Versant対策

Versantで発音を良くするには?改善方法を徹底解説

Versantで発音を良くするには?改善方法を徹底解説
Versant試験で発音を良くするためには具体的にどのようなコツがあるのだろう?方法を詳しく知りたい。
Tomomi
Tomomi
こんにちは!English WithライターのTomomiです!海外で生活をしながら、英語に関する記事を書く仕事をしています。

今回の記事では「Versant試験を目的に発音を良くするためのコツ」について解説していきます。

総合的なスピーキング力を測ることのできるVersant試験では、「発音」そして「流暢さ」が高スコア取得には欠かせない要素です。そんなVersant試験で「具体的に発音を良くするコツがあれば知りたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、Versant試験を目的に発音を良くするための改善方法を詳しく解説していきます。

後半では、Versant対策におすすめのオンライン英会話スクールも紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめオンライン英会話

▼English With編集部が選ぶ「Versantの発音対策におすすめのオンライン英会話スクール」を紹介!興味のある方は先にチェック!

Versant試験と発音の関係性

Versant試験と発音の関係性まず最初に、Versant試験のスコアと発音がどのように関係しているのかについて解説をしていきます。

Versantスピーキングテスト、及びプレイスメントテストでは、文法知識や語彙力が問われるのはもちろん、「発音」と「流暢さ」が採点基準に含まれているのが特徴。

そのため、単語を発音記号通りに正しく発音し、強弱や抑揚をつけた流暢な英語で話せるかどうかが、スコアに大きく影響します。高得点を狙うには正しく発音する力やイントネーション、アクセントなどの総合的なスキルが必要となるでしょう。

Versant試験で発音を良くするためのコツ

前項で解説したように、Versant試験では「発音」そして「流暢さ」がスコアを左右する重要な採点基準です。そのため、高スコアを目指すためには発音良く回答することが求められます。

ここからは、 そんなVersant試験で発音を良くするためのコツを5つ解説していきます。

発音を良くする5つのコツ
  1. 母音と子音を正しく発音する
  2. アクセントを意識する
  3. 音声変化のルールを知る
  4. 強弱をつける
  5. イントネーションを意識する

順に1つずつ解説をしていきますね。

1.母音と子音を正しく発音する

1.母音と子音を正しく発音するまず最初に、英語の母音と子音を正しく発音することが大切です。

英語は日本語よりも母音と子音の数が多く、それらの発音を正しく覚えて使い分ける必要があります。

例えば、「apple」と「about」という英単語、日本語では「アップル」「アバウト」とどちらも最初の「a」の音を「ア」と発音しますよね。しかし、実はこの2つの「a」は発音記号が異なり、同じ「a」の音でも「æpl(apple)」と「əbάʊt(about)」のように、「æ」と「ə」と分けて発音することが必要です。

Versant試験では、単語一つひとつを正確に発音できているかが測定されるため、似ている母音や子音も区別することが重要なポイントになるでしょう。

特に、日本語を母国語とする私たちは、母音や子音「RとL」や「SとSH」などの響きが似ている発音が曖昧になりやすい傾向があります。それらの違いを区別することで、カタカナ発音を脱却し、Versant試験でも「発音」のスコアを大きく伸ばすことができるでしょう。

2.アクセントを意識する

2.アクセントを意識する次に、アクセントを意識することがコツの1つです。

英語には、特定の音節を強く発音して強弱をつける「アクセント」があります。例えば、日本語では「apple」を「アップル」と、どの音も同じ強さで読みますが、英語らしく読むと「アッポー」という発音になりますよね。これは、「apple」はアクセントがついている最初の「a」を強く読み、語末を弱く発音するためです。

このように、英語では全ての音を同じ強さで読むのではなく、強弱をつけて読むという特徴があります。そのため、スピーキングの際には単語のアクセントを意識することで、ネイティブらしい自然な英語発音に近づき、スコアアップに繋がるでしょう。

3.音声変化のルールを知る

3.音声変化のルールを知るそして、音声変化のルールを知ることも、英語を流暢に話すための大切なポイントです。

英語では、話す時に単語と単語を繋げて読んだり、特定の音を省略したりなどの、「音声変化」があります。例えば、「Can I 〜?(〜してもいいですか?)」という文章であれば、2つの単語が繋がり、「キャナイ」と発音します。

