英語コーチング型スクール

プログリットとライザップイングリッシュの違いについて【徹底比較】

プログリットとライザップイングリッシュの違いについて【徹底比較】
ビジネスマン
ビジネスマン
英語コーチングスクールの中でも「プログリット(PROGRIT)」と「ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)が良さそうだな。でも、この2つのスクールは何が違うんだろう?
ショーン
ショーン
こんにちは!元英会話スクール経験者で4年間アメリカ留学をしていたショーンです。当サイトEnglish Withを運営しながら、英会話スクールのアドバイザーをしています!

今回は、英語コーチングスクールの中でも有名である「プログリット」と「ライザップイングリッシュ」について比較記事でまとめていきます。

両スクールとも「2~3ヶ月間」の短期間受講で大きく英語力が伸ばせる英語コーチングスクールですが、実際にその特徴の違いは何なのでしょうか?

僕自身、プログリット・ライザップイングリッシュの両スクールとも体験受講を行なったことがあるので、経験談も含めながら以下をテーマに違いをまとめました。

ぜひ、英語コーチングスクール選びの参考にこの記事を役立ててくださいね。

今回の記事で学べること
  1. コンセプトの違い
  2. コース内容の違い
  3. カリキュラム内容の違い
  4. 料金の違い
  5. 講師の違い
  6. 卒業生の声
  7. 営業時間・校舎の違い
  8. こんな人におすすめ

1. コンセプトの違い【プログリットとライザップイングリッシュ】

1. コンセプトの違い【プログリットとライザップイングリッシュ】英語コーチングスクールは最近は多く増え始めたため、プログリットとライザップイングリッシュもまだ目新しいイメージがあるかも知れません。

では、この両スクールはどのような成り立ちでスクール運営を始めたのでしょうか?

スクールの理念やコンセプトが変わってくれば、やはり受講生に提供するカリキュラム内容や講師の接し方なども異なります。

自分に合う、合わないなども出てくるかと思うので、各スクールのコンセプトをここで確認しておきましょう。

簡単に、「プログリット」「ライザップイングリッシュ」のスクールコンセプトを説明すると、

  • プログリット:「英語学習方法」をその道のプロが徹底指導し学習の習慣化を身につけるスクール
  • ライザップイングリッシュ:英語の反復練習で英会話トレーナーからアドバイスを受けながら英語脳を作り上げるスクール

となります。

プログリットは元々、マッキンゼー出身の岡田祥吾氏が創立した英語コーチングスクールで、英会話を教えるスクールではなく「英語学習の仕方をコンサルティングするスクール」になります。

そのため、プログリットでは英会話レッスンを全く行わずに学習コンサルティングの元、日々の英語課題に取り組み自分の力で英語力を上げていきます。

「なぜ英会話レッスンを行わないのか?」その理由は、短期間で集中して英会話力を伸ばす際に最も大切なことは「自走できる学習継続力」だとスクールとして考えています。

英会話レッスンを通して英語を学ぶのも効果がないわけではありませんが、より効果を実感できる方法が、「毎日継続的に英語学習が行える環境の中で自発的に課題に取り組むこと」が最短ルートで英語力を習得できる方法なんですね。

一方、ライザップイングリッシュはテレビCMなどの効果で知名度抜群の「ボディメイクのライザップ」から派生した英語コーチングスクールになります。

そのため、ライザップならではの「結果にコミット」するために英語学習の量が多く「英語学習の習慣化」や「英語脳」を作り出すために徹底してトレーナーが寄り添ってくれるスクールです。

PROGRITの公式サイトをチェック!

ライザップイングリッシュの公式サイトをチェック!

2. コース内容の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】

2. コース内容の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】プログリットとライザップイングリッシュのコース内容も似ている部分も多いですが、少し異なります。

英会話で何を学びたいかによって変わってくるかと思うので以下の表を見て確認しましょう。

スクール名 コース名 レッスン体系
プログリット ビジネス英会話コース パーソナル
TOEIC L&R TESTコース パーソナル
TOEFL iBT/ IELTSコース パーソナル
ライザップイングリッシュ 英会話スキルアップコース パーソナル
TOEIC L&Rスコアアップコース パーソナル

