力はどのくらい必要?【理由を解説】

外資系企業では英語を使うケースは多いと思うけど、実際どのくらいの英語力が必要なんだろう?
ショーン
ショーン
こんにちは!外資系企業への転職経験があるEnglish With運営者のショーンです。

今回は、外資系への就職・転職を考えている方に向けて「どの程度の英語力が必要なのか?」をテーマに記事を書いていきます。

仕事面で英語が必要になる場面はどの業界でも増えてきており、英語力のある人材は重宝されることも多くあります。そのような状況から将来的に「外資系企業」へ就職・転職をし英語を使って働きたいと思う方も多くいることでしょう。

English Withで編集長をしている僕も以前は、アメリカの大学に進学し英語力を活かした就職やキャリアアップを実現したこともあり、現場で実際に採用担当がどのくらいの英語力を求めているのかを肌で感じてきました。

そこでこの記事では、様々な観点から「外資系で働くための英語力」についてお伝えしていきますのでばと思うので、就職・転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

ショーン
ショーン
外資系への就職・転職は思ったよりもハードルは高くありません。この記事を読んで外資系企業で必要な英語力を把握していきましょう!
おすすめ転職エージェント

▼English With編集部がおすすめする!英語力が活かせるおすすめ転職エージェントをランキングで紹介【1~3位】

【1位】リクルートエージェント
【2位】エンワールド・ジャパン
【3位】JACリクルートメント

編集長
池谷 翔太
English With編集長。アメリカの大学に正規留学。外資系旅行会社・留学エージェントでの実務経験を経て英会話講師、中日ドラゴンズのプロ野球選手の専属通訳なども経験。現在はEnglish With編集長を務める。取材・受講した英会話スクール・サービス数は50社、比較検証したサービスは100を超える。
監修者
吉田 和史
English With代表&コンテンツ管理最高責任者。英語教育系会社で語学留学カウンセラーとして300名以上のカウンセリング、オンライン英会話・英会話スクール事業立ち上げを経験。その後、RIZAP ENGLISH取締役、MeRISE英会話執行役員CMO、英語学習アプリ会社取締役COOとして活動経験あり。現在は、英語学習サイトEnglish With代表を務める。体験・受講した英語系サービスは20社、比較検証したサービスは100を超える。

外資系企業へ転職するためには英語力は必須か?

外資系企業へ転職するためには英語力は必須か?転職エージェントとして有名な「エンワールド・ジャパン株式会社」が独自に調査したデータによると、外資系企業で必要な英語レベルは「ビジネスレベル」と答えた転職者が最も多いことがわかりました。

ビジネスレベルとは、日常英会話は卒なく行えることに加えて業務上必要になるビジネスシーンで問題なく英会話ができる程度になります。

そのため、必要な英語力の基準として「ビジネスレベル以上の英語力」があれば、外資系企業への転職をしっかりと視野に入れた活動ができると言えますね。

さらに「入社後に求められる英語力のレベルはさらに上がる」という可能性も高く、転職時のレベルよりもさらにブラッシュアップしたスムーズ英会話力が必要になります。

外資系企業ではどんなケースで英語力が必要とされるのか?

外資系企業ではどんなケースで英語力が必要とされるのか?ここからは「どのようなケースで外資系企業で英語力を求められるのか?」について詳しく説明していこうと思います。

外資系企業では想定できる範囲の中でも、たくさん英語を使う機会があります。僕の外資系企業での経験談も含めてお伝えしていくので参考にしてみてください。

英語を使うケース
  1. 同僚や上司が外国人のケース
  2. マーケティング・経理・人事などの職種のケース
  3. 営業・コンサルタントなどの職種のケース
  4. マネージャー・ディレクターを目指すケース
  5. 外資系企業でも日本支社の社員数が少ないケース
  6. 外資系企業でも日本人が多いケース

1. 同僚や上司が外国人のケース

外資系へ転職した場合は、海外本社との定期的なやりとりや、同僚・上司が外国人でメール・Web会議などを通じてコミュニケーションをとることは通常の業務として起こり得ます。

