キャリア

英語ができなくても外資系への転職は可能?【詳しく解説】

英語ができなくても外資系への転職は可能?【詳しく解説】
英語力に自信がないけど外資系の転職は可能なのかな?どんなケースであれば転職できるのかポイントなどあれば教えて欲しい。
ショーン
ショーン
こんにちは!外資系企業への転職経験があるEnglish With運営者のショーンです。

今回は「英語力が無くても外資系への転職はできるのか?」をテーマに記事を書いています。

外資系企業への転職は、給与面や仕事環境の自由度などで様々なメリットもあることから、転職先の候補へ挙がるケースがありますが「英語力」が1つネックだと思っている方も多いのではないでしょうか?

英語でのやり取りが多いことが予想される外資系企業は「英語力に自信がない」と思う方にとっては少しハードルが高いかもしれません。

しかし、実際には外資系企業でもそこまで英語力を求めていないところもあり、社内でスキルアップできる環境が設けられていたりするケースもあるので、転職は可能です。

僕自身、外資系への転職経験がありますが、求人情報の中に「英語力がそこまで必要のない求人」が多く見つけることができたのを覚えています。

そこでこの記事では「外資系企業へ転職するメリット」や「英語力を重要視しない求人を揃えている転職エージェント」などを紹介。外資系への転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください!

おすすめ転職エージェント

▼English With編集部がおすすめする!英語力に自信がない方向けの転職エージェントをランキングで紹介【1~3位】

【1位】リクルートエージェント
【2位】エンワールド・ジャパン
【3位】doda(デューダ)

外資系企業へ転職するためには英語力は必須か?

外資系企業へ転職するためには英語力は必須か?外資系企業で働く際には、同僚や関係者が外国人で日常会話を当たり前に使い、ビジネス英語を上手に運用できる人が活躍するイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

多くの場合、企業で割り当てられる部署によって英語の必要条件は異なり、取引先が国内企業がメインであったり、関係者が日本人がほとんどという環境下では、日常業務は日本語を使うことになります。

僕の周りにも外資系企業へ転職をする友達がいるのですが、中には上司が英語を使うアジア人でコミュニケーションは全て英語という環境で働く人もいますし、外資系企業だけど英語を使った業務はメールのみという人も中にはいます。

このように企業によって、そして部署によって転職の際に求められる英語力というのは変わってくるのです。

また、ビジネスの場面での多くは、英語をいかに流暢に話せるかというよりも、英語を使ってスムーズにコミュニケーションがとれるかという能力の方が重要です。

外資系企業へ転職する3つのメリット

外資系企業への転職をするにあたり知っておいて欲しいことは「日本国内の企業と外資系企業の違い」です。僕自身、外資系企業で働いていた経験がありますが、様々なメリットを感じました。

そこでまずは、外資系企業へ転職をするとどんなメリットがあるのかについて僕も経験も含めてお伝えしていくのでチェックしていきましょう。

3つのメリット
  • メリット①:高収入を得られる可能性が高い
  • メリット②:多様性のある環境で刺激的に働ける
  • メリット③:キャリアアップにもチャレンジしやすい

メリット①:高収入を得られる可能性が高い

メリット①:高収入を得られる可能性が高い外資系企業への転職で最も大きなメリットの1つは「高収入を得られる可能性が高い」ということです。

もちろん、採用されることで高収入に直結するほど簡単なものではなく、結果主義の中に身を置き会社に求められることで収入は上がります。

国内企業では役職がつくだけではあまり給与は変わらないというケースは一般的ですが、外資系企業では縦社会ではないため実力あればそれに応じて収入もどんどん上げてもらえます。

年功序列の環境ではない分、結果が求められますが外資系企業では「日本人は勤勉であること」が評価されてキャリアアップを成功するケースも多いようですね。

そのため、外資系企業であれば「高収入を狙える可能性」は十分にあるのです。

メリット②:多様性のある環境で刺激的に働ける

メリット②:多様性のある環境で刺激的に働ける外資系企業の社員は、皆が英語ネイティブと言う訳ではありません。多国籍であることが一般的ですので、様々な文化背景の下で共に仕事に励みます。