両スクールともビジネス英会話を学ぶコースとして、プログリットでは「ビジネス英会話コース」ライザップイングリッシュでは「英会話スキルアップコース」と称しており、どちらのコースもスクールで一番人気になります。

しかし、この2つにも若干の違いがあるので説明していきますね。

プログリットのビジネス英会話コースでは、各受講生のレベルに合わせて柔軟にカリキュラム内容を作成していきます。

レベル別のオリジナル教材などは用意しておらず、ひとりひとりの受講生に適した市販教材を使って英語学習に取り組んでいくため、より受講生目線に作られた学習プランを用意。

また、ライザップイングリッシュではあらかじめ「CEFR(セファール)」という英語指標を用いてレベル分けをしており何種類もレベル別のコースを用意しています。

そのため、どちらかというとシステマチックなレベル分けを行い「初級者~中級者」でも通いやすいカリキュラム内容です。

完全ビジネス英語であれば「プログリット」、英会話初心者で日常英会話も網羅したいということであれば「ライザップイングリッシュ」が良いでしょう。

3. カリキュラム内容の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】

3. カリキュラム内容の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】カリキュラム内容に関しては、プログリットとライザップイングリッシュで共通して以下のようなサポート内容が含まれています。

両スクール共通のカリキュラム内容
  • 毎日の英語課題提出(英単語・英文法・シャドーイングなど)
  • 学習ロードマップの作成
  • トレーナーによる日々のアドバイス
  • 日本人トレーナーと行う学習コンサルティング
  • 自主学習スペースの提供 など

上記に加えてライザップイングリッシュには「週2回の英会話レッスン」が含まれるので、学習コンサルティングと並行して行なっていく流れになります。

「アウトプットの量が多く反復トレーニングがメインの英語学習」がさすがライザップイングリッシュならではといったところでしょうか。

一方、プログリットでは「学習コンサルティング」で自己学習効率を上げていくということをメインに学習プランが組まれるので、英会話レッスンを行なっている時間でさえ「自己学習」に時間を投資し自走できるスキルを磨いていきます。

個人的には、どちらにしても卒業後は一人で英語学習を行わなければならないので、その準備として自走力がつくプログリットの方がおすすめ。

また、どちらも期間中は英語の習慣化も身につけていくので「毎日英語課題」に取り組みます。学習量としてはプログリットもライザップイングリッシュも同じくらい多く、取り組む自己学習時間もほど同等です。

  • プログリット:平均学習時間 3時間/日
  • ライザップイングリッシュ:平均学習時間 3時間/日

平均して3時間程度ではありますが、お仕事の事情やその他理由があれば担当に伝えれば、再度優先順位を確認してスケジュールリングを行なってくれるので、そのあたりは安心してよいですね。

4. 料金の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】

4. 料金の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】料金に関しては両スクールどちらもほぼ同じような価格帯になりますが、念の為こちらも表で確認してみましょう。※全て税別表記しています。

【プログリット ビジネス英会話コース】

入会金 50,000円
受講料金 2ヶ月:328,000円
3ヶ月:468,000円
その他プラン 6ヶ月、12ヶ月
支払い方法 銀行振込、クレジットカード払い、分割可能
コース概要 ビジネスシーンで、英語で議論や交渉ができるようになることを目指すコース

【プログリット TOEIC L&R TESTコース】

入会金 50,000円
受講料金 2ヶ月:328,000円
3ヶ月:468,000円
その他プラン 6ヶ月、12ヶ月
支払い方法 銀行振込、クレジットカード払い、分割可能
コース概要 短期間で英語の基礎スキルと目標のTOEICスコアアップを目指すコース

【プログリット TOEFL iBT/ IELTSコース】

入会金 50,000円
受講料金 2ヶ月:328,000円
3ヶ月:468,000円
その他プラン 6ヶ月、12ヶ月
支払い方法 銀行振込、クレジットカード払い、分割可能
コース概要 海外大学、海外大学院留学に必要なTOEFL iBT・IELTSのスコアアップを短期間で目指すコース

【ライザップイングリッシュ 英会話スキルアップコース】

英会話コース(2ヶ月) 398,000円
英会話コース(3ヶ月) 528,000円
英会話コース(4ヶ月) 658,000円

【ライザップイングリッシュ TOEIC L&Rスコアアップコース】

TOEIC L&R TEST スコアアップコース (2ヶ月) 328,000円
TOEIC L&R TEST スコアアップコース (3ヶ月) 450,000円
TOEIC L&R TEST スコアアップコース (4ヶ月) 572,800円