また、別の例として、「Good bye」と挨拶をする時、「グッドバイ」とは言わずに「グッバイ」と発音しますよね。これは、「Good」の「d」が脱落する音声変化が起きているため「グッバイ」という発音になります。

このような音声変化にはルールがあり、それを覚えておくことで、文章を読んだ時に「流暢さ」を出すことが可能です。また、音声変化を知っておくことで、英語が聞き取りやすくなり、問題文を理解しやすくなるというメリットもあります。

4.強弱をつける

4.強弱をつけるその次に、文章に強弱をつけて発話することもコツの1つです。

前項では英単語にはアクセントがあり、強弱をつけて発音するのが大切だと解説をしました。ですが、英語には英単語だけではなく、文章の中でも強弱をつけて発話する特徴があります。

リスニングをしていて、動詞は聞き取れるけれど、前置詞や冠詞が聞き取れないという経験がある方も多いのではないでしょうか。

これは、文章中で内容に関わる動詞や形容詞などの「内容語」は強く読み、冠詞や前置詞などの「機能語」は弱く読む傾向があるためです。

例えば、「She gave him a book.(彼女は彼に本をあげた。)」という文章の、強弱のつけ方を見ていきましょう。この文では、「本をあげた」ということを伝えたいので、動詞である「gave」そして、何をくれたかを指す「book」を強く読むという強弱をつけます。

このように、英語では内容語を強く、機能語を弱く読むという強弱があるのが特徴です。しかし、常にこのルールで話すわけではなく、「何を伝えたいか」で強弱の付け方が変わります。

文章中で伝えたい内容に関わる単語は強く、そこまで重要ではない単語は弱く読むことを意識することで、Versantの採点基準の1つである「流暢さ」のスコアを高めることができるでしょう。

5.イントネーションを意識する

5.イントネーションを意識する最後に、イントネーションを意識することが挙げられます。

正しいイントネーションで話すことで、意味が正確に伝わりますし、ネイティブらしい流暢さを出すことが可能です。

例えば、「I’m from Japan.(私は日本出身です。)」や、「What are you doing?(何をしているの?)」など疑問詞がついている文章は文末が下がり調子になりますし、「Is it OK?(これで大丈夫?)」などYes/Noで答えられる質問は文末を上げて発音をします。

また、文中で「and」や「or」の前にある単語は上がり調子で読み、最後の単語は下がり調子で読むというのも特徴です。

このような、正しいイントネーションで話すことを意識すると、相手に感情や意図が正確に伝わりやすくなりますし、英語の流暢さを上げることができます。結果、本番の試験でもスコアアップに繋がるでしょう。

英語の発音やイントネーションなどを詳しく学びたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

大人になってから英語の発音は矯正できるのか?【徹底解説】
大人になってから英語の発音は矯正できるのか?【徹底解説】この記事では「大人からでも発音矯正できるのか?」という疑問に回答しています。発音矯正の方法やおすすめの英会話スクールについても紹介しているので、興味のある方は読んでみてください。...

Versant試験で発音を良くするための音声環境

Versant試験で発音を良くするための音声環境前項では、Versant試験で発音を良くするための5つのコツを解説しました。この5つを意識することで、発音・流暢さのスコアを大きく伸ばすことができるでしょう。苦手な部分はぜひ重点的にトレーニングを行い、身につけてみてくださいね。

ここからは、そんなVersant試験でより発音を正確に認識してもらうための音声環境について解説をしていきます。

Versant試験では機械で音声を読み取り採点をするため、受験環境がとても大切です。雑音が入らない静かな場所で受験をするのはもちろん、スピーキングに適したマイクを使用するのが良いでしょう。

使用するマイクは、口元に固定することができるヘッドセットタイプがおすすめです。PCの内臓マイクやイヤフォンのマイク機能では、どうしても音を拾いにくくなってしまったり、逆に周囲の音を拾ってしまったりというデメリットがあります。

ヘッドセットでマイクが口元に近い状態で固定ができると、発音も正確に認識されやすくなり、より精度の高い採点に繋がるでしょう。

また、ヘッドセットを使って問題音声をリスニングすることで、受験者側も周囲の音が気になりづらく、問題文が聞き取りやすくなるというメリットもあります。

英会話を行う際におすすめのヘッドセットは以下で紹介しています。

【安いけど高品質!】オンライン英会話で使うヘッドセットを紹介
【安いけど高品質!】オンライン英会話で使うヘッドセットを紹介 今回は、オンライン英会話の際に役に立つ「ヘッドセット」をいくつか紹介していこうと思います。 ネット回線を通じて英会...