また、日本に進出している企業は諸外国に進出していることが多いため、同僚や上司の出身国の文化やビジネスについて知る機会が自然と多くなります。

日系企業で日本人の環境だけですと、どうしても馴れ合いになって相手を理解するという本質的なことを見逃しがちになりますが、外資系ですとその人を一から理解するところから始まります。

外資系に勤めるだけでもなかなか得られない経験ができるので、外資系企業への転職は今後のキャリアにとって大きなメリットになると言えるでしょう。

メリット③:キャリアアップにもチャレンジしやすい

メリット③:キャリアアップにもチャレンジしやすい外資系企業へ転職し仕事を続けることができれば、様々な文化に対しての理解度や柔軟性を身につけることができます。働いているうちに世界中で仕事をしている仲間も作ることができるでしょう。

そのような経験を得た上で、再度転職をする場面になった時に以前とは比べ物にならない経験値が身についているかと思います。

採用担当も様々な経験値のある人材の方が話を聞きたいと思うでしょうし、市場価値を高く評価してくれる可能性があります。

また、国内の外資系企業からの転職であれば海外勤務を希望したいと思えたり、経験を生かして独立するなどのチャレンジ欲も芽生えるかもしれません。

自分自身が新たなキャリアチェンジに向けてよりチャレンジしやすい環境を作れていることでしょう。

英語が苦手な方におすすめの外資系への転職方法

ここからは、本記事のテーマでもある「英語ができなくても外資系企業への転職はできるのか?」という点についてお伝えしていきます。

先ほどもお伝えしましたが、外資系への転職は英語力がなくても可能です。ただし、求人数は多くないのでその点は注意しましょう。

ここでは、英語力をそこまで問われない外資系企業の求人を狙うためにおすすめの選び方を紹介します。

おすすめの選び方
  1. 日本人が多く英語を使う機会が少ない外資系求人を狙う
  2. 英語に対する意欲を重視する外資系求人を狙う
  3. 英語力よりも仕事のスキルを重視する外資系求人を狙う

1. 日本人が多く英語を使う機会が少ない外資系求人を狙う

1. 日本人が多く英語を使う機会が少ない外資系求人を狙う外資系企業の中でも「日本人従業員が英語を使う機会のほとんどない企業」は多く存在します。特に、日本支社での勤務であれば日本人率も高く基本的なコミュニケーションは日本語で行うケースが見られます。

最低限のビジネスメールや会話力は求められる場合はありますが、高校・大学レベルの英語力があれば採用してもらえる場合もあるのです。

英語力がなくてもまずは上記のような日本支社で勤務をして、後々は海外転勤の希望を出すというやり方もおすすめです。僕の友人に、国内にある日系企業に転職をし数年後にアメリカにある支店への転勤者に選ばれている人がいますが英語力はすごく高い訳ではありません。

将来的に、英語をバリバリ使った仕事を考えている人は日本にある外資系企業からキャリアを始めるのも良いでしょう。

外資系の企業でどのくらい日本人が多く働いているかを知る方法は「会社四季報」や「帝国データバンク」を基に調べてみるのがおすすめです。外資資本の比率が低ければ日系企業の色合いが強くなり自ずと日本人も多く働いていることがわかります。

2. 英語に対する学習意欲を重視する外資系求人を狙う

英語に対する学習意欲を重視する外資系企業を狙う英語に対する学習意欲が高い若い世代の転職希望者であれば、外資系企業への転職が容易にできる可能性があります。

企業の中でも現在空いているポジションで「スキル重視のベテラン」を求めているのか、まだまだスキル面では不十分だが「将来的に伸びる若手」を採用するのかはそれぞれ。

タイミングもありますが、今現在の英語力だけでなく「今までの経歴や熱意」で外資系企業への採用が認めらえるケースもあるのです。

そこで採用が認められれば、将来的に英語力を伸ばせば良いので転職時に高い英語力を持っておく必要はないでしょう。

転職時に、ある程度の英語力を身につけていることに越したことはないですが、そのような人材を採用してくれる外資系企業であれば英語教育もしっかりサポートしてくれるので安心です。