僕の場合も新卒で入社した外資系企業での基本的な業務は「英文のメールのチェック・作成」や海外部署との「Web会議」を行うことでビジネス英語を身につけていきました。

その場合求められる英語力は、上司への仕事の報告・連絡・相談ができ意思疎通ができるレベルとなります。

2. マーケティング・経理・人事などの職種のケース

外資系企業で英語力が求められるケースとしてよくあるのが「マーケティング・経理・人事」など、海外本社や支社との連絡を頻繁に行う必要のある仕事です。

お金や人に直接関わることですので、些細な聞き逃しや見逃しは結果に大きく関わる可能性があります。

これらの職種では、業務内容自体がミスできないような内容であったり、自発的な提案力などを行うこともあるので「ビジネス英語レベル以上」のハイレベルな英語力が必要です。

3. 営業・コンサルタントなどの職種のケース

外資系企業で働く方の中で「営業」「コンサルタント」などの職種で働くケースも存在します。

営業力やプレゼンテーション力などのスキルも必要ですが、人とコミュニケーションを取る仕事ですので、英語力の他に人間力も必要です。

英語で何か自発的に提案するといった内容が多いので「スキル×英語力」で高いレベルのものが求められます。

4. マネージャー・ディレクターを目指すケース

外資系企業でキャリアアップしたいと考えているのであれば「マネージャー」や「ディレクター」といったポジションで求められる英語力が必要になります。

海外本社や上司・役員などの上層部とのやりとりをはじめ、会議への出席も増えることを想定すると、ハイレベルな英語力が必要とされるでしょう。

勤める企業では、さまざまな国籍の人が在籍しておりアクセントの異なる英語を耳にする機会もあるかもしれませんし、チームメンバーに英語で指示したり相談に乗ったりすることもあります。

そのため、ビジネスで使える基本的な英語力をはじめ「コミュニーケション能力」もしっかりと身につけておくことが大事ですね。

5. 外資系企業でも日本支社の社員数が少ないケース

外資系企業でも日本進出が間もない場合は、海外本部とのコミュニケーションも増え英語で業務を進めるケースがあります。

日本でのルールに基づいて支社を拡大していくため、スタートアップに近い業務内容である可能性も高いです。

そのため、役職や職種に関係なく相応の英語力やコミュニケーション能力が求められるでしょう。

6. 外資系企業でも日本人が多いケース

外資系企業でも働いている社員の多くが日本人である場合は、英語は最低限使う程度で、基本的なやりとりは日本語で行われます。

そのため、英語力のない方で外資系への転職を考えている方にとっては「日本人が多い外資系企業」を一つ候補に入れておくのもおすすめ。

英語レベルは日常英会話〜ビジネス英会話が行えて、入社後にスキルアップする意志があれば転職できる可能性が高いです。

外資系企業ではどの程度の英語力が必要か?【目的】

ここからは「外資系企業で求められている英語力とはどの程度なのか?」を項目別に紹介していきます。

「英語力」は資格など目に見える形で企業から求められる場合もありますし、実践的な英語力を過去の経歴から判断されるケースもあります。

例えば「保有しているTOEICのスコア」や、英語を使ったやりとりを「過去の経歴」からどの程度行ってきたかです。

ここで外資系企業がどんな英語力を欲しているのか理解し、準備に励みましょう。

外資系企業に必要とされる英語力
  • TOEIC700点以上のスコア取得
  • ビジネスメールや資料作成時のライティングスキル
  • 社内ミーティングや取引先とのやり取りで使われる英語力