全体的な英語コーチングスクールの相場が「約15万円/月」と言われているので、どちらのスクールも平均的だと言えますね。

ビジネス英会話を学ぶコースに関しては2ヶ月からの受講も可能で、受講期間が短い分レッスン料金も安くはなりますが、スクールが推奨している期間は3ヶ月になり、多くの方がその期間での受講を行なっています。

また、プログリットでは「卒業生限定のコース」が用意されており「3ヶ月では物足りなく継続して受講したい人」や「シャドーイングの添削」や「週1回の学習コンサルティング」のみを継続的に続けたい人向けのコースも開講。

コース名 料金 サポート内容
NEXTコース 170,000円~/月 シャドーイング添削
専属コンサルタントとの面談(毎週1回)
学習プラン作成
PROGRIT SHEET 利用
専属コンサルタントによるLINE対応
教材提供
TOEIC IPテストまたはVERSANT受験料2回分
ライトコース 230,000円~/3ヶ月 シャドーイング添削
専属コンサルタントとの面談(毎月1回)
学習プラン作成
PROGRIT SHEET 利用
専属コンサルタントによるLINE対応
教材提供
TOEIC IPテストまたはVERSANT受験料2回分
シャドーイング添削コース 19,800円/月 シャドーイング添削

さらに、プログリットとライザップイングリッシュの以下のコースでは「一般教育訓練給付制度」という割引が適応される場合が、あり最大10万円が返金されお得に受講が可能。

一般教育訓練給付制度とは?

厚生労働省が2018年1月から始めた制度のことで、活用すると英会話スクールへ支払う受講料の10%(最大10万円まで)が戻ってきます。一定条件をクリアしていれば誰でも受給可能です。

プログリット一般教育訓練給付制度適応コース
  • ビジネス英会話コース (3ヶ月受講の場合)
  • TOEIC L&R TESTコース (3ヶ月受講の場合)
  • TOEFL iBT/ IELTSコース (3ヶ月受講の場合)
ライザップイングリッシュ一般教育訓練給付制度適応コース
  • TOEIC L&Rスコアアップコース (3ヶ月受講の場合)

一定条件をクリアしていれば誰でも受給可能ですので、各スクールの公式サイトから詳細を確認してみましょう。

PROGRITの公式サイトをチェック!

ライザップイングリッシュの公式サイトをチェック!

5. 講師の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】

5. 講師の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】プログリットもライザップイングリッシュも講師に関しては「バイリンガルの日本人講師」が担当し、受講期間中は専属でサポートしてくれます。

ちなみに、少しややこしいですが日本人講師のことをプログリットでは「コンサルタント」、ライザップイングリッシュでは「トレーナー」と呼んでいます。

英語コーチングにおいて講師の役割は非常に重要で、僕自身もスクール受講した際には彼らのサポートなしには確実に続けることはできませんでした。

というのも、仕事をしている中で学習量の多い英語学習を毎日行なっていると日々のモチベーションも不安定になってきます。そこで、毎日連絡が行える講師の存在があることで、学習や習慣化の悩みについてアドバイスがもらえたのでかなり助かりました。

ただ、どちらのスクールでもトレーナーの指名はできませんが、あらかじめどんな講師が良いのか(TOEICが得意・カジュアルな雰囲気・スパルタ系など)要望を伝えておくと、割り当ててもらえる可能性もあります。

詳しくは、無料の体験コンサルティングで聞いてみると良いでしょう。

PROGRITの公式サイトをチェック!

ライザップイングリッシュの公式サイトをチェック!

6. 卒業生の声【プログリットとライザップイングリッシュ】

6. 卒業生の声【プログリットとライザップイングリッシュ】実際に、プログリット・ライザップイングリッシュの卒業生はどんなフィードバックをしているのでしょうか?