3. 英語力よりも仕事のスキルを重視する外資系求人を狙う

英語力よりも仕事のスキルを重視する外資系企業を狙う英語がパーフェクトに話せる人材だとしても、同僚や上司とのコミュニケーションや実務経験が皆無だと転職することは難しいです。

外資系問わず、転職者に求められるのは「即戦力になれるスキル」や「コミュニケーション能力」です。

そのため、英語力よりも今までの経歴やコミュニケーション能力を基準に採用している外資系企業は多く存在します。

実務経験で何か特徴的なポイントがあれば英語学習に対する意欲と共にアピールするのも良いですね。

外資系企業へ転職する際に最低限身につけておいた方が良い英語スキル

「外資系企業の中には英語力を身につけずに転職できる求人を用意している」とはお伝えしてきましたが、英語力はあるに越したことはありません。

仕事をする上でのスキルが同じぐらいの転職希望者がいた際に、外資系なら特に英語力で最終的に比較されることも大いに有り得る話です。そのため、外資系企業への転職を希望するのであれば英語は事前に学んでおくべきだと思います。

ここでは「外資系転職で最低限持っておきたい英語力」を簡単にご紹介していくので必要だと思ったら学習を始めていきましょう。

持っておきたい英語力
  • TOEIC600点以上のスコア取得
  • ビジネスメールなどで使うライティングスキル
  • 簡単なコミュニケーション力

転職前に少しでも英語力を上げておくために参考にしておきましょう。

TOEIC600点以上のスコア取得

TOEICTOEICは日本人であれば一度は聞いたことのある英語試験だと思いますが、多くの外資系企業で「TOEIC L&Rのスコア」を採用基準として設けています。

そして、以下の写真データからわかるように「海外部門」で求められるTOEICスコアは最低でも690点です。外資系への転職を視野に入れたTOEICスコアは「おおよそ700点」は必要ですが、英語力をそこまで重視しない外資系企業の場合は「600点」あれば履歴書に書いておくことで一応アピールポイントになります。

求められるTOEICスコア※参照:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

ここで注意しておきたいのが、逆に低すぎるTOEICスコアを履歴書に書くと「英語力が全然ない人材」だと思われてしまい不採用になってしまう可能性があるので、あくまでも履歴書に書く際は「TOEIC600点以上」を取得してからにしましょう。

転職の際にTOEICスコアが必須になるかどうかについてまとめた記事は以下に用意してあります。

英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】
英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】今回の記事では、英語を活かした仕事へ転職できるように「TOEIC資格が転職に有利に運ぶ理由」をお伝えしていきます。また、記事後半ではおすすめの転職エージェントやオンライン英会話スクールも特徴別に紹介します。 ...

また、これからTOEICスコアを伸ばしていこうと考えている方は以下の記事が参考になるので読んでみてください。

関連記事
TOEIC試験対策が出来るオンライン英会話【おすすめ12選】
TOEIC試験対策が出来るオンライン英会話【おすすめ13選】今回の記事では、English With編集部が「TOEIC対策講座が受講できるオンライン英会話スクール」を徹底リサーチしてまとめました。TOEIC対策をオンラインで行いたい方はぜひ参考にスクール選びをしてみてください。 ...
オンラインで学べる英語コーチングの特徴とおすすめスクール【15選】
オンラインで学べる英語コーチングの特徴とおすすめスクール【15選】今回の記事では、English With編集部が「オンライン英語コーチング特徴やメリット」「おすすめできる英語コーチングスクール」についてまとめていきます。英語コーチングを比較する際の参考にしてみてください。...