Versant対策におすすめのオンライン英会話【2選】

前項まででは、Versant試験で発音を良くするための具体的な改善策について、音声環境も含めて詳しく解説をしました。

発音を良くするコツを5つ紹介をしましたが、「独学だと発音ができているか分からない」「自分の発音で相手に正確に伝わるのか不安」といったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

ここからは、そんなVersant対策におすすめのオンライン英会話スクールを2つご紹介していきます。どちらのスクールも、発音に特化したレッスンを受けることができるので、Versant対策をしたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

オンライン英会話【2選】
  1. ネイティブキャンプ
  2. QQ English

1.ネイティブキャンプ

1.ネイティブキャンプネイティブキャンプは24時間予約不要でレッスン受け放題のオンライン英会話スクールです。

ネイティブキャンプには「発音実践コース」があり、カタカナ英語を抜けだし、正しい発音を身につけたい方を対象とした教材が揃っているのが特徴。教材に沿って講師が丁寧に発音指導をしてくれるので、「独学だと自分の発音が正しいか分からない」「講師に発音方法を教えてもらいたい」という方におすすめのコースです。

また、発音だけではなく、リンキングなどの音声変化やイントネーションについて学ぶことも可能。英語の「流暢さ」を身につけることもできるでしょう。また、発音実践コースは初級・中級・上級に分かれているので、自分のレベルに合わせて基礎から応用まで発音方法を学ぶことができます。

さらに、ネイティブキャンプではレッスンは受け放題なので、何度でも回数を気にせず講師と発音トレーニングができるのも魅力です。発音の練習をたくさんしたい人におすすめできるスクールだと言えるでしょう。

入学金 0円
授業料 6,480 円 (税込)/月
※ファミリープランの場合は1,980 円 (税込)/月
レッスン単価 レッスン回数無制限
教材費 0円
レッスン体系 マンツーマン
備考 予約レッスン保証制度あり

ネイティブキャンプでは7日間の無料体験が可能。無料期間中もレッスンを回数無制限で受講することができるので、興味のある方は一度お試し受講をしてみましょう。

ネイティブキャンプのスクール情報

レッスン可能時間 24時間
講師 ネイティブ講師
外国人講師
日本人講師
無料体験情報 7日間無料

ネイティブキャンプの公式サイトをチェック!

ネイティブキャンプのレッスンを体験してきました【口コミ・評判】
ネイティブキャンプのレッスンを体験してきました【口コミ・評判】今回の記事では、オンライン英会話業界の中でも非常に人気の高いスクールである「Native Camp(ネイティブキャンプ)」についての情報をまとめています。...

2.QQ English

2.QQ EnglishQQ Englishは高い英語指導力を持つフィリピン人講師から、マンツーマンレッスンを受けることができるオンライン英会話スクールです。

このスクールでは、英語力や身につけたい英語力に合わせたカリキュラムが豊富に揃っていますが、中でも綺麗な発音を身につけたい方におすすめなのが「Magic Phonicsコース」です。

このコースでは発音を基礎から丁寧に学べるのが特徴。英語の文字と音声の関係性を学ぶ「フォニックス学習」を通して、正しい発音をマスターできます。具体的には、アルファベットの発音方法から始まり、短母音や長母音、二重母音などレベルに合わせて段階的に発音知識を学ぶことが可能。

初めて見た単語でもスペルのみで正しく発音できるようになったり、長い文章でも流暢に音読することができるようになったりなど、発音力を底上げすることができるでしょう。

入会金 0円
授業料 4,053円(税込)~/月
※子ども向けコースは2,178円(税込)
レッスン単価 354円~/1レッスン
教材費 0円
※カランメソッドは教材費が発生
レッスン体系 マンツーマン
備考 2週間先まで自由に予約可能
1ヶ月の有効期限で利用
追加レッスン可能

QQ Englishでは、無料体験レッスンを2回受講することが可能。興味のある方はぜひお試し受講をしてみましょう。

QQ Englishのスクール情報

レッスン可能時間 24時間
講師 外国人講師
無料体験情報 2回分レッスン無料

QQ Englishの公式サイトをチェック!

