【資本に注目】フィリピン留学で失敗しないための語学学校を見極めるポイント

japanese-korean

スポンサーリンク

フィリピン留学を検討されている人に、知ってほしいフィリピンの語学学校事情。フィリピン留学に行く語学学校がどの国籍のオーナーで経営されているかを抑えておくことで、あなたの留学生活の内容が確実に変わります。

A group of business people celebrate their team success

フィリピン留学でどの語学学校に行くか調べていると留学先を紹介している留学代理店ページで、語学学校情報の中に経営者・オーナーという項目をよく見かけませんか?フィリピン留学ではどの国の経営者が運営しているかが重要なポイントになります。

もともとフィリピン留学の起案者は韓国人で、自国の英語力を高めるためにアクセスもよく格安で英語を学べるフィリピンに着目。既に、年間10万人ほどの韓国人がフィリピン留学で英語を学んでいます。現在のフィリピンに留学している日本人は約2万人ほどと言われているので5倍に近い韓国人が留学していることになります。

つまり、フィリピンにある語学学校は韓国人経営の語学学校が圧倒的に多いです。近年、フィリピン留学に着目した日本人経営者がフィリピンの特にセブ島に語学学校を設立し始めているので、韓国人経営の語学学校か日本人経営の語学学校のどちらかか語学学校を選択することになります。

韓国人経営と日本人経営どちらも経験した体験談から説明したいと思います。

 フィリピンの語学学校【日本人経営】の抑えていきたいポイント

japanese

フィリピンで運営している日本人経営者の語学学校は日本人目線で学校が設立・運営されているため比較的快適に過ごすことが出来る語学学校があります。また、サポート体制もよくされているので初めての海外留学や海外渡航の方にとってはサポートは重要なポイントだと思います。

また、生活環境もなるべく日本人が住みやすいように改良されているので食事であったり、英語学習カリキュラムなど日本人だから気づく細かいサポートや学校づくりがされているのが大半なので、居心地はかなり良いです。

加えて、フィリピン留学は学校規則が厳しいところが多いのですが、日本人経営の場合はルールが割りとゆるく自由に過ごせる学校が多いです。

フィリピン留学を作ったのが韓国人だと冒頭でも説明しましたが、日本人経営の学校は韓国人経営と比べて歴史が浅いです。つまり、留学している生徒の大半が日本人の可能性があるということです。

学校によって、バラつきがありますが留学している日本人が70%〜90%のところが多いです。海外留学に来て、外国人の友人を増やしたい!なんて考えている人からすると、周りに日本人が多いことにより、異文化交流や常に英語で話す環境を作るのは少し難しいかもしれません。

もちろん、韓国や中国、台湾など多国籍の留学生も0ではない学校がほとんどなので行動次第で日本人以外の留学生と交流できますし、基本的に日本人経営の語学学校に留学している留学生は親日が多いので、すぐ仲良くなれます。

フィリピン【韓国人経営】の語学学校抑えていきたいポイント

korean

韓国人経営の語学学校の良い点は、多国籍の留学生の中で学習ができるということです。多国籍と言っても留学生のほとんどは韓国人のケースが多いですが、日本人が少ない環境に身を置くことで英語の練習する場を作ることが出来ます。

また、フィリピン留学を作った韓国人経営の場合、歴史が長い語学学校が多いのでカリキュラムが洗練されているというメリットがあります。(※見極めは必要です。)

そして、韓国の場合は文化の違いがあるためスパルタ式の少し厳しい校風の学校が圧倒的に多いです。どのように厳しいかというと平日外出禁止や外出できても夜10時までなど、厳しいルールの中、平日は学習に専念するスタイルになります。土日は、割りと自由に行動が出来る語学学校が多いので、メリハリを付けた留学が可能です。

韓国人経営の語学学校で気をつけたいのが、韓国人向けに学校が作られているということです。日本人経営が日本人向けに運営されているように韓国の場合も同じです。例えば、日々の食事は韓国料理が多く出ます。日本人留学生も年々増えているので、料理については改善しつつありますがまだまだ辛い韓国料理がでる語学学校も少なくありません。韓国料理が苦手という人は、韓国人経営の語学学校が選択肢から外れるでしょう。

サポート体制も韓国人スタッフがメインで働いているので、日本人スタッフも少数というケースも多くあります。留学前に日本人スタッフが何名在籍しているか確認しておきましょう。

資本提携による日韓共同経営の語学学校がフィリピンにはある

japanese-korean追加で抑えておきたいのが、日本人と韓国人で資本提携している日韓共同経営の語学学校もあります。

基本的には、韓国資本でスタートしている語学学校に、日本人オーナーが加わり日本人が安心できる要望を加えているような学校です。国際色豊かであり、韓国人向けだった語学学校を日本人オーナーが加わったことで日本人向けに改良している学校です。ベースは韓国人向けなケースが多いので、どのように改良されているかを聞いてみると良いかもしれませんね。


まとめ

最初に留学した日本人経営の語学学校はフィリピン・セブ島の中でも比較的設備もよく、また規則が自由だったのでショッピングしたり、外出して留学生活を過ごすことが出来ました。

次に留学した韓国人経営の語学学校は、少し規則や門限が厳しかったのですが、逆に制約がある分学習に集中することが出来、縛られないと勉強しない自分にとっては、集中して勉強ができました。また、韓国人の友人も多く作ることが出来ました。

語学学校選びの際は、運営している語学学校がどの国籍なのか調べておきましょう。

japanese-korean

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。