ビジネスメールなどで使うライティングスキル

ビジネスメールなどで使うライティングスキル英語が苦手だとしても外資系企業では海外とのやり取りは多く行われることが予想されますが、その中でも「英語を使ったビジネスメール」はどの企業でも必要になる可能性は高いです。

一般的な仕事でもメールチェックやチャットでメッセージのやりとりなどは毎日のように行われるので想像がつきやすいですが、外資系企業の場合でも同様に「ビジネスライティング」を使ったメールのやり取りは日常的に行われます。

ビジネスメールに関しては、僕の経験からしてもそこまで英語力があまり必要なく、基本的な英文のテンプレートやよく使われる専門用語をしっかり把握しておくことでほとんど対応が可能。

そのため、まずはビジネスの現場でよく使われる「ライティングスキル」をきちんと身につけておき、簡単な英文は使えるように準備しておくことで1つ転職時のアピールとして使えます。

ビジネスメールなどをはじめとしたライティングスキルを身につけたい方は以下の記事で紹介しているオンライン英会話スクールで学ぶのがおすすめです。

関連記事
ライティング・文法添削専門のオンライン英会話スクール【5選比較】
ライティング・文法添削専門のおすすめオンライン英会話【5選比較】今回の記事では、English With編集部が「英文ライティング・英文添削を行なってくれるオンライン英会話スクール」をまとめて紹介していきます。ライティング力をオンライン上で高めたい方はぜひ参考にしてみてください。...

簡単なコミュニケーション力

簡単なコミュニケーション力外資系の企業では、様々な国籍の人々と一緒に仕事をする可能性が高く、英語が苦手な場合でもコミュニケーションをとるケースは大いにあります。

そのため、円滑に仕事を進めるためにも日常英会話力はきちんと鍛えておきましょう。

転職時に英語力がなかったとしても社内でのキャリアアップを考えているのであれば英語力を磨くのは必須です。

転職までに英語力を鍛えておきたいと考えている方は以下の英会話スクールで基本的なビジネス英語を学んでおきましょう。

特にキャリアアップをするためには「英語力」は今後必須になっていくかと思うので、日常会話からビジネス英語を学べるオンライン英会話などで事前学習しておくと良いでしょう。

例えば、ビジネス英語特化で学べるオンライン英会話の「ビズメイツ」であれば、初心者の方でも基礎から学習に取り組め、レベル別・業種別にスキルアップを目指すことができます。English With編集部でも受講したことがありますが、オンライン英会話の中でも特におすすめできるスクールのため、英語力向上のために利用してみると良いでしょう。

無料体験レッスンから参加ができるので、事前準備として体験に参加してみることをおすすめします。


公式サイト:オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)

体験記事
オンライン英会話のBizmatesを徹底解説!【評判・口コミ】
オンライン英会話のBizmatesを徹底解説!【評判・口コミ】今回の記事は、ビジネス英語専門のオンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」のレッスン内容や特徴などをはじめ、スクールの評判について紹介しています。...

※おすすめのオンライン英会話に関しては後述しています。

英語が苦手な人向け!外資系企業への求人が多い転職エージェント【5選】

英語力がなくても外資系企業を目指せる案件を持つ転職エージェント【5選】ここまで「外資系企業で働くメリット」や「英語力が無くても入りやすい外資系企業の選び方」などについてお伝えしてきましたが、実際にどのような転職エージェントに登録しておけば効率よく転職活動を進められるのでしょうか?

転職エージェントは大小含めると数え切れないほど存在します。その全てをランダムに調べても良い転職活動を行うこことは難しいので、ここでは「英語力がなくても転職できる求人情報を多く持つ転職エージェント」を簡単に紹介。

まずは、自分の転職目的や英語力に適したエージェントを知っておくことで、しっかりと準備に励めるので、以下から転職登録を行い求人情報をチェックしてみましょう。

上記の転職エージェントの共通点は「紹介できる求人数が多い」ということで、転職アドバイザーの対応も丁寧です。

外資系企業への転職は基本的には英語力を求められるところが多いですが、この記事でも紹介している通り「企業形態」や「過去の経歴」を重視した求人を紹介しているケースもあります。

そのような求人を探すには多くの転職情報を扱っているエージェントへ登録しておくのがベスト。取引している外資系企業も多く良い転職ができる可能性が高まるので、上記のエージェントから転職活動を行うのが良いでしょう。

※各転職エージェントの特徴について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

英語力を活かせるおすすめの転職エージェントを紹介【目的別11選】
英語力を活かせるおすすめの転職エージェントを紹介【10選】この記事では、英語力を活かして転職を考えている方向けに「おすすめ転職エージェント」を特徴別に紹介しています。また、転職する際の準備や転職活動の進め方についてもまとめています、...

