Versant対策

VersantとTOEICを徹底比較!換算スコアや資格価値まとめ

VersantとTOEICを徹底比較!換算スコアや資格価値まとめ
VersantとTOEICはどんな違いがあるのだろう?特徴について詳しく知りたい。また、仕事をする上でどんな場面で役立つかも教えてほしい。
Tomomi
Tomomi
こんにちは!English WithライターのTomomiです!海外で生活をしながら、英語に関する記事を書く仕事をしています。

今回の記事ではVersantとTOEICを徹底比較していきます。

VersantとTOEICは、どちらも英語力を客観的に測ることができる試験で、ビジネスキャリアに生かせる英語資格でもあります。そんなTOEICとVersantを比べた時に、「それぞれどのような特徴があるのか」「どのような場面で生かせるのか」という点を知りたい人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、VersantとTOEICを比較しながら、それぞれのテスト内容や資格の価値の違い、どんな人に受験がおすすめかなどを詳しく解説をしていきます。

VersantとTOEICの違いが知りたい人、ビジネス英語資格をキャリアに活かしたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

VersantとTOEICのスコア換算

まず最初に、VersantとTOEICのスコアがどのように対応しているかをチェックしていきましょう。

Versant公式ホームページでは、Versant各テストスコアと、TOEICスコアは以下の表のように換算できると公表しています。

Versant
スピーキングテスト
Versant
ライティングテスト
Versant
プレイスメントテスト
TOEIC
79 – 80 77 – 80 79 – 80
69 – 78 67 – 76 68 – 78 945
58 – 68 54 – 66 57 – 67 785
47 – 57 44 -53 46 – 56 550
36 – 46 36 – 43 34 -45 225
26 – 35 20 – 29 24 – 33 120
20 – 25 20 -23

参考:VERSANTスコアと各種英語力指標の対応表

VersantとTOEICを比較①【テスト内容】

VersantとTOEICを比較①【テスト内容】次に、VersantとTOEICについてテスト内容を詳しく比較をしていきます。

Versantでは問題が英語音声で流れるので、聞き取って理解した上で発話をして回答することが求められるのが特徴。より実践的な英語でのコミュニケーション能力が必要とされ、問題内容は日常会話をテーマにした問題がメインで出題されます。

一方、TOEICの回答形式は4つの選択肢の中から正しいものを1つ選ぶマークシート方式。リスニングパートとリーディングパートに分かれており、ビジネスシーンを想定した問題が多く出題されます。また、問題は「聞く・読む力」を測るものが多いです。

また、各テストは問題数と受験時間が異なるのも特徴的。TOEICはリスニング・リーディング合わせて2時間、計200問が出題されるボリュームの多い試験ですが、Versantは計63問で所要時間は約20分ほどです。

Versant・TOEICの特徴
Versantの特徴 ・発話がメイン
・日常会話がテーマ
・試験時間は20分(計63問)
TOEICの特徴 ・リスニング、リーディングがメイン
・ビジネス英会話がテーマ
・試験時間は120分(計200問)

VersantとTOEICを比較②【資格の価値】

VersantとTOEICを比較②【資格の価値】続いて、VersantとTOEICがそれぞれどんなシーンで役立てることができるかを解説していきます。

TOEICは受験者が多く、日本での知名度が高いのが特徴。英語を必要とする仕事の場合、応募条件として「TOEIC◯◯点以上」と定めている企業も少なくありません。そのため、TOEICで高スコアを取得しておくことで、就職・転職がしやすくなるというメリットがあります。

一方、Versantは受験者が増加傾向ではあるものの、TOEICほどの知名度はなく、現段階では就職・転職にはあまり生かすことはできません。

しかし、現在多くの企業が社内研修としてVersantを導入しており、高スコアを獲得することで社内でのキャリアアップに役立てることができるでしょう。また、今後導入する企業の増加も予想され、社会的認知度が高まっていくことが期待されます。就職・転職に活かせるようになる可能性も十分にあるでしょう。

Versant・TOEICの特徴
Versantの特徴 ・社会的に知名度が高い
・就職、転職に有利
TOEICの特徴 ・今後、知名度は上がってくる
・キャリアアップに活かしやすい

Versantがおすすめな人

Versantがおすすめな人前項で解説をした通り、VersantとTOEICにはそれぞれ特徴があるので、自分の目的や目標に合った方法を上手に活用していくことが大切です。

ここからは、Versantはどのような人におすすめの試験かを解説していきます。

Versantの最大の特徴はスピーキング力を測ることができる点。そのため、「英語を話す力を測りたい」「スピーキング力を証明したい」という人におすすめの試験です。

また、Versantはスピーキング力を重点的に測ることができるテストですが、問題音声が英語で流れるため、それを正しく聞き取り理解するための高いリスニング力が求められるのも特徴。「英語で聞いて理解し、英語で回答する」という能力が必要になるため、知識としてではなく「どれだけ英語が実践レベルで身についているか」をチェックできます。

「英語を使った業務がある」「海外出張を控えている」など、仕事上で英語でのコミュニケーション力が求められる場合、Versantを活用することで自分の英会話力がどのくらい通用するのかを測ることができるでしょう。

さらに、自宅から受験が可能で、所要時間も短いので、手軽に英語力を測ることができるのもVersantの良さだと言えます。試験結果も受験後5分程で見ることができるので「今の英語の実力を知りたい」「英語学習の成果を定期的に確認したい」「試験会場に足を運ぶのは難しい」という人にもおすすめです。

その他、勤務先の会社がVersantを導入している、または社員の英語教育に力を入れており今後導入の可能性がある場合、社内のキャリアアップに生かすことができるでしょう。