参考までに見てみましょう。

プログリット卒業生の声

プログリット卒業生の声
  • 受講生:女性 ビジネス英会話コース

プログリットを始める前から、自分自身が英語ができる方だと認識はあったので、コンサルタントの方の英語力が低いと少しやる気が下がると危惧してました。

しかし、担当コンサルタントの方は、英語力が高いだけでなく、優しく的確なアドバイスでサポートしてくださり、3ヶ月毎週担当の方からアドバイスがもらえるのが楽しみで続けることができました。

細かい疑問や不安もきちんと対策を考えてくださり、とても感謝しています。 

  • 受講生:男性 TOEIC L&R TESTコース
    TOEICスコア:550点→850点

文法の説明がかなりシンプルに見定めることを常に考えていただき、文法の解答スピードをかなり上げることができました。

単語に関してもいろんなケースを想定して、いろんな角度からテストを行っていただくことでかなり理解度が上がったと実感しています。

質問の返答に関しても、プロの観点からなぜそうなるのかを常に説明をしていただけたので想像以上の結果を手に入れることができていました。 

  • 受講生:男性 TOEIC L&R TESTコース
    TOEFL iBTスコア:60点→70点

海外留学を検討しているのですが、留学先の大学に関するリサーチの仕方やなぜ自分が留学したいのかをを再度考えさせられました。

オンラインでの面談でも英語学習以外のことも教えてくださり、何かを深く考える大切さや仕事とのバランスを上手くとる術を学べた事は最大の収穫でした。 

PROGRITの公式サイトをチェック!

ライザップイングリッシュ卒業生の声

ライザップイングリッシュ卒業生の声
  • 受講生:女性 TOEIC L&R TESTコース受講
    TOEICスコア:565点→745点

海外のクライアントにメールで英文を打つ際に、今まで使わなかった単語や表現がでてくるようになったこと。

これはRIZAP ENGLISHで大量にインプットをした成果だと思います。正しい英語が何か、自分で判断できるようになったおかげで、曖昧に進めていたメール作成が楽にできるようになりました。

トレーナーの方にはとにかく学習を支えてもらったのが思い出されます。おかげでTOEIC L&R IP TESTで180点アップできました。

正直モチベーションが下がるタイミングもありましたが、「じゃあ、こうしましょう!」と解決策をしっかりと提示してくれました。メンタルサポートが本当にすごいんです。1人でやると、絶対にここまでの勉強量をやりきれていませんでした。  

  • 受講生:男性 英会話スキルアップコース

英語が聞き取れるようになった実感があります。

海外のバスケットボールの試合を動画で見るのですが、これまでは映像がないと内容がわからなかったのが、今ではラジオのように音だけでもある程度試合展開をイメージできるようになりました。

リスニングでは間違えやすいポイントなどを丁寧にレクチャーしていただき、例えば、細かい英語ならではのニュアンスの練習やリスニング、リエゾン(単語同士の音のつながり部分)をRIZAP ENGLISHではもの凄く丁寧に教えてくれるので、だんだん聞き取れるようになってくるのが分かります。

担当トレーナーの方は優しく丁寧に接してくれて、実はカウンセリング時にどんなトレーナーが良いか回答する欄があって、優しいトレーナーがいいか、厳しいトレーナーが良いかとあるのですが、正直分からなかったので普通のトレーナーが良いと思っていました。

また、担当トレーナー以外でも店舗全体で応援してくれている雰囲気を感じれたのでとても良い環境で英語学習が行えました。 

ライザップイングリッシュの公式サイトをチェック!

両者のスクールに違えはあれど、結果として卒業生の方の英語力が確実に向上でしており、中でも「学習コンサルタント・トレーナー」の存在が大きく感謝している声が多かったですね。

どちらも、自分一人ではやりきれない学習量を継続してこなせる英語コーチングスクールなのではないでしょうか。

7. 営業時間・校舎の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】

7. 営業時間・校舎の違い【プログリットとライザップイングリッシュ】

英語コーチングスクールでは、多くの英語課題が出されるので、よく校舎の営業時間に自己学習を行なっている受講生も多くいらっしゃいます。

そのため、校舎の営業時間帯や立地などもスクール選びには重要なポイントです。

以下の表から営業時間・校舎の場所を確認しましょう。

【プログリット】

【ライザップイングリッシュ】

営業時間 年中無休(年末年始除く) 7:00-23:00
校舎 銀座校
渋谷校
池袋校
新橋校
新宿御苑校
日本橋校
新宿校
秋葉原校
赤坂見附校

校舎数での通いやすさではスクール数が多い面から「プログリット」の方が通いやすそうですね。

また、プログリットでは全てのコースで「オンライン受講」が可能。

「忙しくて校舎に通えない方」や「遠方に住んでいて距離があり通えない方」などにはかなりおすすめできます。

そのため、利便性という点ではライザップイングリッシュに比べて「プログリット」のほうが頭一つ飛び抜けている印象ですね。

ただ、朝活を考えているのであれば、年中無休で朝7時から開講している「ライザップイングリッシュ」での英語学習はベスト。

PROGRITの公式サイトをチェック!