TOEIC700点以上のスコア取得

TOEIC外資系の企業では上司が外国人で英語でのコミュニケーションを求められるケースは多くあります。

特に、キャリアアップを目指すには、彼らとの意思疎通をスムーズに行える英語力が必要になり、一定の英語力を測る指標を就職・転職時には提示する場合が多いです。

その指標となるものが「TOEICのスコア」で、TOEICは日本で最も有名な英語力測定テストと言っても過言ではなく、多くの外資系企業が採用基準として設けています。

そして、外資系への就職・転職を視野に入れた時に基準となるTOEICスコアはおおよそ「700点以上」とされています。

求められるTOEICスコア※参照:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

上記の写真では、外資系企業と同等の海外部門で働く社員に求められるTOEICスコアは690点とされています。

ただ、日本でメジャーなテストである「TOEIC L&R」ではリスニング・リーディングのみでスピーキング・ライティング力は計られません。

そのため、完全英語オンリーで仕事するような外資系企業では、スピーキング力なども必要とされます。ただ、その前提として「TOEIC L&Rで700点以上のスコア」は取得しておきたいところですね。

TOEICが外資系転職にどのように関係してくるのか書いている記事はこちら。

英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】
英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】今回の記事では、英語を活かした仕事へ転職できるように「TOEIC資格が転職に有利に運ぶ理由」をお伝えしていきます。また、記事後半ではおすすめの転職エージェントやオンライン英会話スクールも特徴別に紹介します。 ...

まだ、満足のいくTOEICスコアを取得できていない方は以下の記事で「TOEIC対策ができるオンライン英会話スクール」をまとめているので参考にしてみてください。

TOEIC試験対策が出来るオンライン英会話【おすすめ12選】
TOEIC試験対策ができるオンライン英会話教室おすすめ13選|失敗しない選び方も解説今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるオンライン英会話スクール」を徹底リサーチしてまとめました。TOEIC対策をオンラインで行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。 ...

ビジネスメールや資料作成時のライティングスキル

ビジネスメールや資料作成時のライティングスキル僕自身の経験ですが、外資系企業で最も英語を使う機会が多いのは、プレゼンや交渉で使う英語力ではなく「関係者とのメールのやり取り」が多いです。

一般的な社会人の仕事でもメールチェックや返信は毎日のように行われるので想像がつきやすいかと思いますが、外資系企業の場合でも「ビジネスライティング」というものは大事。

ここでのレスポンスに過ちがあったり時間がかかってしまうと、仕事そのものに影響が出てしまいます。また、自身の読解力や英作文のスキルが低く相手に意思疎通してもらえないケースも良くありません。

レポートやプレゼン資料を作成する際にも英語力が必要になります。相手に理解してもらえやすい資料を作成するために、資料を理解できる読解力をはじめ、論理的に組み立てる方法を英語で説明できるスキルが必要です。

そのため、ビジネスの現場でよく使われるライティングスキルを身につけておき、自分の言葉で文章が作れる英語力を習得しておきましょう。

英文作成や文法力に自信のない方は以下の記事で紹介しているオンライン英会話スクールで学ぶのもおすすめです。

ライティング・文法添削専門のオンライン英会話スクール【5選比較】
ライティング・文法添削専門のおすすめオンライン英会話【5選比較】今回の記事では、English With編集部が「英文ライティング・英文添削を行なってくれるオンライン英会話スクール」をまとめて紹介していきます。ライティング力をオンライン上で高めたい方はぜひ参考にしてみてください。...

社内ミーティングや取引先とのやり取りで使われる英語力

社内ミーティングや取引先とのやり取りで使われる英語力外資系の企業によっては、定例ミーティングや他社とのやり取りの際に英語力が必要とされるケースがあります。

つまり、相手の話を聞いて汲み取った上で論理的に会話を展開する「リスニング・スピーキング力」が必要です。これは、ただ話せる英語力があるだけでなく「自信を持って英語を使っている」姿勢なども重要。