TOEICがおすすめな人

TOEICがおすすめな人続いて、TOEICの受験がおすすめな人について解説にしていきます。

前項でも解説した通り、TOEICは日本での知名度が高いのが特徴で、高スコアを持っていることで履歴書に記載することが可能です。そのため、英語を使用する業種への就職や転職が有利になるでしょう。

また、業務で英語を使用しない場合でも、TOEICスコアがあることで、国内企業への就職・転職の際に「目標に向けて学習を継続できる人材である」ということをアピールできるなど、ビジネスシーンで幅広く役立てることができます。

さらに、TOEICではビジネスに関わる問題が多く出題されるため、試験対策をすることで仕事で使える語彙やフレーズを身につけることが可能。「就職や転職に役立つ英語資格を身につけたい」「ビジネス英語力にフォーカスして学習したい」という人はTOEICの受験がおすすめです。

まとめ:Versant・TOEICの特徴を押さえて上手に活用しよう!

今回の記事では、VersantとTOEICを徹底比較し解説をしました。

TOEICではリスニング・リーディングを測る問題が出題されるのに対し、Versantではスピーキングに重点を置いた問題が出題されるのが最大の違いです。

また、高スコアを取得しておくことで、TOEICは就職や転職で英語力の証明として活用することができ、Versantは社内でのキャリアアップに役立てることができるでしょう。

加えて、自宅で手軽に受験できるVersantは「英語を話す力を測りたい」「英語学習の成果を定期的に確認したい」「試験会場に足を運ぶのは難しい」といった人に適しています。英語でのコミュニケーション能力を測ることができるため、自分の英語力が実践でどれだけ通用するかを測りたい人はVersantの受験を検討してみましょう。

一方、「就職や転職に役立つ英語資格を身につけたい」「ビジネス英語力にフォーカスして学習したい」という人はTOEICの受験がおすすめです。知名度が高いため、高スコアを取得しておくことで履歴書に記載することができ、英語力の証明として活用することができます。

2つの試験の特徴を踏まえた上で、自分の目標や目的、キャリアプランに合ったものを上手に活用していくのがおすすめです。TOEICとVersantの両方を受験するのも良いでしょう。

今回の記事がVersantとTOEICの違いが知りたい人、ビジネス英語資格をキャリアに活かしたい人の参考になれば幸いです。

その他、English Withでは英語学習に関する記事を多数ご用意しているので、こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

Versant
英語力テスト「Versant」を徹底解説!【概要まとめ】
英語力テスト「Versant」を徹底解説!【概要まとめ】この記事では英語テスト「Versant」について分かりやすく徹底解説しています。テストの特徴や受験料などの気になる情報をまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
Versantの結果はいつ見れるか解説!日本人の平均スコアなども紹介
Versantの結果はいつ見れるか解説!日本人の平均スコアなども紹介この記事では「Versantの結果はいつ見れるのか?」という疑問に回答するとともに、結果の見方について詳しく解説しています。日本人受験生の平均スコアなども合わせて紹介しているので、ぜひご一読ください。...
Versantは履歴書に載せられる?転職に有利なスコアなどを解説
Versantは履歴書に載せられる?転職に有利なスコアなどを解説この記事では「Versantは履歴書に載せられるのか」という疑問を解決するとともに、各スコアのレベルの目安や、Versant対策におすすめのオンライン英会話を紹介しています。Versantの受験に興味のある方は参考にしてみてください。...
Versantでスコアアップさせるコツ【学習法を解説】
Versantでスコアアップさせるコツ【学習法を解説】この記事ではVersantのスコアをアップさせるコツをパート別に解説しています。Versant対策におすすめのオンライン英会話も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
Versant対策でおすすめのスクール
Versant対策のプログラムが受講できる英会話スクール【5選】
Versant対策のプログラムが受講できる英会話スクール【5選】この記事ではVersant対策のプログラムが受講できる英語コーチングスクールと、オンライン英会話スクールをご紹介。Versant対策ができるスクールを探している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。...
資格
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】
転職活動で有利になる「英語資格」をまとめて紹介【目的別】今回の記事では、転職を考えている方に向けて「転職に有利な英語資格」をまとめて紹介しています。...
社会人必見!役立つビジネス英語資格まとめ【7選】
社会人必見!役立つビジネス英語資格まとめ【7選】この記事では、英語資格を取得するメリットについて解説するとともに、「社会人が持っていると役立つビジネス英語資格」を7つ紹介しています。英語資格の取得に興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。...
英会話スクール・アプリ
ビジネス英語が学べるおすすめ英会話スクール【徹底比較13選】
ビジネス英語が学べるおすすめ英会話スクール【徹底比較13選】今回の記事では、English With編集部がビジネス英語が学べるおすすめの英会話スクールを厳選ピックアップ。各スクールの特徴をまとめました。短期集中的に2〜3ヶ月間でビジネス英語を学べるスクールから外国人講師と会話重視で学ぶスタイルなど様々あるので、ぜひこの記事を参考にスクール選びをしてみてください。...
TOEIC問題演習に使える!おすすめ英語学習アプリを紹介【8選】
TOEIC問題演習に使える!おすすめ英語学習アプリを紹介【8選】今回の記事では、English With編集部が「TOEICの問題演習が解ける英語学習アプリ」を特徴別にいくつか紹介しています。...
ABOUT ME
Tomomi
オンライン英会話で英会話を身につけ、日本企業の営業職からWebライターに転身。自身の学習経験をもとに英語関連の記事執筆をしています。2020年にメキシコシティに移住、現在スペイン語を勉強中です。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!