英語力が効果的に身に付くおすすめオンライン英会話【3選】

外資系への転職を考える際に「英語力をあらかじめ伸ばしておく」ことは非常に大切です。

転職活動をする際に「TOEIC700点以上」を取得できたり「英会話で卒なくコミュニケーションが取れる」ようになっていれば、理想的な転職ができる可能性がグッと高まります。

ここからは、English With編集部がおすすめする「オンライン英会話スクール」を紹介するので気に入ったところがあれば無料体験を受けてみましょう!

おすすめオンライン英会話
  1. Bizmates
  2. DMM英会話
  3. ネイティブキャンプ

1. Bizmates(ビズメイツ)

ビジネス特化型オンライン英会話

Bizmates(ビズメイツ)は、ビジネス経験のある講師が在籍し、レッスンを行うビジネス英会話専門のオンライン英会話。

レベルごとに分かれた綿密なカリキュラムと、ビジネスシーンで必要なプレゼンテーションや交渉などを用いた教材を用意。レベル別・業務別にビジネス英語を学んでいくことができます。

さらに、外資系への転職を考えてはいるけど英語力に自信がないという方向けには「Bizmates Starter」という初心者向けのプログラムも用意しているので、将来的にビジネス英語を学びたいというニーズにも答えてくれます。

入学金・教材費 0円
授業料(月額) 13,200円(税込)~/月
レッスン単価 440円~/1レッスン
レッスン体系 マンツーマン
教材費 0円
備考欄 1レッスン25分
1日受け放題レッスンチケット:1,320円(税込)

Bizmatesでは無料体験レッスンが受講可能です。自己学習できる動画コンテンツなども使えるようになるので、ぜひこの機会に受けみましょう。

Bizmatesの公式サイトをチェック!

オンライン英会話のBizmatesを徹底解説!【評判・口コミ】
オンライン英会話のBizmatesを徹底解説!【評判・口コミ】今回の記事は、ビジネス英語専門のオンライン英会話「Bizmates(ビズメイツ)」のレッスン内容や特徴などをはじめ、スクールの評判について紹介しています。...

2. DMM英会話

2.DMM英会話

DMM英会話は、世界120ヶ国以上の英会話講師とレッスン受講ができるオンライン英会話スクールです。

このスクールの大きな特徴として「学習用途に合わせて様々な講師とレッスンが受講できる」という点が挙がります。

外資系への転職時に即戦力となるために使えるビジネスで使える表現や、同僚や上司とコミュニケーションを円滑にするための英会話など学ぶことが可能です。

また、業界でもトップクラスの教材を保有しており、その多くがオンライン上で閲覧可能。教材をわざわざ買う必要なく学習を進めることができる点でもリーズナブルです。

入学金 0円
授業料 6,480円(税込)~/月
レッスン単価 168円~/1レッスン
教材費 0円
レッスン体系 マンツーマン
備考 2回の無料体験あり
世界120ヵ国以上の講師が在籍

DMM英会話では無料体験を受講できます。アカウントを作るだけで、様々な教材や講師プロフィールの閲覧ができるのでまずは試してみましょう!

DMM英会話の公式サイトをチェック!

DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】
DMM英会話の体験レッスンレビュー【口コミ・評判も調査】今回の記事では、English With編集部がDMM.comが運営する事業の一つであるオンライン英会話の「DMM英会話」について体験レッスンのレビューや口コミについてまとめていきます。DMM英会話を検討している方はぜひ参考にしてみてください。...