QQEnglishを実際に体験受講!口コミ・評判を徹底調査
QQEnglishを体験受講!口コミ・評判を徹底調査この記事では、QQEnglishの体験レッスンを受講した内容を基に、口コミ・評判についてまとめています。...

まとめ:Versant試験は発音が大事!発音を良くするコツを実践して高スコアを目指そう

今回の記事では、「Versant試験で発音を良くするためのコツ」について解説をしました。

Versant試験では「発音」そして「流暢さ」が採点項目に入っており、文法知識や語彙力だけではなく、正しく英語を発音できているかがスコアに大きく影響します。そのため、今回紹介した5つの「発音を良くするコツ」を意識しながら回答することが、Versantでスコアアップするためのポイントです。

発音を良くする5つのコツ
  1. 母音と子音を正しく発音する
  2. アクセントを意識する
  3. 音声変化のルールを知る
  4. 強弱をつける
  5. イントネーションを意識する

加えて、受験前は音声環境を整えておきましょう。ヘッドセットタイプのマイクを使うことで、音声が認識されやすくなり、より採点が正確になります。

合わせて、Versant対策におすすめのオンライン英会話スクールを2つ紹介しました。

おすすめオンライン英会話

どちらのオンライン英会話スクールも無料体験レッスンが受講可能です。気になるスクールは一度お試し受講をしてみて、教材の内容や講師の質をチェックしてみましょう。

その他、English WithではVersantテストや、英語学習に関する記事を多数ご用意しているので、こちらもあわせて参考になれば幸いです。

Versantに関する情報や対策
英語力テスト「Versant」を徹底解説!【概要まとめ】
英語力テスト「Versant」を徹底解説!【概要まとめ】この記事では英語テスト「Versant」について分かりやすく徹底解説しています。テストの特徴や受験料などの気になる情報をまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
VersantとTOEICを徹底比較!換算スコアや資格価値まとめ
VersantとTOEICを徹底比較!換算スコアや資格価値まとめこの記事では、VersantとTOEICを比較しながら、それぞれのテスト内容や資格の価値の違い、どんな人に受験がおすすめかなどを詳しく解説をしています。...
Versantが難しいと感じる理由を解説【テスト内容を分析】
Versantが難しいと感じる理由を解説【テスト内容を分析】この記事では「Versantが難しいと感じる理由」について解説をしています。合わせて、Versantスコアを伸ばすための勉強法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
Versantの教材
Versant対策でおすすめの教材・本まとめ【7選】
Versant対策でおすすめの教材・本まとめ【7選】この記事では、Versant対策におすすめな教材と本をご紹介。Versant受験予定の方やVersant対策について知りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。...
Versant対策ができるオンライン英会話
Versant対策のプログラムが受講できる英会話スクール【5選】
Versant対策のプログラムが受講できる英会話スクール【5選】この記事ではVersant対策のプログラムが受講できる英語コーチングスクールと、オンライン英会話スクールをご紹介。Versant対策ができるスクールを探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
英語資格関係
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】今回の記事では、転職を考えている方に向けて「転職に有利な英語資格」をまとめて紹介しています。...
社会人必見!役立つビジネス英語資格まとめ【7選】
社会人必見!役立つビジネス英語資格まとめ【7選】この記事では、英語資格を取得するメリットについて解説するとともに、「社会人が持っていると役立つビジネス英語資格」を7つ紹介しています。英語資格の取得に興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。...
ABOUT ME
Tomomi
オンライン英会話で英会話を身につけ、日本企業の営業職からWebライターに転身。自身の学習経験をもとに英語関連の記事執筆をしています。2020年にメキシコシティに移住、現在スペイン語を勉強中です。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!