ライザップイングリッシュの公式サイトをチェック!

8. こんな人におすすめ【プログリットとライザップイングリッシュ】

8. こんな人におすすめ【プログリットとライザップイングリッシュ】上記で説明してきた点や、僕自身が両スクールのコンサルティングを受けてみた経験を含めて、以下に該当する人にとって「プログリット」「ライザップイングリッシュ」はおすすめできる英語コーチングスクールです。

プログリットが向いている人
  • 自分にあった最適な学習方法を身につけたい人
  • 卒業後のフォローも視野に入れておきたい人
  • オンラインでの受講も考えている人

プログリットは「学習コンサルティング」に特化した英語コーチングであるので、レッスンは行いませんが、卒業後も迷わずに「どんな英語学習を続ければ良いか」自走できる力を身につけてくれます。

また、不安であればシャドーイング添削などのアフターフォローも受けることができるのでどこよりも徹底したサポート体制が整っているスクールだなと思います。

ライザップイングリッシュが向いている人
  • 強制力があるスクールで英語の習慣化を絶対に身につけたい人
  • 学習量を増やして英語に対する不安を払拭したい人
  • 実際に英会話レッスンでアウトプット量を増やしたい人

ライザップイングリッシュは「毎日の英語課題」「英会話レッスン」「学習コンサルティング」とやることが多く学習量もありますが、それを続けることで「かなりの自信に繋がる」かと思います。

「結果にコミット」する姿勢はライザップ全体では変わらないので「英語を通じて自分自身を鼓舞したい人」にもおすすめしたい英語コーチングスクールです。

無料カウンセリング情報【プログリットとライザップイングリッシュ】

無料カウンセリング情報【プログリットとライザップイングリッシュ】プログリットとライザップイングリッシュでは「無料体験コンサルティング」では無料体験コンサルティングを受講することができます。
※プログリットはオンライン受講も可能。

僕自身も、英語学習方法に関しては全くの無知でしたが、体験コンサルティングを受講してみて、今までの学習を大きく見直し自分が克服すべき課題に集中して取り組むようになりました。

実際に、無料コンサルティングを受講するだけでも、プロの講師から「苦手分野の発見」や「学習方法」の一部を教わることができるので、今後の自己学習に役立てることが可能です。

無料体験コンサルティングの流れ(約90分)
  • 学習カウンセリング:英語学習の経験・目的・現在の学習状況などをヒアリング
  • 英語力チェックテスト:英語の弱点発見を行う
  • フィードバック:弱点を解決するための学習方法をレクチャー

プログリット・ライザップイングリッシュの公式サイトから無料体験コンサルティングの申し込みができるので、日程調整して受講してみましょう。

PROGRITの公式サイトをチェック!

ライザップイングリッシュの公式サイトをチェック!

自分にあった学習方法や英会話スクール選びができるように、English Withではあなたの英語学習を応援しています。

ABOUT ME
sean
高校卒業後、アメリカの大学に正規入学し4年間留学していました。 日本帰国後はフリーランスでプロ野球選手の通訳などを経て、2019年からEnglish Withを運営、ライターとして記事執筆、英会話講師などもたまに行なっています。
オンライン英会話

English With編集部が実際にオンライン英会話各社でレッスン受講をして、おすすめをランキング!

オンライン英会話比較ランキング

好きな場所・好きなタイミングで低価格の英会話レッスンを受講できるオンライン英会話を始めてみよう!まずは無料体験から!

キャンペーン情報

90日間であなたの英語力を「時短」で伸ばす英語コーチングスクール「English Company」がお得なキャンペーン実施中!!オンライン受講も可!!

詳細は以下から!

関連記事:ENGLISH COMPANY体験レッスンレビュー【まとめ記事】

関連記事