そのため、ビジネス英語を自然に使えるレベルにしておくことが大事です。

社内で行われるミーティングであれば、まだフランクに会話できますが取引先やお客様が外国の方という場合には「丁寧なビジネス英会話」が求められます。

高い英語力を持っている場合は、このようにミーティングやクライアントに対しての英語力が求められる場合もあるので、そのレベルで仕事をしたい方は学習しておきましょう。

英語力を活かして外資系企業で働きたい方へおすすめの転職エージェント【目的別】

ここまでは、外資系企業で英語を求められるケースや必要な英語力についてお伝えしてきました。

英語力があっても海外転職する際には求人情報をリサーチし自分で転職活動を行う必要があります。そこでここからは「おすすめの転職エージェント」をまとめて紹介。

「英語力がすでに備わっている方」でも「外資系企業に興味のある方」でも、まずは自分の転職目的にあったエージェントを知っておくことで、しっかりと準備できます。

転職エージェントは、リサーチしてみるとわかりますがかなり数が多いのでここでは目的別に分けて簡単に紹介だけいたします。

目的別におすすめの転職エージェント
  • 多くの求人数から外資系企業をリサーチしたい方向け
  • 外資系企業の日本支社で働きたい方向け
  • 外資系企業で海外勤務を考えている方向け

事項を読んだ上で、より各転職エージェントの特徴について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね。

英語力を活かせるおすすめの転職エージェントを紹介【目的別11選】
英語力を活かせるおすすめの転職エージェントを紹介【10選】この記事では、英語力を活かして転職を考えている方向けに「おすすめ転職エージェント」を特徴別に紹介しています。また、転職する際の準備や転職活動の進め方についてもまとめています、...

多くの求人数から外資系企業をリサーチしたい方向け

外資系への転職を視野に入れている方の中では「間口広く多くの求人からリサーチしたい」と思うかもしれません。

まだ英語力に自信のない方でも、多くの求人の中には徐々に英語を使った業務ができる求人情報なども用意されているので、できるだけ多い内容から探してみるのもおすすめ。

多くの外資系求人情報を扱っている転職エージェントは以下になるので、まずは複数登録をしておきましょう。

僕が転職活動を行なっていた際にも「リクルートエージェント」「doda(デューダ)」は登録して多くの求人情報を参考にできたのでおすすめ。

また「エンワールド・ジャパン」は僕が転職活動で利用したエージェントで、迅速丁寧にメッセージのやりとりができ、待たされることなく面接をスムーズに行うことができました。

外資系企業の日本支社で働きたい方向け

外資系企業といっても働き先は国内であるケースは多いです。

国内に支店を構える外資系企業であれば「日本人の上司や同僚」が在籍していたり、英語と日本語もバランスをうまく保ちながら業務を覚えていけるなどのメリットがあります。

そのような環境で仕事を始めたいと考える方は「国内の外資系企業に強い転職エージェント」を利用するのがおすすめです。

おすすめ転職エージェント

特に「JACリクルートメント」は外資系転職エージェントでは知名度が高く「年収600~1000万円」のハイクラス向けの求人も多く掲載。

その他の転職エージェントも比較的国内にある外資系企業への情報や知識を持っているので、登録してみてアドバイザーにじっくり相談してみるのも良いでしょう。

外資系企業で海外勤務を考えている方向け

外資系の企業への転職を希望しているか方の中ですでに英語力を持っている場合は「海外就職」を視野にいれるのもおすすめ。

日本とは全く異なる環境下で、英語を使う海外の同僚や上司と英語でコミュニケーションを取りながら仕事ができるので良いキャリアアップに繋がります。

そんな方には「外資系企業との取引が多い転職エージェント」から求人情報をチェックしていきましょう。専門性の高いアドバイザーから海外勤務についての情報やノウハウなども教えてもらえるので良い転職活動が行えます。

特に、先ほど紹介した掲載数No.1の「リクルートエージェント」やヘッドハンティング型の「ロバートウォルターズ」は、外資系の求人情報をはじめ、海外経験豊富なアドバイザーも多く在籍しているのでおすすめ。

外資系企業で使える英語力が身に付くおすすめ英語コーチング【3選】

外資系企業への転職の際に求められるのは「TOEICスコア」や「コミュニケーション能力」「専門性」などですが、実際に入社してからは「柔軟な問題に対応できる英語力」が必要になります。