3. ネイティブキャンプ

4. ネイティブキャンプ:空きがあれば予約なしでレッスンを行える格安オンライン英会話スクールネイティブキャンプは、120カ国以上の多国籍の講師陣からレッスン受講ができるオンライン英会話です。

このスクールが選ばれる最も大きな特徴は「月額6,480円でレッスン受け放題」という点。講師に空きが有れば予約費用で何度でもレッスン受講ができるので仕事の合間や休憩時間などを活かして英語学習することが可能です。

また、このスクールでは「日本人カウンセラーとの学習相談」が、月に1回無料で利用可能。外資系への転職時に必要な英語スキルを伝えておけば、的確に「講師の選び方」や「効果的な学習方法」などを教えてもらうことができることでしょう。

入学金 0円
授業料 6,480 円 (税込)/月
※ファミリープランの場合は1,980 円 (税込)/月
レッスン単価 レッスン回数無制限
教材費 0円
レッスン体系 マンツーマン
備考 予約レッスン保証制度あり

ネイティブキャンプでは7日間レッスン受け放題と他社よりもたくさん受講できます。受講期間中にレッスンを試してみましょう!

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

ネイティブキャンプのレッスンを体験してきました【口コミ・評判】
ネイティブキャンプのレッスンを体験してきました【口コミ・評判】今回の記事では、オンライン英会話業界の中でも非常に人気の高いスクールである「Native Camp(ネイティブキャンプ)」についての情報をまとめています。...

最後に:英語ができなくても外資系企業への転職は十分可能!

今回は「英語ができなくても外資系への転職は可能かどうか?」をテーマに、外資系企業の選び方を紹介していきました。

記事後半には「おすすめの転職エージェント」「オンライン英会話スクール」も特徴別にお伝えしたので、これから外資系への転職を試みている方はぜひ活用してみてください。

おすすめオンライン英会話【3選】

外資系への転職に向けて「英語力」を向上させておくことは大事なポイントですが、現時点で英語力に自信がなくても「外資系企業への転職は可能」です。

そして、転職活動に並行して「転職エージェント」への登録を行い求人情報を調べておくのは効率的です。僕自身も3つほどの転職エージェントでアドバイザーと求人情報を精査しながらオンライン英会話スクールで英語力の維持・向上をしていました。

外資系企業への転職情報を集めながら英語力を伸ばしていけるように学習を進めていきましょう!

キャリア
英語をキャリアアップのために学ぶべき理由【価値ある人材になるために】今回の記事では「キャリアアップするために英語力は重要視されるスキルなのか?」をテーマに、必要な資格やおすすめの転職エージェントなどを紹介。また、記事後半では英語力を伸ばせるオンライン英会話スクールもいくつかお伝えしていきます。...
転職に必要な英語力について
外資系の企業で働くための英語力はどのくらい必要?【理由を解説】この記事では「外資系で働くための英語力」を徹底的にリサーチしています。また、転職時におすすめのエージェントや語学力アップに必要な英語コーチングスクールも特徴別に紹介しています。...
海外への転職は英語が話せなくても可能か?【求人情報の見つけ方】
海外への転職は英語が話せなくても可能か?【求人情報の見つけ方】今回の記事では「英語力がないけど海外で働きたい方」のために、海外転職は可能かどうかについてお伝えしています。...
英語力を持っていると転職に有利か?【解説】
英語力を持っていると転職に有利か?【解説】今回の記事絵dは「英語がなぜ転職の上で最大の武器になるのか?」というポイントをわかりやすくお伝えし、おすすめの英会話スクール・転職エージェントを紹介していきます。...
資格
英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】
英語を活かした仕事へ転職する際にTOEICスコアは必須?【理由を解説】今回の記事では、英語を活かした仕事へ転職できるように「TOEIC資格が転職に有利に運ぶ理由」をお伝えしていきます。また、記事後半ではおすすめの転職エージェントやオンライン英会話スクールも特徴別に紹介します。 ...
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】今回の記事では、転職を考えている方に向けて「転職に有利な英語資格」をまとめて紹介しています。...
ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!