英語力を高める上で、しっかりと自分の英語知識をアウトプットできるように学習を進めておくことは非常に大事です。

そこで、English With編集部では「英語コーチングスクール」を受講することをおすすめしており「外資系企業でもスムーズに英語を使った業務」ができるようになります。

英語コーチングとは2~3ヶ月の期間で英語力を大幅に伸ばすことのできるスクールです。徹底したサポートとで最も効率的な学習法を使い英語力を身につけていきます。

入社後の即戦力になるために、以下のコーチングスクールで短期間のレベルアップをしてみるのも良いでしょう。

その他、おすすめのオンライン英語コーチングスクールをまとめている記事を用意しているので以下もチェックしてみてください。

オンラインで学べる英語コーチングの特徴とおすすめスクール【15選】
オンラインで学べる英語コーチングの特徴とおすすめスクール【15選】今回の記事では、English With編集部が「オンライン英語コーチング特徴やメリット」「おすすめできる英語コーチングスクール」についてまとめていきます。英語コーチングを比較する際の参考にしてみてください。...

最後に:外資系企業で働きたい方は英語力の向上は必須!

今回は、外資系企業で求められる英語力や転職エージェントについて紹介しました。

僕が外資系に就職した当時も「TOEIC700以上」であることや英語でのコミュニケーション能力は問われていました。外資系の企業であれば英語を使うことは当たり前ですので、よりキャリアアップを目指すのであれば「英語学習」は必須です。

また、転職エージェントはそれぞれ強みがあるので、紹介している外資系求人の数や種類も大きく異なります。

十分な英語力がなくても外資系への転職は可能ですので、まずは複数のエージェントを登録してみるのも良いかと思います。

おすすめ転職エージェント

【1位】リクルートエージェント
【2位】エンワールド・ジャパン
【3位】JACリクルートメント

また、現在「十分な英語力がない」という方は「英語コーチングスクール」で英語力の底上げをしてみるのも良いでしょう。現在の仕事を行いながらの転職活動であれば学習に割く時間も限られてくるかと思うので、オンラインで行うのも良い方法だと思います。

もし、本格的に外資系への転職活動を考えている方は以下の記事が参考になるので、一度チェックしてみてくださいね。

キャリア
英語をキャリアアップのために学ぶべき理由【価値ある人材になるために】今回の記事では「キャリアアップするために英語力は重要視されるスキルなのか?」をテーマに、必要な資格やおすすめの転職エージェントなどを紹介。また、記事後半では英語力を伸ばせるオンライン英会話スクールもいくつかお伝えしていきます。...
転職に必要な英語力について
英語ができなくても外資系への転職は可能?【詳しく解説】
英語ができなくても外資系への転職は可能?【詳しく解説】この記事では「外資系企業へ転職するメリット」や「英語力を重要視しない求人を揃えている転職エージェント」をお伝えし、記事後半では英語学習におすすめのオンライン英会話スクールを紹介しています。...
海外への転職は英語が話せなくても可能か?【求人情報の見つけ方】
海外への転職は英語が話せなくても可能か?【求人情報の見つけ方】今回の記事では「英語力がないけど海外で働きたい方」のために、海外転職は可能かどうかについてお伝えしています。...
英語力を持っていると転職に有利か?【解説】
英語力を持っていると転職に有利か?【解説】今回の記事絵dは「英語がなぜ転職の上で最大の武器になるのか?」というポイントをわかりやすくお伝えし、おすすめの英会話スクール・転職エージェントを紹介していきます。...
資格
英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】
英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】今回の記事では、英語を活かした仕事へ転職できるように「TOEIC資格が転職に有利に運ぶ理由」をお伝えしていきます。また、記事後半ではおすすめの転職エージェントやオンライン英会話スクールも特徴別に紹介します。 ...
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】今回の記事では、転職を考えている方に向けて「転職に有利な英語資格」をまとめて紹介しています。...
ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!